本文:Webサイトのコンバージョン率アップの為には、SEO対策だけではなくランディングページ対策(LPO対策)が必須です。私は、アンリミテッドテクノロジーのLPO対策が優れていると思います。LPO対策を提供しているWebマーケティング会社が増えていますが、LPO対策を効果的なものにするために必要な要素は何でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

LPO対策で重要なのは、検索エンジンから訪れるユーザーの検索キーワードとランディングページの整合性だと思います。

ユーザーが検索するキーワードごとにランディングページのサイトの見出しに検索されたキーワードが大きく目立つようサイトに配置されている必要があります。ユーザーは自身が検索したキーワードと同じキーワードが検索結果から訪問したWebサイトにアクセスした瞬間に目に入れば、探していた目的のサイトだと認識するためにサイト滞在率が高まると同時、サイトからの直帰を防ぐことができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q確実なSEO対策ができる様、有料SEOサービスを使う事を考えてますが?

特売ブログを運営してますが、SEO対策が旨くいかず、無料でのアクセスアップ活動に限界を感じました。
その為にも、売上が上がる事を第一に考え、確実なSEO対策ができる様、有料SEOサービスを使う事を考えてます。
そこで、よく見かける「ホームページ売上ドットコム」
http://www.hpuriageup.com/
のサービスですが、サービスのボリュームの広い内容とリンクスタッフが実際にサービスを使って、アクセスが3倍になっとという感想読み、ちょっと魅了されました。
「ホームページ売上ドットコム」を始めとする有料SEOサービスを利用する上での、効果は、どの程度、期待できるのでしょうか?
「ホームページ売上ドットコム」は是非、利用して見たいと考えてます。

どうかご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
まず私は、企業のWeb媒体の運営や制作等のディレクターをしている者です。
質問者様のお話ですとSEOで上位表示されたいと言うことですが、SEOの
順位上げに関しては、単純に申し上げますと2つの要因がございます。

■2つの要因
内的要因は、サイトの作りです(metaタグの使い方など)
外的要因については、被リンク数です。

この2つの要因がSEOに対して与える影響は2(内的):8(外的)と
言われてます。
従いまして、内的要因については多少目をつぶり、外的要因の対策を
行った方が手っ取り早いと思います。
※内的要因について知りたい場合はリンクを貼っておきましたのでご
参照下さい。また、サイトを見てもあまり分からない場合は、ブログの
ように更新頻度を上げて、テキストを多く使用したサイトにすれば、そ
れほど、問題は無いと思います。

外的要因の対策としては、無料のリンク集を使ったり、SEO会社を通し
ても月間10万円程度で済みますので、リンク集の使用をおすすめします。

ただ注意事項として、どんなリンクでもOKというわけではなく、対象
サイトの内容にマッチしたリンクでないとスパム扱いをされることも
多いので注意が必要です。

某大手広告代理店では、この外部リンクを無茶苦茶に貼り付けた結果
Googleにスパム扱いをされ、関連サイトが一時検索できなくなりました。(去年5月くらいかな。)

またSEOと同様に効果のある広告手法として、Google・オーバチュアなどのSEMがあるます。

SEMはSEOと違い、完全なる広告ですので費用は発生します。

ただし、予算に応じた広告展開ができますし、いわゆるロングテール的
なKWを購入すれば損はしないでしょう。
ロングテールについて簡単に申し上げますと『地酒 福島 贈答品』
の様な形で、検索する人も少ない分、購入する確率の高いKWのことを
言います。



最後にSEOで売上3倍になるかどうかは分かりませんが、SEMの1位に
比べてSEOの1位は4倍のインプレッションがあるとSEO会社は良く言い
ます。
しかし、私の経験上そこまで高い伸びはないですね。せいぜい、1.5倍
です。

以上です。

参考URL:http://seosearch.biz/seotool.htm

はじめまして。
まず私は、企業のWeb媒体の運営や制作等のディレクターをしている者です。
質問者様のお話ですとSEOで上位表示されたいと言うことですが、SEOの
順位上げに関しては、単純に申し上げますと2つの要因がございます。

■2つの要因
内的要因は、サイトの作りです(metaタグの使い方など)
外的要因については、被リンク数です。

この2つの要因がSEOに対して与える影響は2(内的):8(外的)と
言われてます。
従いまして、内的要因については多少目をつぶり、外的要因の対策を
行った...続きを読む

QLPO対策はトップページには適用できないのですか?

会社のホームページ作成を専門業者に依頼しました。


3種類の分野の違う事業を行っておりますので
Google等の検索から当社トップページを訪れる人の検索ワード次第で
トップページのLPO窓の表示を適宜変えられたらいいのに、と考えていますが
技術的に可能でしょうか?


例えば、検索ワードに「携帯」が入っていれば携帯電話の販促POPが前面に出て
「不動産」が入っていれば不動産の販促POPがトップページの所定位置に出てくる、といった具合です。


現在ホームページ作成を依頼している業者さんは
「有料広告を打てばできるが、そうでなければ不可」との回答でした。

Aベストアンサー

Refererを取得して検索キーワードを抽出することは可能です。
但し、閲覧者がブラウザーの設定等でRefererを送信しないようにしている場合はできません。
また、Googleは今後検索に関する仕様の変更(SSL化等)でRefererが取得できなくなるとされていますので、その場合は検索キーワードを抽出できません。
Googleは仕様変更後、AdWords広告出稿者にはこれまで通り検索キーワードを取得できるようにすると言っているようです。

QアフィエイトプロバイダでのSEO対策

某上場アフィリエイトプロバイダでは、同社のアフィリエイト出稿に、下記のようなメリットがあります、と告知をしています。

--------------------------------------------------
 《 SEO対策 》
  →アフィリエイトサイトがSEO対策を行っている!
・アフィリエイターは報酬を得るために自分のサイトが上位検索表示される
 ように努力しています。よって優秀なアフィリエイターと提携をすることで、
 結果的に上位表示すべてのサイトに自社の商品が紹介されることになります。
--------------------------------------------------

アフィリエイトでの掲載が増えれば、結果として被リンクが増え、SEO対策になりますよ、といっているのだと思います。

しかし、掲載が増えても、一度アフィリエイトASPの測定用URLを経由してのリンクになります。
(たとえ複数サイトに掲載されても、リファラーには、アフィリエイトASPのキャンペーンURL1つしか残らない。)


この状態で検索ロボットに「被リンクが多い」と評価されるものなのでしょうか?

某上場アフィリエイトプロバイダでは、同社のアフィリエイト出稿に、下記のようなメリットがあります、と告知をしています。

--------------------------------------------------
 《 SEO対策 》
  →アフィリエイトサイトがSEO対策を行っている!
・アフィリエイターは報酬を得るために自分のサイトが上位検索表示される
 ように努力しています。よって優秀なアフィリエイターと提携をすることで、
 結果的に上位表示すべてのサイトに自社の商品が紹介されることになります。
------------------...続きを読む

Aベストアンサー

>  《 SEO対策 》
>   →アフィリエイトサイトがSEO対策を行っている!
> ・アフィリエイターは報酬を得るために自分のサイトが上位検索表
> 示されるように努力しています。よって優秀なアフィリエイターと提
> 携をすることで、結果的に上位表示すべてのサイトに自社の商品が
> 紹介されることになります。
を読ませていただきましたが、大変失礼だと思いますが、
> アフィリエイトでの掲載が増えれば、結果として被リンクが増え、
> SEO対策になりますよ、といっているのだと思います。
という内容には解釈できませんでした。

> →アフィリエイトサイトがSEO対策を行っている!
ここでの「アフィリエイトサイト」とは御社の広告を掲載しているサイトのことであり、そのサイト自体がSEO対策を行っているということです。
> よって優秀なアフィリエイターと提携をすることで、結果的に上位表
> 示すべてのサイトに自社の商品が紹介されることになります。
アフィリエイターの努力によって御社の広告を掲載しているサイト(あくまでも「アフィリエイトサイト」のことです)が上位に掲載され、その結果サーチエンジンの上位に表示されるサイトの全てで御社の商品が紹介されるという意味です。

アフィリエイトを導入すれば、御社のサイト自体のSEO対策になるという意味ではないです。

>  《 SEO対策 》
>   →アフィリエイトサイトがSEO対策を行っている!
> ・アフィリエイターは報酬を得るために自分のサイトが上位検索表
> 示されるように努力しています。よって優秀なアフィリエイターと提
> 携をすることで、結果的に上位表示すべてのサイトに自社の商品が
> 紹介されることになります。
を読ませていただきましたが、大変失礼だと思いますが、
> アフィリエイトでの掲載が増えれば、結果として被リンクが増え、
> SEO対策になりますよ、といっているのだと思います。
という内...続きを読む

QSEO対策

SEO対策として、1頁中のキーワードの全ワードに対する率が5%程度が最適、と言われていますが、例えば、全ワードが1000文字に対しての5%(50文字)と全ワードが100文字に対する5%(5文字)とでは、やはりキーワードの和が多い方が検索エンジンで、上位表示される可能性は高くなるのですか?

Aベストアンサー

5% ルールは、最近はあまり反映されない様です。
それより、リンクを設置する際、単語ではなく、
文章形式でリンクされた方がいいと思います。
質問とは、ちょっと的外れで申し訳ございませんが。

QSEO対策でリンク

自分のブログにSEO対策を施しているのですが、ちょっと疑問に思ったことがありましたのでお聞きします。

SEO対策の一貫で、私のブログに関連するサイトをリンクしていこうと思っているのですが、そのリンク先のサイトにグーグルが禁止しているキーワードが多く含まれている場合、アクセスアップにはつながらない、もしくは逆に支障が出たりするのでしょうか?

またアクセスアップにつながらない、もしくは支障が出るとした場合、リンク先のサイトの問題となるキーワードの出現率が何%以下くらいであればリンクしても悪影響はない、という基準などあるのでしょうか?

またSEOに関しては素人に近いものですから、もしかしてとんちんかんな内容になっているかもしれませんが、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

えっと、悪いサイトがどの程度悪いと…
みたいな定義は公になっていませんし、検証をする人もいません。
ですから、SEOの上級者でさえ、「危ないヤツとは付き合わない」というスタイルです。
決めるのはあなたです。

あと、リンクには”発リンク”と”被リンク”がありまして、sinogallopさんの質問は、あなたがリンクする”発リンク”ですね。
これはSEO対策効果があります。

もちろん、一番重要となるのは”被リンク”
あなたのサイトを、どれだけ優秀なページが紹介しているか?
といったような意味ですね。
ある意味、順位を上げるSEO対策の半分以上は”被リンク”となります。

上記、2つの対策とも、ページ同士のキーワード関連性が重要です。
それは、おわかりのようですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報