人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

携帯電話端末の赤ロム(端末ロック措置)は法律上適法でしょうか?

中古携帯電話端末市場が少しずつ拡大しつつありますが、赤ロムと呼ばれる問題が市場拡大を阻み、貴重な資源を含む利用可能な携帯電話端末が続々と廃棄されています。

赤ロム問題とは、ショップから盗難された端末や、分割代金一部未払いのままの端末が、中古販売店等で第三者に販売され、その後盗難の事実が発覚したり分割代金の支払いが滞るなどした結果、キャリア(ドコモなど)が端末自体にロックを施して使えなくしてしまった結果、中古販売店等で購入した第三者が経済的被害をこうむる現象です。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/2009 …

一般に「止められる」というのは、自己の債務不履行の結果、契約が債務不履行解除されたり、同時履行の抗弁権によりサービスが受けられなくなることです。しかし赤ロム問題の場合、利用停止により損害をこうむり第三者には債務不履行がありません。

ここに私は、端末ロック措置は、サービス利用契約の一方当事者である第三者に対する債務不履行にあたり、不適法なのではないかとの疑問を禁じえません。なぜなら、キャリアは、その問題の端末が別人物の保有になっていることをSIMカードで知っているからです。皆さんはどう思われますか?

そもそも、端末の所有権とサービス利用契約は直接の関係がない、すなわち端末の所有者でなくとも、サービス利用契約の当事者としての地位は法的に保護されるべきではないでしょうか?端末を新規購入する際は、サービス利用契約を結ぶことが条件にされているかもしれませんが、サービス利用契約を結んだ後、解約しないまま端末所有権だけ他人に譲渡したりすることも(通常あまりしないでしょうが法律上は)可能ですよね?

また、仮に盗難や分割代金一部未払いなどの事情で端末所有権がキャリアに留保されていたとしても、その所有権は、所有権に基づく返還請求権の行使によって保護されるべきであって、第三者が保有しているのに一方的に端末を使用不能にしてしまうのは、いわゆる自力救済であって許されないのではないでしょうか?

さらに、所有権とサービス利用契約の両方が揃ってはじめてサービスをキャリアに要求できるとしても、中古販売店で購入したような場合は、購入者に即時取得が成立して、所有権がキャリアにも対抗できる場合が少なくないと思われます。即時取得においては善意無過失が推定されるというのが判例・通説ですからね。このように所有権が転得者にあるような場合にまで、ロック措置は正当化されるのでしょうか?

キャリアが割賦で端末を売るのは勝手ですが、割賦で売れば途中で債務不履行に陥る可能性は当然あるわけです。そのリスクを承知で割賦で売るのですから、リスクはキャリアが負うべきでしょう。中古販売店等で買った第三者がサービス利用契約が継続している(=基本料金等を支払わされている)まま端末をロックされるという現状は、いかがなものでしょうか。割賦販売を認めるならクレジットカードのように審査しろよ…と思ってしまいます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

法律上は適法ですが、


携帯に限らず、中古市場は第三者間で取引されるため、
メーカー側の利益が下がる事は十分考えられます。
また、中古市場が拡大する前の頃と比べて、
店頭で契約する数が減っているでしょうから、
携帯市場を縮小させる可能性も含んでいます。

携帯各キャリアがこの問題を
こころよく思っていないのも事実でしょう。

問題を解決するためには、多少面倒ですが、
各キャリアに持ち込むことを義務付けし、
そこで端末情報を確認するのが一番だと思います。
不正売買されていた場合は、元の契約者を訴える、と。
そのために、契約時に本人確認書類を提出しているんですし。

違法売買だった場合の責任は、中古販売者が負うべきでしょう。
言ってしまえば、確認作業を怠ったわけですし、
そもそも各個人でそれが出来ないならば、
手をつけてはいけない市場なわけですし。

また、そこから買うユーザーも
「安価であるが故のリスク」というものを
理解したうえで買うべきでは無いでしょうか。
通常契約と比べ、一般的な買い方ではないわけですし、
問題が起きた時だけ「消費者の権利」を求めるのは、
都合が良すぎると思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携帯電話の個人売買は違法?

携帯電話の個人売買は違法?

先日オークションでソフトバンクの携帯電話を落札しました。
一週間ぐらい使用してたところ赤ロムになり使用できなくなりました。
ソフトバンクショップに行ったところ出品者が端末代金のローンを支払っていないため赤ロムになったみたいです。
ローンを支払えば使用可能とのことでしたが出品者とは連絡がとれません。

そこで消費者センターに問い合わせをしたところ携帯電話の個人売買は違法ですとのことでした。
担当者の方が、「今から警察へ通報をしたらあなたは捕まりますよといわれました。」以下の法律です。

「携帯音声通信事業者による契約者等の本人確認等及び携帯音声通信役務の不正な利用の防止に関する法律」

上記のような法律があるため古物商を持っていない人が販売したり、購入した人は罰則があるそうですが、本当に違法でしたらオークション自体が違法ではないのでしょうか。

おわかりのかたどうぞお教えください。

Aベストアンサー

#2です。

ソフトバンクは盗難等の不正利用防止を建前に利用制限(赤ロム化)を行っていますが、盗難はともかく代金不払いによる携帯本体の利用制限は法的には無理があると思われます。
携帯の割賦販売において携帯各社は所有権を留保しておらず、携帯本体の所有権は購入者に譲渡する契約になっていますから、携帯本体の譲渡自体は法的にも契約的にも問題はありません。
なお、ドコモは代金不払いによる利用制限は行っていませんし、盗難携帯であっても現所有者がそうと知らずに購入した場合(いわゆる善意の第三者)には利用制限を解除しています。

おそらく代金不払いによる利用制限については裁判をすれば勝てると思われますが、現実問題としてはソフトバンク相手の民事訴訟はちょっと大変だと思います。
そもそも、ソフトバンクの代金不払いによる利用制限はそれ自体が消費者センターに苦情を申し立ててもいい案件だと思います。

まあ、赤ロム化自体に問題はあるにしても、現時点では、個人売買については#4さんのリンク先で製造番号の確認を行って「○」でない携帯は購入しないようにするしかないでしょう。

Qソフトバンクの赤ロム

ソフトバンクの赤ロム(201HW)のsimロックを解除して、ドコモの回線を利用しているMVNO業者と契約した場合に通話やネットが問題なく出来るか教えて下さい。
また、wifiのある環境で上記の赤ロムを使ってネットが使えるのか教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

このモデルってOSはandroidでしょ? だったらunlockコードさえ判ればsim freeにできますよ。sim freeにしちゃえばdocomoだろうがMVNOだろうが通信方式さえ合っていれば使えますよ。他社のネットワークを使っている端末が自社の赤ロム機かどうかなんてSoftBankには調べようがありませんから。でも、他の方も回答しているように赤ロム機は詐欺行為でsoftBankから騙しとったような物です。あなた自身が料金延滞で強制解約になったのか、赤ロム機を格安で入手したのか知りませんが、はっきり言ってモラル的に許されることではありませんね。
まあ、個人の資質の問題ですが。
それと肝心のunlockコードですが、
当然のことながらSoftBankに聞いても絶対に教えてくれませんし、場合によっては端末の返却、損害賠償請求を起こされるかもしれません。
それだけリスキーなことをやろうとしているってことです。簡単に言えば取り込み詐欺または盗品故買ってことですから。

Qスマホを購入後すぐに売っても問題ありませんか?

2年ごとにMNPで移動して、スマホ本体を一括0円で手に入れています。
2月にAUからドコモに移動して、ドコモスマホ2台を一括0円でゲット。AU2台は売りました。

で思ったのですが、ドコモの中古スマホを2台買ってSIMカードを入れて使う。2月に買った2台は買取価格が高いうちに売る。
こうしたら得なのではと思うのですが、私や購入した方が何らかのトラブルやドコモからのペナルティになる事ってありますか?

一括0円なので現在完全に私の物になっている筈なので問題無いと思うのですが、白ロムだか黒ロムだか言う言葉もあるようで、何かのトラブルになっても厄介だと思い質問させて頂きました。

Aベストアンサー

一括支払いなので、どうしようが構いませんが、キャリアの契約はSIMと端末のセット販売なので、契約者の端末としてキャリアのシステムに登録して有りますから、キャリアモデルの端末の売買は解約又は機種変更の手続きをしてから売らないと買った人がキャリアに持って行って契約しようとしても断られるのでは無いか?と思います。
SIMの差し替え用の端末として購入する人には良いと思いますけど。
まあ、解約や機種変更をすれば割引きが無くなるので殆どの人は解約や機種変更をしないと思いますが、コレに伴うトラブルも有ります。
例えば、紛失や盗難などの緊急時のSIMの停止などでは登録された端末も停止しますので、解約や機種変更をしていないとその端末を買った人の端末が停止しますので迷惑になります。
なので、契約中のキャリアモデルの売買は厄介なのです。
売る時は解約か機種変更してからにして下さい。
また、買う時も解約済みの端末を買って下さい。

Q携帯電話の端末ロック措置(赤ロム化)は法律上適法でしょうか?

携帯電話の端末ロック措置(赤ロム化)は法律上適法でしょうか?

(前回、質問の趣旨が上手く伝えられなかったのか有効な回答がほとんど寄せられなかったので改めて質問致します。前回の質問はきちんと締めきっています。)

中古携帯電話端末市場が少しずつ拡大しつつありますが、赤ロムと呼ばれる問題が市場拡大を阻み、貴重な資源を含む利用可能な携帯電話端末が続々と廃棄されています。

赤ロム問題とは、ショップから盗難された端末や、分割代金一部未払いのままの端末が、中古販売店等で第三者に販売され、その後盗難の事実が発覚したり分割代金の支払いが滞るなどしたため、キャリア(ドコモなど)が端末自体にロックを施して使えなくしてしまった結果、中古販売店等で購入した第三者が経済的被害をこうむる現象です。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20090525/1026475/?P=5

一般に「止められる」というのは、自己の債務不履行の結果、契約が債務不履行解除されたり、同時履行の抗弁権によりサービスが受けられなくなることです。しかし赤ロム問題の場合、利用停止により損害をこうむり第三者には債務不履行がありません。

ここに私は、端末ロック措置は、サービス利用契約の一方当事者である第三者に対する債務不履行にあたり、不適法なのではないかとの疑問を禁じえません。なぜなら、キャリアは、その問題の端末が別人物の保有になっていることをSIMカードで知っているからです。皆さんはどう思われますか?

そもそも、端末の所有権とサービス利用契約は直接の関係がない、すなわち端末の所有者でなくとも、サービス利用契約の当事者としての地位は法的に保護されるべきではないでしょうか?端末を新規購入する際は、サービス利用契約を結ぶことが条件にされているかもしれませんが、サービス利用契約を結んだ後、解約しないまま端末所有権だけ他人に譲渡したりすることも(通常あまりしないでしょうが法律上は)可能ですよね?

また、仮に盗難や分割代金一部未払いなどの事情で端末所有権がキャリアに留保されていたとしても、その所有権は、所有権に基づく返還請求権の行使によって保護されるべきであって、第三者が保有しているのに一方的に端末を使用不能にしてしまうのは、いわゆる自力救済であって許されないのではないでしょうか?

さらに、所有権とサービス利用契約の両方が揃ってはじめてサービスをキャリアに要求できるとしても、中古販売店で購入したような場合は、購入者に即時取得が成立して、所有権がキャリアにも対抗できる場合が少なくないと思われます。即時取得においては善意無過失が推定されるというのが判例・通説ですからね。このように所有権が転得者にあるような場合にまで、ロック措置は正当化されるのでしょうか?

キャリアが割賦で端末を売るのは勝手ですが、割賦で売れば途中で債務不履行に陥る可能性は当然あるわけです。そのリスクを承知で割賦で売るのですから、リスクはキャリアが負うべきでしょう。中古販売店等で買った第三者がサービス利用契約が継続している(=基本料金等を支払わされている)まま端末をロックされるという現状は、いかがなものでしょうか。割賦販売を認めるならクレジットカードのように審査しろよ…と思ってしまいます。

この質問はキャリアが、滞納者とは別人物が保有してサービス利用契約に基づいて利用していると分かっている端末を、端末が元盗難品であるとか、分割代金の支払いが滞ったからといった理由で、ロックしてしまう行為が適法か(私法上、許されるべき行為か)どうかお尋ねするものです(中古端末の売買が適法か問うものではありません、適法にきまっていますので)。

携帯電話の端末ロック措置(赤ロム化)は法律上適法でしょうか?

(前回、質問の趣旨が上手く伝えられなかったのか有効な回答がほとんど寄せられなかったので改めて質問致します。前回の質問はきちんと締めきっています。)

中古携帯電話端末市場が少しずつ拡大しつつありますが、赤ロムと呼ばれる問題が市場拡大を阻み、貴重な資源を含む利用可能な携帯電話端末が続々と廃棄されています。

赤ロム問題とは、ショップから盗難された端末や、分割代金一部未払いのままの端末が、中古販売店等で第三者に販...続きを読む

Aベストアンサー

購入者が不当な品であると認識していない限り
端末ロックは違法だと思います。

盗んだ人や、料金を払っていない人が最も悪いのは明らかですし、
十分な調査をせずに割賦販売を行った方にも一抹の責任はあるかとは思いますが、

「中古SHOPで中古携帯を買った人」は「善意の第三者」なはずです。

考えてみてください、あなたが大手中古販売の「ハード○フ」で何かを購入したら、
実は盗品で、使えなくされたら・・・・・・

善意の第三者が被害を受けるのはおかしいと思います。

Q赤ロムIphoneを海外で使用

海外勤務になるため赤ロムの機体 or △判定の物を海外での使用を考えています。
そこで、現地でSIMロック解除し現地のSIMを挿せば使用可能でしょうか?

私の考えでは、赤ロムは国内キャリアの回線制限であり(Docomo機種であればDocomo回線のみ不可?もしくは全キャリアで不可になるかは分かりませんが。。)

海外であれば使用可能だと考えております。

Aベストアンサー

>私の考えでは、赤ロムは国内キャリアの回線制限であり(Docomo機種であればDocomo回線のみ不可?もしくは全キャリアで不可になるかは分かりませんが。。)

はい。基本原理は合ってます、が・・・
iPhoneの場合は特に今はもう無理かと。
むかし同僚の携帯がネットワーク制限△→×になった赤ロムiPhone5(ソフトバンク)を持ってて海外で下駄を刺して使ったことがありますが普通に使えました。

だけど今は全世界で盗難、転売がすごすぎるから対策をとってます。
アップルは全世界のiPhoneをIMEI情報で管理していますからね。
いずれにせよ赤ロムがどういういきさつで赤ロムになったのかにもよるのではないでしょうか。
盗難モノ、詐欺モノ(紛失サービスなど)はまずいかと。

私の会社の人で日本でiPhoneを盗まれて、キャリアに連絡し回線を止めてもらう。
その後、随分たって転売され海外で発見されて使われてると言われ現地で使われているとのこと。
アップルストアでそのiPhone端末に盗難品だと警告を出して使えないように手続きをしたと聞きました。
全ての赤ロムを規制してるとは思えませんので使える場合、使えない場合があると考えたほうがいいです。

ただ!そもそも論として無理かなと思うのは・・・下記です。

>現地でSIMロック解除し現地のSIMを挿せば使用可能でしょうか?

ドコモの赤ロムを海外でSIMロック解除をするような所があるのでしょうか?
ドコモの機種ならドコモでSIMロック解除をしますし、ドコモの赤ロムをドコモがSIMロック解除しません。
まして海外の通信事業者が他社のロックのかかったSIMロック解除もしません。

ですからそこが問題かと(^^;;;
すでにSIMロック解除されている赤ロムなら前提としてわかるのですが、これから海外で赤ロムをSIMロック解除するなんてのがありえないです。

ただ厳密に言えば方法がないわけではないです。
ファクトリーアンロックと言うかなりグレーな方法もなくはないですが、料金は高いしアフターケアはないし再ロックの不安定さを思えば大金をかけるのはリスクがあるかなと私は個人的に思います。

iPhoneではない機種なら解除コード入れるだけでアンロックされるものもあるのですが・・・。
私なら海外という場所でいきなりの通信不能を思えば不安で最初から自分でアップルストアで普通にSIMフリー版を購入しますよ。(^^;;私の時はSIMフリー版は購入が難しかったですが今は簡単ですしね)

あと、アクティベーションロックがかかってる端末だともうお手上げだと思います。
これをどう判断するかは質問者さん次第かなって思います。

なのでIMEI規制のないWi-Fi運用で使うならば赤ロムでも平気ですがそうじゃなければやめましょうというのが個人的感想です。

ではでは。

>私の考えでは、赤ロムは国内キャリアの回線制限であり(Docomo機種であればDocomo回線のみ不可?もしくは全キャリアで不可になるかは分かりませんが。。)

はい。基本原理は合ってます、が・・・
iPhoneの場合は特に今はもう無理かと。
むかし同僚の携帯がネットワーク制限△→×になった赤ロムiPhone5(ソフトバンク)を持ってて海外で下駄を刺して使ったことがありますが普通に使えました。

だけど今は全世界で盗難、転売がすごすぎるから対策をとってます。
アップルは全世界のiPhoneをIMEI情報で管理していま...続きを読む


人気Q&Aランキング