マンガでよめる痔のこと・薬のこと

市販の風邪薬で、アセトアミノフェンと麻黄湯を配合したものがあります。

麻黄はエフェドリンによる興奮→体温を上げる→発汗→解熱という
しくみで、一旦、体温を上げるのだと思うのですが、
解熱を目的とするアセトアミノフェンと一緒になっていると、
体温が上がらず発汗しないのではないかと思うのですが、
どういう意味で配合しているのでしょうか?

アセトアミノフェンと麻黄の働きを個別に調べたのですが、
「2つを一緒に飲んでも相殺はしない」という回答しか
探せず、なぜ相殺しないのか、よくわかりませんでした。
どなたかわかりやすい説明をしていただけませんか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

漢方は抗ウィルス薬であると同時に生体の調整系である自律神経、防御系の免疫、内分泌系を連動させてそれらを変化させることが出きる薬剤です。


麻黄という生薬はウィルスによる風邪、あるいはインフルエンザの初期、アレルギー性鼻炎などの急性症状に使う漢方薬に配合されますが、その成分であるL-エフェドリンの自律神経の交感神経刺激を利用しています。
自律神経の反応が強いほど風邪などの初期はくしゃみや鼻水、悪寒、発熱、痛みなどが出ることが多いし、鼻炎のくしゃみ、鼻水反応も酷くなります。これはウィルスに反応するリンパ球が増えた副交感神経の反応です。
麻黄はこのあまりに強く偏り過ぎた副交感神経の働きを交感神経を刺激することによって正常な範囲にまで抑制しようとします。そうすると鼻水や悪寒、熱、痛みなど不快な症状が抑えられます。

中国には青竜神といって中国の東方を守る神がいます。東方は海に面していますので湿が多く、この青竜は血管透過性を変化させこの湿(病理的水分)を除去する作用があります。
代表的なものが麻黄湯や小青竜湯など麻黄を主剤とした方剤です。すべてL-エフェドリンの交感神経刺激作用を利用しています。

こうしてみるとアセトアミノフェンと相殺することはないことがお分かりいただけると思います。アセトアミノフェンも交感神経刺激薬です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。大変よくわかりました。

お礼日時:2010/03/08 13:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインフルエンザに麻黄湯?

子供がインフルエンザ罹ったのですが、子供には「タミフル」「リレンザ」は副作用で問題行動がでると言われ、医師より漢方薬の「麻黄湯」が同様な効果が有り、副作用がないと出されました。
検索しても、見当りません。下記の質問に回答をお願いします。

1)医療機関で処方されるツ○ラ「麻黄湯」等は本当にインフルエンザに「タミフル」「リレンザ」同様な効果があるのでしょうか?
効果があるのならば、やはり、発症48時間以内の服用が望ましいのでしょうか?
2))「タミフル」「リレンザ」に比較して副作用は少ないのでしょうか?
3)「タミフル」「リレンザ」は新型インフルエンザにも効果があると言われますが、「麻黄湯」も新型インフルエンザに効くのでしょうか?

Aベストアンサー

うちの子も小児科で麻黄湯を処方されました。先生から詳しい説明書きを見せてもらいましたが、他の漢方は効能の欄に「風邪」だけだったのに、麻黄湯は別に「風邪・インフルエンザ」とあったので、ただの風邪に効く一般的な漢方とは別に、インフルエンザ対策の漢方であることは間違いないと思います。

個人的体験ですが、子供は熱はたしかに高熱でしたがそれ以外はそんなにひどい症状はありませんでした(予防接種していたのでそのおかげなのかもしれませんが)。副作用も特になかったと思います。問題といえば苦いことくらいでしょうか。治りかけのころに咳がひどくなるのでそうなったら来てくださいといわれ、実際ひどくなったので行ったら今度は普通の風邪のときにもらった咳用の薬を処方され、それを飲んで完治となりました。

ちなみに母である私も罹り、私はタミフルを服用したのですが、熱は下がっても何だかボーっとしているし、変な夢ばかり見て何度も起きるし(他の高熱の風邪でそんなことはなかった)、これってタミフルの副作用!?私まさか飛び降りないよね!?とちょっと怖かったです。子供のお友達(同い年・タミフル服用)は夜中に突然起き上がって無意味に廊下を往復したので怖くなって服用を中止したそうです。果たしてこれが本当にタミフルの副作用なのか、インフルエンザのせいなのか、副作用が起こるかも?という思い込みのせいなのかは素人の私には分かりませんが、もし子供にもタミフルを飲ませていたらすごい不安になっていただろうし、そのことだけから考えても麻黄湯でよかったと個人的には思っています。

うちの子も小児科で麻黄湯を処方されました。先生から詳しい説明書きを見せてもらいましたが、他の漢方は効能の欄に「風邪」だけだったのに、麻黄湯は別に「風邪・インフルエンザ」とあったので、ただの風邪に効く一般的な漢方とは別に、インフルエンザ対策の漢方であることは間違いないと思います。

個人的体験ですが、子供は熱はたしかに高熱でしたがそれ以外はそんなにひどい症状はありませんでした(予防接種していたのでそのおかげなのかもしれませんが)。副作用も特になかったと思います。問題といえば...続きを読む


人気Q&Aランキング