AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

漫才師は即逮捕 なんで モンゴル人は即 捕まらないの 不思議なんですけど 治外法権ですか 福沢諭吉の

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

モンゴル人なんて言い方すると、在日モンゴル人全てが対象になってしまいますよ。


仮に最も有名なモンゴル人、朝青龍としましょう。
漫才師が誰のことかもわかりませんが、仮に北野某(黒田某?)としましょう。

ローカル漫才師と横綱、立場が違う。
即逮捕しなくても逃げられはしない、というか立場があるので逃げない、という判断でしょ。
殴られた側から被害届けも出ていない。
現行犯逮捕したとしても、すぐ後援会あたりから保釈金が出て本場所には出られる→逮捕しなくても一緒。

必ずしも逮捕→起訴ではないし、逮捕していない→不起訴とも限らない。ケースバイケースです。
殴る≠暴行→即逮捕→実刑判決とでもお思いでしょうか?

なにか事情があってそのようにお考えかもしれませんが、同じような事象は国籍など関係なく起こっていますので、「何国人は」などといって一括りにするのは止めた方が良いかと思います。
    • good
    • 0

今回のような事件の場合、専門家によれば、朝青龍を現行犯逮捕するのが本当だそうです。

それをしなかった麻布署の警察官に対し、警視庁は呆れているそうです。
そりゃそうですよね。被害者の助けを求める声を聞いて4~5人の警察官が駆けつけ(この警察官が慌てて駆けつける様子は防犯カメラに映っていて、テレビでも放送されている)、重症を負った被害者を朝青龍がまだ押し付けていて、さらに朝青龍は止めに入った警察官を突き飛ばしたため、さらに5人もの警察官が応援に駆けつけたため、深夜とはいえ周辺は騒然としたそうですから。
現行犯であり、目撃者も何人もいたのです。それで現行犯逮捕しない理由は見当たりません。
それに警察官を突き飛ばしているのですから、公務執行妨害で逮捕するのが当然のことです。
仮に逮捕しないとしても、警察署に連行して事情聴取するのは警察の常識だそうです。
そもそも、あのとき、警察官が朝青龍をちゃんと逮捕していれば、協会は迷うことなく、即、解雇できたのです。逮捕では、さすがに言い訳はできませんからね。
さらにちなみに、麻布署というのはいわく付きの警察署で、例の押尾学の事件のとき、薬物中毒死した女性を検視して、当初は事件性はないと判断した警察署です。

この朝青龍の事件ですが、テレビニュースによれば、驚くことに今は麻布署ではなく警視庁の捜査一課が捜査しているそうです。
警視庁の捜査一課というのは、殺人などの凶悪事件を扱う部署です。それが、たかが全治1ヶ月の傷害事件を担当するというのは余程のことです。朝青龍の背後に何かあるのでしょうか?

今回の事件、おそらく麻布署の警察官は、犯人があの朝青龍なので大甘に対処したのでしょう。

余談ですが、以前あった朝青龍のサッカー事件のときは、政府自民党から相撲協会に圧力がかかり、処分を寛大にしたようです。
朝青龍の母国のモンゴルは、工業製品には欠かすことのできないレアメタルなどの貴重金属や石油などの地下資源が手付かずのまま豊富にあります。地下資源ゼロ国の日本としては、近い将来、それをモンゴルから大量購入する国家政策を練っています。そのためモンゴルの英雄であり、将来の大統領が確実な朝青龍の機嫌をとっておく必要があり、さらに親日国であるモンゴルに少しでも反日感情を持たせない必要もあったのです。朝青龍はそれが分かっていたからこそ、あそこまでのわがままができたのです。
しかし、今は民主党が政権与党になったため、従来の自民党政策は反故にされ、モンゴルに対する姿勢も変化しつつあるようです。だから、今回は朝青龍を引退に追い込むことができたのです。
なんといっても民主党の宗主国は中国ですからね。中国は過去、モンゴルに蹂躙された歴史があるため、モンゴルに対して心情的には友好的ではありません。でも中国は、モンゴルの地下資源はできれば独占的に欲しいという考えがあるので、陰に陽にいろいろと画策しているようです。中国にすれば、モンゴルが反日感情を抱いてくれれば、願ったりかなったりです。
    • good
    • 0

現行犯と後で事件が発覚した場合の違いですね。



現行犯なら即逮捕可能です。
また、被害者が被害届を出していれば、これまた即逮捕可能です。
金を積んで示談となってしまった場合は、よほど問題視されるような場合で、被害者以外の証人がきちんとでてこないと逮捕は難しいんです。

漫才師やモンゴル人は関係ありません。
米兵だったりすると、関係あったりもするけど、それはまた別の話。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング