出産前後の痔にはご注意!

題名通り、父が亡くなりもうすぐ1年なんですが、母はまだよく涙しています。
どのイベントにも父がいない事がとても悲しい(今日なんかの節分もそうです)、今でも父の大好きだった食材なんかは思い出してつらいと買えないものもあります。
喧嘩も多い夫婦だったのですが、母は父が大好きでした。
そこで、母の誕生日がもうすぐやってくるので手紙を送ろうと考えています。
父の病気の時から家族一丸となって闘ってきましたし、父の死も家族みんなで乗り越えてきました。
大変だったけど頑張ってきたねという事と、これからの生きていく励みになるような気の利いた言葉をきれいな詩のように送りたいのですが、どなたかなにかそのような素敵な詩や文献等ご存じでしょうか?
カテ違いかとも思ったのですが、こちらで質問させていただきました
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

詩や文献とはちょっと違うかもしれません。


また、「大変だったけど頑張ってきたねという事と、
これからの生きていく励みになるような気の利いた言葉」
というよりは、
亡くなられたお父様はこんな心情だったのでは…?的な内容ですが…。

さだまさしさんの「関白宣言」&「関白失脚」という歌がとても素敵だと思います。
どちらの歌も、とくに3番の歌詞がおすすめです。
お母様にそれほどまでに愛されて、きっとお父様は幸せな人生だったことと思います。
「関白宣言」などは、一見、時代錯誤で、何様のつもり?的な歌詞ですが、
男性の弱さや甘えと同時に、奥さんへの愛が込められている歌詞です。
「関白失脚」は、一見おちゃらけたような歌詞ですが、
こちらも家族、とくに奥さんを心から愛していることが伝わってくる歌詞です。

・関白宣言…http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=36544
・関白失脚…http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=34824
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信遅くなりすみません
さだまさしは母が大好きです!
参考にさせてもらいます
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/07 23:54

#2のmotomotoです。


続けてすみません。瀬戸内さんのHPのURLを載せるの忘れたので

一応、私が頂いた本は、’01出版の「生きることば」です。
ただ、これは、とらえようによってはお父様を思い出させるかもしれませんが、またとらえようによっては、だから「私は元気に生きよう」と思えるかも。
一度、質問者さんが購入されて読まれては、お母様にお勧めするかどうか決められるといいと思います。

というより、法話を聞きに連れて行ってあげるといいみたいですよ。
義母が「笑えるよ、もう自然と笑える、考え方が変わって帰れる」と絶賛。(ちなみに義母は、元気な人ですが、いい元気をもらえるそうです)

参考URL:http://www.jakuan.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信おそくなりすみません
瀬戸内さんは以前から気になっていました!
早速明日本屋に行ってみますね
2度にわたりご回答ありがとうございました

お礼日時:2010/02/07 23:56

もう直ぐ一周忌と言う時期ですね。


人生のパートナーを失うとここまで人は変わるのか!と思うご夫妻はいらっしゃいます。
どのパートナーも、しばらくは落ち込み、子供は残された者が後追いしないかと貴が気ではない日々を過ごすと良く聞きます。

私は、よくネットの文例を使いますが。
大半が企業的や、贈り物のお礼、年賀状、挨拶状といった形式的なものばかりなので、文献としてはないと思います。
こればかりは、起承転結などの形式に拘るものではなく、気持ちをストレートに書くことが必要ですからね。
勿論、相手が後追いするような文面は控えるべきですが、ただ、その人の性格によっては、ストレートに伝えるべき人もいますので、おそらくネットなどでの検索で質問者さんを納得させる文献は見つからないと思います。
よくて、弔辞の例ぐらいでしょうか。ただ、おそらく弔辞になると「仏教系では、こういう言い回しを」とか「無宗教ならば、こういう表現が
正しい」などの記載ぐらいでしょうから、あまり期待できないと思います。

ちなみに、瀬戸内さんの詩集はどうでしょうか。
あれは、結構きますよ。ただ、「あなたと」というようなお父様を思い出させる内容があるのは確かです。
貴方といるから、生きていかれる
というような。でも、確か瀬戸内さんは、貴方が死んだら、私も死ぬというような表現はなさらないと思います。
瀬戸内さんの作品集ならば、お母様の心に届く言葉はあると思うのですが。宗教が仏教ではないとちょっと難しいかも。一応、基本は仏教の教えからのようですので。(でも小難しいことはおっしゃらないお方なので、もしかすると読む人によっては宗教関係ないかも)
    • good
    • 0

今のお母さんの状況を踏まえると、あれもこれも言葉にする事は余計にしんどくなってしまうんだよね。


お母さんもわかってる。
でもやっぱり・・という状況が今なんだよ。
だからこそなるべく端的でクリスプな文章や詩の方が心にはすっと収まると思うんです。
たとえば相田みつをさんの詩集などは凄く単純明快な事を気付かせてくれる暖かい言葉が多いですからね。
貴方なりに見繕って、メッセージにして届けてあげても良いと思います。
貴方の心遣いはお母さんにはちゃんと届いてますから。
お父さんにもね☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信おそくなりすみません
相田さんの詩や星野富弘さんの詩は心にひびきますよね。
明日それらの方の本を本屋で探してみますね
ご回答ありがとうございました

お礼日時:2010/02/07 23:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング