今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

昨年の7月に未成年の息子が交通事故に遭いました。歩行中、車にはねられました。勿論、相手側の過失が100%です。病名は、顔面打撲傷、左上腕打撲、左膝打撲などです。救急車で病院に運ばれましたが、その後は通院ですみました。2月に事故解決に関する承諾書が送られてきました。それによると、慰謝料として50400円(4200円×通院日数6回×2倍)が最終お支払額として示してありました。なお、病院の治療費は14万円ぐらいでしたが、既に保険会社が支払いを済ませてありました。息子は、東京にいたため家族が交通事故の連絡を受け、仕事を休んで東京まで駆けつけました。その交通費などは含まれていません。交通事故にあった恐怖などや、今後万が一の後遺症のことを考えるとこのまま事故解決に関する承諾書(免責証書) にサインしてしまっていいものでしょうか。ご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

さぞ大変な思いをしましたね,お疲れでしょう。



さて,質問内容から見て,「どんなもんでしょう」ってところですね。

とりあえず,不服があるのでしたら,【財団法人 日弁連交通事故相談センター】に相談するのが一番早いです。

自分も何度か使ってますから。

URL貼っておきますね↓
http://www.n-tacc.or.jp/
    • good
    • 0

かけつけ費用は残念ながら裁判でも通常認められません。



その程度の怪我で済んだことを感謝すべきです。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング