皆さんの使っている、長く使えるおすすめの鍋を教えて下さい。

圧力鍋、無水鍋、シャトルシェフ、十得鍋・・などなど。
(ルクルーゼは、おいしいとは聞きますが、重いのでパスです)
長所や短所。素材(アルミかステンレスか)や大きさ。
調理法別の違いなども合わせて教えて下さい。

希望としては、
・ちょっと高くても(1~2万円)、長く使える
・幅広い料理に使える
・ガス代をおさえたい
・手入れが簡単(かなりのずぼらです)
・おいしく食べたい


結婚して10年近くたちますが、恥ずかしながら現在持ってる鍋は
旦那が独身中に使っていた、アルミの両手鍋(カレー、豚汁などに)・片手鍋(ちょっとした煮物に)。
500円で買ったミルクパン(みそ汁)。
私の実家に眠っていた、寸胴鍋(おでんと煮豆)と浅型両手鍋(ほとんど使わず)。
新しい鍋を買って、台所でのテンションをあげたいのも理由の一つです。


圧力鍋を買いたくてずっと悩み続け買おうとしたのですが、調理や片づけが面倒そうだし、コトコト系の料理はあまり味がよくないようなので、気持は冷めつつあります。あと、一生モノなので高くてもいいというものの、部品交換の出費が。。

無水鍋は手入れも簡単そうで、お手頃だしと思いましたが、そこまで重宝されてないような書き込みが多く、今はシャトルシェフに気持ちが移りつつあります。

実際使われている皆さん、いかがでしょうか?

とにかく面倒くさがりなので、手入れが簡単に越したことはありません。
ゴシゴシ洗えて、収納面も。

それから、今使っているIH炊飯器の内釜のコーティングがボロボロで、これを機に炊飯も鍋に変えようかとも思っています。(タイマーの便利さに負けないか不安なとこですが・・)


旦那と、子供2人の4人家族です。一日1回、4合炊いています。
とりあえず、カレーサイズの鍋を一つ検討しています。
ご飯も鍋でいけそうだったら、また後日買いたすとして。

結局は、使う人の好みや性格、何に重きを置くかだと思いますが、色々検索して逆に分からなくなってきました。よきアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

#4です



私が愛用しているのは16cmのKBB-1600です。
一番小型のサイズですが、お味噌汁や肉じゃがなどではぴったりのサイズですね。
カレーもディナーカレーとかザ・カリーのような小箱サイズのだと、ちょうど作れる大きさです。
ただ、お子様が食べ盛りでしたらもっと大きなのがいいでしょう。
うちの場合は保温容器の置き場所の関係上この大きさが限界でしたが。

シャトルシェフの利点は、保温加熱中に具材が動かないので
味がよく染みているのに煮崩れしていない煮物が作れるところです。
ポトフなども、綺麗な透明なスープが取れますよ。
欠点は普通に火にかけるよりも調理に時間がかかるところでしょうか。
そのあたり逆算して調理をはじめないといけないですね。

あと、炊飯器ですが、予算に余裕があれば圧力IH炊飯器にすると世界が変わります。
やすい炊飯器にありがちな、べちゃっと感がまったくなく、ふんわりしゃきっとした美味しいご飯が炊けますよ。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

何度もていねいな回答ありがとうございます。

小型でも、結構な量がつくれますね。うちは子供、とゆうより旦那が食べ盛りなのでもうひとつ大きいタイプがいいかもしれません。
どうせなら大きいものをと思ったのですが、シャトルシェフは鍋いっぱいに作らないとすぐに冷めしまうというのを聞いて迷っていました。特大でなく普通サイズでよさそうですね。
参考にさせていただきます。

炊飯器は、うちは確かただのIHだったと思います。
圧力IHだと、買い替えもそこまで罪悪感がないかも。。
検討してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/13 15:07

一生ものという意味では、和食用に有次の雪平鍋一式。

洋食用にクリステル一式。一式というのは、こだわりで収納するときにスタッキングできて、場所をとらないからです。材質が厚いものが上質です。薄いものは逆に焦げやすいなどのデメリットもあります。あと取っ手が焦げないというのもチェックポイントです
    • good
    • 0

専門家紹介

「いつもの料理がまんねり。」おまかせください。個人のお客様には料理講座・お菓子講座という形で、法人のお客様にはレシピ開発やレシピコンサルティングという形で、お手伝いさせていただいています。特に料理専門のスタッフがいない場合でもお気軽に単品からご依頼いただけ、またレシピの文字のみご提供から試食会までのフォローができます。撮影用料理製作はもとより、料理コンテスト審査員などもしております。

詳しくはこちら

専門家

保温調理に興味があるなら自家製でもいいですよ。



ちょっと頑張るなら、段ボールの中に発泡スチロール、新聞紙を敷きつめて作ります。

簡単なものなら、大きめの風呂敷に新聞紙を何重か重ねたものを。

ある程度火を入れたなべ料理を包んで放置しておきます。

おでんやポトフ、カレーなどじんわりと熱が入ります。
http://www.h-greenfund.jp/eco_life/hoon_main.html
http://www.melon.or.jp/melon/Jversion/ecolife/04 …

もし、保温調理イイ!と思えばシャトルシェフなど買うなり
自分で作るものを改良して使いやすくしたりすればいいと思います。
とりあえずやってみるなら、身近なもので十分です。

あと、私はクリステルのステンレスなべを使っています。
シンプルで使いやすいです。
スターターキットです。
ビタクラフトやティファールでもいいと思います。
ルクルーゼは重くていや、収納性や手入れのことも考えると
ステンレスのシンプルなお鍋が合っていると思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

シャトルシェフに気持が傾きつつあるのですが、実は自家製の保温調理も気になってました。
ちょっと面倒くさいとも思ってたのですが、タダなのでシャトルシェフを買う前にやってみるといいかもしれませんね。

サイト、参考になりました。ありがとうございました。

とゆうことは、絶対に買い足さないとできないものは圧力鍋かな・・

お礼日時:2010/02/14 01:23

ビタクラフトの片手鍋を使っています。


20年近くになりますが、何回も落としたりしていますが、蓋にゆがみもなく使い心地もいいです。少量の煮物、ゆでものなどに使っています。
http://www.vitacraft.gr.jp/index.html

シャトルシェフ愛好家でもあります。
シャトルシェフは初期のころ?に買いました。
18年くらい使っています。
大きさが4.5リットルです。
大量のカレー、おでん、煮物を作るときには活躍します。今は、味噌汁を大量に作り、毎日具を足して、毎日味を調えています。朝、晩と味噌汁が必要なので、大量です。
具沢山スープの日もあります。自宅スープバーといったところでしょうか。コンソメ味、中華スープ味、トマト味と2日くらい続きますね。

他のおかずのために、少量のものもほしくなり、先日3リットルのものを買いました。
ご飯は炊きませんが、
豆、肉じゃが、かぼちゃ、いろいろと使っています。
うちは、ガスコンロの口が二つしかないので、ゆっくりじっくり火を通してもらえるのが助かります。
収納場所を考えて購入したはずなのですが、狭い台所に2つのシャトルシェフが出しっぱなしです。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

シャトルシェフもずいぶん長持ちするんですね。
参考になりました。

お礼日時:2010/02/14 01:15

シャトルシェフ愛用者です。



最初はおでんのようなコトコト長時間煮込む系の料理専用器具と思っていたのですが
今は肉じゃがや青魚の煮物のように煮詰める系の料理や
野菜たっぷりお味噌汁など色々使っています。

肉じゃがなどは、まず鍋に材料と煮汁を入れて強火にかけ沸騰したら保温容器へ、
しばらくしたら取り出して再び強火で煮汁を煮詰めたら完成です。
火加減とか普通に煮込んだときは煮詰まるまで見ていなければいけないという
面倒なことをしなくても味がよく染みた肉じゃがなどを作れるのが便利です。

お味噌汁もそうですが、材料と煮汁を入れて沸騰させて保温容器に入れたら
あとは放って置いていいのが気楽ですね。

ただ、これで炊飯はやめたほうがいいです。
美味しく炊けるのですが、鍋にご飯がこびりついて
食器洗浄機でも歯が立たず手洗いでもなかなか取れないです。
最近は炊飯器もいいのが出ていますし買い換えを検討されてはいかがでしょう?

この回答への補足

回答ありがとうございます。

シャトルシェフは一番興味があったのですが、カレーやおでんなど水がたっぷり入るものしかできないと思っていたので、煮詰める料理もできると分かり安心しました。

それから、炊飯もHPでは一応できそうだけどどうなのかなと。
大変参考になりました。

炊飯器は、本体は壊れてなく全く問題ないのですが、釜が・・・。
でも釜を部品として取り寄せると1万円程するようです。
確か本体は1万5千円位で買ったと思います。釜だけかえるか、買い替えるか、微妙なとこです。


シャトルシェフ愛用者とゆうことで、もう少しお尋ねしてもよろしいでしょうか?
fumeblancさんはどれくらいの大きさのをお持ちでしょうか?
私は、カレーを作れる位の大きさがほしいですが、みそ汁もできればつくりたいです。
カレーとみそ汁では全く大きさが違いますよね。
毎日のように使っていらっしゃいますか?

他にも場所をとるなど、長所や短所があれば教えてください。

補足日時:2010/02/12 23:10
    • good
    • 9

一般論的にいえば、ステンレス鍋ですね。

しっかりしているステンレスなべで、手鍋、大鍋を揃えておけば一生ものでしょう。

ほうろう鍋とアルミ鍋は、我が家では全廃しました。多分関係ないのかもしれませんが、あのアルツハイマーのアルミ説の際に、それに乗じて妻を説得して捨てました。

私が愛用している鍋は銅鍋です。料理には最適です。フランスのアルザス製の銅鍋が案外と安く売っています。良くレストランに飾ってある鍋です。大きさにもよりますが数千円レベルです。
しかし欠点は重い事と、手入れが大変な事です。普通は買っても飾り物で終わります。私専用の鍋で妻には触らせません。多分扱えないでしょう。その他にも玉子焼き器、丼ものを作る柄付きの鍋も銅鍋です。

圧力なべも私専用です。知人でも買ってはみたものの怖くて使えなかったという話を聞いた事がありました。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

銅は重いんですね。うちの寸胴鍋はアルミですが、それでも重いため出番は年に1、2回です。
手軽なアルミがいいと思いつつ、どうせ買うなら丈夫なもの・・ステンレス?と迷ってしまいます。
でもpara3gathiさんの回答を読んで、私の性格からするとやはり使い勝手が重視なのかなと認識しました。

ただ、うちにある鍋も使えないわけではないので、これらは今まで通り使うとして、今あるものではできない性能の鍋をとも考えます。圧力や無水など。。
台所に立つのが、ちょっとマンネリぎみなんですw

貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/12 22:46

ガス利用とのことで、IHに変えるつもりがないのであれば、炊飯は文化釜がおすすめです。

値段も安いです。
五合炊きのものでいいのではないでしょうか。

将来IHにする可能性があるのなら、炊飯には南部鉄器のご飯釜をおすすめします。
我が家でも使っていますが、難点は重いし場所をとるという欠点はあるものの美味しく炊けるので満足しています。内部ホーロータイプが使いやすいです。
及源鋳造( http://www.oigen.co.jp/gohangama.html )

IHだと、わりといいステンレスのお鍋をおすすめしますが、ガスならアルミ鍋が一番使いやすいです。
熱のとおりもはやいし、値段も安いです。
手入れもゴシゴシ洗えて、焦げても磨けばいいというお手軽さ。

業務用に使われているアルミのやっとこ鍋は取っ手がないので仕舞いやすさを考えるとお勧めできます。

やっとこ鍋で検索してみてください。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

結婚当初は鍋(一般的なガラス鍋)でご飯を炊いていたのですが、水の線がないことや、炊飯中そばを離れられない、タイマーがない、すぐ冷たくなるなどがネックで炊飯器にかえ、ストレスから解放された思い出があります。
鍋で炊くことを続けられるかちょっと不安です。
なので、何にでも使える鍋を買ってそれでご飯も炊ければなぁって感じです。

文化鍋はよさそうですね。安いし、お手入れも簡単そうで、長く使えそうです。
万一挫折しても、他に使えそう(炊飯用でしょうか?)
もしかしたら、実家の屋根裏に眠ってるかもしれません。

たくさん紹介していただきありがとうございました。
及源鋳造のサイトをみたら鍋で炊いたご飯が食べたくなりました。
続けられそうだったらまた参考にさせていただきます。

お礼日時:2010/02/12 22:25

 我が家では圧力鍋がない生活は考えられません。

まずガス代が節約できます。カレーも材料を切って鍋にほおり込んで、圧力がかかってまわりだしたら、弱火にして5分でできます。あと圧力が下がったあとに、カレー粉を入れれば出来上がりです。

 サバの味噌煮も7.8分で出来ます。肉じゃがなら、3分ですね。仕事をしてるんで時間は貴重ですから、非常に助かります。今は圧力鍋の料理の本なども出ているので、便利ですよ。後片付けは別に面倒ではありません。普通の鍋を洗うのが面倒な人は面倒かもしれませんが

 それと部品の交換なんてしてませんよ。ホームセンターに売っている安い圧力鍋で十分使えます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私も2カ月前は、圧力鍋が欲しくて欲しくて、買うならWMFの4.5Lってとこまで決めてたのですが、ふと熱が冷めてしまいました。
たかが鍋に2.5万円?!いやその価値はある、と思い直したり。。でもお蔵入りになったら、とか。
もし使いこなしてもパッキンを年に1回交換、そのパッキンは数千円。(本当に年1でかえる人は少ないと思いますが)結局維持費がかかると思い踏み切れませんでした。

いったん熱が冷めると欠点ばかり見えてきて・・
でも実際のところは自分で使ってみないと何とも言えませんね。

ホームセンターなどで安いものを試しに買ってみるのも一つの手ですね。
今度見てみます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/12 17:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカレー、シチュー等、ルー1箱分作るなら何Lの鍋?

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、やはり鍋が小さく入りきりません。
いつも途中で別の鍋に少し移すことになってしまいます。
少し食べて減ったら、また鍋に戻すという面倒なことになっています。

24cm 4.5L
26cm 5.3L
28cm 7L
30cm 7.5L

と容量があり、どのサイズを買えば、どんなときも大丈夫なのか迷っています。
大は小をかねますので、本当は大きなものを買いたいですが、
シンクが小さくて鍋を洗うのが大変なので、大きすぎず小さすぎず、
調理時に縁ギリギリより少し余裕がある大きさが欲しいです。
現在の状況で、3L入れた状態ですと縁まで1~1.5cmくらいしか余裕がなく、
かき混ぜるのが大変です。
縁から5cm前後の余裕が欲しいです。

7L~ですと、今の鍋の2倍なので大きすぎるような気もしますが、
入りきらない分を別の鍋に移したり、余裕を考えると
~5.3Lですと小さすぎてお金の無駄になってしまいそうな気もします。
どのサイズが妥当でしょうか?
値段はみんな変わらない程度なので決めかねています。
みなさんでしたらどのサイズにしますか?
アドバイスお願いします。

いつもカレーやシチュー、チャウダーは、大箱のルー1箱分作ります。
商品によりますが、10皿~12皿分でしょうか。
材料が半端に残るのが嫌なので、規定量よりも具大目に入れてしまいます。
たまねぎ1/2とかなら、1個入れてしまいます。
基本メニューにない野菜類、例えばきのこなんかも入れてしまいます。
この場合、どれくらいの鍋の容量があれば、十分なのでしょうか?

現在満水3.5L、かき混ぜられるぎりぎりの量だと3Lの鍋を使っていますが、
小さくて入りきりません。
肉じゃがやおでんなども作りますが、...続きを読む

Aベストアンサー

私は2.8リットルの鍋で、ルー半分です。
やはり野菜を多めに入れるので、ちょうどよいくらいです。
(たまねぎ半分とか言われても、残った半分はどうしてくれるんじゃ!と言いつつ、全部入れてしまうので)

ルー全部だと、6リットル(24cm)の鍋を使います。

6リットルの鍋でも、おでんのときは、はんぺんが膨れて蓋を押し上げられてしまいます。
入れすぎなのはわかってるんですけど、おでんだからいろいろと入れたくなっちゃって。

Qカレーやシチューを作る時はなぜホーロー鍋がいいのですか?

よくカレーやシチューを作る時はホーロー鍋がいいと聞きますがその理由が知りたいです。アルミやステンレスではダメなのですか?。

Aベストアンサー

>よくカレーやシチューを作る時は[X]がいいと聞きますがその理由が知りたいです。[Y]や[Z]ではダメなのですか?。
X,Y,Z=[アルミ|ホーロー|ステンレス|銅]
のどれでも任意に入れて、説明可能な程度のものです。
それぞれの鍋の比較大文字は長所、小文字は短所
[アルミ]
A) 熱伝導性がよく、焦げにくい。特に流動性の低いものには良い。
B) 表面が不動態(酸化アルミニウム)に覆われていて、腐食しにくい
C) 軽い
d) 強い酸やアルカリに侵される。
e) 空焚きなどの強熱で溶けることがある。
f) 焦げ付いたり色がついたとき取りにくい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[ステンレス]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
b) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。耐酸性の高いモリブデンを含むものもある。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[琺瑯(ホウロウ)]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
B) 腐食に極めて強い
c) 重たい
D) 酸に強い。アルカリには弱い。
e) 強熱に耐えられない
F) コゲや汚れが取りやすい
g) 急加熱、急冷、衝撃に極めて強い

[銅]
A) 熱伝導がよく、焦げない。
B) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[鉄]
A) 熱伝導が普通。
b) 錆びる
c) 重たい
d) 酸や塩に触れると錆びやすい
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

 カレー用にスープを作る時点では、ホーロー鍋が良いでしょう。しかし、ルーを入れたとたんに、熱伝導が低いことが災いしてコゲつきやすくなります。コゲ自体は取り除きやすいが、ルーはだめになります。特にカレーは調理後半日以上置いて再加熱すると良いといわれますが、再加熱はホーローでは焦げ付いてダメです。
 一旦ルーになったものは、アルミか銅が良いでしょう。また、小麦をいためてルーを作るときは銅か鉄のフライパンでしょう。

 このように、一概に言えるものではありません。ただ、その鍋を売るときには、その鍋の長所だけを並べ立てることもあるやも知れません。

>よくカレーやシチューを作る時は[X]がいいと聞きますがその理由が知りたいです。[Y]や[Z]ではダメなのですか?。
X,Y,Z=[アルミ|ホーロー|ステンレス|銅]
のどれでも任意に入れて、説明可能な程度のものです。
それぞれの鍋の比較大文字は長所、小文字は短所
[アルミ]
A) 熱伝導性がよく、焦げにくい。特に流動性の低いものには良い。
B) 表面が不動態(酸化アルミニウム)に覆われていて、腐食しにくい
C) 軽い
d) 強い酸やアルカリに侵される。
e) 空焚きなどの強熱で溶けることがある。
...続きを読む

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Q長く使えるフライパンやなべは?

近々、結婚して新居に引っ越す予定です。
そこで、フライパンや鍋は、値段が高くても長く使える物を購入したいのです。
(フライパン、鍋とも2つづつくらいは)

フライパンは鉄・ステンレス・アルミ等どれが良いのでしょう?
鍋はル・クルーゼが有名?ですよね?

大切に長く使える物を探しています。
皆さんの考えを教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

長く使うというのでしたらフライパンは鉄の厚いものを探して買うのかな?
プレスの鉄は空焚きすると多少はゆがみますがフライパンとして長く使えるのはこれしか無いでしょう。
鋳物は変形しないのと厚くて重たいのでステーキなどには向きます。
お肉を乗せた時に蓄熱した熱が残るので冷たくなってまた温度が上がるまで時間がっかりません。ただ重いので炒め物をするのには向きません。

ステンレスは焼き付けをおこしやすい特性です。

テフロン仕上げは空焚きをすると塗ってあるものが蒸発します。
塗料が塗ってあるのと同じだから安全性はと思ってしまいますが、寿命が短いと割り切れば一番使いやすいかもしれません。

鍋はアルミでハンドルもアルミのものは長く使えます。
柄がプラスチックのものは焦がしてしまったりするので金属のものが良いと思いますし無垢の金属のものを買うのでしたら厚い地のものが良いでしょう。
ただしアルミはアルツハイマーの原因ではないかと最近では言われるようになっています。

ルクルーゼは鉄にホーローが焼き付けてあるのでぶつけたりすると表面がかけてそこからさびたりしますので大事に道具を使う人向けでしょう。

どんな道具も使い方次第で寿命は違ってきます。
銅製のなべも使い方が悪くて還元処理のようなことをしなければならない修理に出す人もいるようですよ。

あとフライパンでも鍋でもないのですが鉄のプレスの北京鍋があると炒め物をしたりそのままスープを煮たりするのに便利ですよ。
寿命を長いですし、大きいと思うでしょうが30センチ以上の大きなものをお薦めします。さびさせて穴でも開かない限り一生ものでしょう。ただし柄も鉄のつつが付けてあるようなプロ仕様のものを買ってください。
そんなには高くないです。

長く使うというのでしたらフライパンは鉄の厚いものを探して買うのかな?
プレスの鉄は空焚きすると多少はゆがみますがフライパンとして長く使えるのはこれしか無いでしょう。
鋳物は変形しないのと厚くて重たいのでステーキなどには向きます。
お肉を乗せた時に蓄熱した熱が残るので冷たくなってまた温度が上がるまで時間がっかりません。ただ重いので炒め物をするのには向きません。

ステンレスは焼き付けをおこしやすい特性です。

テフロン仕上げは空焚きをすると塗ってあるものが蒸発します。
塗料...続きを読む

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Q身体にいい鍋

現在、主にアルミの鍋3種と、鉄のフライパンを使って料理をしています。
でも、有害物質の話などを聞き、健康に影響が出ない素材でできた鍋に買い替えようと思っています。
どんな鍋がよいのか教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのまま
排出されるから、問題ないそうです。
ついでですが、お鍋やアルミ缶から溶出するアルミよりも、一部の膨張剤に入っている
アルミのほうが量の点ではるかに問題だそうです。ヨーロッパでは、ワッフルをたくさん
食べる人はボケる確率が高いとか・・・
ついでですが、一時問題になった、鎮痛剤や胃薬のアルミは、現在はほとんどの薬から
除かれているので大丈夫だそうです。これは薬剤師さんに聞きました。

アルミ業界のHPには「アルツハイマーとの関連性は立証されていない」と書かれていましたが、
安全性も立証されていないなら、使わないにこしたことありませんよね。

鉄のフライパンやお鍋は、鉄分が溶出するので、健康にいいんじゃないでしょうか。

ホーローははげない限り安全性が高いそうです。
陶器は、かなり低い温度で焼いたお皿などは、釉薬の鉛分が溶けるそうですが、
土鍋は耐熱性を高めるため高温で焼いてあるので、問題ないそうです。
また、陶磁器の土はアルミナ(酸化アルミニウム)が主体ですが、高温で焼成するので
溶出しないとのことです(二つ目のURL)。

有害物質とは別の話ですが、全面強化ガラスの蓋やお皿は、ちょっとでも欠けたら捨てたほうが
いいみたいですね。非常に丈夫なかわり、小さな傷ができるとそれが突然大きくなって、
粉々になる事故もあるそうです(3つ目のURL)。

・・・まとまりなく長々と書いてしまいました。
ちなみに、我が家では現在のところ、ステンレスとテフロン加工の鍋とフライパン・土鍋・
鉄の中華鍋・超耐熱磁器(冷凍庫からレンジへ直行可能)の両手鍋・・・を使っています。

http://www.inetmie.or.jp/~kasamie/alumi.html

http://www1.jca.apc.org/kyusyoku/syokki/data10.html

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/f_house.html

私もお鍋の安全性に関心をもち、いろいろ調べたことがあります。

下にアルミに関するURLを貼っておきます。
市販のお鍋は、アルミが溶出しないようアルマイト加工されていますが、タワシでこすると
取れてしまいますよね。
私は、アルミの表面をステンレス等で覆ったものを除き、すべて捨てました。
アルミにテフロンで加工したフライパンは使っています。テフロンがはげないうちに
買い替えれば問題がないと思います。
なお、テフロンは非常に安定な物質なので、剥がれたのを食べてしまってもそのま...続きを読む

Qカレーに適した鍋

今現在は、ノンスティックセラミック鍋を使っています。しかし、以前まだ新しい時にひどく腐食してしまい、買い換えたということがありました。今の鍋も少し腐食し始めています。原因はカレーではないかと思っています。翌日も食べるので、鍋のまま保存しますし…。

原因はさておいても、腐食した鍋は体に悪そうなので、鍋の種類自体を変えたいのです。カレーを保存しても腐食しない鍋を教えて下さい。

Aベストアンサー

今、使ってるのはホーローのおなべです。カレー用の寸胴と言う形のおなべですが、すごく丈夫です。

ちなみにお値段は1500円くらいでした。

参考にしてください^^

QビタクラフトとWMFの鍋、オススメは?

近々結婚することになり、両手鍋と片手鍋のセットを購入したいと思ってます。
探してみたところ、ビタクラフトとWMFの二択で悩んでおります。
下記、悩んでいるセットなのですがどちらがお勧めでしょうか?

・ビタクラフト
全面5層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手ナベ1.7L(17cm、深さ8.5cm)
- 両手ナベ4.0L(21cm、深さ11.5cm)
http://item.rakuten.co.jp/fresca/3410080-81

・WMF
底面3層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手鍋  1.5L (16cm、深さ13cm)
- 両手鍋(1) 2L (16cm、深さ15cm)
- 両手鍋(2) 2.5L(20cm、深さ15cm)
- 両手鍋(3) 5.4L(24cm、深さ18cm)
http://item.rakuten.co.jp/kai/018wf9344

見た目はどちらもオールステンレスで似ているのですが、全面5層構造と
底面3層構造では調理の際に大きな違いがありますか?
WMFのセットの方に惹かれているのですが、層による違いが大きいなら
ビタクラフトにしようと思ってます。

両社ともステンレスのフライパンが付いたセットもあり、その方がお得なので本当なら
そちらを購入したいところですが・・・お料理初心者なので、うまく使いこなせるか不安です。
なのでフライパンだけはフッ素樹脂のものを別に購入しようかと思ってます。
(それともステンレスのフライパンでも調理は難しくないでしょうか?)
圧力鍋は持っています。

いろいろと質問してしまいましたが、アドバイス頂けたらと思います。
宜しくお願い致します。

近々結婚することになり、両手鍋と片手鍋のセットを購入したいと思ってます。
探してみたところ、ビタクラフトとWMFの二択で悩んでおります。
下記、悩んでいるセットなのですがどちらがお勧めでしょうか?

・ビタクラフト
全面5層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手ナベ1.7L(17cm、深さ8.5cm)
- 両手ナベ4.0L(21cm、深さ11.5cm)
http://item.rakuten.co.jp/fresca/3410080-81

・WMF
底面3層構造のステンレス鍋のセット。
- 片手鍋  1.5L (16cm、深さ13cm)
- 両手鍋(1) 2L (16cm、深さ15cm)
- ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

この選択肢ならビタクラフトをオススメします。
ただ
両方持ってて使い比べてはじめて実感するだけで
一方しかなければ違いは実感できないわけですから、
惹かれているほうを買うのが一番だと思います。

気に入った道具を使うと調理に意欲が湧きます、私の場合。


まず
3層、5層にかかわらず
多層鋼は“底面”だけのものより“全面”のほうが熱効率いいです。
特にガスでなくIHクッキングヒーターをご利用ならば
どこのブランドのものでも全面多層鋼を選んだほうがいいと思います。

あと
蓋について、
ビタクラフトは蓋より鍋のフチのほうが径が大きいので
鍋が温まると、蓋がピタッと吸い付く感じになります。

WMFは鍋本体の重さに対して蓋が薄くて軽いです。
私が使い方を間違ってるのかもしれませんが・・・
沸騰すると蓋がカタカタいいだします。湯沸しには便利ですけど。
ビタクラフトに比べて出来上がりに差があるので煮込み料理や炊飯のときは使わなくなりました。


最後に
ステンレスのフライパンについてですが
ビタクラフトのメーカーサイトに記載されている通り、よく熱してから使えば焦げ付きません。
鍋のように煮炊きしたり、
空焚きのような使い方をしても安心なのでフッ素樹脂加工のものと使い分けています。

でも、
見た目はWMFのほうが好きです。
調理器具を扱ってる大型ショッピングセンターや百貨店など
ご自宅近くで実物を見られてからネットでご購入されたほうが後悔しなくていいかもしれません。
(同じブランドならシリーズが違っても大きな差はないと思うので)


ご参考になれば幸いです。

こんにちは

この選択肢ならビタクラフトをオススメします。
ただ
両方持ってて使い比べてはじめて実感するだけで
一方しかなければ違いは実感できないわけですから、
惹かれているほうを買うのが一番だと思います。

気に入った道具を使うと調理に意欲が湧きます、私の場合。


まず
3層、5層にかかわらず
多層鋼は“底面”だけのものより“全面”のほうが熱効率いいです。
特にガスでなくIHクッキングヒーターをご利用ならば
どこのブランドのものでも全面多層鋼を選んだほうがいいと思います。

あと
蓋につい...続きを読む

Q雪平鍋とは?

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひら)という人に由来することがわかりましたが、
雪平鍋っていうと、必ず独特の模様?がありますよね。(全面を打ち出したような、あの小さな凹みのことです。)
あれは何か意味があるのでしょうか。

ただの「小型の鍋」というのではなくて、「雪平鍋」じゃないといけない(あるいは雪平鍋らなしめている)何らかの理由、要素がありますか?

また、雪平鍋と名乗るための条件というのがあるのでしょうか?

変な質問かもしれませんが、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ感謝します^^

スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひ...続きを読む

Aベストアンサー

鍋の表面を打ち出し、強度を付けることで、アルミの欠点を補います。また打ち出すことが表面積すなわち加熱する面積を増加させ、熱の伝導性をさらに高めます。
ということだそうです。

http://www.kodawariyasan.com/nakao/yukihira.htm
http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/arumi-yukihira/furaipan349.html

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報