【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

(289) Mark, when you……この英文はどのように訳せばよいでしょうか
(ll. 448-457) Mark, when you hear the voice of the crane 1317 who cries year by year from the clouds above, for she give the signal for ploughing and shows the season of rainy winter; but she vexes the heart of the man who has no oxen. Then is the time to feed up your horned oxen in the byre; for it is easy to say: 'Give me a yoke of oxen and a waggon,' and it is easy to refuse: 'I have work for my oxen.' The man who is rich in fancy thinks his waggon as good as built alreadyー;the fool! He does not know that there are a hundred timbers to a waggon. Take care to lay these up beforehand at home.

<試し訳と質問>
前記の例文の順を追って、試し訳と字句の解釈について質問します。
よろしくお願いします。

(1) (ll. 448-457)
Mark, when you hear the voice of the crane 1317 who cries year by year from the clouds above, for she give the signal for ploughing and shows the season of rainy winter; but she vexes the heart of the man who has no oxen.
(1) (ll. 448-457);作品の行番号
お前が、毎年、雲の上から泣き叫ぶ鶴(脚注1317)の声を聞く頃には、注意して良く見るのだ。なぜなら、鶴は耕作の合図を出して、雨の降る冬の到来(季節)を告げるからだ。それだけでなく、鶴は雄牛を持たぬ者を当惑させる。

(2) Then is the time to feed up your horned oxen in the byre; for it is easy to say: 'Give me a yoke of oxen and a wagon,' and it is easy to refuse: 'I have work for my oxen.'
その時は、牛舎の中の角のある(お前の)雄牛に餌を与える時期だ。なぜなら、“私に雄牛の軛と(牛の)荷車を貸して下さい”というのは簡単だし、“私は私の雄牛に仕事の予定がある”と云って、断ることも簡単だからだ。
<質問>
(a) I have work for my oxenについて
  “私は私の雄牛に仕事の予定がある”で良いでしょうか。
(3) The man who is rich in fancy thinks his waggon as good as built already—the fool! He does not know that there are a hundred timbers to a waggon. Take care to lay these up beforehand at home.
空想に富む者は、自分の荷車を、既に組み立てられたものと同じ位(具合が)良いと考える。馬鹿もの! その者は一台の(牛の)荷車に100の部材があることを知らない。(だから) これらを前もって家に備えるように気を配れ。

<質問>
(a) his wagon as good as built alreadyについて
  この文は、as good as his wagon was built alreadyと考えてよいで
しょうか。
(b) there are a hundred timbersについて
   timberは木材の意味ですが、木製の部品の意味のようです。
   ‘100の部材’と訳してよいでしょうか。
*記号の変換がうまくいかないようです。
   意味不明の文字は‘ハイフォン’かもしれません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

Mark, when you hear the voice of the crane 1317 who cries year by year from the clouds above, for she give the signal for ploughing and shows the season of rainy winter; but she vexes the heart of the man who has no oxen. Then is the time to feed up your horned oxen in the byre; for it is easy to say: 'Give me a yoke of oxen and a waggon,' and it is easy to refuse: 'I have work for my oxen.' The man who is rich in fancy thinks his waggon as good as built alreadyー;the fool! He does not know that there are a hundred timbers to a waggon. Take care to lay these up beforehand at home.



雲の上から毎年鳴く鶴には気をつけよ、なぜなら彼女は耕すための合図をし、雨降る冬を表すからである;しかし彼女は雄牛をもたぬ人の心を苛立たせる。そうしたら牛舎で角ある雄牛に餌をやる時期だ、なぜなら「荷車と軛を貸せ」と言うのは容易く、拒否するのも容易だからだ、「私の雄牛には仕事があるのだ」。想像に長けている男は荷車ができたも同然と考えるであろう、愚か者!彼は荷車が百もの木材でできていることを知らぬ。それらを事前に組み立てることを心するように。

問2a:それでもよいと思いますがこの文章の古き感触を損なうことも事実です。この文章は「私には私の雄牛に課す仕事がある」と言う意味なので「私の雄牛には仕事がある」と言うのが一番わかりやすいかと思います。

問3a:as good as his wagon was built alreadyと言うイディオムはあるのかも知れませんが私は存じ上げません。as good as (過去形)と言うのは決まり文句です。意味は「~~したも同然」と考えてよろしいでしょう。

問3b:この場合timberが複数を取っていますので100の木切れとでも訳したほうが一番適しているかと思いますがこれは変だとお思いなのでしたら100の部材でもかまわないと思います。しかしなぜ著者がtimbersを使用し、piecesを使わなかったのかを考慮する必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を読んで:
(1)as good as「と同然」;辞書;分かりました。
(2)timbers, piecesniについて
   この二語の解釈から、極めて慎重に訳しておられる
   ことが分かります。
  牛の貸し借りの会話も、貸主の微妙な心理が読みとれて、
  断る理由を述べています。
こんなところが、難しい文章でした。
  ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 08:13

(1)


年毎に雲の上から鳴く鶴の声を聞いたら、(暦に)印をつけなさい。なぜなら、鶴は耕作の合図を出して、雨の多い冬の到来(季節)を告げるからだ。ただ、雄牛を持たぬ者は(多分煩くて?)イライラしてしまうが。

最初、Markは名前かと思いましたが、mark(自:印をつける)の命令形でしたね。

(2)
そうしたら、牛舎の角の生えた雄牛に餌を与える時期だ。なぜなら、「私に雄牛の軛と荷車を下さい。」と言ったり、「私は雄牛の世話があります。」と断ることも簡単だからだ。
(a)
「牛の世話がある」くらいが妥当じゃないでしょうか?

(3)
空想に富む者は、自分の荷車を既に組み立てられたものと同然だと考える。馬鹿もの! その者は一台の荷車に100の木材があることを知らない。前もって家にこれらをしっかり備えなさい。
(a)
こうじゃないですかね?
his wagon as good as one which is already built
(b)
「100の木(部)材」でよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(1)Markは「注意しろ」
(2)work for my oxenは「牛の仕事」
   と考えられるようです。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/04 09:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング