埋設水道管から漏水している様で、使用量が1年前の50m3/2ヶ月が徐々に増え70m3/2ヶ月になりました。4人家族です。
未使用時にも水道メーターが動いており、検針の方にも言われました。
家は、ハウスメーカーによる築13年で、図面によればポリエチレンパイプPP20です。

水道業者Aは長い棒の聴診器で、ハウスメーカーBはヘッドホン式の増幅器で地上露出部の音で調査しましたが、場所は特定できませんでした。
いずれも地上部や屋内での漏れは無く、埋設部の漏水との事です。

修繕費の見積は、ハウスメーカーによれば、埋設部の全取替えで35万円です。20HIPV管使用で、コンクリートのはつりと復旧費用5万円を含みます。
家は2階建て、総床面積100m2です。

また、水道管の寿命は15年との説明を受けましたが、旧大蔵省の減価償却の15年を言っている様で、納得できません。

1.埋設管PP20の寿命はほんとに15年なのでしょうか?
 家は東京近郊で埋設部の凍結は無いです。

2.漏水場所の特定方法で画期的な方法は無いのでしょうか?

 樹脂製のパイプは鉄管に比べ漏水音が共鳴しずらいと思うので、 適当な間隔で地面を堀り、管を露出させ再検査を頼むつもりです。
 また、漏れは、継ぎ手部と仮定して地面を掘ってみようと思います。

3.修繕費用の35万円は高いと思いますが、いかがでしょうか?
 また、材質は20HIPVで適当なのでしょうか?
 調査費用は、漏水箇所が特定できなくても1回6千円との事です。

今年、子供2人が高校と大学のダブル受験で35万円の出費は非常に厳しいです。良いアイデアがあったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 >埋設管PP20の寿命はほんとに15年なのでしょうか?


 現実的には30年以上は持つと考えられます。ただし、使用状況(土質・配管状況)により異なります。耐用年数を明示している事例は無い様です。
 まあ本管からの引き込みの支管等で多く使用されている事を考えれば15年って事は無いでしょうね。15年ごとに道路掘ってやりかえるなんて現実的ではありません。ちなみに配水用の管としては管種に関わらず法定耐用年数は40年です。
 ポリエチレン管では無いが参考までに(ポリエチレン管だけ他の管種より圧倒的に寿命が短いとは考えられないので)
 http://www.ppfa.gr.jp/02/index-a03.html
 http://www.face.ne.jp/m-setubi/haikanzai.html#%E …

 >漏水場所の特定方法で画期的な方法は無いのでしょうか?
 聴音等で確認困難な場合、ポイントを絞って掘ってみるのが現実的です。半分の箇所で掘って・止めて・確認してを繰り返す事で絞り込んでいくのがより確実な方法です。
 或いは管部分での漏水は、薬品や他の管・石等に接触して負荷がかかっている場合を除けば、漏水の可能性は低いので、分岐等の継手のありそうな所を狙い撃ちする方法もありますが、失敗すると非常に手間になります。

 >修繕費用の35万円は高いと思いますが、いかがでしょうか?
 修繕費と言うより、埋設部の全取替え工事ですよね(直すよりそっくりやり替えた方が簡単と考えたのかも知れません)。
 現状の埋設状況が不明な事、地域で金額に差があるのでなんとも言えません。 ただ、ビニール系の配管(HIVPやポリエチレン管)ならば材料費は非常に安価です。 参考までに、私の地域では、屋内配管も含めた新築時の給水配管工事で35万以下程度です。それを考えるとちょっと高いかも。

 >材質は20HIVPで適当なのでしょうか?
 基本的には水道局で許可している管種(大抵はJIS規格品ならOK)を使用しますが、その中でどれを使うかは業者の判断になります。
 HIVPは従来のビニール管よりも耐久性。耐衝撃性を高めた物です。水道管としては問題ありません。ただ、ポリエチレン管からHIVPに変更する意図が判りませんが(既存との接続箇所の継手も全て変更していく必要がある)。

 >調査費用は、漏水箇所が特定できなくても1回6千円との事です。
 どの程度時間がかかっているのか不明なのでなんとも言えません。
 ちなみに、配管を伴う修理は水道局指定工事店で無ければならないと条令で定められています。また、減免申請(漏水分の料金をある程度次回請求分から差し引いてくれたりする制度。水道局によって対応が違う)をする場合は修理者は指定工事店でなければ適用を受けられません。依頼する時は指定工事店か確認して下さい。費用的にも指定工事店の方が問題が少ないです。
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございます。
「半分の箇所で掘って・止めて・確認」の止めては、管をつぶして止める事でしょうか?
たしかに、管路の半分ずつ調べて的を絞ってゆくのは効率てきですね。
やってみようと思います。

お礼日時:2010/02/09 02:58

ある程度埋設部が間違いなければ増幅器で範囲は絞れるのですが・・



1)あくまでも目安の寿命であるのでそれ以上持つ場合もありますし
その前に漏水する事も否定はできません。

2)宅内の埋設部は20のVP管でなくて、本当にPP管なのでしょうか?
メーター以降の配管をPP管で宅内の埋設部に施工してあるのは
珍しいというか・・・
(地域差があるかもしれませんが今まで修理先でメーター以降埋設部ににPP管を使っていた現場は無いです)
サドルからから第一止水までならPP管の2層は今でも一般的ですが

漏水箇所の特定で画期的な方法はと言っても
やはり原始的に探って行くのが通常ですから・・・
埋設部の漏水はメータ以降の配管を追って行き
ある程度あたりを付けて配管を掘り出してカンサで配管を挟み込み
漏水箇所を特定して行くのが確実です。漏水が大きければ音調棒で聞き取る事も可能ですが。
調査して修理箇所を見つけて直すか
調査費のほうが高く付く事もあるので修理部を探すより
埋設部のみHIVP管に替える方が安く付く場合も後々のことも考え他方がいいかもしれないですね。

3)埋設部はHIVPで配管するのが通常ですので
ハウスメーカが修理費に余分な何割か載せて請求するのでのでお勧めしません・・・
なので水道局に直接漏水修理を頼んだほうが間違いがないです。
35万と言う詳細な内容が分からないので、なんとも言えない部分もあります。
ただ埋設部の配管修理だけで30万~35万と言うのは、
家の全ての配管+補修費だとまだ分かりますが・・・
家の周りは一部でなく全てコンクリートで仕上げてある訳ではないですよね?

ちなみにPP管は2層は外側は黒中は乳白色で切り口見ればわかり
2層になってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
埋設部オールPP管は珍しいようですね。
その確認も含めて調査の為に掘ってみようと思います。
水道局にも相談してみます。

お礼日時:2010/02/09 03:29

漏水調査を職業とするものです。



1.埋設管PP20の寿命はほんとに15年なのでしょうか?
           ↓
衛生設備はPP[ポリエチレン]管に限らず15年~20年といわれています

2.漏水場所の特定方法で画期的な方法は無いのでしょうか?
           ↓
非金属管[PPやHIVP]の場合はご指摘の通り[漏水音]をとらえるのが非常に難しい種類の管です。
現在の調査方法は大きく分けて
●音聴工法[漏水の音を頼りに調査]
●ガストレーサ工法
 配管内に無害なヘリウムガスを注入し、漏水孔から漏れるガスを検知
 する工法
がありガスを使用する工法は料金割高になります。

もう一つは、エアコンプレッサーを使う方法です。
メータのバルブを閉じて、蛇口から圧縮空気を送ることによって
容易に漏水音が大きくなり位置を特定しやすくする方法です。

3.修繕費用の35万円は高いと思いますが、いかがでしょうか?
 また、材質は20HIPVで適当なのでしょうか?
 調査費用は、漏水箇所が特定できなくても1回6千円との事です。
           ↓

