『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

フィリップ・K・ディックのお勧め作品を教えてください。

『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』『ユービック』『流れよわが涙、と警官は言った』『マイノリティ・リポート』は読みました。それ以外でお勧めを教えてください。

それ以外のSF作家でお勧めも教えてください。
アーサー・C・クラーク、アシモフ、ハインライン、ブラッドベリ、ウィリアム・ギブスン、ブルース・スターリングは経験済みです。
日本のSF作家でもいいです。小松左京と貴志祐介は少しだけ読みました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まずは、SF作家としてのブレイクスルーとなった


『火星のタイム・スリップ』は外せないでしょう。
あとは、『パーマー・エルドリッチの三つの聖痕』。
彼の作品中で1、2を争う傑作と言っていいと思います。
後期の作品からは『スキャナー・ダークリー』をどうぞ。

それ以外では、スタニスワフ・レムをおすすめしたいです。
『ソラリス』『砂漠の惑星』『泰平ヨンの航星日記』が
容易に入手可能で楽しめます。
個人的にはSF作家の中で別格とも言える存在です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ディックの翻訳はけっこうたくさん出ていてどれから手をつけようか迷っていたので助かりました。さっそくご紹介いただいた本を探しに行きます。

ソラリスは映画でソ連版もアメリカ版も見たのになぜかレムを失念しておりました。これは読まなければですね!

お礼日時:2010/02/08 10:35

『火星のタイムスリップ』、好きです。


(ブレイクスルーだったんですか?知りませんでした)

前に特集本か何かで読んだら、ディックは実はサラリーマン小説なのだという説が出ていましたが、『火星のタイムスリップ』は不思議なSF小説であると同時に、勤め人の家庭持ちとその妻の話でもあります。
(アンドロイドは~も、ある意味そうですね)

『ドクターブラッドマネー』なんかもどうでしょう。
わりとストーリーがはっきりしています。

大好きと言うわけではないんですが、『高い城の男』も有名。
日本人が脇役で登場します。

ちょっと読み方が違うのかもしれませんが、彼の描くそこはかとないアンチ人種差別というか、人種差別の裏返しを描く所が好きです。
SFだからこそ出来ることの一つだろうと。。。

あとは短編集も良いですよ。
ハヤカワ文庫でシリーズが出ています。
万人受けしないのかもしれませんが、個人的には『パーキーパットの日々』が好き。
分かりやすくて面白いのは、『変種第二号』
どちらも『ディック傑作集〈1〉パーキーパットの日々』収録。これは良い短編集だと思います。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

サラリーマン小説・・・たしかにそんなかんじの哀愁がただよってますね(´m`)
ご紹介いただいた作品を探しに本屋へ行きます!
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/08 10:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「流れよ我が涙、と警官は言った」の結末

フィリップ・K・ディックのSF小説「流れよ我が涙、と警官は言った」について、情けない話ですが、この小説の意味がまったくわかりませんでした。
監視国家、組織機構のメタファーやアイロニーである、ということはわかったのですが、もっと具体的な「SF小説」としての筋、つまりジェイスン・タヴァナーの記録が失われたきっかけとなる冒頭の出来事や、最後に世界が元通り?に戻った経緯、ラストの警官の描写、「流れよ我が涙、と警官は言った」という文言をタイトルに据える意味など・・・まったく理解できず、もやもやしています。

この小説は、一種の不条理を描いたものとして、「意味を理解する必要がないもの」として読むべきものなのでしょうか? その判断もつかないため、読解力のある諸氏にご意見を問いたいと存じます。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この小説は、ジェイスン・タヴァナーを焦点にして読むと、振り回されるかもしれません。一部の中心が自分のIDを失ったタヴァナーなので、わたしたちはつい、彼の「失われたアイデンティティ」を取りもどす物語なのだろうと思ってしまいますが(そうやってミス・リーディングというか、ミス・カテゴライズに作者は誘おうとするのです)、彼の存在はred herringです。

タイトルに注目してください。『流れよ我が涙、と警官は言った』ですね。この警官とは誰か。警察本部長のバックマンです。つまり、この物語の主人公はフェリックス・バックマンです。だから作者の仕掛けに乗っからず、彼を定点に据えると話はずいぶんすっきりします。

フェリックス・バックマンの双子の妹であり恋人であるアリスは重度の薬物中毒です。
そのアリスが服用した麻薬というのは、KR-3という特殊な薬です。その麻薬の特殊な効果は、服用した人間に非現実の世界を見せる、というものです。

問題は、その人が単に頭のなかだけで幻想を抱くのではなく、麻薬を服用することによって、その人を現実とはちがう環境が包みこむのです。つまり、ディックはカント同様、時間・空間を人間の外側にある絶対的なものだと考えていません。むしろ、人間の脳によって構成されるものである、と考えています。

ただ、カントだったら、人間の意識はまったく同じ鋳型を持っているから、それによって構成された時間・空間はまったく同じ「座標系」、それゆえに人と人の間で齟齬はおこらないと説明してるんですが、ディックはSF作家ですから、そんなふうには考えない。

人が脳の内部で構成する環境が、外にしみ出す、というふうに話を作っていきます。言葉を換えれば、トリップが「別の座標系」(p.335)を作りだす、と。

むしろ、麻薬によるトリップというより、わたしたちにはタイムトリップみたいなもの、と理解した方がわかりやすいかもしれません。ともかく、アリスは自分が夢中になっているタヴァナーの幻想ごと、トリップしてしまったのです。

現実のタヴァナーも、アリスの作り上げた「別の座標系」の干渉を受けます。ですから、安ホテルで目を覚ましたタヴァナーは、アリスの幻想のタヴァナーなんです。

冒頭でタヴァナーがIDを偽造に行く途中、黒人に行きあうというエピソードが挿入されていて、そこに、黒人はひとりしか子供を持つことが許されず、ゆるやかな断種政策が取られていることが記述されていますが、これは最後の場面でバックマンが機械式ガソリンスタンドで黒人に会うことと対応しています。彼には子供が3人いるという。つまり、現実では、そのような断種政策は取られていなかった(確かにこの本の「現実」は、公民権運動が新南北戦争を引き起こし、学生たちはひどく弾圧され、強大な警察権力の「執行官」による管理社会であることは暗示されていますが)。つまり、タヴァナーの「経験」は現実世界とはちがっている。

薬を飲んだアリスは、タヴァナー初め、いく人かの登場人物を、幻想と現実のふたつの世界にまたがって存在させてしまう。その結果、脳は過剰負担を強いられ、死んでしまうのです。アリスの死によって、タヴァナーも現実の世界に戻って来られます。

さて、問題のフェリックス・バックマンです。
タヴァナーやヘザーらの「スィックス」は、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』の「アンドロイド」のようなものです。優生思想のもと、遺伝子操作されて作りだされた「スィックス」は、人間の都合で作り上げられ、また廃棄されようとしているアンドロイドとパラレルな関係にあります。これを押さえておくと、バックマンの役割りもはっきりしてきますね。そうです、彼はデッカードなんです。アンドロイド/スィックスを追うことによって、みずからの基底の揺らぎを経験し、そうして人間らしさに目覚めるのです。

ディックが考える人間らしさとは、共感能力にあります。
「スィックス」にはそれがない。とことんナルシシストで自分のことしか考えないエゴイストだからこそ、強さを発揮できる。だから「スィックス」は人を愛さないし泣くこともありません。

「スィックス」に対して「セヴン」を自称し、「スィックス」を手もなく操るバックマンは、その実、ありふれた人間です。ただ、権力の中枢に位置する彼は、その感情に蓋をしている。

けれどもその底では、双子の妹を愛し、その死を悼んでいます。だからこそ、意識しないままに、涙が流れ続ける。その「涙」は「人間らしい感情の証」です。そうして、それがあるから最後の場面で見知らぬ黒人と心を通わせることができる。

だから「流れよ我が涙、と警官は言った」というタイトルなんです。

この小説は、ジェイスン・タヴァナーを焦点にして読むと、振り回されるかもしれません。一部の中心が自分のIDを失ったタヴァナーなので、わたしたちはつい、彼の「失われたアイデンティティ」を取りもどす物語なのだろうと思ってしまいますが(そうやってミス・リーディングというか、ミス・カテゴライズに作者は誘おうとするのです)、彼の存在はred herringです。

タイトルに注目してください。『流れよ我が涙、と警官は言った』ですね。この警官とは誰か。警察本部長のバックマンです。つまり、この物語の主人...続きを読む


人気Q&Aランキング