がんの再発、転移についてです。再発や転移したがんは、増殖スピードが原発がんより速いのですか。速いのならどれくらい速いのですか。

A 回答 (2件)

⇒速いのならどれくらい速いのですか。


患者の免疫が有るか無いかに因るので,これは医者にも誰にも判らない。癌細胞に訊るしかないと思います。。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
どれくらい速いかは愚問でした。
原発がんよりも速いのでしょうか。

お礼日時:2010/02/05 19:29

場合によります。

一概には言うことができません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/02/05 19:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q癌の終末期医療について教えて下さい。

私の父親は4年半前に大腸癌が見つかり手術をしました。大腸の癌は取り除けましたが肺に転移しており、こちらは完治は難しいと言われました。余命は一年を覚悟する様に言われましたが、本日まで抗がん剤を含め色々と治療を頑張ってきました。しかし遂に癌が進行してしまい呼吸困難な状態になりました。
現在、某大学病院に入院しておりますが、本日主治医に呼ばれ「今は麻薬で痛みを押さえているが、今日明日にでも呼吸が止まってもおかしくない危険な状態」と説明を受けました。
続いて主治医からは「年明けに自宅か緩和ケアが出来る施設のどちらかに移ることを決めて下さい」と言われました。
私の家族は両親と私の三人家族ですが、母親も大分弱っており、歩くのがやっとという感じです。私は今は年末年始休暇で時間が取れますが、平日は会社へ出勤する為、日中に介護の時間を取るのは難しい状況です。(但し休暇の取得の可能性があり検討しております)

癌による終末期医療は、在宅が良いのかホスピスなどの緩和ケア施設が良いのか判断に困っております。単純に考えれば家でゆっくりさせてあげたいと考えるのですが、十分なケアが出来ない等の理由で父親が辛い思いをすることも避けたいです。

10日程前に一緒に食事に行ったときは、自分で車を運転する程元気だった父が急に酸素マスクが無いと生きられない状態になり、心も含め全く準備が出来ておりません。

この様な質問の仕方は失礼かと思いますが、実際にご家族で終末期医療を経験されたことがある方にアドバイスを頂ければ幸いです。
決して裕福ではありませんが、出来るだけのことはしてあげたいと費用も用意したいと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。

私の父親は4年半前に大腸癌が見つかり手術をしました。大腸の癌は取り除けましたが肺に転移しており、こちらは完治は難しいと言われました。余命は一年を覚悟する様に言われましたが、本日まで抗がん剤を含め色々と治療を頑張ってきました。しかし遂に癌が進行してしまい呼吸困難な状態になりました。
現在、某大学病院に入院しておりますが、本日主治医に呼ばれ「今は麻薬で痛みを押さえているが、今日明日にでも呼吸が止まってもおかしくない危険な状態」と説明を受けました。
続いて主治医からは「年明けに自宅...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんわ。お父様の病状、ご心配ですね。

主治医の先生が「ご家族が決めなければ」と仰られたのも、お父様に選択を委ねるには
『最後の時をどこで過ごしたいか?』という内容になる為、気を使われたのではないでしょうか?
けれど、お父様もご自分の状況を解っていらっしゃるのであれば、ご本人の意向に
添いたいというご家族の気持ちもとてもよく解ります。
緩和ケア病棟は、確かに見取りに向けてのコーディネートはプロです。
終末期に現れる様々な困った症状へのアプローチにも長けています。
ご家族の心残りが無いよう、お世話の負担が無いよう、ケアしてくれます。
肺がんという事であれば、酸素吸入に加え痰の吸引も必要になるかも知れませんし、
正月の連休明けに自宅で看取る為に必要な環境を、レンタルにしたって
すぐに揃えられるか・・・といえば、確かに難しいところもあるでしょう。
それを考えると自宅での見取りはお母様も高齢である事を考えたとき
現実的ではないように思えます。
けれど、おそらくご本人にとっては自宅での最後が一番だろう・・・
ご家族もそんな思いで心が揺れ動き、悩んでいらっしゃるのでしょうね。

ただ、色々なご家族を見てきて思う事は
無理をして「望むように自分が精一杯見てあげなくては」とがむしゃらなご家族よりは
上手く周りに甘え(利用し)自分達が出来るところは精一杯に・・・
といったご家族の方が、最後も穏やかに死を受け止めていらっしゃるように感じます。
がむしゃら過ぎると身も心も疲れてしまい、気持ちが落ち着かないままに
最後の時が来てしまって呆然としてしまったり。
それでは、ご本人もご家族も報われませんものね。

私としては、お世話は緩和ケアのスタッフにお任せして
最後の時を迎えるまでの大事な時間を一緒に過ごす事だけに
ご家族は専念された方が良いのではないかと思い、書き込みさせて頂いた次第です。
『家』では無く、ご家族がいらっしゃる場所こそ『我が家』だと思いますよ。
残された大切な時間を、お父様との後悔を残さないよう紡いで下さい。
応援しています。

こんばんわ。お父様の病状、ご心配ですね。

主治医の先生が「ご家族が決めなければ」と仰られたのも、お父様に選択を委ねるには
『最後の時をどこで過ごしたいか?』という内容になる為、気を使われたのではないでしょうか?
けれど、お父様もご自分の状況を解っていらっしゃるのであれば、ご本人の意向に
添いたいというご家族の気持ちもとてもよく解ります。
緩和ケア病棟は、確かに見取りに向けてのコーディネートはプロです。
終末期に現れる様々な困った症状へのアプローチにも長けています。
ご家族の心残...続きを読む

Q子宮がんの転移・再発について教えて下さい

術後2年経過です。

子宮全摘、卵巣、卵管、骨盤内リンパ郭清を行いました。
リンパ浮腫はまだ起きていません。

先日、右の太腿の内側が痛くなり様子を見ていたところ1ヶ月ほどで治まりました。
ところが親指大のしこりが出来ていた事に気がつきました。
特別硬い感じはありませんが、かと言って柔らかいわけでもありません。
現在は痛みはありません。
主治医に相談したところ外来を受診することになったのですが、まだ日があるので気持ちがざわつき落ち着きません。
子宮がんは太腿に転移や再発したりするものなのでしょうか?

また同じ様な経験をした方、いらっしゃったらご回答頂けると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

何も発病がしていない通常であれば
脂肪腫の可能性が多い、その場合ほとんどが良性であります

しかし現段階からすると肉腫の可能性もあります
それが転移かとなると可能性があるだけで
やはり検査してみないと分りません

Q癌の終末期医療にはどれぐらいお金がかかりますか?

積極的な治療ではなく緩和を目的とした医療の、月々の支払いを心配しています。
まだ仮の話ということもあり全く現状を知りません。どれぐらい備えがあればいいものか(どのような保険に入ればいいかも含め)、将来の参考にしたいと思っています。
自宅の場合や専門の病院(ホスピス)に入院した場合など、終末期医療に関するお金の話をご存じでしたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ターミナルケアも通常の入院と同様に、高額療養費制度の適用となります。
高額療養費制度=
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
75歳以上で、一般の方の場合には、
上限は44400円です。

ただし、これは純粋な医療費についてであって、
差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途計算となります。

ターミナルケアの場合、一般でも差額ベッド代を取らない個室の場合が
少なくないのですが、差額ベッド代を取る個室も多くあります。
大部屋ということは、あまり、ありません。
つまり、選択肢が少ない。

差額ベッド代が必要となると、個室であることも考えれば、
1日1万円ぐらいを用意しておいた方が無難でしょう。
ターミナルケア病床を持っている病院は、HPで検索できますから、
ついでに、差額ベッド代を調べておいてください。

自宅の場合、言うまでもなく、差額ベッド代などの周辺費用が不要ですから、
その分、費用負担は減ります。
ただし、往診が必要となりますから、来てくれる先生を確保することが
重要になります。

保険ですが……
医療保険、がん保険であれば、ターミナルケアの入院も認めてもらえると
思います(例外があるかもしれないので、確かめてください)。
1日1万円であれば、自己負担は軽くなります。

自宅でのターミナルケアの場合……
医療保険は、通院特約が付いている保険が少なく、
しかも、入院後の通院となるので、あまり、役に立たないでしょう。
がん保険では、ターミナルケア特約のある保険があります。
さらに、入院を伴わない通院を保障する保険もあります。
往診は通院扱いとなるのが普通ですが、これも、例外がある
可能性があるので、確認してください。

ご参考になれば、幸いです。

ターミナルケアも通常の入院と同様に、高額療養費制度の適用となります。
高額療養費制度=
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm
75歳以上で、一般の方の場合には、
上限は44400円です。

ただし、これは純粋な医療費についてであって、
差額ベッド代、入院食事代、雑費は別途計算となります。

ターミナルケアの場合、一般でも差額ベッド代を取らない個室の場合が
少なくないのですが、差額ベッド代を取る個室も多くあります。
大部屋ということは、あまり、ありません。
つまり、選択肢が...続きを読む

Qがん再発(転移)。このままここで治療を受けて良いものか悩んでいます。

がん再発(転移)。このままここで治療を受けて良いものか悩んでいます。

下で質問をさせていただきました。
家族で話をすればするだけ、現状で病院(医師)に対しての疑問・不信が出てきております。
今までの治療が通常なのかどうかも含めご意見いただけると助かります。

3年前に妻が大腸がんそしてその転移から卵巣そしてリンパの切除手術をしました。
その後、半年間の抗がん剤治療(右鎖骨近くにポートをつけて)をし、
半年終了後、血液検査とCTを撮り問題ないという事で、その後免疫を高める薬の服用と
1か月ごとに問診2か月ごとに血液検査をし、2年経った昨年医師の方からもう大丈夫だと思うからポートを外しますか。邪魔だろうし。と言う事でポートを外しました。

CTは昨年の今頃撮って以来やっておりません。
血液検査は2か月ごと。

2か月ほど前に、夫婦生活をした際に、処理している時にわずかですが出血があったようですが、手術以来まったく濡れないのでゼリーなどを使用していた関係で、少しすれたのかと思っておりました。
ところが先月、不正出血があり心配になったのですが、下の子供の送り迎えがある関係で、その2週間後(先日)に定期健診の予約があったのでその時に相談をしました。

今まで何もなかったので一応と言う事で、血液検査とCTを撮った結果、子宮に大きな影(組織を採ったら大腸がんと同じだったようです。)と肺に小さめながらいくつもの影が飛んでいました。
医師は手術は出来ないので、抗がん剤治療でやりましょうと言われ、あとで私だけ呼ばれた際に「大腸がんの転移は、しつこく治療しても無くなりません。数年だと覚悟はしておいてください」と言われました。腫瘍マーカー値は、手術前以外直近の血液検査(先日)でも正常値だったようです。
その際、それまで元気だった事もあり、ただでさえ動揺していて何も聞き返せませんでした。

家族と話していて言われたのは、
・腫瘍マーカーが正常値だからと言ってそれだけで他の検査をしないのはどうなのか。
・CTも1年前でそれも含め腰骨から下しか取っていなかったようで、通常大腸がんは肝臓や肺に転移するのになぜそこを撮っていないのか。
・そもそもCTは1年で良いのか?など。
今回もいつもどおり「変わった事はありませんか?」と言う話でこちらから言って初めて検査になりました。

医療ミスと言うつもりはないのですが、通常大腸がんの手術後はこんな感じなのでしょうか?
結果論ですが、もっと早く見つけられた感じがしてなりません。
(手術時に卵巣が腫れていて大きくなった腹水?を破り体にかかったようで、なんとか液で何リットルで消毒はしましたと言っておりました)

このままこの病院で治療していいものかどうか、悩んでおります。
セカンドオピニオンもと言われましたが、紹介されたのはその先生の先輩(有名らしいですが)が居る病院です。なんとなくですが考え方が同じようでそこでいいのかどうかも悩んでおります。

もしかしたら他への転移もあるかもしれません。

がんセンターを含めセカンドオピニオンもしくは改めて検査をしてもらった方がいいのか、それこそ多少なりともわだかまりはあっても現病院で一日でも早く治療を開始するべきか・・・

現病院では、他病院での再検査は意味はないと言われました。

父の遠い知り合いですが、全国でも有名な婦人科の先生が居るようで、原発巣は大腸ですがその話を含め子宮を診てもらう事は可能のようですが、それは意味ないでしょうか?(大腸がんと子宮がんは違う治療だと思うので)

詳しい方、また経験者の方ご意見宜しくお願い致します。

まとまりが無く長文で申し訳ございません。
言葉足らずな部分は補足で出来る範囲でご説明させていただければと思います。

がん再発(転移)。このままここで治療を受けて良いものか悩んでいます。

下で質問をさせていただきました。
家族で話をすればするだけ、現状で病院(医師)に対しての疑問・不信が出てきております。
今までの治療が通常なのかどうかも含めご意見いただけると助かります。

3年前に妻が大腸がんそしてその転移から卵巣そしてリンパの切除手術をしました。
その後、半年間の抗がん剤治療(右鎖骨近くにポートをつけて)をし、
半年終了後、血液検査とCTを撮り問題ないという事で、その後免疫を高める薬の服用と
1か月...続きを読む

Aベストアンサー

医師にミスがあったのかどうか、文面だけからではわかりませんし、
今は、ミスの追及に時間を使う状況でもないので、
今後について、ご参考になれば……

子宮がんと大腸がんは別物です。
しかし、大腸がんが子宮に転移したとき、消化器外科の専門医が
子宮を診ることには、問題があります。
逆に、婦人科の専門医が子宮に転移した大腸がんを診ることにも
問題があります。
さらに、肺にも転移しているとなると、
これは、大腸、呼吸器(肺)、婦人科が協力して見てくれる病院を
探すことになります。
まずは、地域にある癌の拠点病院を当たってはいかがでしょう。
http://hospdb.ganjoho.jp/kyotendb.nsf/fTopPage?Openform

また、このような相談は、一般論ではなく、
個別の、つまり、ケースバイケースの相談でなければ、
意味がありません。
となれば、プロに相談に乗ってもらうのが一番です。
「医療コーディネーター」で検索してください。

Q93歳の母、終末期の症状でしょうか・・・

12年前脳内出血で、倒れ
入退院を繰り返している93歳の母を、自宅で介護しておりました。

昨年 大腿骨骨折にて手術・現在リハビリ入院中です。
そして 9月に 誤嚥肺炎になり、10月16日に医師より
『あと数日です』と言われ、毎日見舞に行っていますが、
本当にもうだめか・・と思う日もあれば、
ものすごく元気で、良く話をする日もあります。
医師に聞くと、『奇蹟的な生命力です。肺炎も治ってます。』言われました。

おとついの水曜日はものすごく元気にまともな会話をしていたのに、
昨日は、目も薄目しかあけられず、返事もしませんでした。
足もかなり浮いていましたし、昏睡状態のように思いました。

しかし、今日は 『腰が痛いから、さすって』と言われ
さすっていると、『痛い~~』と非常に大きい声で怒鳴られました。
そして、看護師さんが、お茶を飲ましてくれたのに、
『お茶の出が悪い~~』とまた大きな声で怒鳴るのです。
認知症状はないのですが、こんなに怒鳴る元気があるのかと
驚いています。
この症状は終末期の症状なのでしょうか?
御経験者のかた、ご存知でしたら教えてください。

12年前脳内出血で、倒れ
入退院を繰り返している93歳の母を、自宅で介護しておりました。

昨年 大腿骨骨折にて手術・現在リハビリ入院中です。
そして 9月に 誤嚥肺炎になり、10月16日に医師より
『あと数日です』と言われ、毎日見舞に行っていますが、
本当にもうだめか・・と思う日もあれば、
ものすごく元気で、良く話をする日もあります。
医師に聞くと、『奇蹟的な生命力です。肺炎も治ってます。』言われました。

おとついの水曜日はものすごく元気にまともな会話をしていたのに、
昨日は、目も薄目し...続きを読む

Aベストアンサー

回答1のkifanです。

あなたのコメントを読みました。

コメントに書かれている
「一日一日母の表情を見て、『もう安心。大丈夫だ』とか
『ひょっとして?朝まで大丈夫だろうか?』と眠れない夜を過ごしています。
そして、介護している私に対して暴言をはかれたりすると、
私はこんなに心配していたのに~と、
そして、また、そんな風に思う自分に自己嫌悪したりで。。。
少々精神不安定状況でした」
の内容もよく分かります。

私は息子です。母には子供の頃からずいぶんと可愛がってもらいました。しかし母は88歳の頃には私のことが分からなくなっていました。ご近所の方たちに「へんな人が家に入り込んでるので警察を呼んでほしい」と嘆願していました。母も必死だったのでしょう。
そのような母を見てて、老いるということはこういうことかと改めて学びました。

人生、いくつになっても学ぶことが多いですね。

Qすい臓がんの再発、転移…もう無理なのでしょうか。

私の父は1年前の夏にすい臓ガンと診断され、手術を受けました。

かなり進んでいるガンだったので、手術が成功する可能性は50%と言われていました。
もし成功しても後遺症が出る可能性は非常に高い状態でした。
しかし、手術も成功、心配していた後遺症も全く無く無事退院しました。

その後、抗がん剤での治療を続け約9ヶ月がたちましたが先日、再発・転移していることがわかりました。

今までの抗がん剤は効いていなかったということなので主治医からは
他のガンの抗がん剤を試してみようと言われました。
(すい臓ガンの抗がん剤は2種類しかなく、両方使用していました。)
今までも抗がん剤の副作用で苦しんだこともありましたので
正直、迷っています。

主治医は免疫力を付け、自然治癒に任せる方法もあると説明しました。
父もどうしたら良いのかわからないようです。

私は効果のあるかわからない抗がん剤を続け副作用に苦しみ、
免疫力を失ってしまうよりも、
抗がん剤をやめてしまって規則正しい健康的な生活を試み、
免疫力を付けた方が良いのではと考えています。
素人の意見ですが…。

末期ガンの再発があっても病院に通いながら元気でいる方や
免疫力を鍛えて元気に過ごされている方、
もしくはご存知の方、
いらっしゃいましたらどうかアドバイスをいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

私の父は1年前の夏にすい臓ガンと診断され、手術を受けました。

かなり進んでいるガンだったので、手術が成功する可能性は50%と言われていました。
もし成功しても後遺症が出る可能性は非常に高い状態でした。
しかし、手術も成功、心配していた後遺症も全く無く無事退院しました。

その後、抗がん剤での治療を続け約9ヶ月がたちましたが先日、再発・転移していることがわかりました。

今までの抗がん剤は効いていなかったということなので主治医からは
他のガンの抗がん剤を試してみようと言われま...続きを読む

Aベストアンサー

ご希望がお有りのようなので、再びお邪魔しています。
その前に、食事養生については、患者本人だけに「これは食べては駄目。」というのでは、ストレスがかかって長続きしないので、ご家族の方もできるだけ同じ食事を取るように心掛けて頂ければと思います。
周りが好き勝手しているのに、自分だけ食べたい物を食べられないのでは、気持ちが滅入ることだろうと思います。
食事の変更は大変にストレスのかかることなので、そのことは良く理解してあげて欲しいと思います。
また、余りに可哀想なので、つい肉など本人の望む食事を食べされることがあると思いますが、その瞬間に癌が悪化するのだそうです。
良い食事をすることは決して可哀そうなことではない、という認識が家族に必要だそうです。
癌にかかったら、これだけを食べてその他は食べないように、と指示されている食品をお知らせします。
米(胚芽米がお勧め)、純豆乳(JASマークの製品に限る)、こうや豆腐、湯葉、洗い胡麻(食べる直前に炒る、炒った後時間がたった物はダメ)。ニンジン、レンコン、ほし大根、かぼちゃ、ジャガイモ、などの根菜類は煮て食べる。油料理はダメ。にんじん葉、大根葉、キャベツ、白菜、もやしなどは胡麻和え、白和え、お浸しにする。生は避ける。わかめ、昆布、焼き海苔(味付けはダメ)。自家製のみそ、醤油、天然塩、天然酢など、調味料は添加物のない物を選ぶ。ほうじ茶、玄米茶。
食べたらいけないと言われている食品をご紹介します。
食パン、スパゲッティ、ラーメン、餃子、卵、牛乳、魚、肉、チーズ、バター、コーヒー、アイスクリームなどのお菓子類全般。生で食べる野菜、果物。
他にもいろいろな食品が表になっているのですが、主だったものをご紹介しました。
私は癌ではありませんが、食事指導をする立場の人間として2年程挑戦しましたが、とても大変でした。特に周りの理解がないと続かないだろうと思います。
外食はできませんし、お酒を飲む習慣のある人などは、それを止めるだけでも相当苦労があるだろうという気がします。
私はある内科医が癌にかかり、副作用が強い抗がん剤を飲みたくないので、飲まずに治したのだが、その友人の医者は抗がん剤を飲んで死んでしまった、というのを本で読んだことがあります。
抗がん剤を処方している内科医が、自分は服用せずに治したということは、余程その副作用が耐えがたいものということなのだと思います。
是非、食事養生に一度は挑戦して欲しいと思います。
私も癌になったら、上記の食品を食べて治したいと考えています。
ご家族の方も是非、将来の健康のために、良い食事習慣をつけて頂ければ、と思います。
長々と失礼しました。

ご希望がお有りのようなので、再びお邪魔しています。
その前に、食事養生については、患者本人だけに「これは食べては駄目。」というのでは、ストレスがかかって長続きしないので、ご家族の方もできるだけ同じ食事を取るように心掛けて頂ければと思います。
周りが好き勝手しているのに、自分だけ食べたい物を食べられないのでは、気持ちが滅入ることだろうと思います。
食事の変更は大変にストレスのかかることなので、そのことは良く理解してあげて欲しいと思います。
また、余りに可哀想なので、つい肉な...続きを読む

Q癌終末期の義母の介護で悩んでいます。

大腸癌末期の義母を在宅看護でみております。
肝臓に転移した後、脳に転移し、脳出血をおこし半身麻痺で話すこともできません。
3日前から飲み込みが悪くなり水を飲むとむせてしまい飲むこともできなくなってしまいました。
こうなるともう口の中を湿らすぐらいしかできないのでしょうか?
現在モルヒネを皮下に点滴で入れております。モルヒネ副作用で飲み込みが悪くなっているのでしょうか?
水分も取れない状態では後どのくらい生きることができるのでしょうか。
往診の医師は水分補給の点滴は考えていないようです。

Aベストアンサー

去年、義母が末期癌で亡くなりました
在宅ホスピスで同じ状況です。
水分が摂れないとなると食事も出来ていませんよね
口を湿らせてあげて下さい
死前ゼロゼロと言って、たんを絡んだような呼吸の音がしてたら長くありません
水分補給の点滴をしても尿を出せないようになっていたら逆に大変なので医師はしないのでしょう

Q胃がんの事教えてください。 昨日、父親が胃がんと診断され、転移が一ヶ所見つかったため、レベルⅣと宣告

胃がんの事教えてください。
昨日、父親が胃がんと診断され、転移が一ヶ所見つかったため、レベルⅣと宣告されました。
レベルⅣとはどの様な状態なのでしょうか。
自覚症状はなく普通に生活してます。
また、余命なども出るのでしょうか。

Aベストアンサー

ガンのステージのことでしょうか。
ステージⅣはほかの臓器に転移しているといっているだけのことです。
http://www.gan-info.com/20.html

お大事に

Q終末期医療

医学には素人ですが、終末期医療なるものがあると聞いたことがあります。いろいろ検索してさまざまなウェブを見てちょこっとは聞きかじってみました。が、ほとんどが特に「がん患者」に関するものでした。

鬱病に関しては終末期医療はないのでしょうか。

いかに人生を終えるかという点からもケアができるのではないかと思います。いよいよ余命の期限が迫ったときに、無理に苦痛の中で生きながらえるよりは・・・というくだりはがん、うつに限らずどの病気でもいえることだと思います。

Aベストアンサー

なるほど。

でも私の考え方はちょっと違います。
終末期医療が治る見込みのない(死に隣接している)患者に与えられる治療だということは
すでに書いたとおりですが、鬱病が死に隣接しているかというとそれは患者自らの選択肢で
あって、癌患者のものとはまったく違います。
鬱病患者が死を選びたがるのはその病気の症状の一つであり、また、苦痛の種類はまったく
違うものです。
死を選ぶと言うことと、苦痛に耐え死を待つしかないと言うことはまったく違うことだと
思いますが。

Q胃がん→肺がん→副腎に転移・・・状態について

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくなっており
腫瘍マーカーも2000になってました。
2000という値は大きいのかわかりませんが
今までは最高で700以内でした。
副腎にも転移しており本人には伝えてないけど
もう色々抗がん剤はやってきたし治療はないし、
できないと・・・。検討はしてみますが・・・。
という結果でした。

その他、尿が出にくくて利尿剤も使ってます。
食欲が全くなく栄養剤も点滴してます。
栄養剤のせいで特に食欲がなくなったのか
1ヶ月入院して46キロから54キロになりました(身長166)
最近では呼吸がしにくくなり鼻に空気出るようなものを
つけてます。

心配なのは浮腫みが引かないのと呼吸など色々ありますが
今の状態ではかなり悪いですよね??
余命なんて恐くて聞けなく・・・父は退院させられてからの
生活も自身がないと弱音を吐いてますが
今の状態では静かに見守るしかないのでしょうか??

父(71歳)が3年半程前に胃がんになり胃全摘しました。
2年程前に肺に転移しておりその時は大きめから小さめまで
いくつか見つかり手術してしまうと散ってしまって
よくないということで抗がん剤治療が始まりました。

徐々にですが特に3月頃から体力がなくなり
呼吸するのもひどくなり歩いても休み休みという状態でした。
胸のレントゲンを撮ったところ肺に水がたまっていて
抜きました。でも状態は変わらず反対に顔首手足に浮腫みが
出始め今では別人のようです。

色々検査した結果肺のガンは大きくな...続きを読む

Aベストアンサー

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では寝たきり状態・会話も出来ない状態だった患者が、ホスピス病棟に移動して薬が変更されたことで、歩いて散歩をしたり家族と会話ができるまで元気になりました(※一時的に)。

状況によっては放射線治療を行うこともあり、効果があれば元気(有意義)に過ごせる期間も長くなります。


とはいえ、現在では「ホスピス病棟」を持つ病院というのも増えつつありますが、聞き慣れない人にしてみれば、「ホスピス病棟とはどういうものなのか?」と疑問に思ったり、不安に感じるでしょう。


下のURLは日本で初めてホスピスを導入した病院です。
ホスピス病棟を新設する病院の看護師が数ヶ月間の研修に来たりすることもあるそうです。=新設する病院が参考にしているので、その実態がわかるでしょう。
http://www.seirei.or.jp/mikatahara/default.asp

先の回答者にもありましたが、ホスピスに入れるも検討されてはどうでしょうか?

患者自身が、ガンであることを知っているのであれば、ホスピスに入ることで有意義な生活を送ることができます。

ただ、ガン患者なったからといって、即ホスピスに入れる訳ではありません。
一概には言えませんが、末期ガン(余命半年位)と宣告された際に選択するものです。 ※余命半年位の患者しか入れません。

ホスピスは「治療」の場所では無いので、一般病棟では使用しないような薬も使用します。
実際に、一般病棟では...続きを読む


人気Q&Aランキング