修繕費用は詳細が分からないので判断できませんが、材料は20HIVPで十分です。腐食もしませんし衝撃にも十分な耐力があり、安価です。
調査料金はずいぶん安い金額と思われますがその業者は専門業者なのでしょうか?
どちらにお住まいかわかりませんが
[全国漏水調査協会]に加盟の専門会社に依頼することをお勧めします。

ちなみにPP管には1層管と2層管の二種類(配管の層が1層のものと2層のもの)があり、1層管は漏水が多発することから2層へ改良されたPP管が平成に入ってから使用されるようになりました。
もし1層管が使用されているようなら、漏水位置だけを修繕してもすぐ
また漏水が発生することを念頭に入れて修繕計画を立てた方が良いでしょう。
仮に、新築の際、1層管の不良を認識して施工していたとするなら
瑕疵が発生することになるので施工会社と話し合われた方が良いかもしれません。

尚、修繕が終わりましたら水道局へ水道料金減免の申請をしましょう。
埋設部分の漏水の場合、地方によって違いがありますが漏れによる損害を減額してくれます。[申請は修繕会社でしてくれますよ]

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
早速、全国漏水調査協会に連絡してみます。

それと、PP管の1層管と2層管は外観で識別できるのでしょうか?
2層管は外層が黒色、1層管は乳白色でしょうか?
ご存知でしたら教えてください。

宜しくお願いします。

お礼日時:2010/02/07 10:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水道管の交換

築30数年の家に住んでいます。今までにいろいろリフォ-ムをしてきましたが、水道管の一部が交換していないところがあり、今回壁の中を通っている水道管の交換を考えています。この水道管を変えるには壁や床を剥がさないと無理とリフォ-ムの会社に言われました。水道管の中のサビと亀裂を気にしているのですが、今までの水道管を封鎖し壁と床に取り付けの外付けにした場合、圧を考えたときに亀裂防止になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>水道管の中のサビと亀裂を気にしているのですが、
既設の埋設管が壁面や床でモルタルやコンクリ内部に埋設されていて、鉄管なら将来錆びによって、給水管がさびで膨れ上がりモルタルなどが爆裂する可能性はあります。

通常、埋設管の処置は、水抜き後、プラグで塞ぐかモルタルなどで塞ぐかします。
なので、すぐに腐食はしません。

既存埋設管が塩ビ管であれば腐食は起こりませんので心配はないです。


>今までの水道管を封鎖し壁と床に取り付けの外付けにした場合、圧を考えたときに亀裂防止になるのでしょうか?
意味がよくわかりません。

既設の埋設管は水抜きをして密閉しますので圧は大気圧以上はかかりません。

新設の配管も上水道の圧に耐えるものを使用しますので、ジョイント部分の施工ミスとか出なければ水漏れの心配は要らないです(凍結して破損するのは別)

Q水道業者の水道管接続で漏水が

台所の水道管が古くなりましたので、台所下の水道管を新しく引き直すことにしました。
業者仕事を近くで見ていたのですが、15ミリの鉄の水道管(中が青い被覆の感じの管)を接続していました。
白いテープのようなものを巻き、ドロドロしたペンキのようなものを塗り、レンチで締め付けていました。
しかし仕事が終わったというので、水を通したところ接続部から水漏れが始まり、翌日に修理をしましたが、又水漏れです。一体本当の接続方法ってどんな方法が正しいのでしょうか?。
次の業者もチェックしたいと思うので、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

今ひとつ、ハッキリとは判らないのですが
台所の下とは、どこからどこまで事でしょうか?

基本的に鉄管での水道接続は
接続先のネジになってる所に白いテープ(シールテープ)を巻き、そこに専用の糊をつけて
レンチで締めますが
(色は種類によって違うかも知れませんが鉄管の中身の皮膜は錆びない為の皮膜かと)
古い鉄管から新しい鉄管に接続の場合は
古い鉄管のネジが悪くてなっていて
何度か試しも漏れやすい場合があります
しかも、この接続方法は
水道器具に接続する場合に多く使われており
(水道の蛇口など)
水を通しても、すぐに漏れずに
2~3時間経ってから漏れてくる場合もあります

詳しい状況を見てないのでハッキリとは言えませんが
行程は正しいかと思います

私も多くの工事や修理をしてますが
水道工事は簡単そうで、意外と難しい事も多く
1回目で完全に直せる確率95%ぐらいです
条件が悪いと40%の時もあります
そんな場合は漏れが止まるまで
何度もやり直してます

Q築30年のアパートは水道管が塩ビニルではないのか?洗濯機のアースを繋ぐことができるか?

こんにちは。

築30年のアパートに洗濯機をもちこもうと思うのですが、アースがありません。水道管に巻こうかと思うのですが、最近は水道管の途中が塩ビらしいので、意味がないそうです。築30年のアパートの水道管は塩ビでしょうか?それとも金属?教えてください。

Aベストアンサー

水道管にアース、絶対にダメです。
理由はNo.3の方が書いています。

電気工事業者として30年以上の建築現場の経験から水道工事も熟知していますが・・・
30年前に広く採用されていた水道配管の方法は、壁立ち上げ配管は鉄管、地中部分はエンビ菅またはポリ菅です。
東京都は壁、地中すべてエンビ菅です。
最近は宅内ポリ菅、地中エンビ菅が多いです。
水道局によって違いがありますが、概ね上記の方法がとられています。
よって、水道管へのアースは意味のないことで、なによりも危険な行為です。
出費は痛いでしょうが、安心して使いたいのであれば専門の業者に依頼してください。

このカテゴリで何度も相談されていて、お気の毒で近くなら安くやってあげたいのですが・・・

Q水道管埋設の承諾料

お世話になります。

 田舎の住宅地なんですが、以前、私の住む家の周りは小さな林だったのですが、最近、分譲住宅3軒を建てるため、伐採が始まりました。先日、分譲業者さんが来て、新築する3軒の水道管を引くには、私の土地の一部を通らないと本管との接続が出来ないので、水道管の埋設及び埋設工事を行うことを承諾してほしいと言われました。承諾する分には特に問題はないのですが、若干でも承諾料や使用料が頂ければと考えております。先方へその旨ご返事したのですが、逆に金額を提示してほしいと言われました。何を目安にして金額を判断したらよいものかわからず、質問させていただきました。
 私の土地の広さは約200坪、周辺の土地の価格は坪20万~25万円程度だそうです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>承諾金という一時金(権利金)の形で頂くことも可能でしょうか。
それは契約に決まりがあるわけではありませんので可能です。

>この場合、金額設定の目安はどうしたらよいものでしょうか。
水道管も敷くし、通路としても使うということになると、事実上ご質問者は今後ずっとその敷地を自由に使えなくなるということを意味しますので、やはり借地に準じた考えで行うのでかまわないのではと思います。

で、具体的な金額の目安というのは結構難しくて、その付近での借地契約での毎月の借地料を目安に考えるしかありません。これはその地域のことをよく知っている不動産業者などにお聞きになるしかないのではと思います。

>金品を受け取ると逆にその通路の管理責任も発生してくる
これはその契約内容しだいです。
ただ、土地の場合には現況にて貸し出して、管理は借り手により行うというのは普通にある話です。土地の場合には一番多いのは更地が基本で、土地に対する造作をしても返還時には更地にするなどですね。なので土地を通路状態にしたり、その維持管理というのは基本的には借手というのが一般的です。

>市への譲渡ということも視野に入れているのですが、寄付でなければ無理
そうですね。更に言えば現状2mではおそらく寄付もできません。

最低4m幅にしなければならないと思われます。というのも公道は4m以上ないと公道として認定できないのですよ。これは道路法で決まっています。

ご質問の話では市道間を結ぶ形のようなので、4m幅にすれば寄付要件は満たしているとは思います(距離の短い袋小路だと寄付を拒否されることもあります)。とはいえ市によっては寄付者の費用で基準を満たす舗装や、道路の境界を確定させなければならないなどの場合もあります。つまり基本的には仕方ないから受け取るみたいな感じですね。
つまり無償どころか、通路を拡大して、更にお金も払って寄付を受け取ってもらうなんて話になることもあるのです。

ただもしそういうつもりがあるのであれば、まずは役所でその可能性について確認して、その際に自分で負担しなければならない費用があるのであれば、それも見積もって、先方に対して、公道にする費用負担を求めるなんてやり方も考えられます。
その際に地価の1割か何割かわかりませんけど、ご質問者側に経費以外に入る収入を見込むということも考えられますが。

>承諾金という一時金(権利金)の形で頂くことも可能でしょうか。
それは契約に決まりがあるわけではありませんので可能です。

>この場合、金額設定の目安はどうしたらよいものでしょうか。
水道管も敷くし、通路としても使うということになると、事実上ご質問者は今後ずっとその敷地を自由に使えなくなるということを意味しますので、やはり借地に準じた考えで行うのでかまわないのではと思います。

で、具体的な金額の目安というのは結構難しくて、その付近での借地契約での毎月の借地料を目安に考える...続きを読む

Q水道管の凍結。

水道管の凍結。
今日、フジテレビだったか(関東局)の夕方の天気予報で、明日にかけて寒気が強いので
「水道管の凍結に気をつけてください」とMessageを送っていました。
さて、「水道管の凍結に気をつける」と言うのは具体的には何をどうしたらいいのか?
と考えてしまいました。
実際、水道管なんて、どこにあるのか見たこともないですし、そもそも、シロートが
なにかしちゃってもいい物なのですか?
電気線じゃないからいいのでしょうか?

皆さんなら、「水道管の凍結に気をつけろ」と言われたら、なにをどうしますか?
夕方の放送ですから、それから何かを調達するのも難しいですし、あり合わせのモノで
なにが出来るのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 >「水道管の凍結に気をつけろ」と言われたら、なにをどうしますか?
 水道管の凍結の恐れのある地域では、配管にさまざまな対策が施されています。
 1.配管に配管をあたためる為(冷えない為)の電熱ヒーターが巻かれている。主に屋外の露出管に使われる事が多いが、極寒冷地では屋内に使っている場合もある。
 サーモスタットにより温度を感知して自動的に電源が入る(温かくなれば切れる)ので、冬になったらコンセントを挿しておけば良いだけ。
 2.水抜き栓(不凍栓)が設置されている。寒冷地では標準設備。栓を閉めて蛇口を開けると、蛇口~水抜き栓の配管内の水を抜く事が出来る。
 地下に水を出す為、屋外設置が基本だが、積雪地では屋内から操作出来る様になっていたりする。
 3.水を少し流して(流し続ける)おく。最近では1.2.が主流なのでやっている人は少ない。流動する水は凍りにくい性質を利用した物。
 便器の凍結対策としてごく一部に流動弁等として存在する。しかし対応温度に限界がある為、極寒冷地では無理。

 1.2.の様な設備が無いのなら3.の方法しかない。各器具(給湯器等)についても説明書どおりの対応が必要。万が一凍結した場合には配管が破裂する恐れがあるので、早急に修理を依頼する(凍った所が判れば、蛇口を開けておいて凍結箇所をお湯やドライヤーやストーブで温めてみる)。
 一般には0℃近くになるなら凍結対策が必要です。

 >「水道管の凍結に気をつけろ」と言われたら、なにをどうしますか?
 水道管の凍結の恐れのある地域では、配管にさまざまな対策が施されています。
 1.配管に配管をあたためる為(冷えない為)の電熱ヒーターが巻かれている。主に屋外の露出管に使われる事が多いが、極寒冷地では屋内に使っている場合もある。
 サーモスタットにより温度を感知して自動的に電源が入る(温かくなれば切れる)ので、冬になったらコンセントを挿しておけば良いだけ。
 2.水抜き栓(不凍栓)が設置されている。寒冷地では標準設備...続きを読む

Q漏水? 水道管の工事

水道局から漏水の可能性を指摘され(4000円程度→9000円の請求がきました)、紹介された業者に漏水調査をしてもらいました。4時間をかけて、結局、明確な漏水の箇所が分かりませんでした。
調査箇所・内容は、下記です。
・家中の水道やトイレなどの水周りを点検
・床下収納から、地下の状況を点検
・湿気のある箇所などの点検
・外にある水道(3箇所)←水道周辺の土を掘り返して、地中の調査、水漏れ音の確認。
・外にある水道(2階の止水栓?)
・庭を掘って、水道管の調査
以上のことを行いましたが、結局、明確には分かりませんでした。
ただ、コンクリートで固めた通路&階段の下を通る管が、破損している
のではないか?とのことでした。(地中の水道管をコンクリートと土の2付近で分断させ、パイロットが動くか試しました。)
これも、100%断定できるわけではなく、その可能性があるとのこと。

家は、急な坂の中腹にあり、長方形の土地に、8段程度の階段&通路があります。そのコンクリートの下を水道管が通っています。
ちょうど仕事を退職したこともあり、2ヶ月前に比較したら、倍以上の洗濯や掃除などをしていたので、水量が倍になったことも考えられます。またここのところの長雨などの影響で、漏水ではなく、湧き水などの可能性もあるのでは?っと思うのですが・・

結局、コンクリートを剥がして、水道管を補修する程の工事(500万円以上かかるらしい)は無理なので、水道管を25メートル程度、地上にむき出しにし、付け替えるしかないのではないかとのこと。料金は見積もり中ですが、この工事を行うべきか迷っています。アドバイス下さい。

水道局から漏水の可能性を指摘され(4000円程度→9000円の請求がきました)、紹介された業者に漏水調査をしてもらいました。4時間をかけて、結局、明確な漏水の箇所が分かりませんでした。
調査箇所・内容は、下記です。
・家中の水道やトイレなどの水周りを点検
・床下収納から、地下の状況を点検
・湿気のある箇所などの点検
・外にある水道(3箇所)←水道周辺の土を掘り返して、地中の調査、水漏れ音の確認。
・外にある水道(2階の止水栓?)
・庭を掘って、水道管の調査
以上のことを行いましたが、結...続きを読む

Aベストアンサー

水道会社に勤務している者です。

検針する方は前回との差が大きい時に親切心で教えてくれます。
で、水道は水道局に登録している業者しか工事などできないので登録業者を紹介してくれたんだと思いますが…。

まずその業者は点検する一番初めにすべての水廻りの蛇口(止水)をしめて、メーターが廻っているか確認したのでしょうか??

蛇口をしめているのにメーターが廻っていたら漏水です。
どこかで宅内か本管からの引き込み付近かで漏水しているのでしょう。
漏水している箇所が宅内なら自費ですが、道路上(私有地除く)だと水道局が負担して工事してくれます。

もう一度、違う業者に見てもらうのが良いかもと思います。
その際は水道局にて、始めに見てもらった業者と仲良くない(知り合いじゃない)業者を紹介してもらった方が良いと思います。

Q入り口の水道管について

水道管について、教えて下さい。新たに敷地内にガレージを作ろうとしています。車の出入りする、通路の下に、水道管が通っています。水道管の上を通る形のガレージになります。今の所、砂利を引く予定ですが、砂利面、土の面から、どの程度、下に水道管があれば、車が通っても大丈夫でしょうか?少し大きい車を所有しています。わかる方教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 #3です。

>U字溝を逆さまにかぶせて、埋めるのは、どうでしょうか?だいたい地面より、地面より15センチ下に、水道管は、通っています。U字溝の上を乗るような感じだと、弱いでしょうか?

 通常のU型側溝は車載荷重を見込んだ強度を持っていません。ある程度土被りがあるならともかく、15cm程度ではあまり期待できません。
 そもそも、通常の基準から云えば15cmという土被りはあり得ません。給水管の場合だと最低でも30cm以上とされています。これはどこの自治体でも同じはずです。

Q埋設上水道管からの離隔距離は?法的根拠は?

埋設工事において、付近に上水道管があります。
この場合、左右側、及び上下側に対し、どれだけ離さないといけないのか、それぞれの離隔距離を教えて下さい。
これは水道管の太さに左右されるものなのでしょうか?
そして、これは水道法?の何条によるものなのか、法的根拠も教えて下さい。

Aベストアンサー

管轄の水道局に行ってお聞き下さい。
細かな規定は法律ではなく水道局で指定しています。

Q水道管を隣人に使用されているようなのですが

以前使用していた水道管のことについて質問します。

約30年前に自宅を取壊した後、更地で駐車場として使用していた土地があるのですが、この度その土地に二世帯住宅を建築計画しています。

建築にあたって建築業者に水道管の調査をして頂いたところ、水道局から30年前自宅で使用していたはずの水道管がないという回答があり、「そんななずはない!!」とよくよく業者の方と話をしてみるとどうも隣の土地の所有者が使用しているようだとのことでした。

30年前自宅があった頃、水道を使用していたのは事実ですが、水道局の担当者が言うには、30年前のことで資料が残っていないの一点ばりで明確な回答が得られないようです。

このままの状態ですと水道管引込等で約80万位の経費が必要になる予定なのですが納得できません。
近いうちに直接水道局に出向いて調査をして事実確認と責任の所在を明確にしたいのですがどのような調査・対応をすればよいのでしょうか?
(水道管の所有権を水道局が把握していないことがあるのかどうか・水道管使用に際し許可制等があるのかどうか等)

Aベストアンサー

 水道の使用を中止し,将来的に使用される見込みのない水道管は,給水本管から分岐するところで切断します。使用されない分岐管を残しておきますと,たまり水となり,水質を低下させる原因となるためです。
 お話によりますと,30年間使用されていないわけですから,水道メーターボックスが残っていたとしても,その管は給水本管と繋がっていないと考えられます。
 水道引き込みに約80万円とのことですが,水道加入金(預り金)がその半分ぐらい占めていると思います。ですので,実際の引き込み工事代金は30~40万円といったところでしょう。
 全面道路のどこに給水本管が入っているか(敷地寄りか反対側か)によって工事費は変わってきます。
 
 それから,水道局が30年前の資料が残っていないと主張しているようですが,30年前の資料はなくとも,現在の水道管の図面は持っている筈です。どこに本管が入っていて,どこで分岐してどこへ供給しているか,道路内に埋めている水道管は把握していなければなりませんので,現状の図面を閲覧されてくれるよう要求されてはいかがでしょうか。

Q分譲マンションの水道管などの補修や漏水時の賠償について

この間中古物件としてマンションを購入しました。
台所の蛇口交換を業者に依頼した時に、冷水が出る側の水道管が鉄管で腐食していたのを
作業員の人が教えてくれてそれもその時に交換してもらいました。

これは数年おきにでも自分でパネルをあけてチェックすれば確認できる箇所です。
だけど、部屋の床下(?)を通ってる管なんかはマンションでは容易にチェックできませんよね。

今回の作業員の人に今回腐食してた部分が破裂したら階下は水びたしで
賠償が大変だったよ・・と言われたのですが
本当にそうだと思い、毎年年末の大掃除の時に
腐食してないか確認しようと思いました。

マンションでは毎月管理費と修繕積み立て費を払っていますが
見えない部分についてはマンションの管理会社の方で
計画的水道管のチェックや取替えはやってくれるんでしょうか?

また、個人では見れない部分が腐食して漏水や破裂した場合の
賠償責任はどうなるのでしょうか?
例えばうちの部屋が使用している管、でも個人で確認出来ない場所が
劣化して漏水や破裂し、他の部屋なんかに損害を与えた場合でも
私に賠償責任が生じるのでしょうか?

ちなみに今回の水道管ですが、
マンションの契約書には、数年に1度パネルをあけて
確認して下さいとか、破裂し他の部屋に損害を与えた場合は
賠償責任が生じますとか言う記載はありませんでした。(当たり前でしょうが。。)

こう言うトラブルに詳しい方がいらっしゃいましたら
宜しくお願いします。

この間中古物件としてマンションを購入しました。
台所の蛇口交換を業者に依頼した時に、冷水が出る側の水道管が鉄管で腐食していたのを
作業員の人が教えてくれてそれもその時に交換してもらいました。

これは数年おきにでも自分でパネルをあけてチェックすれば確認できる箇所です。
だけど、部屋の床下(?)を通ってる管なんかはマンションでは容易にチェックできませんよね。

今回の作業員の人に今回腐食してた部分が破裂したら階下は水びたしで
賠償が大変だったよ・・と言われたのですが
本当に...続きを読む

Aベストアンサー

マンションの怖いところはこれなんです。
私も購入してから、火災保険に入る際に一番気になったのが「水漏れ」の保障です。
その時に保険会社数社に何度も聞いて確認を取りました。

質問者さまは個人賠償責任の保険は加入されたでしょうか?
これは、契約者の過失により、水漏れを起こして階下の住人に損害を与えてしまった場合、その補修費を保障してくれるものです。
けれど個人賠償責任という名前の通り、契約者に「責任」がある場合にしか、保険はおりません。
つまり、洗濯機のホースが外れて水漏れを起こしたというような、本人の「過失」によるものならば保険が適用されます。
けれど配水管の経年劣化の場合は、過失ではないので、質問者さまの個人賠償責任保険では保険はおりません。
階下の方がご自身で「水濡れ」の保険(通常、火災保険に含まれる)をかけておられたら、そちらの保険で対応する事になるのですが、もし階下の方が無保険であったら、当然ですが加害者である、水漏れを起こした質問者さまが損害を弁償しなくてはなりません。

ちなみに経年劣化では保障されませんが、経年劣化を「知っていたのに放置していた」場合には、過失になるので、個人賠償責任の保険が降りる、というたいへん理不尽なことにもなりますが・・と保険会社の人は言っていました。
ただこれは実際本当に降りるのかわかりません。
私は当てにしていません。

例えば5階に住んでいて水漏れを起こし、4階にも3階にも2階にも水が漏れていってしまったら、たいへんな損害賠償を請求されますよね。
それを考えるとマンションなんてよくみんな買うな・・と思ったほどです。
配水管も専有部分であれば自分の持ち物なんですから、しかもいつかは必ず劣化して水漏れは起きると思います。

私は不安だったので、管理会社の担当者に相談して見ましたら、「水漏れの被害は個人で弁償するのはとうてい無理なので、うちのマンションでは組合費から保険に入ってます。専有部分からの水漏れでも、その保険でカバーします。」と言われました。ほっとしました。
また、どこから水漏れが起きているか(誰が加害者か)という調査はとてもたいへんで、調査費用が数百万円かかるのですが、その費用も保険から出ます。ということで、本当に安心しました。
加害者が特定できたらその調査費も加害者に請求が来るというマンションも多いと聞きます。
まずは管理会社にどのような保険に加入しているかを確認されるとよいと思います。

マンションの怖いところはこれなんです。
私も購入してから、火災保険に入る際に一番気になったのが「水漏れ」の保障です。
その時に保険会社数社に何度も聞いて確認を取りました。

質問者さまは個人賠償責任の保険は加入されたでしょうか?
これは、契約者の過失により、水漏れを起こして階下の住人に損害を与えてしまった場合、その補修費を保障してくれるものです。
けれど個人賠償責任という名前の通り、契約者に「責任」がある場合にしか、保険はおりません。
つまり、洗濯機のホースが外れて水漏れ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報