中緩斜面ではなんとかパラレルができるようになって来ました。しかし急斜面へ行くとまるでダメです。
先日、斜度25度程度の斜面へ行ってみました。1回目のターンは良いのですが次のターンに入ると速度が出てしまい、エッジを効かしてスライドさせて減速し、強引に向きを変えてしまいました。おそらくフォームも後傾になっています。
いままで忠実に守ってきた、「上体はフォールラインを向いて」や「膝の曲げ伸ばし」や「荷重」や「切り替え」もどこへやら。スピードを殺すのに集中してしまい、うまく滑れません。
急斜面を安定して滑るコツなどあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは、無理しなくても滑れますよ。

まずは、胸は斜面に対して真下、スキーは斜面に対して90度、真横に向いて止まってください。ポジションが決まったら横滑りで真下に滑ります。エッジを効かして止まります。この時ストックを着いて、ポンと上体を谷側に投げ出して、板を斜面に対してフラットにし180度向きを変えます。これを何度も繰り返してみてください。ポイントは、エッジを効かして止まるときは後傾でも良いんです。ブレーキをかけたとき、上体がスキーを追い越し、斜面下に投げ出せるかと言うことです。投げ出せないと、斜面に対して板をフラットに出来なくて板を回せなくなります。作用反作用です。エッジで土台をつくって、先行動作で上体を落としていく。ストックを前に出すことできっかけをつかみやすいかもです。部屋の中でイメージしてみてはいかがでしょうか。私の場合、階段を斜面にみたてて腰を伸ばして45度位上体を下に傾けて走りおりる感覚です。上体を普通に階段を下りる垂直では、向きが変えられません。おおざっぱにはこんなとこです。おしりが斜面に付きそうな急斜面を止まりながら滑っている感覚でも、他の人がみるとちゃんとすべっているように見えますよ。もうひとつは、斜面を怖がってスキーを横にしすぎて、ますます曲がれなくなってしまうのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとございます。
ご指摘の通り、斜面を怖がってしまうというのはあります。板をコントロールできずに斜面に対して真横(90度)にして停止。そこからまた斜滑降でスタートみたいな感じです。板がどんどん先に滑って行き、身体が後から付いてくる(笑)感じです。そして急斜面から緩斜面への切り替わる地点?を通過すると急に身体が前傾に持って行けるようになります。滑ってて身体で感じます。おしえて頂いた練習法に興味を持ちました。早速今度試してみたいと思います。

お礼日時:2010/02/09 10:33

追加分です。

私も昔のことですが、そのような滑りになったことがありました。たまたま捻挫をして外スキーをしっかりと踏めなかった時です。おそらく、一回一回のターンの時に外スキーのエッジにしっかり乗れていないのではないでしょうか?中途半端なターンのエッジング動作は逆に加速してしまって、ますますスピードが乗り、体がついていけなくなります。回転競技で軽いエッジングでターンの後半から加速させる技術がありますが、腹筋の強いアスリートスキーヤーなら板について行けるかも知れませんが、一般のスキーヤーでは一瞬で後傾になると思います。ですから、一回目のターンからしっかりとスキーを踏んで、減速できる感覚を感じることです。他の方もおしゃってますが、この動作の連続が急斜面の小回りターンに完成されていくと思います。スキーは右や左にターンをして滑りますが、スキーをやらない人が見ると、なんで真っ直ぐ滑らないのだろうと思うそうです。しかしスキーヤーなら分かるとおり・・・「その回転運動で加速したり、減速したりのスピードコントロールをやってます」ですから、ターンはそのためにあると考えれば、やはり一回一回のターンは丁寧に決めてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

更なる、回答をいただきありがとうございます。
ターンって重要なんですね。しっかり練習して行きます。リフトから観察していると、高速でスムースに大きくS字を描いている滑りをみると羨ましい限りです。上手くなりたいからスキーはやめられないですね。

お礼日時:2010/02/09 18:17

一言で申し上げて・・・それは後傾です。

後傾はなぜ起こるかというと、斜面を怖がっているからです。ですから恐怖感を払拭して、前傾姿勢を保たなければ、絶対に上達しません。昔は(古い話ですみませんが・・・)前傾して、スキーの後ろが上がるほど傾けたものです。極端な表現ですが、急斜面はそれぐらい前へ体重を持っていかないとスキーの滑る速さについてはいけません。バイクも自転車も同じです。最近は用具が発達して、中々体が遅れることは少なくなりましたが、それでも急斜面が苦手なら是非、根性出して前傾してください。体がスキー靴より前に出るぐらい前傾して滑ってみてください。新しい世界が見えてきます。スキーは何よりも勇気が大切です。ファイト!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
後傾ですね。滑ってて分かります。板に乗せられてる感じです。斜度に対する恐怖感は前ほどではなく、てっぺんに立つと「よしっ」という気持ちになるのですが、いざ、滑り出すと板が先行してしまい速度超過で急制動みたいな感じです。前傾姿勢を意識して恐怖感の払拭と板のコントロールを練習します。

お礼日時:2010/02/09 10:23

いきなり緩斜面と同じようなターンはムリですよ。


基本に忠実に。
大きいターンから練習していきましょう。コースを出来るだけ広く使い、大回りの片側1回ターンから練習です。
慣れてきたらターン数を増やし、ターンを小さくしていきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やっぱりそうですか。
人がいないのを見計らって大きいターンを練習してみます。なんか急斜面って上級者ががんがん降りてくるので、邪魔にならないよう練習します。

お礼日時:2010/02/04 12:41

25度以上となると難易度は一気に高まります。


>スピードを殺すことに集中・・・。
その考えがある限りまず上手くはならないでしょう。
殺すのではなくコントロールするのです。
まずは難易度が低いバーンでスピードを出すことを楽しんでください。その場合も技量の範囲内で安全にです。その中で弧の大きさやズレでスピードをコントロールする技術を覚えてください。それを急斜面で応用していきます。
スピードを楽しむ心とターンをコントロールする技が相まってはじめて急斜面が上手く滑れてきます。
そのためにも練習で滑り込みましょう。
また競技スキーを経験するのもいい手です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
「コントロール」ですか、なるほど。今シーズンは滑り込んでスピードをコントロールする技術を身につけられるよう練習に励みます。

お礼日時:2010/02/04 12:45

ハイあります


転倒二千回と言いますから経験を積んでください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
「転倒二千回」ってすごい言葉ですね。転びながら滑り込んで身体で覚えろってことですか?

お礼日時:2010/02/04 12:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスノーボードの急斜面でのターン

スノーボードのターンについてなんですが
急斜面で連続ターンができません

また、どうしても後ろに体重をかけてしまい
うまくターンができません。

これらのコツ、練習方法などってありますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

こんばんは。
スノボ歴19年で、指導員をやっています。

体重が後ろになって、うまくターンが出来ないというのは、
それは、急斜面だけでのことですか?
中級斜面ぐらいでは、どうですか?

誰でもそうですが、自分の自信のない斜度になったら、
怖いという気持ちがでるものです。
レベルにあっていない斜度でも、怖いと思う気持ちがなかったら、
それは、逆に無謀なだけです。
いつか大けがをするか、誰かに大けがをさせてしまいますので、
自分にあった斜度で、コントロールできるスピードとターンとリズムで滑ることが大切です。

ですから、連続ターンをどれぐらいのリズムでマスターしたいのかは、
わかりませんが、怖くない程度の斜度で、じっくりと練習して、
スピードのターンのリズムを早くしていって、だんだんと斜度を上げていきましょう。

ちなみに、中級斜面でも、カービングでターンをしていけば、途方もなくスピードは出ますから、ある程度スピードを抑えるために、ドリフト(スキッドとか横滑りとも言います)での、連続ターンも練習します。カービングがこなせる人なら、ドリフトも出来るかとは思いますが。
急斜面でも、小回りの連続ターンをしようと思うのでしたら、
まずは、テールスライドのドリフトの左右の切り返しを練習するのがいいでしょう。
イメージとしては、フロントでのブレーキング、バックでのブレーキングを
交互連続で行って、スピードを殺しながら、ほとんど真下に滑り下りて行く感じです。

たぶん、よくわからないかと思いますが、
とにかく、急斜面ではドリフトで左右にスピードコントロールが出来るように練習、ということです。
でも、怖くない斜度での練習を心がけてくださいね。
そうしないと、
体重が後ろに残ったままでは、何も上達しませんから。

こんばんは。
スノボ歴19年で、指導員をやっています。

体重が後ろになって、うまくターンが出来ないというのは、
それは、急斜面だけでのことですか?
中級斜面ぐらいでは、どうですか?

