香り付きの消臭スプレーって、
なぜ香りは消えないのでしょう。
教えてください。

A 回答 (2件)

市販の消臭剤がどうなっているのかは分かりませんが。

消臭って結構難しいです。におい自体何らかの化学物質で、ヒトは鼻の嗅上皮でこの刺激をうけてにおいを感じます。ですから、ここを刺激しない形に変化させれば匂いは感じないことになります。消臭剤の中には匂いの物質に吸着などして、嗅上皮を刺激しない形にしたり、揮発しにくい形にしているものもあるのではないでしょうか。この場合、物質の親和力の違いによって吸着などの効果は異なるように思います。これを利用すれば、自身の香りを消さないで消臭力のあるスプレーも可能です。
それから、ヒトは化学物質濃度に比例してにおいの強弱を感じるのではなく、対数に比例して感じています。(ウェーバー・フェヒナーの法則)
ですから、匂いの物質を90%取り除いてやっても1/2になったと感じ、99%取り除いても1/4程度になったとしか感じないはずです。消臭は労力の割に報われない作業です。逆に匂いを付けるほうが簡単です。ですから、マスキングと呼ばれる、他の匂いで誤魔化す手法が頻繁にとられます。ヒトの鼻は強い匂いによって疲労するので、根本的な消臭の機能がない場合でも消臭されたと感じることは起こり得ます。個人的意見としては、市販品は後者のマスキングを主体としたものが多いように思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
前者は、「クサイ匂い」を感じないようにして、
「いい匂い」を強調する、ってことなんですね。
後者のごまかし、っていうのはなんかわかる気がします。
最近はごまかすのも少なくなった気もしますが。

お礼日時:2001/03/27 18:43

「香りが消えない」とはどのような時?ある程度密閉された空間でなかなか香りが消えないということでしょうか?



自分は素人で科学的に説明できないのですが、人工的に作られた「匂い」は自然に消えにくいそうです。(だからわざと「天然成分配合」とか誇示した製品があるのですね)
個人的には「所詮化学物質」と思っていますのでトイレ以外には使用しないようにしています。

ちなみに車の芳香剤ですが、エアコンの匂いが気になるからと微香性の芳香剤を置いてると、その芳香剤の香りが噴出し口に付着してカビとなり、さらに悪臭化するそうです。香りがカビになるとは驚きですね。

この回答への補足

え~、「香りが消えない」というのは、
「香り付き消臭スプレー」の「香り」のことです。
どうして自分自身(スプレー)の匂いは消えないのか、教えてください。

補足日時:2001/03/27 11:15
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、人工的に作られた匂いだから、消えないのですか…

お礼日時:2001/03/27 11:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窒素のスプレーってありますか?

有機溶媒などをとばすために窒素タンクってありますよね。
あれの簡易版みたいので窒素スプレーみたいの
(クレ556くらいの大きさ)ってありますか?

Aベストアンサー

ガスを実験用に小型ボンベに圧縮して入れてあり、ガスはスプレー式です。
12,768円です。

参考URL:http://www.tech-jam.com/items/kn3347013.phtml

Q炭酸飲料の泡はなぜ消える?

こんにちは!
科学とは正面から向き合わない人生を送って参りましたので、子供のような質問かもしれませんが、炭酸飲料の泡は、何故消えてしまうのでしょうか?開ける前のボトルの中では、泡立っていませんよね?「真空」は影響するのでしょうか?例えば宇宙でグラスにコーラを注いだら(注げたとしたら)、泡立つのでしょうか?泡だったら、ずっとそのままなのでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。
炭酸飲料は、二酸化炭素をむりやり飲み物の中に溶かし込んだものです。で、そのむりやり溶かし込まれた二酸化炭素が空気中に逃げていくのが炭酸飲料の泡です。
息を思い切り吸い込んで止めた状態を想像してください。これが空ける前のボトルと同じです。ずっと息を止めていても、たとえ苦しくなっても、口を塞いでいる(蓋をしている)ので空気が出てきません。
ボトルを開けて、グラスに注ぐのは息を吐いている状態だと思ってください。吐いた息は空気中に混ざってしまって見えなくなりますね。
真空は影響します。周りにある気圧が低ければたくさん泡が出ますし、気圧が高ければなかなか出てきません(開ける前のボトルも少しだけ存在する空気の部分の気圧がとても高いのです)。なので真空中でグラスにコーラを注いだら、あっという間に泡が出てなくなります、というか、泡だらけになってグラスに注げないかもしれません・・・

こんな説明でお分かりいただけるでしょうか??

Q車の窓ガラスが曇っても消えるのはなぜ?

●フロントガラスが曇って消す時、暖房でも冷房でもa/c(エアコン)を付けなければならないのはなぜですか?特に、暖房の時はa/cは要らないような気がします。

●リアガラスが曇って消す時に押すあのボタンは何ですか?「電熱線」と聞いたことがありますが、内側から触っても熱くなりませんし。

ともに、どのような原理で曇りが消えるのでしょうか。ご存知の方お教え下さい。

Aベストアンサー

空気は温度によって含むことの出来る水蒸気の量の上限(飽和蒸気圧、湿度100%の状態)が決まっていて、温度が上昇すると沢山の水分が蒸発でき沢山の水蒸気を含むことができ、温度が冷えると飽和蒸気圧が下がって、それ以上の水蒸気が含めず、温度のより低い物体の表面(ガラスや金属の表面など)に露結して細かい水滴となって現われます。

>●フロントガラスが曇って消す時

車室内の人間などから蒸発した水蒸気や昼間の暖かい空気(水蒸気を多く含む)や加湿器などからでた水蒸気を含んだ空気が外気に冷やされたガラス表面付近に近づき、飽和蒸気圧以下の温度(湿度が100%を超える温度)に冷やされるとガラス表面に露結してガラスが細かい水滴になって曇ってしまいます。
この曇りの原因の水滴を無くすには、
1)ガラスを暖めて、その周辺の空気を暖め飽和蒸気圧を高めて湿度を下げるか、
2)湿度の低い空気を吹付けて水滴を蒸発させるかのどちらか
ですね。

>暖房でも冷房でもa/c(エアコン)を付けなければならない
>暖房の時はa/cは要らない

暖かい湿度の低い空気(室温より暖めた空気は湿度が低くなる)をガラスに吹付ける
または暖かくなくても湿度の低い(乾燥した)空気を吹付ける
ことでガラス付近の湿度を下げて曇りを消しているわけですね。

>●リアガラスが曇って消す時
フィルム上の抵抗体に電気を流してガラスの温度を上げているわけですが車内の空気と同程度まであげるだけですから触っても熱くはないですね。
でもガラス表面の温度が上がってその付近の湿度が下がりますのでガラスの水滴が蒸発して曇りが消えます。

空気は温度によって含むことの出来る水蒸気の量の上限(飽和蒸気圧、湿度100%の状態)が決まっていて、温度が上昇すると沢山の水分が蒸発でき沢山の水蒸気を含むことができ、温度が冷えると飽和蒸気圧が下がって、それ以上の水蒸気が含めず、温度のより低い物体の表面(ガラスや金属の表面など)に露結して細かい水滴となって現われます。

>●フロントガラスが曇って消す時

車室内の人間などから蒸発した水蒸気や昼間の暖かい空気(水蒸気を多く含む)や加湿器などからでた水蒸気を含んだ空気が外気に冷やさ...続きを読む

Q消臭と銀イオン

消臭と銀イオン

消臭スプレー等で銀イオン(Ag+)の効果を謳った製品の広告を良く見かけます。
素人の考えですが、消臭とはニオイの元の物質に何らかの化学反応を起こさせてニオイを消すと思っているのですが、銀はイオン化しにくい元素だと習った記憶もあります。

では、どの様な原理で銀イオンが消臭効果を発揮するのでしょうか?
銀の化合物で消臭効果があるようなものがあるということなのでしょうか?

素朴な疑問です、ご教示いただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

銀は確かにイオン化しにくい、つまりAg(s) → Ag^+が起きにくいのです。
逆に言うとAg^+はAg(s)になり易いのです。
それを利用します。
硝酸銀だと危険すぎるので適当な銀塩を水に溶かし噴霧します。
すると、銀イオンは電子を奪って元素状の銀になろうとしてます。
これはルイス酸と呼ばれる性質で、臭い成分に多い窒素やイオウの電子を奪います。
電子を奪われて陽イオンラジカルという物になった物質は、大気やスプレーの水の存在下で非常に酸素と反応しやすくなります。
そのため、銀イオンを撒くと臭いが消えます。

硝酸銀などは消毒にも使われます。劇薬です。

Q大気中の「臭い」って何処に消えるんですか?

はじめまして。

実は質問のタイトル通りなのですが、「臭い」って何処かに消えて無くなるんでしょうか?
それとも分解でもされるんでしょうか?

太古の昔から各種の「臭い」が大気中に放出されているはずですが、何処に行っちゃったんでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>ですが、分かったような分からないような・・・?
>臭いの伴う「物質」って、必ず「分解」や「臭いの無い別物」に変わっちゃうんで>しょうか?

物質によって、また環境によって様々ですが、物質というのは最終的には基本的に「分解」されたりして消滅します。臭いの元となるエステル化合物のような物質は、特に分解されるまでの時間が短いものが多いです。もちろん長く分解されずにずっと残る嫌な臭いもありますが、それは消臭剤をつかって無理やり化学反応をおこすか、その物質を吸着させて臭わないようにします。あ、いうのを忘れましたが、臭いを発する物質は空気に浮遊しているときに人間の鼻で感じます。固体でも臭いがするのは、その物質が空気内に発散されているからです。微小な量で臭いはするものです。

ほかの方も述べていらっしゃいますが、物質が拡散したり、吸着したり、液体に溶解したりして臭わなくなるということも、もちろん重要なファクターです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報