「J.S.バッハ チェンバロ協奏曲集第2集(CD)」(カール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管弦楽団 アルヒーフレーベル)に録音されているBWV1060(2台のためのチェンバロ協奏曲第1番)と「J.S.バッハ チェンバロ協奏曲集第3集(CD)」(カール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管弦楽団 アルヒーフレーベル)に録音されているBWV1060とどう異なるのでしょうか。
 CDに同封されている解説書によると前者が1970年代の録音、後者が1960年代の録音となっています。
 しかし、実際聴き比べてみると、両者は同一の録音と思えるのですが。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

BWV1060のリヒターによるアルヒーフへの録音は確かに2種類存在します。

1960年代の録音は、BWV1060を基にした復元協奏曲と、2つのヴァイオリンのための協奏曲とのカップリングにてLPで発売されておりました。その後、リヒターはチェンバロ協奏曲全集を1970年頃に完成し、BWV1060も同全集の中で再録音しました。LPは両方ともかつて所持しておりましたが、当然のことながら、演奏時間等も含め両者は明らかに違う録音でした。その後、全集がCD化されたときはすぐに入手し、BWV1060の古いバージョンも収録されているとの表示があったので、凝ったCDだなあ、と感じ入っておりました。しかし、実際聞いてみると、貴殿のご指摘通り全く同一の録音のように思えます。演奏の雰囲気や楽器の音色、演奏時間などから判断して、全集用の新しい録音のほうがダブって収録されているようです(とすれば、CD製作者側のミスと考えられます)。LPはもう手元に残っていないので記憶でお話しするしかないのですが、古い録音バージョンはチェンバロの音色がより際立っていたように思います。いずれにしろ、オリジナルのカップリングで海外でCD化されていないか、調べてみようと考えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mindray 様
丁寧なご回答ありがとうございます。
2種の録音の演奏時間が明らかに違う(LP)、ということは、やはりCD製作者のミス、ということですね。
 ちなみに、言及された「二重協奏曲集」ですが、そのCDも販売され、私はそれを購入いたしました。ところが、そのCDのBWV1060についてのみ、なぜか、70年代の録音が収録されていました(復元協奏曲とヴァイオリン協奏曲と比べると、オーケストラの規模が違うのがわかります)。
 

お礼日時:2010/03/07 12:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミノウラのスマートフォンホルダーについて

ルイガノのLGS-TR2にミノウラのスマートフォンホルダーをつけたいと思っています。

iH-100-MとiH-100-Sがありハンドルの太さによるみたいですがTR2だと
どちらを選べばいいでしょうか?

Aベストアンサー

ハンドルに付けるなら、iH-100-Sは対応ハンドル径22~29mmで、LGS-TR2のような普通の自転車(クロスバイクと言うよりはママちゃり寄りですよね、この自転車)なら問題ないです。

ちなみにiH-100-Sはレバーで取り外しができるので、付けっぱなしにするのならiH-400-stdをお勧めします。

参考URL:http://www.minourausa.com/japan/holder-j/ih400-j.html

Q協奏曲に入るカデンツァについて教えて!

協奏曲に入るカデンツァについて。1曲に対して数種類のカデンツァが存在するのでしょうか、例えばモーツァルトのバイオリン協奏曲○○番のCDが3枚あるとして、3枚ともカデンツァが別です。ソリストの演奏というか技巧的に違いがあるのではなく、明らかに楽譜が違う感じです。これは、モーツァルトがもともといくつかのカデンツァを作ったということなのですか、それともあとから誰かが違うバージョンを作って、演奏者がどのカデンツァを弾くか選べるのですか。また、CDを買う時に、自分の好きな楽譜のカデンツァが欲しいのですが、買って聴いてみないと分からないことに困っています。

Aベストアンサー

カデンツァとは、曲の合間に入る即興的な独奏、またはごく限られたパートで演奏される部分のことを指します。

作曲者にもよりますが、楽譜にはある程度ベースとなるメロディが書かれていますが、奏者がアドリブでアレンジして演奏するため、奏者によってもちろん違いますし、同じ奏者でも演奏した時期などで大きく違うこともあります。

細かい部分までメロディや奏法を指定された曲もありますが、自由な曲だと、カデンツァの出だしや独奏の伴奏役となるパートの音の動きだけ記載して、独奏パートには"奏者が自由に"なんて書かれている曲もありますよ。

モーツァルトだと比較的きっちりメロディが書かれていることが多いため、CDによって別物ということは少ないと思いますが、作曲者自身が亡くなって久しい現代においては、大幅にアレンジして演奏されても文句が出なければ問題ないということになります。
とくに有名な奏者の場合は、その奏者の独自の解釈や奏法が支持されることも多いと思います。
ある程度忠実に演奏する場合でも、カデンツァは流れるような情緒的なメロディであることが多いので、例えばアルペジオで動くメロディで、音の増減があったり、トリルや装飾音の箇所でアレンジが見られることがあっても不自然ではありません。

ジャズなんかでも、その曲ごとにちゃんと楽譜があり、コード進行も決まっていますが、ライブ演奏時に演奏者達のノリや呼吸で即興的にソロ演奏が増えたり、曲の構成を変化させたり、メロディがアレンジされたりということが良くあります。
カデンツァはそれと似た部分があると思います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A1

自分の好きな楽譜のカデンツァというのが良くわからないのですが、クラシックの演奏はカデンツァに限らず、オケや指揮者、奏者によって、それぞれ雰囲気や演奏が異なります。
クラシックをよく聞く人はたいてい、有名な指揮者やオケの個性というか演奏の傾向を知っているので、名前で選ぶことが良くあります。
カデンツァ重視の場合は、お気に入りのソロ奏者で選ぶ、ということになるのですが、気になる場合は視聴してから購入すると良いと思います。
クラシックコーナーがちゃんとあるような、例えば新宿Flagsビルのタワレコのようなお店だと視聴が可能です。

もし、以前に聞いたことのあるカデンツァと同じ演奏のCDがほしい、ということであれば、その演奏のソロ奏者やオケ、指揮者などがわからないとちょっと難しいかも知れませんね。
モーツァルトの協奏曲だと古今東西、無数の演奏でCDがありますから。

カデンツァとは、曲の合間に入る即興的な独奏、またはごく限られたパートで演奏される部分のことを指します。

作曲者にもよりますが、楽譜にはある程度ベースとなるメロディが書かれていますが、奏者がアドリブでアレンジして演奏するため、奏者によってもちろん違いますし、同じ奏者でも演奏した時期などで大きく違うこともあります。

細かい部分までメロディや奏法を指定された曲もありますが、自由な曲だと、カデンツァの出だしや独奏の伴奏役となるパートの音の動きだけ記載して、独奏パートには"奏者が...続きを読む

Qカール・リヒターによるバッハのチェンバロ協奏曲BWV1060の録音について

「J.S.バッハ チェンバロ協奏曲集第2集(CD)」(カール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管弦楽団 アルヒーフレーベル)に録音されているBWV1060(2台のためのチェンバロ協奏曲第1番)と「J.S.バッハ チェンバロ協奏曲集第3集(CD)」(カール・リヒター/ミュンヘン・バッハ管弦楽団 アルヒーフレーベル)に録音されているBWV1060とどう異なるのでしょうか。
 CDに同封されている解説書によると前者が1970年代の録音、後者が1960年代の録音となっています。
 しかし、実際聴き比べてみると、両者は同一の録音と思えるのですが。
 

Aベストアンサー

BWV1060のリヒターによるアルヒーフへの録音は確かに2種類存在します。1960年代の録音は、BWV1060を基にした復元協奏曲と、2つのヴァイオリンのための協奏曲とのカップリングにてLPで発売されておりました。その後、リヒターはチェンバロ協奏曲全集を1970年頃に完成し、BWV1060も同全集の中で再録音しました。LPは両方ともかつて所持しておりましたが、当然のことながら、演奏時間等も含め両者は明らかに違う録音でした。その後、全集がCD化されたときはすぐに入手し、BWV1060の古いバージョンも収録されているとの表示があったので、凝ったCDだなあ、と感じ入っておりました。しかし、実際聞いてみると、貴殿のご指摘通り全く同一の録音のように思えます。演奏の雰囲気や楽器の音色、演奏時間などから判断して、全集用の新しい録音のほうがダブって収録されているようです(とすれば、CD製作者側のミスと考えられます)。LPはもう手元に残っていないので記憶でお話しするしかないのですが、古い録音バージョンはチェンバロの音色がより際立っていたように思います。いずれにしろ、オリジナルのカップリングで海外でCD化されていないか、調べてみようと考えております。

BWV1060のリヒターによるアルヒーフへの録音は確かに2種類存在します。1960年代の録音は、BWV1060を基にした復元協奏曲と、2つのヴァイオリンのための協奏曲とのカップリングにてLPで発売されておりました。その後、リヒターはチェンバロ協奏曲全集を1970年頃に完成し、BWV1060も同全集の中で再録音しました。LPは両方ともかつて所持しておりましたが、当然のことながら、演奏時間等も含め両者は明らかに違う録音でした。その後、全集がCD化されたときはすぐに入手し、BW...続きを読む

Qチャイコフスキーバイオリン協奏曲ニ長調作品35第二楽章の音源を探しています。オケではなく、ピアノ伴奏

チャイコフスキーバイオリン協奏曲ニ長調作品35第二楽章の音源を探しています。オケではなく、ピアノ伴奏のものがほしいです。YouTubeでもCDでも結構ですので、教えてください。

Aベストアンサー

CDはちょっと難しいですが、Youtubeならあります。

https://www.youtube.com/watch?v=tz7MzeOObNA

https://www.youtube.com/watch?v=9T52hlOnmPY

https://www.youtube.com/watch?v=2zyAUZuiqmQ

https://www.youtube.com/watch?v=D6J4vmcg57c

Q地震学のリヒターについて

リヒターについて詳しくわかるサイトはありませんでしょうか。いつ頃にどのような研究をして、どのような成果を上げてきたかと言うことがわかればと思います。
略歴でもかまいません。
また、書籍ならばあるという場合についても、ご案内を頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。カリフォルニア工科大学のチャールズ・F・リクター
(Richter, Charles Francis)教授ですね。
アメリカ人ですから本当は英語読みの「リクター」が正しいのです。

「リヒタースケール(the Richter scale)」とはこのリクター教授が考案した
地震の規模を測る尺度ですね。
日本のサイトではあまりよいところがなかったので、英語を頑張って読んでください。
http://poleshft.hp.infoseek.co.jp/zeta/info/tinfo09a.htm
http://www.enc.org/features/calendar/unit/0,1819,48,00.shtm
http://www.everything2.com/index.pl?node=Richter%20scale
http://inventors.about.com/library/inventors/bljohnmilne.htm

参考URL:http://www.enquirer.com/editions/2003/04/26/loc_ohiodate0426.html,http://www.wikipedia.org/wiki/Charles_Francis_Richter

こんばんは。カリフォルニア工科大学のチャールズ・F・リクター
(Richter, Charles Francis)教授ですね。
アメリカ人ですから本当は英語読みの「リクター」が正しいのです。

「リヒタースケール(the Richter scale)」とはこのリクター教授が考案した
地震の規模を測る尺度ですね。
日本のサイトではあまりよいところがなかったので、英語を頑張って読んでください。
http://poleshft.hp.infoseek.co.jp/zeta/info/tinfo09a.htm
http://www.enc.org/features/calendar/unit/0,1819,48,00.shtm
http://ww...続きを読む

Qバッハ・ヘンデルかつらの購入方法

とあるオペラの発表会に出演します。その際、伯爵の役を歌うので、衣装に凝ってみたいと思います(むろんアマチュアの発表会で、主役は女性なので男性は引き立て役に過ぎないのですが、生来のコスプレ・仮装好きなので…(^^ゞ)。
そこでご質問ですが、よくバッハやヘンデルが音楽室の肖像でかぶっているようなカツラを入手できるようなサイトをご存じありませんでしょうか?むろん、なんちゃって商品の安いものでいいです、ていうか真剣にそんなもの買っていったらかえって笑われるので(苦笑)、なんちゃって商品のほうが助かります。
どなたかご存じの方、お教えくださいませm(_ _)m。

Aベストアンサー

http://store.shopping.yahoo.co.jp/acomes/9588.html
こんな感じの物ですか?

Qゲルハルト リヒター

ゲルハルト リヒターの画集を何冊か借りてきました。
ATLAS、 100pictures, 何かのexhibition catalogueです。手元にフィレンツェと言うのもあります。

この人の作品は、どういう手法で作られたものなのでしょうか?
それともそういうことは公表していないのでしょうか?

最初に見たのはフィレンツェで、写真に上から絵の具をのせているのかとおもいました。

しかし次に、「BLUMEN」(花の写真のような絵)や「Lesende」(冊子に目をむけうつむき加減の女性の横顔)をみて、すべて筆で完成させたもののように思えました。完全に絵の具で描いた抽象画的なものもありますが、自分はこのあたりの作品のことが知りたいです。

洋書なので、読めないと言うのもありますが、評論中心で手法的なことについて書いてないような気もするので、質問しました。

手法もさることながら、画の内容に魅力を感じる作家さんです。

回答からお知恵を拝借させてください。

Aベストアンサー

手法について、おそらく…ですが。
完全に写真のように描いてから、
絵の具が乾かないうちに乾いた筆で表面をなでていると思われます。
ただ、絵の具の乾き加減はわかりません。
失敗したら大変だとは思いますが、
作家さんのこと、そこは考えてらっしゃるのでは?
フォトリアリズム(写真のように写実的に仕上げること)の
もっと先をゆく作品ですよね。
私も好きな作家さんです。

Qおすすめの弦楽器だけの協奏曲

今弦楽器だけでひける協奏曲を探しています。
過去にBrandeburg Cocertoを弾きました。
あんな感じの協奏曲はないでしょうか?
できれば5人程度の少人数でもできるものがいいのですが
あれば教えてください。
結構急いでます。

Aベストアンサー

 5人程度の人数で、ソリストとオーケストラの両方を、ということですか? ブランデンブルク協奏曲は、第3番ですか?
 協奏曲だと、ヴィヴァルディの「四季」などはいかがですか?

 ただ、5人という制約があるのなら、どちらかというと、協奏曲というより室内楽曲で探したほうが良いと思います。
 「協奏曲」にこだわる理由はあるのでしょうか。

 協奏曲でなくてもよければ、モーツァルトの弦楽五重奏曲、セレナーデやディヴェルティメントなどはいかがでしょうか。

モーツァルト/弦楽五重奏曲(2Vn、2Va、Vc)
  ・第1番 変ロ長調 K.174
  ・第2番 ハ短調 K.406(516b) (管楽セレナードK.388 (384b) の編曲)
  ・第3番 ハ長調 K.515
  ・第4番 ト短調 K.516
  ・第5番 ニ長調 K.593
  ・第6番 変ホ長調 K.614

モーツァルト/ディヴェルティメント K.136 ニ長調、 K.137変ロ長調、K.138ヘ長調:弦楽四重奏or弦楽四部合奏

モーツァルト/セレナーデNo.13 ト長調K.525 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

 その他、弦楽四重奏、弦楽五重奏、弦楽六重奏なら、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、チャイコフスキーなどにいろいろあります。

 5人程度の人数で、ソリストとオーケストラの両方を、ということですか? ブランデンブルク協奏曲は、第3番ですか?
 協奏曲だと、ヴィヴァルディの「四季」などはいかがですか?

 ただ、5人という制約があるのなら、どちらかというと、協奏曲というより室内楽曲で探したほうが良いと思います。
 「協奏曲」にこだわる理由はあるのでしょうか。

 協奏曲でなくてもよければ、モーツァルトの弦楽五重奏曲、セレナーデやディヴェルティメントなどはいかがでしょうか。

モーツァルト/弦楽五重奏曲(2Vn、2V...続きを読む

Qスマートフォン用のジョギング用ホルダーを

教えてください。

ジョギングしながら、音楽を聞きたいと思います。

できれば、楽天かアマゾンなど通販でなるべく安く買えるものがいいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご自由にお選びください。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3-509057/f.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.3

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3+%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=22072487289&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=14058896641537961508&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=e&hvdev=c&ref=pd_sl_3kxar8cs8y_e

ご自由にお選びください。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%AE%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%A9%E3%82%BD%E3%83%B3-509057/f.1-p.1-s.1-sf.0-st.A-v.3

http://www.amazon.co.jp/s/?ie=UTF8&keywords=%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3+%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0&tag=googhydr-22&index=aps&jp-ad-ap=0&hvadid=22072487289&hvpos=1t1&hv...続きを読む

Qピアノ曲の曲名とお勧めのピアノ協奏曲

こんにちは。
ピアノをやっている者ですが、次回の曲探しをしています。
フレーズは分かるのですが、曲名が思い出せない曲があるのですが、
「ソーソーソー・フーーレミー・ラーーシドシー・ソーーラシレドシラ・ソファーーソラドシラソ・ファミーファソラシドラ・ソーファー」
〔調は違うかもしれません。また、ミ、ラ、シにフラットが必要です。〕
このようなテーマの曲ご存知の方いらっしゃいますでしょうか。
または、フレーズから曲を探せるサイトなどご存知ではないでしょうか。

また、ピアノ協奏曲も探しているのですが、もともと手が小さいためオクターブなどが続く曲は向きません。
先生にはシューマンをお勧めされています。
本当はラフマニノフの2番がやりたいのですが、私の手には難しいと言われました。
このような状況を踏まえ、そんなに難易度が高くないけど、割と有名で曲としてもいいもののお勧めがあれば是非教えて下さい。

質問が多くなりましたが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

度々ここでも紹介されていますが次のような検索エンジンがあります。

http://iwamura.home.znet.com/kbdif/kbdif_j.html

それによれば次のように出ましたが・・・。

Composer: MOZART, Wolfgang Amadeus (1756-91)
Title: Concerto for Flute and Harp in C, K.299

手が小さいのならモーツァルト、頑張ってもベートーヴェンといった所でしょうか。どれもこれもむずかしいですが・・・。


人気Q&Aランキング