インターネットって活用次第では、海外の企業と取引が可能なのですよね。しかし、活用している人は少ないのでは・・・例えば、英語の問題もありますし。例えば・・・韓国や中国の製造工場と直接取引きする方法は?どのような方法でコンタクトを取ればよいのでしょうか?ちなみに英語は分かりません(苦)。アドバイス宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私は良く仕事でインターネットを使って海外の会社を探し出す、コンタクトする、取り引きする等をやっています。


大抵はホームページにセールス窓口の連絡用E-mail Addressが書いてありますから、そこにinquery(問い合わせ)の手紙を書きます。

ただ、どうしても製品の物の質とかが問題になるので、その場合はサンプルを送ってもらうとか、場合によっては直接相手の工場を見に行くこともあります。
(ま、行くのはそんなになくて、来てもらう方が多いですが)

ただ、どちらにしても英語が出来ないとちょっと大変です。
私も今の仕事を始める数年前はほとんど出来ませんでしたが(せいぜい英語の論文を読む程度)、仕事で必要に迫られて必死に勉強しました。

相手が積極的な場合には、相手の方で通訳を捜してつれてくる場合もあります。
その場合はそれでも何とかなるだろうと思います。

ご指摘の通り、インターネットは飛躍的に海外との取り引きを容易にして、かつ実に多様な製品を入手できるすばらしい情報ツールなのですが、同時に如何に英語がビジネス標準語なのかを痛感し、英語を勉強しなければならないと言う苦痛も同時に味わうことが出来ます(笑)。
がんばって下さい。
    • good
    • 0

わが国は元々貿易立国ですから,海外との取引にネットを活用している企業の数


は定かでなくとも,けっこうあると言えるでしょう.
むしろ,ネットの利点を考えれば,ツールとして使っていない国際派の企業は
皆無ではないかと思います.
ただ,個人ベース(いわゆるSOHO)で,”インターネットの普及によって
新たに海外取引ビジネスを始めた”という人は,おっしゃる通り,まだまだ
絶対数は少ないと思います.
しかし数が少ないのはチャンスでもあります. 実は私も,年がら年中
試行錯誤している身分です.

どんな取引をお考えになっておられるのかは存じませんが,ビジネス英語の
スキルがなくても,今では,お金さえ出せばそのプロが翻訳してくれますし,
また,貿易実務そのものも代行してくれるサービス会社があります.
しかも,それすらネットで探し出すことが当たり前になってきているわけです
から,要はそういったサービスを提供している会社に行き当たる方法が
わかればいいのだと言えなくもありません.

例えば、取引相手をジェトロで探して,その相手先が中国ならば,現地事務所を
代行サービスで開設する人もいることでしょう.

目的や対象品目がはっきりしているのでしたら,検索エンジンへのキーワード
入力で,さらにいろいろ出てくると思いますよ.

参考URL:http://www.jetro.go.jp/top-j/,http://www.pacific …
    • good
    • 0

日本相手の商売を積極的にやっている企業もあります。

まずその会社のHPを見てください。日本語ページがあるようなら、まず大丈夫。無い場合は、そのページの言語でないと、コンタクトできない場合が多いと思います。その言語の分かる方に間に入ってもらうしかないでしょう。しかしそれは、リスクが大きいと思いますよ。また、相手もあなたを信用できるかどうか、不安でしょうから、企業経歴書程度は英文のものを用意した方がいいでしょう。英文のHPがあれば十分です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【ロボット活用率】ロボットの活用率が高い業種ってなんですか?どこの会社がロボット活用率が高いので

【ロボット活用率】ロボットの活用率が高い業種ってなんですか?

どこの会社がロボット活用率が高いのでしょう。

Aベストアンサー

工場でしょうね。当然一番活用しているにはトヨタだと思います。
醤油の工場で、醤油が入っている段ボールをパレットに綺麗に並べいるのを見て感動したことがあります。

Q高卒で製造業をされている方は転勤の確率が低いと聞いたのですが、それはもし本社以外にいくつか工場ある会

高卒で製造業をされている方は転勤の確率が低いと聞いたのですが、それはもし本社以外にいくつか工場ある会社だったとしても変わらないのでしょうか?
求人には転勤の可能性ありと書いてあったのですが、面接では転勤のことは何も聞かれず希望の勤務先だけ聞かれました。自分はどこでも大丈夫といったんですけど、希望を言っていた奴はその希望通りの所になり、自分は求人には記載されていなかった工場になりました。
パンフレットをみても何年も同じ工場で働いている人もいるみたいでした。
詳しい方がいらっしゃいましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

製造業管理職者です。
転勤確率は低いと思いますが、一概にないとは言えないのが製造業です。
仕事の継続年数が増えれば経験が増えて製造業でも管理部門になれば別工場に移動になったり海外展開すれば出向する可能性もありえます。
日本工場の場合、閉鎖して集約する場合もよくあることです。

Q製造業の営業と技術製造の顧客対応の範囲

製造業って技術もしくは製造関係と営業、管理事務などとどういう範囲で顧客対応の役割わけになっているのでしょうか。

見積もり、リピート品の受注とかあると思いますが。

Aベストアンサー

営業担当は、会社を代表して、顧客に当ります。
業務としては、商品の提案、受注、見積等を行い、顧客との売買契約を結ぶ事が主な仕事でしょう。

製造担当が顧客に当る時は、営業担当の依頼に下で、商品(=製品)の機能や特徴等の説明や使用した時の状況をデモしたりする時のサポートを行います。

また、(営業)管理事務担当は、顧客からの受注管理や製造担当への製造依頼、顧客への納品管理、請求・受領管理等を行います。

以上は、主な仕事としては、一般的だと思いますが。。。
取り扱う商品の種類や数量が多くなれば、付随的な業務も出て来るでしょうし、業務量が多くなれば、それぞれの部門内で、専門部署に分かれる事もあるでしょう。

Q法人会社じゃないと活用出来ない助成金とはどんな助成金でしょうか?もし今後、法人にした場合に活用でき

法人会社じゃないと活用出来ない助成金とはどんな助成金でしょうか?
もし今後、法人にした場合に活用できる助成金制度があれば助かります。
分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

助成金にはいろいろなものがありますが、どんな助成金が対象なのでしょうか?
 各助成金には、「対象者」「対象資格」などが規定されていますので、それを参照されればよいかと思います。

(助成金の例)
http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/koubo/
https://www.mirasapo.jp/subsidy/
http://www.tokyo-kosha.or.jp/support/josei/
http://www.chuokai.or.jp/josei/josei.htm
https://www.tokyo-cci.or.jp/shikin/jyosei/

Q実力次第で年収が決まる仕事

年収○○千万とかのように自分の努力次第でいくらでも稼げる仕事っていうのはやはり、専門職(弁護士)や起業するしかないのでしょうか?
外資系もそういう感じですが、それ以外にありますか?

法律系、金融系,財務系の仕事に興味があります

野球とかのようなスポーツ系や芸能系は除いてください。

Aベストアンサー

生命保険の勧誘員も高収入になれます。カリスマ勧誘員のオバさんが年収一億を越したという話がテレビでありました。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報