マンガでよめる痔のこと・薬のこと

喝上げ(恐喝)や親父狩り(強盗)を常習的に犯した場合、金額の多い少ないに関係なく、実刑判決が喰らうんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、執行猶予の条件は、初犯の場合は「刑が3年以下の懲役または禁錮もしくは50万円以下の罰金」です。



再犯または執行猶予中の場合の条件は「刑が1年以下の懲役」になり、条件が厳しくなります。

>常習的に犯した場合

「常習的」って事は「再犯または執行猶予中」になります。なので、執行猶予が付くのは「刑が1年以下の懲役」以下の時だけです。

強盗罪は「禁固5年以上」ですので、最も軽い量刑で更に情状減刑されたとしても、最短でも「2年6月の刑」ですから「執行猶予の条件を絶対に満たさない」ので「再犯の場合は確実に実刑」です。

恐喝は「十年以下の懲役」ですので、裁判官が量刑し「1年以下」と判断すれば、再犯でも執行猶予の可能性がありますが、常習者に「1年以下」の軽い刑が課せられる事は滅多にありません。

>金額の多い少ないに関係なく、実刑判決が喰らうんですか?

犯罪を規定した刑法には「金額」は書かれていませんので、例え「1インドネシアルピア(日本円で0.0098円)」を強盗したとしても、強盗罪は強盗罪です。
    • good
    • 3

十中八九どころか、盗犯等防止法2条各号に該当するような強盗なら、実刑しかないですよ。



参考URL:http://www.houko.com/00/01/S05/009.HTM
    • good
    • 0

実刑ってことは執行猶予がないってことですよね


常習的ってことですが それがグループでなのか そのグループでの自分のポジション
年齢 反省度 いろんな要素がありますからね あとは弁護士さんの腕次第かなぁ
恐喝は10年以下の懲役 窃盗罪は10年以下の懲役、50万円以下の罰金 強盗は5年以上の有期懲役。

あとカテゴリが違いますね
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q恐喝で逮捕されました。

友人たちが数回にわたる恐喝(総額11万円)で逮捕されました。
友人たち(3名・成人)は、共に初犯で、現在は拘留延長で留置所に入っており接見禁止がついています。
友人たちの家族が被害者に対する被害額の返済と謝罪をしたいと国選弁護士に伝えましたが、被害者は被害額の返済にも謝罪にも示談にも応じないとのことです。

【質問1】今後、起訴され裁判で有罪になった場合、再び新聞に載るのでしょうか?(逮捕された時には地方版に3人の実名が載りました)

【質問2】有罪になる可能性と、その場合どのような処分になりますか?罰金や慰謝料についても教えてください。

【質問3】友人たちは普段から良い奴らで、どう考えてもこの逮捕は何かの間違いだと思うくらい信じられません。何とか助けたいと思っているのですが、何か出来ることはあるでしょうか?

【質問4】拘留延長後、裁判までの間、友人たちはどうなるのでしょうか?帰って来れるのでしょうか?

【質問5】被害者は、友人たちの中の1人とは家族ぐるみの付き合いをしており、なぜいきなり告訴するに至ったのか、なぜ友人の家族に相談しなかったのか不思議に思うのです。そこで、私が直接、被害者に会いに行ってそれをたずねたり、または、新聞に実名が載ったことで友人たちの家族が受けた精神的苦痛を伝え、被害者に示談交渉をしたとしたら、それは友人たちに悪影響を与えることになるでしょうか?(ちなみに私と被害者は、お互いの顔を知っている程度の関係です)
正直、国選弁護士がいつも面倒くさそうな態度で、あまり期待できないかんじなのです。

・・・ここまで、逮捕された友人たちを庇うような書き方をしてしまいましたが、接見禁止がついていて詳しい状況もわかりませんし、友人たちは恐喝で逮捕されるほどの確たる証拠があっていまに至るのだとは承知の上です、が、しかし、友人たちは何か理由があってやったとしか考えられないのです。
被害者の気持ちを考えたら私の質問は酷い内容ですね。
ご気分を悪くされた方には本当に申し訳ございませんが、全く無知な私に教えてください。
どうか宜しくお願い致します。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

友人たちが数回にわたる恐喝(総額11万円)で逮捕されました。
友人たち(3名・成人)は、共に初犯で、現在は拘留延長で留置所に入っており接見禁止がついています。
友人たちの家族が被害者に対する被害額の返済と謝罪をしたいと国選弁護士に伝えましたが、被害者は被害額の返済にも謝罪にも示談にも応じないとのことです。

【質問1】今後、起訴され裁判で有罪になった場合、再び新聞に載るのでしょうか?(逮捕された時には地方版に3人の実名が載りました)

【質問2】有罪になる可能性と、その場合どの...続きを読む

Aベストアンサー

1)地元紙が注目していれば載ります。

2)恐喝で実際に現金が取られている以上、罪名は「強盗」有罪の可能性はかなり大きい。
  うまくすれば執行猶予、最悪実刑2~5年。最大10年もある重い罪。

3)何も出来ないでしょう。

4)起訴後は拘置所に移されます。そこで裁判を待つことになります。保釈金を積んで裁判所がOKを出せば保釈もあるかもしれませんが、ほぼ無理。

5)警察の捜査が終わるまでは下手に動かないことです。顔を知っている程度で相手を説得できますか?1つ間違えればあなたも仲間と思われますよ。あらぬ疑いをもたれることになりかねません。

仲間を思うことは大事ですが、実際に逮捕され、被害届けが出ているなら見守るしかありません。それと、いかなる理由があっても恐喝はいけません。解っててしたことなら弁解の余地はないでしょう。
初犯なら執行猶予を祈りましょう。

Q初犯の恐喝

去年の10月から今年に掛けて相手の弱みを利用して今年の10月までで現金約19万くらい受け取っていた場合はどのくらいの刑(懲役など)になりますか?初犯の場合

Aベストアンサー

沢山の犯罪も事件もありますが、全く同じ事件はありませんので、恐喝罪の適用。は決まってますが。どんな判決が出るか、起訴されるのか。

誰にもわかりません。

ですが…恐喝罪は、10年以下の懲役。
恐喝は、未遂でも。罪になります。

初犯は、大抵。執行猶予が、つきますが…

これも初犯だから。とは言えません。

質問者さまのお話は、その行為が、恐喝だと知っていて、の犯行。

しかも、複数回。

しかも長期…

この場合、金額は関係無いでしょう。

悪質な犯行と、とられてしまいます。

その行為を後悔し、反省をされているなら、ご自分から警察署に行かれては、どうでしょう?

じしゅは、逮捕より、罪は軽くなります。

Q脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほしい。とにかく誠意だ。誠意が何かって? それはそっちで考えな!」(具体的に金銭・金品を要求していることにならないので不成立)


ある人は
「被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する」
といいます。

これでは、被害者(?)の前でため息をついたり、キッと睨んだり、ひそひそ話をしているだけで
「その行為に非常に恐怖を感じる。私へ危害を加える意図を感じる。だから脅迫罪だ!」
となってしまうので、それは間違いだと思うのですが。

詳しい方、正解を教えてください。

脅迫罪、強要罪が成立する要件を教えてください。

私は「相手方から、口頭、あるいは文書などで、”具体的な文言、数値”が出てこないと成立しない」
と記憶しているのですが・・・・

脅迫罪
成立する場合 「ぶっ殺すぞ!」(具体的に危害を加えることを明らかにしたので成立)
不成立の場合 「若いもん、行かすぞ!」(これだけでは危害を加える意思としては不完全なので不成立)

強要罪
成立する場合「つべこべ言わずに100万円、払え!」(具体的金額を要求しているので成立)
不成立の場合「誠意を見せてほ...続きを読む

Aベストアンサー

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者も、前項と同様とする。
3 前二項の罪の未遂は、罰する。

簡単に言えば
脅迫罪は、脅すことですが、その内容には「危害(害悪告知)」「名誉」「生命」に害を加えるということが必要となります。
1)殺すぞ
2)殴るぞ
3)言いふらして住めなくしてやる(会社に居れなくしてやる)等の文言
4)お前の財産を潰してやる(家を放火して燃やしてやる)等の文言
5)親族にも同じ事をしてやる等の文言
上記が、害悪告知となり「脅迫罪」を構成する内容となります。


強要罪
これは、する義務が無いのを承知で、自分に有利とするためにしないと、○○をするぞ(○○は害悪告知)と脅して強制的にさせること、又は、相手の権利を妨害したりすることで成立はします。

>被害者側が恐怖を感じれば、それだけで脅迫罪は成立する
上記は、間違いではありませんが、恐怖を感じるのではなく「害悪告知」があるかで変わります。
もし、何らかのトラブルで相手が「一見強面」と仮定して、それで恐怖を感じたら脅迫罪になりますか?
答えはNOです。

(脅迫)
第二百二十二条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、二年以下の懲役又は三十万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

(強要)
第二百二十三条 生命、身体、自由、名誉若しくは財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した者は、三年以下の懲役に処する。
2 親族の生命、身体、自由...続きを読む

Q恐喝罪で逮捕されるまでの流れを教えて下さい。

恐喝罪(証拠あり)で特定の人を逮捕してもらう場合、どのような手続きが必要でしょうか?また、逮捕されるまでの細かい流れを教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

実際に恐喝に遭われたんですね、
金銭的或いは物的な被害が発生してる状況が必要ですが、

先ず第一に貴方が警察へ届けを出す必要が有ります、
この場合、「告訴」をして下さい、
相手が特定できて、被害が発生してるわけですから、
警察によっては「被害届けを出すように」と言う時も有りますが応じないで、
効力に歴然たる差が有ります、
「告訴」がでれば警察は動かないわけには行きません、

流れは、
当該者を任意で同行します、
事情聴取が行われて、状況が確定すれば、逮捕状が請求されて執行されます、
逮捕されれば24時間以内(其の間に更に証拠固めが行われます)に検察庁へ送検です、
これで警察の仕事は終わり、
後は、検察庁の領域、起訴するかどうかが決められて決まれば裁判、
やがて判決に至ります、どんな判決になるのかは判りません。

Q判決はどうなりますか?

つきあっていた男性が恐喝未遂で7月につかまりました。暴力団だったこともあり、11月に1年6ヶ月の判決だったのですが、控訴しました。判決は2月頃らしいのですが、短くなる、または、執行猶予はありえるのでしょうか?別れたいと思っていたので、判決次第では、逃げなければいけません。アドバイスお願いします

Aベストアンサー

事件の詳細が不明なので、確かな事は言えませんが、暴力団の構成員で1年6ヶ月の実刑っだったのなら、判決から言うと軽い方だったと思います。
暴力団の構成員の場合、「看板料」ということで、最低でも1年6ヶ月が加算されます。そういった意味では今回の場合は「看板料」のみなので、一般人であれば執行猶予付き判決が出るような軽微な犯罪だったと思われます。

被告人のみが控訴し、検察官が控訴しなかった場合には、刑事訴訟法の規定により、控訴審では一審判決よりも被告人に不利益な判決は出す事が出来ません。今回の件では、実刑判決が出ているので、検察官は控訴していないと思われます。
そうすると、控訴審では「1年6ヶ月の実刑」か、1年6ヶ月執行猶予3年」の判決が出ると思われます。

被告人には前科(懲役)があるのでしょうか?執行猶予期間が過ぎていないで次の犯罪を犯すと実刑になる可能性が高いです。但し、現実的には「ダブル」という、執行猶予の積み重ねの判決もあります。

もし執行猶予で判決後すぐに釈放されても、あなたに何らかの強要をすれば、暴対法で直ぐに検挙されて、執行猶予は取り消されてしまいます。

事件の詳細が不明なので、確かな事は言えませんが、暴力団の構成員で1年6ヶ月の実刑っだったのなら、判決から言うと軽い方だったと思います。
暴力団の構成員の場合、「看板料」ということで、最低でも1年6ヶ月が加算されます。そういった意味では今回の場合は「看板料」のみなので、一般人であれば執行猶予付き判決が出るような軽微な犯罪だったと思われます。

被告人のみが控訴し、検察官が控訴しなかった場合には、刑事訴訟法の規定により、控訴審では一審判決よりも被告人に不利益な判決は出す事が出来...続きを読む

Qどの段階から恐喝罪になるのか?

どの段階から恐喝罪になるのか?

わけが合って、相手がものすごい理不尽なことをしてくるのに対して、こちらは法的な手段では勝つことができないのですが、その理不尽なことに対して受け入れるのが無理で、逃げることもできないのですが、
どうしても受け入れられないため、このままでは頭がおかしくなって、相手に対しても危害を加える(下手したら事件になるようなレベルのことになってします可能性も)ことになってしまうでしょう。

こうならないためにも、理不尽なことをしてくるのに対して、脅かしてできないようにするしか双方の利益になる可能性がないので遠回しに脅かそうと思っているのですが、恐喝罪に問われるような脅かし方はするべきではないと思っているので、恐喝罪に問われない方法についてどなたか法律に詳しい方回答お願いします。

Aベストアンサー

恐喝罪は、財物の交付を目的とします。

ですから、あなた様が相手方に財物を交付させるつもりなのであれば恐喝罪の前提が出来ます(刑法第249条)。
財物の交付が伴わないのであれば、別の犯罪の可能性があります。

生命身体自由名誉もしくは財産に対して害を加える旨を告知して脅迫し義務無きことを強いる、権利の行使を妨げるのであれば強要罪(刑法第223条)。
生命身体自由名誉又は財産に対して害を加える旨を告知して脅迫すれば脅迫罪(刑法第222条)です。

判例では
「必ず不幸が起こる、君も妻子があるから、よく考えたらどうか」や、「出火御見舞申し上げます、火の元にご用心」等は、脅迫罪の成立が肯定されています。

相手方が実際に畏怖しなくても上記犯罪が未遂となる場合もあります。そういった行為は自重するべきでしょう。
あなた様が加害者になると社会的地位は失墜します。相手が理不尽なことを言っているのであれば専門家に相談するべきでしょう。想像もしなかった解決手段を提示してくれるはずです。

Q初犯にて恐喝罪+傷害罪を犯した場合「執行猶予」はつきますか?

初犯にて恐喝罪+傷害罪を犯した場合「執行猶予」はつきますか?

(恐喝罪+傷害致死罪だと「実刑」と聞きました)

*全治2週間の通院の診断書有り

Aベストアンサー

同じ罪状でも状況によって変わります。計画性の有無や動機、相手と示談が済んでいるか、反省し更生の余地があるかなど。

計画性の有無は意外と大きな分け目となる場合があります。突発的な犯行とは違い、思いとどまる機会が十分にあったにも関わらず犯行に及んだということですから。また動機についても、加害者の利益だけを尊重した自己中心的な動機と判断されたり、被害者へ与えた影響の大きさなども判断材料になります。

また一番大きな要素は、再犯の可能性と加害者の更生の余地です。例えば執行猶予として釈放した後の生活環境や加害者を支えることができる人物の有無、きちんと仕事について一般的な社会人として生きていく環境が整っているか、また本人に更生し今後はマジメにやっていこうとする固い意志が見受けられるかです。

様々な判断材料を考慮し決められます。

Q脅迫罪と恐喝未遂罪って一緒じゃない?

この記事を見て、脅迫罪と恐喝未遂罪って何が違うのか勉強したくなりました
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140213-00001027-yom-soci
両罪がどのように個別化されているか、解説してる文献ってありませんか?

Aベストアンサー

文献など読まなくても、刑法を読めば、何が違うか判ります。

刑法

第32章 脅迫の罪

(脅迫)
第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

第37章 詐欺及び恐喝の罪

(恐喝)
第249条 人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

(未遂罪)
第250条 この章の罪の未遂は、罰する。

---

「○○しなければ殺す」とか「○○したら殺す」とか「○○しないとお前の子供の命はない」とか「○○すれば××を破壊する」とか「○○しないと××を家族にバラすぞ」などと脅したら、脅迫罪。

○○の内容は何でも良く、重要なのは「△△するぞ」と、危害を加える事を告知して脅している点。

ナイフを見せながら「ちょっと金貸してくれ」と言ったり、「○○されたくなければ金を払え」とか「○○をバラされたくないなら土地の名義を変えろ」などと脅したら、恐喝罪。

○○の内容は何でも良く、重要なのは「△△を渡せ」「△△円払え」と、お金や物を渡せと脅している点。

お金や品物を寄越せと言わず、危害を加えると告知して脅せば脅迫。

危害を加えると告知していなくても、お金や品物を寄越せと言って脅せば恐喝。

文献など読まなくても、刑法を読めば、何が違うか判ります。

刑法

第32章 脅迫の罪

(脅迫)
第222条 生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者は、2年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処する。
2 親族の生命、身体、自由、名誉又は財産に対し害を加える旨を告知して人を脅迫した者も、前項と同様とする。

第37章 詐欺及び恐喝の罪

(恐喝)
第249条 人を恐喝して財物を交付させた者は、10年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又...続きを読む

Q保釈されたのに、実刑(執行猶予無し)の確率や判例は?

よく、保釈されれば、執行猶予が付くと聞きますし、
ネットや本で調べても
「保釈が通れば、執行猶予が付く確率が極めて高くなる」
といった事が書いてあるのが多いのですが、実際の判例では、どうなんでしょうか?

個人的には、刑法第25条(執行猶予)にあるように、
今まで禁固以上の罪に処されたことがない者が、
保釈中に社会復帰をしようと努力をし、
やっと職場などに復帰できたのに、裁判→判決→実刑○年
(執行猶予無し)になったら、保釈中に社会復帰できた職場に迷惑を
掛けると思いますし、保釈中の社会復帰の努力が全て無駄になって
しまいますよね。

だとしたら、執行猶予なしの実刑だったら、
始めから保釈を許可しないと思うのですが、
実際はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

#4です。何度も登場はちょと恥ずかしいですが、かなり深刻におなやみのようなので。
求刑が2年であれば執行猶予は確実とおもいます。
「裁判所」でウェブ検索すれば1番目にででくるところから最近の判例がみれます。もしかするとそっちをみたほうが安心できるかも。

Q前科のある場合の執行猶予

前科があり、一年前に刑期満了で刑務所から出てきた人が、それから一年足らずで罪を犯した場合(同じ罪名)、今回の罪が比較的軽微であり、前回の時と違い示談が済んでいる・身元引受人がいる・情状証人になってくれる人がいる等があっても、執行猶予はあり得ないのでしょうか。
どなたか、教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

刑法において執行猶予は以下のように定められています。

第二十五条(執行猶予)
次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。
一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった   日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せ   られたことがない者
2  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあってもその執行を猶予された  者が一年以下の懲役又は禁錮の言渡しを受け、情状に特に酌量すべき  ものがあるときも、前項と同様とする。ただし、次条第一項の規定に  より保護観察に付せられ、その期間内に更に罪を犯した者について   は、この限りでない。

一は、初犯者に対する条件で、二は累犯者であるが、前回より5年以上経過している場合です。
2は5年以内の累犯者であるが、処断刑が1年以下でかつ情状に酌量すべき点がある場合です。

今回の場合は、
1.今回の処断刑が1年以下の懲役又は禁固であること
2.前回の執行猶予で保護観察が付されていないこと
が絶対条件であり、
3.情状酌量が適当と判断されること(示談済み、身元引受人など)
が必要条件となります。

絶対条件が満たされていない場合は、執行猶予となる可能性はありません。必要条件は裁判所(裁判官)の心証次第です。

但し、実際問題としたは、異なった犯罪(例えば、前回は暴行で今回は業務上過失致傷など)であれば、可能性はありますが、同一犯罪(前回が窃盗で今回も窃盗)であれば、裁判所の心証が悪くなることは容易に想像できます.

刑法において執行猶予は以下のように定められています。

第二十五条(執行猶予)
次に掲げる者が三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金の言渡しを受けたときは、情状により、裁判が確定した日から一年以上五年以下の期間、その執行を猶予することができる。
一  前に禁錮以上の刑に処せられたことがない者
二  前に禁錮以上の刑に処せられたことがあっても、その執行を終わった   日又はその執行の免除を得た日から五年以内に禁錮以上の刑に処せ   られたことがない者
2  前に禁錮以...続きを読む


人気Q&Aランキング