出産前後の痔にはご注意!

教えて下さい。
私は、子宮筋腫で8センチ位のものと2センチくらいのものがいくつかあり、まだ小さいですがチョコレート膿腫もあります。
珍しい病気でもないし、まわりで手術をしている人もいます。
もともと生理痛はひどく、最近では腰の痛みも堪え難くなってきているので手術を考えています。
いまは手術までの間、ホルモン調整剤と漢方薬を服用しています。
現在の担当医は漢方の専門家でもあるのですが、漢方だけではだめですか?と質問したところ、「残念だけど、筋腫は小さくならない」と言われました。
ただ、周囲から、「気功で治る」とか「ハーブでなくなる、日本の病院の先生は知らないだけだ」とか、もろもろのアドバイスを受けたりもします。どうなんでしょう?わたしは疑り深いので、気功やハーブでなおるのであれば、誰も悩まないのではないか?と思っています。

ご意見をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私も以前手術をしたことがありますが・・・


やっぱり気功やハーブ、ではダメだと思います・・・。
私の場合は針とツムラの漢方薬で2年飲みましたが結局大きくなり手術で取りました。
卵巣のチョコレート膿腫がかなり大きくなっておなかがぽっこりしてきたくらです。
これ以上大きくなると危険なのでと取りましたが・・・もし未婚の方や出産を予定されているならその取り方や術後のケアを優先なさってほうがいいとは思います。
ですが私の知り合いに何もしないでも腫瘍が小さくなって手術を取りやめた方がいるのは確かです。
もともと小さい脳腫だったようですが・・・。
自然治癒力とツボやハーブ、針など東洋医学がどう関係するか、その人の次第なんだと思いますね。
一応、飲んで経過をみてという方法をとってもよいと思います。
デリケートな場所ですし、セカンドオピニオンもお勧めです。
お大事になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大きくはあるのですが、手術は子供を考える段階でいいのかな、
とも思っていました。
しかし、ここ半月、腰の痛みが起こりはじめ続いています。
待機の期間になり、今日よりピルを飲み始めましたが、
なかなかきついものです。
経験をされたかたからのアドバイス、とても嬉しく思います。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/03 18:43

子宮筋腫の治療を行う場合、漢方はあくまでも「補助的」に使われるものです。


http://www.uterine-myoma.com/kanpou.shtml

現在の担当医は漢方の専門家でもあるとのことですので、自己判断せずにきちんと支持に従うのが得策だと思われます。

気功やハーブで治るという先生もいることはいますが、あくまでも少数派です。
ごくまれに例外はありますが、ほとんどの場合、本当に良いものは多数派になります。

参考URL:http://www.uterine-myoma.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
とても励みになりました。

いま見て頂いている二人の先生も、同じことをおっしゃっていました。
それを信頼していこうとおもいます。

お礼日時:2010/02/03 13:24

医師によっては避妊用の低容量ピルを処方します。


但し、大きくならないけれども小さくもなりません。
生理がある限り成長するし、妊娠すれば一気に増大することも珍しくは無いですね。

手術に関しては摘出ではなく、腹腔鏡で筋腫へ栄養を送っている血管を閉鎖する新しい技術が出来てきました。
セカンドオピニオンをご検討ください。

参考URL:http://www.oumi-kusatsu-hp.jp/jushin/shinryo/fuj …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現在行っている病院の先生は、そのつど検査結果を渡してくれて、
セカンドオピニオンに行くよう指導してくれます。
実際行く予定にしています。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/03 12:37

中には気功で治る方もいるでしょうし ツボを買ったら治ったって人もいてるでしょうし


霊験あらたかな水で治る方もいてるでしょう。 もちろん漢方で治った方もいらっしゃるでしょう
し神さんにお祈りすれば治った方もいらっしゃると思います。

でもそれがあなたに合うのかどうかは分かりません。 東洋医学は基本的に体質改善を目的とします。
治すのではなくなりにくい体作りですね 西洋医学とは根本的な考え方が違います。

年齢が分からないのですが ある程度の年齢になってて子供をもう産まない
というのであれば一般的には摘出って方法を良いかどうかは別として取るはずです。

もちろん気功や漢方なんかの選択肢を選ぶ方法もありますが それで治らなかった場合
結局摘出ってことになるかも知れません。 どの手段を選ぶかは結局自己判断ってことになりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

少々あきれるような質問をしてしまったでしょうか。。すいません。
東洋医学は体質改善、というのはなるほどです。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/03 12:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング