AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

ミラーサイトなどからISOのダウンロード時におけるCPUタイプ(?)の選択で
・i386
・x86_64
とありますが、これはいったいどう違うのでしょうか?
何度かダウンロードしてるのですが、私はいつも上の方の奴です。
色々調べたのですが、どうもそれぞれの説明文を見ただけではへぇ~って感じにしかならず、いまいち理解できません。
どなたかご説明いただけたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

補足すると、Linuxでの64bit版は、オープンソースの文化により


64bit環境に対応しないソフトが非常に少ないという特徴があります。
(Windowsで見られる64bit版ソフトやドライバーの出し惜しみ的現象もありません)

また、HDDを移設して、まったく違うPCで動かす場合も
Windowsのように起動不能となることが少なく…

現在はAMD64やintel64に対応したCPUで
メモリーが2GBしか無いような環境を使っている場合でも
4GB超のメモリーを備えたPCにHDD移設で移行することを想定して
先行して64bit版を導入することにもデメリットは少ない。


Linuxで使われているプロプライエタリーなソフトウェアといえば
Flash PlayerとnvidiaやATIのグラフィックドライバーなどだと思いますが
これらも現在では64bit対応が行なわれています(古いGPUは要確認)
それ以外のプロプラソフトや標準インストールに無いソフトについても要確認

もっとも、4GB超のメモリーを用いるような用途でなければ
64bit版でも、画期的な速度改善があることは無いようですし
処理によっては速度低下することもあるかもしれません。

ただ、Linuxにおけるi386は、Pentium以降対応とされていながら
コンパイル時の最適化が低レベルであることがあります。
64bit版であれば、Pentiu4以降のための最適化がなされているので
部分的に、速度改善が著しいという事例もあるようです。

こういったCPUアーキテクチャー刷新に対しては
本来最適化コンパイルが行なわれることが理想だったりします。

それ言うと、Core2にはPentium4用最適化ではダメだとも言えますし
Gentooのアプローチが正しいという話にもなるので難しいところです。

まぁ、Ubuntuで、数日つけっぱなしのデスクトップ環境でも
メモリー1.5GBも使わない状態で64bit版にしているんですが…
体感として、速度向上は感じていません。

i7では64bit処理が速いというので、欲しいんですけどね…
    • good
    • 0

i386はIntel Pentiumプロセッサ互換の32bit CPUで動作する、32bitのOSです。



x86_64はAMD64プロセッサ互換の64bit CPUで動作する、64bitのOSです。

最近のIntelやAMDのプロセッサであるCore2シリーズやAthronなどは、AMD64拡張されたi386互換のCPUですので、どちらでも使用できます。32bit環境としたいなら前者で、64bit環境としたいなら後者を用いればよいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング