『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

なんでアメリカではアメフトはあんなに人気があるのですか?

四大スポーツでぶっちぎりの人気を誇っています。個人的にルールが複雑がそうに見えて、あの人気はなんでだろうと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 アメフトのルールが複雑に思えるのは、先入観に過ぎません。


たとえばラグビーのルールは理解できていますか? さらに言うと
野球のルールははるかに複雑で、予備知識のない人が野球を見たら、
いったい何をやっているのかさえ理解できないでしょう。

 だから、ルールと人気にはとくに関連はないと考えるべきです。
アメフト人気が高い理由はいろいろありますが、ひとつには米国
的な合理性( プラグマティズム )を体現していること、そして団
結( United )を象徴していることにあるでしょう。

 アメフトは他のスポーツにも増して、特定のスターに頼らない
チーム作りが必要です。チームの中には得点を自分で挙げることの
ないポジションもあります。そしてコーチによる戦術が重要です。
それらがすべて、米国的な価値観、プロテスタント的な価値観に
合致しているのです。

 また歴史的経緯もあります。1960年代まで、米国ナンバーワンの
スポーツは野球でした。だがテレビ中継がスポーツの主役になると、
プレーの合間に一息入れやすいアメフトの人気が高まってきました。
とくにスーパーボウルが始まった 1966 年シーズンあたりからそれが
顕著になってきます。

 そして大リーグは致命的な失策を犯します。1981年のストライキ
です。これが大リーグからのファン離れを加速し、NFLの人気が
決定的なものになるターニングポイントになりました。

 また、競技の特性上、週に1試合しかプレーできない点が、逆に
メリットになりました。米国では金曜が高校の試合、土曜が大学の
試合、日曜がプロの試合と棲み分けされています。つまり週末には
フットボールがプレーされるので「 Football Sunday 」などの言葉が
ごく一般的に使われるようになりました。

 米国では日本以上に週を重視しますから( なにせ週給の国ですし )、
週単位でシーズンが進むアメフトは、文化的にピッタリなんですね。
大都市のスタジアム周辺には「 No Parking on Football Weekend 」
と書かれた道路標識があります。これが彼らの文化なのです。

 なお、サッカーが米国に根付かないのもやはり、文化的な要因です。
試合中に適度な中断がないうえ、プレーの状況と関係なく時計が止ま
らないのは米国人には受け入れがたいです。

 またサッカーでは世界的にユースから育成しますが、米国は学校
スポーツが発展しており、プロスポーツ選手が大学を出ているのは
当たり前。しかも州の独立性が高い国なので、U-15 など年少の段階
から国の代表チームを決めることにも違和感があるというわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/26 22:23

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …

バスケットとアイスホッケーと、アメフトは攻守がいつでも切り替わるスリリングさをもっています。
その点、野球は攻めと守りがはっきり分かれてしまいつまらなくしています。
また、NBAは黒人の比率が大きく、オールスター戦の出場選手は9割は黒人です。
それに比べアメフトの花形で司令塔のクォーターバックは白人選手が占めています。私見ですがこれが一番人気に影響を与えているのではないかと思います。
黒人は肩が弱いのでQBになれないようです。
白人のクォーターバックが活躍するアメフトはアメリカ人を痛快にさせるのだと思います。

バスケットとアメフトはとても緻密なルールで、攻撃側の選択肢がいくつもあり、最後の最後まで逆転のチャンスが狙えるのが凄いです。
かなり細かいルールなので慣れないととっつきにくいですが、熱くなります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

野球は攻守の切り替えのスリリングはないですけどらバスケ同じ人気と聞きます、アイスホッケーはその下だと。
白人の方が人気があるのですね。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/26 22:29

私はアメリカのプロレスをよく見ているんですが‥


多くのアメリカ人って大きな人が好きなんですね。
ガタイの大きな選手が猛スピードで走って全力でぶつかり合う、
乱暴な言い方すると「ボール投げて捕って走る」というある意味単純なゲーム性がアメリカ人の気質に合ったのではないでしょうか。

また一説によると、10ヤード毎にじりじりと相手陣地に近づいていくというルールが、アメリカ人のフロンティアスピリッツを刺激するらしいです。
それを聞いたとき、「なるほどサッカーは相手側のコーナーから自陣にバックパスすることもしばしばあるから人気があまり出ないのか」などと勝手に納得しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

フロンティアスピリッツですか、ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/26 22:25

アメフトって単純化すると


オフェンスが4回、ボールを持って突撃するのを
10ヤード以内に抑えられるかどうか
を繰り返すだけなので
見ているだけならそんなに難しくないのですよ

で、競技としての人気は
アメリカ人の特徴として
オフェンス、ディフェンスがはっきりしている
画面上、動きがない時間がない(ラグビーで言うラック、サッカーのバックパスなど)
NFLでのそれはテレビ上CMタイムですし
格闘技に似た単純な力勝負
これ、単純に
でかい人がボールもってオリンピック並みに走るのを
体当たりして止める
単純にそういうのが面白いのです

興行面での人気は
年間16試合+プレイオフ最大4試合しかない
MLBなんかは年間164試合+プレイオフ20数試合だから
それだけ希少価値がある
前記の試合形態でもあるけど
適度に試合がとまるのでテレビセールスしやすい
たとえば前半・後半での2ミニッツウォーニング
攻守交替でのタイムアウト
チームタイムアウト
CMタイムアウト(CMの尺にあわせてタイムアウトが延長します)
こんなことで、テレビで頻繁に放送しているとなると
これでも一定の人気が出ます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

人気がでる仕組みになっているのですね、ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/26 22:21

こんにちは


まだ回答がないようなので全くの私見ですが^^;

まず質問者様の"ルールが複雑"とありますが実際に見てみると
そうでもないんです 要は陣取り合戦です^^

人気の点ですがアメリカではNFL(プロ と同じくらい大学(カレッジ 
のフットボールが人気です。
地元のオラが街のスターを応援するわけです。
それの延長にNFLがくると思われます。
したがってプロとカレッジの人事交流も盛んです。

またNFLは機構として各チームの戦力の平均化に積極的です。
どのかの国の野球のように~連覇なんてまずムリな話
まれに連覇できるといった程度です。
その為毎年違うチームが強豪となって楽しませてくれます。
ドラフトにウェーバー制を導入していること
サラリーキャップの導入、加えてFA制度が充実していること等
いくつかの要因があります。

次にNFLはファン獲得にも積極的です。
以前は"男"のスポーツと見られていたフットボールを
女性に広げること、また機会があれば実際の選手と子供たちを
触れさせる機会を多く持たせています。

もちろん選手の個々の能力が際立っているということもありますが
NFL機構自体のイニシアティブが強く、また何事にも積極的なのが
人気の底上げにつながっていると思います。
どこかの国の野球と比べると根本から違う事がわかると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

複雑ではないんですね……

平等性や積極性があるから人気が凄いのですね(^^)/

ただ平等性はどこかの国の野球より欧州サッカーのリーグ戦の方がもっとエグいですよ笑

格差が凄いことになってます……笑
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/14 09:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなんで日本ではアメフトよりラグビーの方が人気があるの?

失礼極まりない言葉を出しますが、質問するには欠かせない要素なので許してくださいね。

スポーツニュースを見ているとラグビーのニュースとかは見るんですが、アメフトのニュースはあまり見ません。
どうしてでしょうか?アメフトは結構おしゃれなスポーツなのに対して、ラグビーは『男!』って感じのスポーツじゃないですか。それなのにラグビーって人気がありますよね。アメフトは歴史が浅いと言われてますが、サッカーも浅いですよね?どうしてアメフトは人気が出ないのでしょうか?
何か心当たりがある方教えてください。お願いします!

Aベストアンサー

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFLになっています。
その時のとりまとめ役をしたのがピート・ロゼールです。
ロゼールはNFLを反映すべくその手腕を発揮します。
その一つがテレビ放映権の一括管理です。
そして、ABC放送とマンデイ・ナイト・フットボールの契約を成立させて、
テレビの力をバックにその人気を高めていったのです。
当時、アメリカにはテレビが一家に一台以上の時代になり、
日曜日に家族で楽しむスポーツ番組として定着して、今に至ります。
コレに比べて、野球は一元管理などの経営戦略を統一することが、
既得権益のために上手く出来ずに
フットボールにアメリカ人気ナンバーワンスポーツの座を明け渡すことになります。
こう見てみると、日本ではフットボールがアメリカで人気が上昇したときには、
まだまだ野球全盛の時代で、テレビで見るスポーツで人気があったのは、
野球の他にはプロレス、相撲、ボクシングだったのです。
そして、まだまだテレビは高級品の時代で、
テレビのチャンネルや放送時間の関係で、
番組数も限られていたため、
アメリカンフットボールの人気のための土台を作る環境になかったことが、
今の低人気に繋がっていると考えられます。


・ダウンシステムが理解しにくい

ファーストダウンについて、
至極簡単に説明して5分くらいで理解させることが出来れば、
フットボールの人気は格段に上がると思われますが、
なにせ、コレを理解させることが難しいです。
私はもう15年ほどフットボールをテレビで楽しんでいますが、
これを理解させるのは非常に難しいです。

10ヤード進めば新しい4個のダウンがもらえる
4回目に10ヤードを獲得できそうになければ、パントする
ただし、勝負に出てギャンブルもある。


これだけのことですが、実際、
これを簡単に確実に全く知らない人に理解させることが出来ない限り、
この先も日本でのフットボール人気を高めることは難しいと思います。


・かぶり物はダメ?

テレビの世界ではこういう定説があるそうです。
モータースポーツ、アイスホッケー、アメリカンフットボールのことをさすそうです。
モータースポーツもF1があるのでは?と思われるかもしれませんが、
最近はセナがいなくなったせいで視聴率も低下気味です。
かぶり物とはフルフェイスヘルメットのことを指します。
フルフェイスヘルメットをかぶるスポーツで、視聴率を取れる物は日本にはない、
と言う意味らしいです。
アメリカの四大スポーツの中で、
確かにアイスホッケーとフットボールは日本では人気がありません。
両方共に、スピード感にあふれ面白いと思うのですが・・・
モータースポーツもF1は別格として、
他のカテゴリーはほとんど在来のテレビ電波では放送されていません。
これは選手の顔の表情がよく見えないからだと云われていますが、
その辺のことは定かではありません。


以上・・・・参考になったでしょうか?

アメリカンフットボールは何故人気がないのか
という論点に絞って回答します。

・歴史が浅い

コレは日本の歴史のことではありません。
アメリカでも、フットボールがこれほど絶大な人気を集め始めたのは、
ここ30年くらいの話です。
もう亡くなりましたが、
ピート・ロゼールという人物が1960年代に今のNFLの形を作り上げました。
それまではAFLとNFLというふたつのリーグが存在し、
選手などを取り合っていたのですが、それが不毛な争いだということに気づき、
二つのリーグが合併して現在のNFL...続きを読む

QNFLのシーズンが短い理由

NFLはアメリカで人気が高いのに、どうしてシーズンが5ヶ月程度しかないのですか?

残暑の9月から、真冬の翌2月にかけて開催するのですから、厳しい暑さ・寒さの中でも試合をするのは可能だと思いますが。

年に16試合しか戦えないほど、選手の体力が少ないとも考えにくいです。

Aベストアンサー

古くはNFLはMLBと球場をシェアしていたので、野球が一段落する秋からシーズンが始まり(初期は野球と併用)、ほぼ週一開催で年来までにレギュラーシーズンを終了、ポストシーズンを新年に行うというフォーマットで、これが慣習(現在は1月1週までレギュラーを拡大)となっています。
それでも、NFLとAFLが合併した頃(スーパーボウル1桁回の頃)はレギュラーシーズン12-14試合でしたから、それにくらべれば大幅に増えています。
まあ、スーパーボウルに尻が押さえられ、頭が夏に押さえられた結果と言えなくもないです。

もう一つ、カレッジのスケジュールがレギュラーシーズンを新学期に合わせており(9月は夏休み)、レギュラーシーズン10試合前後で、正月はボウルゲームというアメフトのオリジナルなフォーマットも関連しています。

アメフトは故障の多いスポーツでシーズンが深まると故障者リスト入りする選手が加速度的に増えますから、シーズンを長くする場合、ロースター登録選手を増やすなどの対応が必要かと思います。


人気Q&Aランキング