誰でもそうですが、自分の自信のない斜度になったら、
怖いという気持ちがでるものです。
レベルにあっていない斜度でも、怖いと思う気持ちがなかったら、
それは、逆に無謀なだけです。
いつか大けがをするか、誰かに大けがをさせてしまいますので、
自分にあった斜度で、コントロールできるスピードとターンとリズムで滑...続きを読む

Qパラレルターンをマスターするための期間

今の住所の真横に評判の良いスキー場があって、ちょくちょく行きます
ボーゲンなら、最上級者コースでも普通に滑れて、スピード出ても全然怖がらない人です
筋力は強いけど、運動神経は下の上ってとこです

パラレルターンをマスターするには、どれくらい期間が必要だと思いますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
近くにスキー場があるなんて、何よりも羨ましい環境ですね。
たくさん練習して、どんどん上手くなりますね。

さて、運動神経よりも、筋力が大切です。
特に、カービングで滑ると、脚力が必要です。

ボーゲン(プルーク)でスピード出せて、怖がらないのでしたら、
パラレルなんて、1日で覚えられるかもしれません。

まずは、緩斜面で、足を平行(二の字)にして、練習していけば、
すぐに覚えられます。(練習方法はまた別でアドバイスしますが)
後は、停まるときに、ボーゲンではなくて横スライドで停まる練習もしましょう。
慣れて、だんだん斜面をきつくしていけばいいんです。

いきなり急な斜面でやっては、
絶対に身に付きませんよ。
必ず緩斜面から練習すれば、早いですよ。

Qウェーデルンのコツ 急斜面でのショートターン

僕のレベルとしては、中回り、大回りに至っては、板をそろえエッジで回れていると思います。

しかし、http://www.youtube.com/watch?v=4d5as9V48K0&feature=related
このような急斜面でのショートターンがとことん苦手です。中、大回りでは踏ん張ってしっかり回れても
ショートターンでは、そんな時間もないため板の向きがうまく切りかえれません。

どうしたらよいでしょうか?
練習法などお願いします。

Aベストアンサー

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこう年配の方でしょうか?
今では、「小回り」か「ショートターン」と言いますね。

それはともかくとして、
この動画の様に小回りをするには、適度な斜面で練習するしかないですね。
完全に、板のエッジングの反動を利用して、次のターンに入っていますから、
脚力とバランスとしっかりとした重心が必要です。

適度にスピードの出る斜面で、連続ターンを続けて、
自分でそれを細かくして、板の反動を吸収しながら、次のターンにつなげられる様に、
ひらすら練習ですね。
多少強引にエッジングして反動を使っていると、
時に反対側に吹き飛ばされるかもしれませんので、
しっかりと前掲と膝を曲げて、
板も開き気味にして、チャレンジしてみてください。

適度な斜面で、小回りになって来て、スピードが出せるようになったら
自信がついたら、
少しずつ斜度を上げていけばいいのです。
いきなり、急斜面でできるわけはありません。

検討を祈ります。

この動画を見ると、上手いですね。
斜度もそこそこの中上級斜面ですかね。

中回り、大回りに関して言えば、
板をそろえている感覚で、中級斜面以上を滑って見えるのでしたら、
おそらく、エッジで回れているとは、考えにくいです。

カービングスキーで、中級斜面以上をエッジで
カービングで滑っていたら、
板はだいたい肩幅弱くらいの開きがあるはずです。
揃えて滑っていたら、少なくとも内足のエッジは使って無さそうですね。

それと、ウェーデルンという言葉(もう死語かな)
を使われてみえるので、けっこ...続きを読む

Q急な斜面(スノボ)

先日、初めてスノボを経験してきました。

二日間、同じくスノボ初体験の彼女と四苦八苦しながら、彼女は木の葉(かかと側のみ)と止まる時だけつま先側で止まれるようになり、僕は初心者コースならターンが難なくできて滑りながらオーリーも一応できるようになりました。自分たち的にはかなりできた方なんじゃないかと、喜んでいました。

そんな感じで、二日目の最後にちょっと難しめのコースを滑ってみようということになり、ゴンドラに乗って中級者コースに行きました。

しかし思いの外、すごく急でビックリしました。ちょっとくらい無様でもターンで降りれる自信があったのですが、それどころか木の葉でも斜面が急で止まってられずズズズ~とかなり無様でした。

ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。これは何故なんでしょうか?一応前足に体重をかけるというのはちゃんと意識してやっていました。あと、スピードがかなりでて他の人にぶつかってしまいそうで怖かったです。どうやれば周りの人のようにスピードを調節しながら滑れるのでしょうか?

具体的には、栂池高原のハンの木コースです。栂池の初心者コースとされているところは全て滑ってから最後にチャレンジしました。

長文の質問最後まで読んで頂いて、ありがとうございます。経験者の方、スノボうまい方等回答お願いします!

先日、初めてスノボを経験してきました。

二日間、同じくスノボ初体験の彼女と四苦八苦しながら、彼女は木の葉(かかと側のみ)と止まる時だけつま先側で止まれるようになり、僕は初心者コースならターンが難なくできて滑りながらオーリーも一応できるようになりました。自分たち的にはかなりできた方なんじゃないかと、喜んでいました。

そんな感じで、二日目の最後にちょっと難しめのコースを滑ってみようということになり、ゴンドラに乗って中級者コースに行きました。

しかし思いの外、すごく急でビッ...続きを読む

Aベストアンサー

急斜面ということで、少々ビビって 体の軸が遅れているのだと思います。 
次のターンに入るときに体が遅れないように前へ前への意識を持ってください。最初は怖いですが。


>ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。

顔が山側(山頂側)に向いてしまっていませんか?
スピードを上げずにターンをするには#1の方が仰る ドリフトターン(ずらしてスピードをころす)が有効です。
それには顔を谷側(斜面下)を向けてください。

他の方も仰っている ひざを曲げること。
関節は全て ”柔らかく”曲げてください。
足首・ひざ・股関節 左右6つの関節です。
ひざを曲げる際、腰も曲がらないように(腰が折れて上体がかぶらないよう)
滑る前に、平らな場所でブーツ・ボードを履いてどれだけ曲げれるか確認してみてください。 実際滑り出すと、自分が思っている以上に関節って曲がっていないものです。


>どうやれば周りの人のようにスピードを調節しながら滑れるのでしょうか?

冒頭にも申し上げましたが ドリフトターンをマスターすることと、体の軸が斜面に対して垂直になるよう、遅れないように意識することです。
板が体より先に走ってしまっているのだと思うので、板に遅れないように。

まだ初体験なのにいきなり中級コース行けたのですから 今から上手くなりますよ! あせらず頑張ってください。
まずは緩い斜面でじっくりとターンの練習を重ねて下さいね!

急斜面ということで、少々ビビって 体の軸が遅れているのだと思います。 
次のターンに入るときに体が遅れないように前へ前への意識を持ってください。最初は怖いですが。


>ターンのつま先側になるとこけてしまうんです。

顔が山側(山頂側)に向いてしまっていませんか?
スピードを上げずにターンをするには#1の方が仰る ドリフトターン(ずらしてスピードをころす)が有効です。
それには顔を谷側(斜面下)を向けてください。

他の方も仰っている ひざを曲げること。
関節は全て ”柔ら...続きを読む

Q緩斜面では滑れるのに・・・急斜面だと・・・

緩斜面では滑れるのに・・・急斜面になると腰が引けてスムーズに滑れません。前足に体重をかけてと頭ではわかっているのですが。よい練習方法があれば教えてください!

Aベストアンサー

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関節を折る。
3、背筋は曲げず真っ直ぐに伸ばし、お尻を上に吊り上げるようにる。

上記の姿勢を滑走中も保てば腰が引けること無くなりますが、以外と3の姿勢を保つのが難しく、ポイントとなります。私の場合、滑走中に3の姿勢を保つには、アゴを引かず、常にアゴを上げて滑るのが効果的でした。
家でも練習できるので試して見てください。スキーブーツを履いて。

また、姿勢ではないのですが、急斜面を滑るときのもう一つのポイントは、ターンのキッカケで上に立ち上がらないことも肝心です。上方向に立ち上がると体が遅れてしまうので、斜面下、ターンの出口方向(次の進行方向)に体を移動させるようにします。

腰が引ける、所謂、後傾姿勢は、意識してもなかなか直りませんよね。
私も苦労しました。質問者さんのフォーム見れないので実際どうか判りませんが、多くの場合、前に体重を掛けようとすると前屈みの姿勢になりがちです。こうなると、腰が折れて、太腿が寝て、脛が立つので、所謂、へっぴり腰の姿勢になり、益々、意図とは反し益々後傾になってしまいます。
下記は、スクールで指導されて、私の後傾が矯正された姿勢の取り方です。
1、脛を深く折る。
2、折った脛の角度と太腿の角度が同じになるように股関...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

おすすめ情報