出産前後の痔にはご注意!

論文を書くのですがまったくの素人といってもいいです、卒論もままならないくらいのレベルだとお考えください。

論文を執筆するにあたって、書き方、参考文献の記入の仕方、アンケート調査の作り方。基礎からを学びたいですどのたか教えていただけませんでしょうか?

参考になる本などあれば教えてください。
こちらもわかりやすいものだとたすかります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

既にいろいろ参考文献が挙げられているようですね。


私は小林康夫・船曳健夫『知の技法』東京大学出版会をおススメします。特に211ページ以降がとても参考になります。
論文は文系理系で書き方が異なってきますが、何よりも重要なのは質問者様の問題意識が何なのかを明らかにすることだと思います。論文自体が現状の何かの問題を明らかにする、または改善するための主張という性質を帯びています。
論文を書く作業は決して容易ではありませんが、粘り強く頑張ってください。
    • good
    • 0

論文執筆の初歩的なことから学びたいなら、ミネルヴァ書房の「よくわかる卒論の書き方」がよいと思います。

これは、他の回答者の紹介された本のさらに入門書といえるもので、大学1~2年生がターゲットの本ですので、分野もそれほど選びません。
もちろん、調査法などについてより詳しく調べるためにはその筋の専門書が必要でありますが(あくまで入門書ですから)、論文執筆のある程度の流れをつかむには十分と思います。

http://www.minervashobo.co.jp/book/b49655.html
    • good
    • 0

これまで回答に付け加えると、大学院で論文を書くというならまず総論としてお薦めなのが下記の図書が参考になります。


「博士号のとり方」
何のために書いて何が求められているかという本質論
に多くの示唆がある。

テクニック的なことなら
「理科系のためのかならず書ける英語論文」
付録のヘルプシートが秀逸。

サイトのURLを載せておきます。

参考URL:http://www.daikisha.jp/product/1,http://tinyurl. …
    • good
    • 0

参考文献の書き方は先の方々が言われたとおり。

寄稿先の論文誌の論文例や執筆要領をよくみること。論文誌次第なので。
アンケート調査の作り方も先の方々が言われたとおり。ここでの相談は無理で、自分の責任で学び考えるか指導教員との相談でしょう。

本としては、たとえば
これから論文を書く若者のために 大改訂増補版
共立出版; 大改訂増補版版 (2006/4/6)
酒井 聡樹 (著)
がありますが、これは例えばで他にもいろいろ検索すれば見つかります。
上記の本は「良い論文」のためにという感じ。最低限の論文をなんとか出すには、ではありません(というか、そんな本はたぶん無いでしょう)。あと、この本はどっちかというと理系の中でも医歯薬生物系かな。文系とかばりばりの工学とか物理の理工系だとぴったりでもないかも。しかし、アンケートが研究手法になるというのはばりばりの理工系ではなさそうですし、精神は共通でしょう。
    • good
    • 0

どの分野の論文を書きたいのかによっても異なってきます。



まずはご自分の書きたい論文の分野の学会誌などを見てみましょう。それによって参考文献の記載方法、註の記載方法がある程度分かるでしょう。アンケート調査の作り方については、専門が分からないとどうにもアドバイスのしようがありません。
    • good
    • 0

形式的なことなら,あなたの分野でメジャーとされている学術雑誌の論文をまねる。

研究方法から学ぶ必要があれば,指導教員に習う(同業者の職務怠慢までおれは知らん 爆)。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング