出産前後の痔にはご注意!

ヨーロッパ旅行の小遣いについて

おはようございます。

明日から2/17まで13日間のヨーロッパ旅行(パリ・バルセロナ・マラケシュ)に行く予定の者です。

お小遣いについて、少し困っております。。。助言を頂けますと幸いです。

日程としては、パリ5日半、バルセロナ1日半、マラケシュ1日半といった感じで、残りは4日半はほぼ移動日です。

贅沢はパリで50ユーロ程度のディナー1回とブランド物のネクタイを一本買えればよいかなぁという程度です。学生ですので、基本的に節約コースでいくつもりでございます。ちなみに、パリミュージアムパスを購入しましたので、パリでの博物館代は考慮に入れておりません。

自分の考えでは、一日9000円程度、計約8万円(現金5~5.5万、クレジット3万の予定)程度あれば大丈夫かなと思うのですが、同行者がもっと持っていったほうが良いと言うので足りるかどうか心配になってきてしまいました。

どなたかご意見、ご提案頂けますと幸いです。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

経験あるのはバルセロナだけですが、


そうですね、財布に入れる現金は100ユーロ以下で・・・。
分散させて、1つダメになってもカバーできるよう備えましょう。

まとまったお買い物はカード支払い。
スペインは、額が小さい買い物だと、アメリカと違ってカード支払いを断られる場合があるので、多少の現金は必要です。
大きな美術館みたいなところはカードOKですが。
かといって大きな額のお札だとこれも不便です。
20ユーロ以下が便利でしょう。
また、5ユーロ紙幣が日本の千円札的に便利です。

スペインならちょっと良いランチコースで30ユーロ~50ユーロで食べられますよ。
普通のコースだと10ユーロ~15ユーロぐらい?
たいていグラスワイン1杯含む(水でもOK)、コーヒーは別かな?
伝統的には昼食がメインな国です。
    • good
    • 0

その程度で良いのでは毎日は1万円程度財布に入れる程度です


使うお金の最大の問題は飲み物代です
これは日本と同じです 昼にビールで500円です
夜にワインで1000円程度です
この程度ですめば何の問題もありません
ワインをボトルで買うとすぐにオバーします
だからディナーの50ユーローは少ないです
これと同じくらい飲み物代が掛かります
ヨーロッパは寒いです 飲まないと耐えられません
    • good
    • 0

前者二つはクレジットカードが普及していますので、クレジットカードが使えるところはクレジットカードを使われたらいいと思います。


必ずIC付きのものにしてくださいね。

なお、学生さんだと限度額が低く設定されていると思いますので、行く前に一時的に上げることをお勧めします。
海外旅行ですといえばすぐに上げてくれます。

あまり現金をたくさん持っているとスリに狙われます。
相手はプロですから、5万円相当の現金が財布に入っていたら、真っ先に狙われますよ。
ヨーロッパだと現金は100ユーロも入っていないことが多いです。
    • good
    • 0

多いに越したことはありませんが、まあ足りると思いますよ。


三都市ともスリひったくりの類がおおい町なので、財布ひとつだとかなり不安ですけど。

国際キャッシュカードはお持ちじゃないですかね?
銀行のキャッシュカードの裏にPLUSやCirrusの文字が入ってませんか。新生銀行やイーバンクなどネットバンクや都市銀行の多くに無料で付帯されています。
現地のキャッシュディスペンサーで日本円の貯金から現地通貨で引き出せるので、持っていると便利です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイタリアに8日間、いくらユーロに替えるか…

今週末から、イタリアの8日間ツアーに参加します。

質問なのですが、イタリア8日間ツアーだと、いくらくらい日本円をユーロに替えるのが妥当なのでしょうか?

ちなみに食事はツアーについています。買い物はブランド品などを買う予定はありませんが、バイト先や友人にお土産を買います。どんな物をお土産にすれば無難でしょうか?

Aベストアンサー

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチップ制のところもありますが、お金を入れないとゲートが開かないトイレも多く、常に1ユーロまたは2ユーロコインを携帯しておいたほうがよいです。コインであればトイレ内の両替機でセントに両替できます(ツアーならばコンダクターの方が両替してくれるかな)。

ということで、お小遣いで現金1日あたり10ユーロ程度あればよいかと。
このほかに露天のお土産を買うならば現金が必要ですが、それでも+20程度あればOKでしょう。総じて露天は値段高めの設定なので、私ならば露天でバラマキ系のお土産は買いません。あくまで自分用に、ちょっとしたお気に入りを買うという前提です。
よって、かなり多く見積もって、現金で1日30程度。私個人ならば10で十分だろうと思います。
ショップではカードが使えるので現金は必要ありません。ツアーで行く店ならば、目の前の端末で清算してくれるでしょうから、さほど神経質になる必要は無いでしょう。仲のよい友達等にすこし高めのお土産を差し上げるのであれば、必然的にショップを利用することになると思います。バラ撒き系のお土産は空港の免税点でチョコレートやクッキーが妥当かなぁと思われます(かなり冷めた意見でアレですが)。
私にはセンスが無いのでお勧めは難しいのですが、フィレンツェ IL BUSSETTO のコインケースは今でもお気に入りです。現地価格で35ユーロですが、日本で購入すると1万円程度します。仲のよいお友達ならば惜しくない買い物だと思います。

以下、私の経験ですが、観光地での価格です。
ミネラルウオーターペットボトル 1 - 1.5ユーロ
コーラペットボトル 1.5 - 5ユーロ(ほんとバラバラ)
カプチーノ 3 - 5 ユーロ程度
焼き栗 2 - 6 ユーロ程度
ビール 5 - 10 ユーロ程度
トイレ 50セント - 1ユーロ程度
ツアーとのことなので、各種チケットもツアー代金に含まれているでしょうし、あまり自由時間も無いでしょうからカフェにはいる時間も惜しんで歩き回ることを考えれば、購入するのはミネラルウォーターやコーラ程度でしょう。
トイレはチッ...続きを読む

Q海外旅行に持っていく現金の金額

10日間(前後の移動日を除くと実質7日)友人とイタリアに旅行に行きます。

クレジットカードは持っていますが、現金も持っていこうと思います。

どのくらいの額を持っていけばいいでしょうか?

なるべく少なめに持っていきたいのですが、小さなお土産屋さんなどでカードが使えないかもしれないと思い、足りなくなっても困るので迷っています。

ちなみにツアーですが添乗員がつかない自由行動のツアーなので、食事などはその場でお金を払う感じです。

旅行経験のある方の体験など伺いたいです、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード払いできるはずなのにカードが使えないということです。
最強なのは、VISAとMASTER1枚ずつ以上のカード+現金+インターナショナルキャッシュカードです。

食事はまともに座ってウェイター/ウェイトレスがいるレストランは大抵カード払いOKです。
バールやファストフード、タクシーは現金のみかもしれません。
まともなレストランは結構な料金を取り、ピッツェリアやバールで済ますなら安く上がります。

フリーがある日のご宿泊ホテルの場所によって、タクシー代も大きく変わるので
何とも回答しづらい所です。

個人的には、他の回答者さん結構現金持っていくんだなという印象があります。
ホテルが中心部に無いならタクシー代を考慮して、皆さんが回答する位の
金額があったほうがいいかも知れません。

日本の円口座から直接イタリアの提携銀行ATMでユーロ建てで引きおろしができる
インターナショナルキャッシュカードに関しては、
現時点で新規で作れるのは新生銀行、CITIバンク位だと思いますよ。
メガバンクは新規の受付を停止しています。

ユーロ現金は日本で両替しないと目減りします。
円高の日を狙って最寄りのユーロ取扱い金融機関でどうぞ。お気をつけて。

イタリアは場所による物価の差が激しいです。基本有名観光地と北部ほど高いと思ってください。

ミラノ≧ヴェネツィア≧フィレンツェ≧ローマ>ナポリというイメージです。

ツアー中のどの都市で何日間フリーの日があるかが問題になります。
大抵上述5都市のナポリ以外のどれかだと思いますが。

スリや置き引き、ひったくりが多いので、クレジットカード払いを基本にした方が良いこと、
VISAかMASTERを持って行った方が良いことは間違いないです。
ただ欧州にありがちなのは、回線都合や店舗の操作ミス等で
カード...続きを読む

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Qフランス旅行、貴重品の管理とおこづかいと服装について

こんばんは。来週フランスに一人旅に行ってきます。5泊6日で、食事は朝食以外なしのスケルトンタイプのツアーです。おこづかいはいくら持っていけばいいのか検討がつきません。使うのは食事とお土産、ショッピングとオペラもみたいと思います。
それから、貴重品(お金やパスポート)の管理で悩んでいます。私はホテルのセーフティーボックスとか心配であまり預けたくないんです。ちなみに宿泊ホテルはツアーでよく利用される2つ星ホテルです。台湾に行った時は靴下の中にお札をいれて歩いていました。今回はバッグなどを持たずに歩いたほうがいいかなと思っています。
あと、服装についてなんですが、ウールの膝上コートじゃ寒いと思いますか?足元はブーツで行こうと思っています。みなさん教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

前のご質問にもお答えしましたが、どのぐらいのキャッシュを用意するかは人さまざま、でも、カードがあれば、一日100ユーロとか1万円相当もあれば十分すぎるぐらいじゃないでしょうか。もし現金の所持がご心配でしたら、いっそトラベラーズチェックという方法もありますよね。お土産などはカードでもいいし。

私もあまりホテルのルームセーフ(金庫)だとかフロントなどは信じない方です。現金だけならまだしも、いずれにしても航空機のチケット、パスポート、その他いろいろの大切な書類、幾らなんでもオジさんじゃあるまいし腹巻式の貴重品入れなんてイヤですし、しかたがありませんから、バッグに入れて歩いていますが、そのかわりバッグそのものをしっかりしたものにして、ストラップは短めに、肩にはハスにかけること、そして引っ手繰られないような場所や位置を歩くこと、そして何よりも、自分を観光客に見せないこと、そうしたことでこれまでなんとか無事に来ています。

犯罪の傾向なんて実際にはよく知らないのですが、引ったくりの多くはバイクに乗った連中が多いと言われていますし、事実一度目撃したことがあります。また、ジプシーの子供たちも厄介な存在です。ワッと寄ってきて何人かでモノを引っ手繰るのですが、メトロの階段あたりにいたりしますから、街中に不自然に居る子供たちにはよく目を光らせておいて、居たな、来るなと思ったら、大声でノンと叱ってください、大概それで彼らは諦めます。とにかく絶対に彼らを近づけないでください。

でも、それでも心配な時もあります。安ホテルに泊まった時の裏ワザ、ガムテープは便利です。荷造りや服のホコリを取るにも便利ですが、薄いビニールの袋に貴重品を入れて備え付けの箪笥の引き出しの一番奥の裏側に貼り付けたり、もうあの手この手。一度などはベッドサイドのラジオの表板を買ったばかりのスイスアーミーナイフでバラしてみたら、あ~ら驚いた、パリのラジオってまだ真空管式、日本じゃもう50年も前にトランジスター化して消えてしまったと言うのに、これじゃパスポートを入れるスペースもない、しかたがないから椅子の裏張りのホツれだところから押し込んでおいたという苦労話?もあります。

ただ、最悪のことはお考えになったおいたほうがいいでしょう。予備のキャッシュを幾らかと予備のクレジットカード、そして、パスポートや航空券やホテルのバウチャーといったものは必ずコピーを取って、それらを一緒にホテルのルーム内に隠しておくのもいいと思います。

服装については、今のシーズンとても微妙です。ウールの膝上コートがどのようなものか分かりませんが、パリのOLさんたちだったら、黒のタートルのセーターにキルティングのショートジャケットぐらいでしょうか。ボトムはパンツもあればタイトもある感じ。彼女たち、意外に質素でワンパターン、それでもどことなく洒落ているところがパリジェンヌなんでしょうね。とにかくブランド物とか余所行きは止めて、一応キチンとしていながらそれほど高価なものでなくていいと思います。最近は突然暖かい日があったりしますが、とりあえずはまだ真冬ですから、東京よりは寒いといった感じで考えて下さい。ボトムを選んだり、インナーで暖かさを調節すればいいかも。

前のご質問にもお答えしましたが、どのぐらいのキャッシュを用意するかは人さまざま、でも、カードがあれば、一日100ユーロとか1万円相当もあれば十分すぎるぐらいじゃないでしょうか。もし現金の所持がご心配でしたら、いっそトラベラーズチェックという方法もありますよね。お土産などはカードでもいいし。

私もあまりホテルのルームセーフ(金庫)だとかフロントなどは信じない方です。現金だけならまだしも、いずれにしても航空機のチケット、パスポート、その他いろいろの大切な書類、幾らなんでもオ...続きを読む

Q1週間の海外旅行で必要な現金

フランス、ドイツに1週間ほどツアーでいくのですが
現金をいくら持っていくか迷っています。
海外旅行がはじめてなのでさっぱりです。
クレジットカードは持っていきますが、
信頼できるところでしか使いたくないので
ブランド正規店など以外では現金で払おうと考えています。
個人差はありますが、日本円でいくらくらい
もっていけばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッパでは物価が高いので割とかかります。
500円(=約3ユーロ)では安めのサンドイッチしか買えませんし、観光地ならさらに値段は跳ね上がります。ファーストフードのセット(menu:ハンバーガーとポテトと飲み物)で6~7ユーロ、カフェで昼食なら飲み物付けて10ユーロ程度かかります。
昼食・移動込みなら、レストランでの追加飲み物(ノンアルコール)が3ユーロ程度、トイレが0.50ユーロ、500ml入りの水が観光地価格で1.50ユーロ程度です(スーパーなら0.20ユーロ程度です)。夕食の飲み物代を別として15ユーロ程度あれば十分でしょう。

クレジットカードでもIC付きのものでしたら複製は難しいですし、暗証番号さえ盗まれなければ万が一紛失・盗難しても止めることもできます。
10ユーロ以上かかるような店や食堂ではカード払いが普通で、マクドナルドでも使えますので、
現金は全日程通して100ユーロ程度に留め、IC付きのクレジットカードで買い物されることをおすすめします。
(ICの付いていないものだと、高額店を除いて使えないことが多いです。)
現金だといやな顔されることもありますし…。

ヨーロッパではカードが当たり前になっていますから、財布に現金が100ユーロでも入っていようものなら盗んでくださいといっているようなものですよ。
どうしてもというのであれば#2さんのおっしゃるようにTCを用意して、免税店ではそのまま使えますが、そうでない店では都度両替するしかないでしょう。
AMEXのTCなら郵便局で手数料なしで現金化できます。

昼食代が含まれていない自由行動なら、バス・地下鉄で移動、おみやげ代・夕食代は別で1日あたり50ユーロ程度は見ておいた方がいいでしょう。
ヨーロッ...続きを読む

Qヨーロッパへの旅行でのお金・貴重品のスマートな持ち歩き方について

こんにちは。
ヨーロッパへの海外旅行で、旅行初心者っぽくなく、安全かつ格好良くお金や貴重品を持ち歩くスタイルをご教授ください。
腹巻をしたり、パスポートケースを首からさげてTシャツの中に入れたりというスタイルは安全ですが、会計に不便ですし格好が良くないように感じます。
パスポート・紙幣・小銭・クレジットカードをそれぞれどのような形で、何に入れて持ち歩けば安全と会計のしやすさ・見た目のよさを両立できるでしょうか。
現地在住の日本人の方々は腹巻やパスポートケースは使っていないのに、どうやって管理されているのでしょうか。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ヨーロッパと言っても国によって違います。
私はフィンランドなら油断しますが(?)、スペインではもっと気を配ります。
イギリスもそんなに厳しく考えないかな。この油断が大敵なのでしょうが・・・・・。

腹巻は、出し入れせずに済むものを入れると良いです。
予備のお金やクレジットカード、航空券(紙の場合)など。

パスポートは首から提げるかウエストの内側(横)に挟む。
お手製でも他の入れ物を工夫して使ってもいいし、市販の袋もあります。
http://www.arukikata.co.jp/shop/list/48.html
ただしパスポートは持ち歩かず宿に預けることを推奨されている街(マドリード、バルセロナなど)では持ち歩かないのが基本です。

・多額の現金を持たない(多くても50ユーロ~100ユーロ)。
・保管場所を分散させる。
・クレジットカードは1枚でなく2,3枚(これは読み込み不良に備えてでもあります。たまにレジで上手く行かないときがある)
・バッグに入れて持ち歩くときは引ったくり・置き引きに注意。
・バッグにしろポケットにしろ、スリ注意。
・背中側にバッグを回さない。体の前に。

基本的に海外旅行で必要な注意。
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/makio.html
さらに注意が必要な地域ならこういう対策。
http://barcelona.s28.xrea.com/traveltips/chian/index.html

最強の観光スタイルは手ぶら、またはそれに近い格好です。
大事なものをなるべく持っていないほうが安全なのです。気楽だし。

どっちにしても、海外では高額紙幣を使いにくいです。
日本のように五千円、一万円で小さな買い物をできる(お釣りがちゃんと用意されている)国のほうが珍しいのかもしれない?
だから現金で大金を持ち歩く必要はありません。
観光時は1日分だけ持ち歩き、後は宿に預けるなり、どこかにしまっておく。

ありがちトラブルを知っておくのも役立ちます。
その地域ではどういう犯罪が多くて、どういう対策が推奨されているのか?

参考URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/index.html

ヨーロッパと言っても国によって違います。
私はフィンランドなら油断しますが(?)、スペインではもっと気を配ります。
イギリスもそんなに厳しく考えないかな。この油断が大敵なのでしょうが・・・・・。

腹巻は、出し入れせずに済むものを入れると良いです。
予備のお金やクレジットカード、航空券(紙の場合)など。

パスポートは首から提げるかウエストの内側(横)に挟む。
お手製でも他の入れ物を工夫して使ってもいいし、市販の袋もあります。
http://www.arukikata.co.jp/shop/list/48.html
...続きを読む

Qスーツケースに入れることができる食品

今度、イギリスのロンドンに行きます。食品として
インスタントみそ汁(ペースト状の味噌が有)と
日清のカップ麺を持って行きたいと思います。
それと、水も日本で買ってある程度漏っていきたい
と思っています。もちろん、機内には持ち込み出来ません
ので、スーツケースに入れて預けます。

これらの食品と水ですが、なにか支障がありますで
しょうか? 初めて行くのでよく分かりません。
ご経験がある方がありましたら離日前に教えてください。

Aベストアンサー

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インスタントヌードルは軽いですよね。ただ、軽くてもインスタントヌードルは嵩張るんですけどね。
それから、あまりぎゅうぎゅう詰めにすると関空であけられる可能性もありますね。以前1度だけあけられたことがあります。更に開けた後に今度は閉まらなくなって、後ろから来られた方に「全部食料やんけw」と言われてしまったんですが!その時は2日間の日本滞在だったのでたまたま服が少なく、ほぼ食料になってしまっただけなんですけどね。
私の場合ですが、毎回預けるスーツケースと機内持ち込みトロリーの2つで飛んでいます。もしスーツケースに全部入らなかったら機内持ち込みできない液体類はスーツケースに入れて、衣類などをトロリー(など)の中に入れたらいかがでしょうか?ま、荷物が増えてしまいますが・・・


どんなホテルにお泊りになるのか分かりませんが、ホテルでもちゃんとお水もらえると思いますよ。こだわりがあるなら仕方がありませんけどね。
ちなみにギャレーから、機内サービスで使っている1.5Lのお水をペットボトルごと持っていく乗客もたまにいるんですよ。「これもらってっていいかな?」「いいですよー」という感じで。
ですので、もしもらえるような状況でしたらそこでもらってみたらいかがでしょうかw
満席だとその分ミールもカートも増えますし、ギャレーは狭いので、お水を収納するスペースを確保するにも乗務員は頭を使うのです。なので、減ってくれたほうが助かる場合もあるんですよ(会社と便による)

NO6のerica1です。
インスタントのお味噌汁を持参するとなると、お椀やお箸も持参するおつもりなのでしょうか?それともお湯を入れるだけ~のカップのお味噌汁のことをおっしゃっているんでしょうか?

私はいつも重量制限ギリギリで日本食をスーツケースいっぱいに敷き詰めてますよ。(出発前に体重計で量ってから行きます)
勿論荷物の中身は食べ物だけではありませんが(笑)衣類ってそんなに重くないんじゃないかなと思うのですがいかがでしょう?
水1.5Lを2本入れてもたった3キロにしかなりませんし、インス...続きを読む

Qイギリス旅行での費用

いつもお世話になります。

来月の半ばに主人とロンドン旅行(ツアー)に行くのですが、お金はいくらぐらい持参すると良いでしょうか?


※旅行日程は4泊5日(実際に観光できるのは3日間)。

※現地での移動代は込み。

※ホテルと食事代はほぼ含まれていますが、お昼1回、夕飯3回は実費で外食。

※お土産はいくつか買う予定ですが、ブランド品は購入予定なし。


以上です。


夫婦ともに初めてのロンドンなので、どれ位の費用がかかるのかいまいち分からず(物価は高いと聞きました^^;)、経験者の方、あるいは現地にお住まいの方のご意見をお聞きしたいです。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

現金を使うので主なものは,タクシーと食事代です。
移動代をあらかじめ支払っているのであれば,あとは食事代ということになりますが,高い店ならクレジットカードで支払えばよいので,ファストフードに毛が生えた程度のところで食事をするだけの現金があればよいことになります。
つまり2万円に相当する現金があれば多すぎるくらいだと思う。
お土産代はいくらくらい使うつもりなのかわかりませんが,クレジットカードが使えないような店で買うのならその分も足してください。

その代りクレジットカードは確実に使えるビザかマスターを持っていくこと。暗証番号もちゃんと覚えてないといけません。万が一カードの調子が悪くて使えないと言われた時のために2枚目のクレジットカードも要しておくと完璧でしょう。

支払はクレジットカードが使えるところはすべてクレジットカードで済ませましょう。


人気Q&Aランキング