【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

素朴な疑問なんですが・・・
ハマー(米国車)がエコカーになる理由が良く分かりません。
一種のアメリカンジョークでしょうか?
参考ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100203 …

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>ハマー(米国車)がエコカーになる理由が良く分かりません。



単純な理由です。
「アメリカは戦勝国。日本は敗戦国」という事です。
今でも、東京上空の制空権は米軍が持っています。
民間旅客機は、千葉上空から羽田空港に着陸・離陸するしかありません。
福生基地にしても、都が変換を求めると「ここは戦利品で、戦勝記念だ」と拒否しています。(石原都知事談話)
政治・経済・軍事など、全てアメリカの了解が無ければ日本は成り立ちません。
昔からいいますよ。「アメリカが風邪をひくと、日本はクシャミする」

高速道路での、バイク二人の乗り。
10年経過後も、2年車検。
自動二輪免許制度(特に旧大型免許)の改革。
これらは、ハーレー社の強い要望を受けたアメリカ政府の外圧で決まりました。

今回で一番重要なのは「今まで4キロしか走らなかった車が、6キロも走るようになった。アメリカ車はECO車だ」というアメリカの理論です。
アメリカ政府は、国をあげて日本車(特にトヨタ)攻撃を行なっています。
欠陥部品を製造した在米企業の責任は、一切不問です。

全ては「戦勝国に逆らえない属国・敗戦国の悲劇」です。
小泉政権のように忠実なポチだと、このような自体にはならなかったでしようね。
「対等な日米関係を目指す!」事は、アメリカにとって許せない反逆行為なんです。
「中国の命令は従っても、アメリカの命令は無視するのか!(怒)」
ネット上には「飼い犬に噛まれた。復讐が必要だ」との、上院議員のHPがあるようです。冗談だと思いますが・・・。
在日米軍移転にからんで、自動車に限らず今後も色々命令してくるでしよう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>「アメリカは戦勝国。日本は敗戦国」という事です。
鬼畜米英戦前戦中派の方のお考えですね。

お礼日時:2010/02/04 17:26

元々エコカーは日本企業の独壇場で、諸外国のメーカーは後追いを強いられてきました。

そこに不況と日本でエコカー減税が始まり、不況下の客の囲い込みにおいて国外メーカーが一方的に不利な状況に陥いり、かなりの不平不満が出たための解消措置でしょう。

何の根拠もない憶測を言えば、トヨタのリコール問題でアメリカ側に寛大な措置をとってもらう見返りかも知れません。米政府の対応は現在のところ寛大でも何でも無いので本当にただの憶測ですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

EUのプジョーグループ、フィアットグループ、VWグループ、韓国の自動車メーカーからも苦情や圧力なんて聞いた事がありません。
アメリカだけですかね・・・
エコの算定基準をアメ車が有利になるように変更しろなんて。

しかしハマーがエコカーとは出来の悪いジョークです。

お礼日時:2010/02/04 14:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング