独立分詞の場合、主文が過去形の文章(~しながら~していたect)がほとんどなのですが、
未来形(~しながら~するつもり)の場合でも用いられることはありますか?
また、Withを文頭に持ってくる表現も可能ですか?

With my eyes shining , I will go there. [目を輝かせて、そこに行くよ]

どなたか、詳しい方お願いします。

A 回答 (1件)

 使えます。



 With を文頭に持って来る事も可能です

 例文は http://eow.alc.co.jp/with/UTF-8/?pg=69

 With Christmas approaching...の文など(修飾語は抜きました)にあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました^^

お礼日時:2010/02/18 12:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q文頭with の使い方 With this award-winning cast and the e

文頭with の使い方

With this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director, Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.

これらの受賞歴のあるキャストと、著名なクインシー•フェアバンクスを監督とした『サンティアゴ•サン』は紛れもなく今年の最優秀映画賞の候補となるでしょう。

上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
>また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。

with = having(分詞構文として) ですよ。次の 1)と2)をつないでいる機能語です。敢えて文法用語を使えば「付帯状況(同時を表す)」ですね。
1) Santiago Sun [ has ] this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director.
「Santiago Sun は、~を擁している。」
2) Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.
「Santiago Sun は、~となるでしょう。」

Having this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director, Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of year's best film.
** 素の形の"Having"を"With"に変えたということです。

withでなければならない理由は、「文+文」という長くなる形を「副詞句+文」という簡潔な形にしたいという理由ですね。
「文+文」をつなぐ接続詞としては、"as"を用いることが多いです。辞書には「~ながら」という訳語が与えられてますが、そのように訳せない場合の方が多いです。またダラダラと"and"でつなぐ場合もあります。
・Santiago Sun will ~ , [ as ] it has ・・・.
・[ As ] Santiago Sun has ・・・, it will ~.
・Santiago Sun has ・・・, [ and ] it will ~.

日本語としては色々な形に訳せますが、大切なのは、"with"が、2つの文を簡潔に1つの文に結びつける働きをもつということでしょう。

>上記の訳においてwithでなければならない理由。withだからこその強調される意味はなんなのか?
>また、いわゆる、どういう構文なのか教えて下さい。

with = having(分詞構文として) ですよ。次の 1)と2)をつないでいる機能語です。敢えて文法用語を使えば「付帯状況(同時を表す)」ですね。
1) Santiago Sun [ has ] this award-winning cast and the eminent Quincy Fairbanks as director.
「Santiago Sun は、~を擁している。」
2) Santiago Sun will unquestionably be a contender for the title of ye...続きを読む

Q否定の分詞構文、「主節, not S' V'ing~」の形

否定の分詞構文は、
「主節~,not V'ing~」
という形が基本だと思いますが、

「主節~,not S' V'ing~」という形はありえますか?

しかも、その「not」が「never」のときがありますか?

Aベストアンサー

 「主節~,not S' V'ing~」という形ですが、S'に着目すればあり得ます。主節の主語と従属節の主語が異なる場合となります(独立分詞構文)。また、「not」が「never」になるのもあり得ます。
 しかし、一番大切なことは否定語句の「not」,「never」は通常文頭に置かれるということです。よって、あまりない形ではないでしょうか? ただ、絶対にあり得ないか、と問われれば、「??」ですが・・・。

Q英語の過去形、過去分詞形が調べられる電子辞書

現在、カシオのXD-GF9800を使用しておりますが、過去形、過去分詞形が出てこなくて困っています。調べる方法を教えて下さい。

また、英語の過去形、過去分詞形が調べられる電子辞書をご存知でしたら教えて下さい。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

規則動詞だから出ていないのではないですか。
ほとんどの電子辞書で出ているはずです。
多くの辞書がジーニアス英和辞典になっていると思いますが,
普通,単語があって,発音記号があって,その後に過去形・過去分詞形が出ています。

give, go, come, make のような不規則動詞を調べてみてください。

Q過去形と過去分詞形って、どこが違うんですか?

過去形と過去分詞形って、どこが違うんですか?

Aベストアンサー

過去形は「〜した」という訳になります。基本的には主語の後に置きます。
過去分詞はbe動詞の後や名詞の前後にに置くことで「〜される」、「された」という訳になります。
また過去分詞はhaveやhadの後に置くことで現在完了や過去完了(教科書で見たことありますよね?)を作ることができます。
もし学校で英語の授業が現在完了よりも先に進んでいるなら「受験サプリ」という有料教材をおすすめします。安いので。

QThere is only one terrestrial planet with an AST b

There is only one terrestrial planet with an AST below zero.

below の意味は何ですか?また文の訳はどうなりますか?

Aベストアンサー

below ~は「~より下(の)、~未満(の)」
この zero は「0度」

below zero が AST にかかるとも、
with O C 的な付帯状況ともとれますが、

AST「平均表面気温」が0度未満の地球型惑星はたった一つしかない。
←~たった一つの地球型惑星がある。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報