人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

フランス語で店名を考えています。

スワロフスキーを使った小物やアクセサリーの
お店を開きたいと思っています。
そこで店名を考えているのですが、
中々思いつかない為お知恵をお貸しください。

フランス語で、「石の輝き」「光り輝く」「きらめく」
といったイメージでで何か良い名前はないでしょうか?
できれば短くて覚えてもらいやすいものが希望です。

どうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

green_leaf2 さん こんにちは



多少なりとも気に入って頂き有難うございます
明るく弾ける文は、ご性格を反映でしょうかね

さて、本題の店名です

こちらは、スワロフスキーをご利用になりますと
≪きらきら≫との光を感じ、同時に童謡がよぎる
少女が乙女へ成長し身づくろいに心配りを始める
その頃の輝きに、近いものと常々思っております

シャンソンの "Ah! Vous dirais-je, Maman"
(あのね、お母さん)初恋を母へ告げる
この和名が、慣れ親しんだ≪きらきら星≫
その英訳が≪Twinkle, Twinkle, Little Star≫
その仏訳は≪brille, brille, petite etoile≫

ココにある動詞briller(輝く)の活用形brilleを
二つ繋げているシンプルな作りになります

http://fr.wikipedia.org/wiki/Ah!_vous_dirai-je,_ …
(此方から、このメロディーを聴いて見て下さい)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8D%E3%82%89% …
(此方は、各国語の歌詞です)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

anapaultoleさん、詳しい説明ありがとうございます。

弾けてますか?お恥ずかしいです・・・

幼い頃から慣れ親しんだこの曲に
こんなにかわいらしい歌詞もあったなんて初めて知りました。
ご紹介頂いてありがとうございます。

商品自体は大人の女性向けにと考えているのですが、
女性にはいつまでも少女のような気持ちも持っていてほしい。
そんな風に思っています。

なので「Brille-Brille」はピッタリです。
こちらに決めさせて頂きたいと思います!

暫く1人で色々検索しながら考えていたのですが
思い切ってこちらで相談して良かったです。

本当にありがとうございました!

お礼日時:2010/02/09 20:43

green_leaf2 さん



はじめまして

ご希望のフランス語での店名は

● Brille-Brille (ブリィユーブリィユ)

造語です 音韻が宜しければご説明致します
    • good
    • 1
この回答へのお礼

anapaultoleさん、ありがとうございます。

ブリィユーブリィユ・・・素敵です!!

造語なのですね。
ぜひ詳しく教えて下さい!

お礼日時:2010/02/08 22:03

フランス語は昔かじっただけなのですが、brillantあたりが覚えやすくて良いのではないでしょうか

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ok-dempaさん、ありがとうございます。

brilliant、素敵だなぁと思ったんですが
検索かけてみると店名にされている所が結構ありました・・・
被っちゃっても大丈夫ですかね?

検討してみます!

お礼日時:2010/02/08 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語で『心の輝き』という言葉が知りたいです。

洋服や小物、アクセサリーの手作りのショップをするのに
店名をつけたいと思うのですが。

キラキラしたものや、フランスの小物の色合いを取り入れたりしているので
できればフランス語で 『心の輝き』 心がワクワクしたり、輝くもの
という意味でつけたいのですが・・・

『eclat』輝きは、光るものには使えないと他で見たのですが、心などには使えないのでしょうか?
心は『coeur』だと聞きましたので、『eclat de coeur』という表現はだめですよね?

使い方がわからないので、詳しい方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

eclatという単語が気に入っています。
素敵な名前にしたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

taeprs さん はじめまして

 装身具を纏うことが、許されましたのは
アンダーステートメント(仏語:litote, euphémisme)が
よどみなく出来てからでした
 アクセ関連の語句を求めるご質問を読む度に思い出します

 さて、本題です

 ご提案は、覚えやすい音韻をもつ二つ

● Eclat de modyle (エクラ・ドゥ・モディル)

 お気に入りの単語éclatを大文字(大文字ならば発音記号不要)
その次につなぎのdeを付け、最後に造語:mode+style⇒modyle

● Eclat de modyste (エクラ・ドゥ・モディスト)

 こちらの後半を変化 造語:mode+styliste⇒modyste

 工夫は、前半が、モデルの音韻が忍ばせてあり、このアクセで
貴女も、モデルさんと見まごうばかりの輝きを放つと 
 後半は、modeste(モデスト)を連想させながら
実は、時流にも乗る確りとした好みをもつ隠し味をもつ

 補説:心のcoeurは、その正確な発音が簡単でない 
    ご希望のeclat de coeur ですと輝きよりも
    感情の高まりを意味することを示すことが多い

 最後に、アクセは、George Jensenを好んでおりますので
語句の選択も今回はアンダーステートメントに纏めです。。。

taeprs さん はじめまして

 装身具を纏うことが、許されましたのは
アンダーステートメント(仏語:litote, euphémisme)が
よどみなく出来てからでした
 アクセ関連の語句を求めるご質問を読む度に思い出します

 さて、本題です

 ご提案は、覚えやすい音韻をもつ二つ

● Eclat de modyle (エクラ・ドゥ・モディル)

 お気に入りの単語éclatを大文字(大文字ならば発音記号不要)
その次につなぎのdeを付け、最後に造語:mode+style⇒modyle

● Eclat de modyste (エクラ・ドゥ・モディスト)

 こち...続きを読む

Qかわいい響きのフランス語

現在、自宅の一室を利用してネイルサロンを開業する準備をしています。
お店の名前をずーーーっと考えていて、フランス語などでかわいい響きの言葉がいいな、という希望はあるものの、私の知識では煮詰まりません。
まずはお店の名前を使ってブログの開設をしたいのですが、停滞状態で困っています。

お店のコンセプトは、隠れ家的なお部屋で普段の生活に映えるような飾り過ぎないネイルをご提案していきたいな、と思っております。

店名のイメージとしては、安っぽくなく、ふんわりとした感じがいいのですが・・・
あと、すぐに覚えていただけるように短い言葉(1~2単語程度)がいいな、と思っております。

知っている単語をならべてみたり、辞書で調べてみるものの、いまひとつピンときません。

どうか、お力添えしていただけないでしょうか。。。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示したところ気に入ってサロンに使っているのです(Allure一語だけではなく一部に取り入れています)。

雰囲気からですと、「明るく、柔かな、落ち着いた」という感じでしょうか、、、

Au Soleil(オ・ソレイユ)「太陽に向かって」
Le Coin Ensoleile(ル・コワン・アンソレイエ)「日だまり」
Le Jardin Secret(ル・ジャルダン・セクレ)「秘密の園」
Le Jardin Ensoleile(ル・ジャルダン・アンソレイエ)「日だまりの庭」
Le Jardin Du Reve(ル・ジャルダン・デュ・レーヴ)「夢の庭」
Le Tournesol(ル・トゥルヌソル)「ひまわり」
Le Relais Du Soleil(ル・ルレ・デュ・ソレイユ)「太陽の小宿」
Le Sourire(ル・スリーr)「微笑み」
l’Aube(ローブ)「夜明け」
Le Point Du Jour(ル・ポワン・デュ・ジューr)「同上」
Le Petit Jour(ル・プティ・ジューr)「同上」
La Reve Des Papillons(ラ・レーヴ・デ・パピヨン)「蝶の夢」
La Reve Ravissant(ラ・レーヴ・ラヴィッサン)「魅惑的な夢」
La Reve Illusoire(ラ・レーヴ・イリュゾワーr)「幻惑的な夢」
La Belle Du Jour(ラ・ベル・デュ・ジューr)「昼顔」
Bonne Journee(ボンヌ・ジュルネ)「よい一日を」
Bonne Chance(ボンヌ・シャンス)「幸運を」
Les Amoureuses(レザムルーズ)「恋人達」
La Douceur(ラ・ドゥサー)「やさしさ」
Doucement(ドゥースモン)「やさしく」

などなど、イメージから想像すればきりがありません。
少しでもご参考になれば幸いです。

こんにちは。No.4、8です。メールを見るのが遅れ、お返事が遅くなり申訳ありません。

<(2)チャラチャラした感じではなく、日常生活の一部分としてネイルを考え、派手すぎない大人の可愛さを出すようなアートを提案したいと思っています。L'Allureはとても気に入っているのですが、その点では少し、イメージと外れてしまうのかな・・・?と。。。>

そうですね、L’Allureは「気品」と言う感じで少し冷たい感じがしますね。ちなみに、世田谷で「お花とマナーサロンを開いている友人」が、この言葉を提示した...続きを読む

Q*フランス語など「お花」に関するかわいい響きありませんか?*

お花に関する意味でフレンチなかわいい響きの単語はありませんか?
他、フランス語に限らず、日本語でも英語でもいいので
お花に関する、簡単でかわいらしい響きの言葉を探しています。

ちょっと名前を付けるのに参考にさせて頂きたいので、
どうかよろしくお願いします。
(読み方とつづりもお願いします♪)

Aベストアンサー

『花』に関係した言葉を、辞書で引くと、

La fleur 花(フルール)
La Flore 花の女神フローラ(フロール)
floral  花の (フローラル)
fleurette 小さい花(フルーレット)
fleuron  小さい花(フルーロン)
freuriste 花屋(フルーリスト)
fleurage  花(古語)(フルラージュ)
fleurir(e) 開花する、花が咲く(フルーリール)
fleuri(e)  花の咲いた(フルーリ)

発音は、カタカナでは表しずらいですね。

ちょっと気になったのですが、No.4の方。
dans le Jardin (庭の中)
dentdelion(たんぽぽ)これは、英語。フランス語では、pissenlit(ピッサンリ)と言いますが、子供のおねしょの意味もありますので、御注意下さい。

Qイタリア語で光というのは・・・

イタリア語で「光」「透明な光」「柔らかい光」「魂」「静かなる心」という言葉を教えてください。
もしよければそのような系統の言葉でなにかこころに響くようなよい言葉があれば教えてください。

Aベストアンサー

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし、「ルクス, lux」の光も一般的です)。音の響きのよう方を選ばれることです。luce がやはりいいと思います。
 
  「透明な光」は、「透明な」という形容詞を光に付ければよいのです。普通、traspar[e]nte(トラスパレンテ, [e] は、eの上に左から下への斜め線=弱アクセントが付いています) という形容詞があります。chiaro(チアロ)というのも、「明るい、澄んだ、透明な、清らかな」という意味の形容詞です。定冠詞を付けると(不要なら外せば問題ありません):
 
  la luce traspar[e]nte(ラ・ルーチェ・トラスパレンテ)
  il lume traspar[e]nte(イル・ルーメ・トラスパレンテ)
 
  la luce chiara(ラ・ルーチェ・チアラ)
  il lume chiaro(イル・ルーメ・チアロ)
 
  「柔らかい光」は、「柔らかい」という形容詞ですが、t[e]nue(テヌエ, [e] は弱アクセント,luce tenue かすかな光), gentile(ジェンティーレ)は、人の性質などに使い、英語の gentle に対応しますが、光や音にも使えます。「柔らかい、薄い、細い、かすかな」などの意味です。mite(ミーテ)は英語の mild に対応し、人柄などについて言い、気候にもいいますが、「柔らかい光」には少し合わないでしょう。d[o]lce(ドルチェ, [o] は、右から左に下がる小さな斜め線=強アクセントをoに付ける)は、「甘美な、甘い」という意味がメインで、「優しい、柔らかい、穏和な」などの意味があります。m[o]lle(モッレ, [o] は強アクセント)は、「濡れている、手ざわりが柔らかな、もろい、弱い」で、「柔らかい光」に適しているかどうか分かりません。光の「感じ」で選ぶことができます。mite は少し合わないと思いますが、それ以外は、違ったニュアンスで「柔らかい光」です。光に「硬さ・柔らかさ」などないので、「光がまぶし過ぎない、強過ぎない、快い」というような感じでしょう。
 
  以上の形容詞は、前が女性名詞、男性名詞に関係せず、形が変化しません。好きな形容詞で、言葉を造ってください。
 
  la luce tenue(ラ・ルーチェ・テヌエ)
  il lume tenue(イル・ルーメ・テヌエ)
   ……
 
  「魂」は、anima(アニマ, f)は、一般的な「霊魂、魂」です。psiche(プシケ, f)は、「霊魂、精神」で、神話に出てくるプシュケーのことですが、普通名詞もあります。
 
  「静かなる心」は、「静かな心、平静な心」でしょう。「心」は、cu[o]re(クオーレ, [o] は弱アクセント, m)で、これは英語の heart とほとんど同じ意味です。ラテン語の cor が語源ででフランスの coeur と同じ派生語です。
 
  「静かな」は、心ですから、「平静」でしょうし、そうなら、calmo(a) という形容詞になります。calmo(カルモ,女性名詞に付く場合は、calma カルマ)は、天候と人の心の「平静さ」に用います。「落ち着いた」というような意味です。
 
  il cu[o]re calomo(イル・クオーレ・カルモ)
  

 
  イタリア語で、「光」に当たる言葉は、luce(ルーチェ, f)とlume(ルーメ, m)の二つが代表的にあります。luce はラテン語の lux から来ていて、「光、輝き、電灯」などの意味で、「夜のルーチェたち」というと、「星」のことになります。他方、lume は、ラテン語の lumen から来ていて、「光、明かり、輝くもの、灯火」で、luce と同じような意味です。luce の方が辞書的には用例が多いです。(キリストは、ラテン語の Credo で、「光からの光 Lumen de Lumine」と言われ、この場合、lumen です。しかし...続きを読む

Qキラキラした、輝く・・にあたる表現は?

 友人がブログを開設するにあたり、「キラキラした日々」「輝く日々」という意味の英語のタイトルを付けたいそうです。
 「キラキラした、輝く」と言うと、brilliantとかshining、sparklingなど浮かび、「Brilliant Days」あたりどうだろうと思ったのですが、そうすると「輝かしい日々」と言う意味にも聞こえて、自分で言うにはちょっとおこがましいニュアンスなのかなぁと思ったりしました。
 自分の日常生活について、(自分からみて)ちょっと輝いている、キラキラしていると嫌味なく表現する時には、どんな単語が適切でしょうか?
 教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

my radiant days…というのがまさにぴったりかと。
radiant morning sun「きらきら輝く朝の太陽」という表現があります。brilliant, shining, sparklingとは異なったぎらつかない表現かと思います。
「君は輝いているね」の場合でもYou look (positively) radiant.などと言います。

Qフランス語できれいな店の名前をつけたいのですが…

フランス語で店の名前をつけたいのですが、次の言葉をフランス語にするとどう書いてどう発音するのか教えてください、なかなか決まらず困ってます。きれいな名前で簡単なのがいいのですが、そのほか何かアドバイスがあればお願いします。
かっこいい生き方、勝利の女神、私のスタイル、私らしさ、女神の微笑、天使の祝福、バラのような女性、素敵な時間
その他、透明、かっこいい、素敵、女神、バラ(バラの名前でもいいです)などを使ったフレーズがあれば教えてください、美容関係の店です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは、4回ですね

一は、そうおぎゃぁ~と命を授かる
二は、12歳前後に少女から乙女に
三は、愛する人とご結婚で妻に変身
して、最後はお子様を生んで母親と

この4回を意味するのか、quatre fois です
そうしてneufは数字の9と同時に同音異義で
新しいとか新鮮なと形容詞でもあうことから
フランス語36との数字は4回新しいことを
つまり、新しいの意味を、強調しています

人生の節目節目でより美しくなる新しい自分を
見つけるお手伝いを、この美容でとの想いです
考え過ぎかな、でもでも女性は幾つでも美しく

k-k-m さん 

候補に入れて頂き感謝です 今、お一つのご提案

● Quatre fois Neuf (カトル・フォア・ナフ)

ながぁ~いと、お感じであれば真ん中foisを略し
Quatre-Neuf(カトル・ナフ)でも良いと思います

学校で習う掛け算の歌等に良く出てくる慣用句
quatre(数字の4)fois(掛けるとか、何回の回)
neuf(数字の9)で、4×9でその答えは36です

何をあほなことをとお感じになるのはもっともです

此処から本題でして、女性は一生に何回生れると
お思いでしょうか、そうですお答えは...続きを読む

Q幸せのひととき・・・名前にできる響きのいい外国語!

こんばんは。

◆幸せのひととき
◆幸せな空間
◆ささいな幸せ

上記の言葉の訳、
もしくは似たような意味を表す言い回しをご存知の方いらっしゃいませんか?

フランス語でもスペイン語でも
何語でもかまいません。
かわいくて響きがよければ造語でも全然オッケーです♪


ただ、ブランド名にしたいので、できれば覚えやすく、短めの言葉希望です。


現在、卒業研究でアロマランプを制作しておりまして、そのブランド名がなかなか決まらなくてとても困っています(>_<)

いろいろな翻訳サイトで訳しては見たものの
長かったり、音があまりきれいではなかったりで、なかなか気に入ったものを見つけられませんでした;;


どなたかご協力していただけたら幸いです。
どうかよろしくお願いします!

Aベストアンサー

フランス語です。


幸せのひととき bon moment(ボンモマン)、moment heureux(モマンウルー)

幸せな空間   espace heureux(エスパスウルー)

ささいな幸せ  petit bonheur(プティボヌール)


などいかがでしょうか。

Q七色 虹色 天使 のフランス語を教えてください

タイトルどおりですが、フランス語は全くわかりませんので「七色」「虹色」「天使」をフランス語では何と言うでしょうか?

また、「七色天使」「虹色天使」だとどうなるでしょうか?

変な質問で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

おそらく必要ないかと思い、冠詞の類い(un, une, le, la, lesなど )
は省きましたのであしからず。

◆「七色」ー sept couleurs

◆「虹色」・・・様々な表現が可能です。
ー iris = 虹色
ー coloration irisée = 虹色の彩り
ー couleur arc-en-ciel = 虹色の色調
ー sept couleurs de l'arc-en-ciel = 虹の七色

◆「天使」ー ange

◆「七色天使」ー ange en sept couleurs

◆「虹色天使」・・・より自然な表現を2つほど。
ー ange arc-en-ciel
ー ange en iris

Q縁(えん)をフランス語に訳すと?

こんばんは。
タイトルの通りなのですが、
『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?>

最も相応しい語は
une rencontre(ユヌ・ランコントr)
「(偶然の)出会い」→「縁」
となります。

ちなみに
une rencontre, une chance
(直訳)「一度の出会いが、一度の機会」
→(意訳)「一期一会」
の意味で使われます。

また、
une rencontre de hasard
「偶然の出会い」→「偶然の縁」
Trouver un beau tableaux est le hasard d’une rencontre.
「いい絵画に出会うのは、出会いの偶然です」→「~は縁ものです」
といった表現もあります。


ご質問2:
<『ご縁がある』>

「あなたとはご縁がある」といった表現では、このrencontreよりはdestin「運命」を使うと、しっくりくる仏訳になるでしょう。

Je vous ai recontre, c'est un destin.
(ジュ・ヴ・ゼ・ランコントr、セ・タン・デスタン)
「私があなたと出会ったのは、運命です」

Nous nous somme rencontres, c'est un destin.
(ヌ・ヌ・ソム・ランコントr、セ・タン・デスタン)
「私達が出会ったのは、運命です」
などが相応しい表現になります。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<『ご縁がある』などのように、人との出会いで使う『縁』を
フランス語ではなんと言うのでしょうか?>

最も相応しい語は
une rencontre(ユヌ・ランコントr)
「(偶然の)出会い」→「縁」
となります。

ちなみに
une rencontre, une chance
(直訳)「一度の出会いが、一度の機会」
→(意訳)「一期一会」
の意味で使われます。

また、
une rencontre de hasard
「偶然の出会い」→「偶然の縁」
Trouver un beau tableaux est le hasard d’une rencontre.
...続きを読む

Q日本語をフランス語に

下の日本語のフランス語を教えてください。
宜しくお願いします。

・鮮明な輝き
・失われることの無い輝き
・輝き続ける
・すべての輝き

Aベストアンサー

はじめまして。

それぞれ発音と「直訳の」意味を明記します。

1.鮮明な輝き:
Eclat Cristallin(エクラ・クリスタラン)
「クリスタルな輝き」
Eclat Brillant(エクラ・ブリヨン)
「きらきら光る輝き」
Eclat Vif(エクラ・ヴィフ)
「鮮やかな輝き」

2.失われることの無い輝き:
Eclat Eternel(エクラ・エテルネル)
「永遠の輝き」
Eclat Sans Perdu(エクラ・サン・ペルデュ)
「失われない輝き」

3.輝き続ける:
Eclat Sans Arret(エクラ・サン・ザレ)
「絶え間ない輝き」
Eclat Sans Cesse(エクラ・サン・セッス)
「同上」
Eclat Continuel(エクラ・コンティニュエル)
「同上」「連続的な輝き」
Eclat Eternel(エクラ・エテルネル)
「永遠の輝き」

4.すべての輝き:
Tous Les Eclats(トゥ・レ・ゼクラ)
「すべての輝き」

などなど、、、、。ご参考までに。

はじめまして。

それぞれ発音と「直訳の」意味を明記します。

1.鮮明な輝き:
Eclat Cristallin(エクラ・クリスタラン)
「クリスタルな輝き」
Eclat Brillant(エクラ・ブリヨン)
「きらきら光る輝き」
Eclat Vif(エクラ・ヴィフ)
「鮮やかな輝き」

2.失われることの無い輝き:
Eclat Eternel(エクラ・エテルネル)
「永遠の輝き」
Eclat Sans Perdu(エクラ・サン・ペルデュ)
「失われない輝き」

3.輝き続ける:
Eclat Sans Arret(エクラ・サン・ザレ)
「絶え間ない輝き...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング