プロが教えるわが家の防犯対策術!

Linuxでのデフォルトゲートウェイの変更についての質問です。

設定の変更方法までは分かっております。

設定変更後の反映方法についての質問になります。

今回、"/etc/sysconfig/network" の"GATEWAY="を変更した後
ネットワークの再起動※をできない環境です。
※/etc/init.d/network restart

そこで、以下のような手順で問題ないのかと
ご存知の方がいらっしゃったら教えていただきたいを思います。

例)
デフォルトゲートウェイ
192.168.1.1(旧)⇒192.168.1.128(新)

1.デフォルトゲートウェイの変更
# vi /etc/sysconfig/network

編集
GATEWAY=192.168.1.1 ⇒GATEWAY=192.168.1.128


2.routeから旧デフォルトゲートウェイの削除
# route del default 192.168.1.1


3.routeへ新デフォルトゲートウェイの追加
# route add default 192.168.1.128


1.で恒久的にデフォルトゲートウェイの変更
2.3.で現在のデフォルトゲートウェイの変更

なので、次回から再起動しても新デフォルトゲートウェイが
設定されているのではないかと考えております。

なにか問題などございましたら
教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)


もう1つ言っておきます。

> ネットワークの再起動※をできない環境

運用上、再起動できない場合



の順番の方がいいですよ。
2でゲートウェイ宛ルートを削除すると
ルータ越え通信は途切れます。(同じセグメントは通信出来ますが)

なので
先に3を実行する方がいいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>運用上、再起動できない場合
>3
>2

運用上の考慮が抜けておりました
無事に変更ができました。

ありがとうございました

お礼日時:2010/02/17 00:13

> 2.routeから旧デフォルトゲートウェイの削除


> # route del default 192.168.1.1
>
> 3.routeへ新デフォルトゲートウェイの追加
> # route add default 192.168.1.128

これ合ってますか?
私の記憶では

# route del -net 0.0.0.0/0 gw 192.168.1.1
# route add -net 0.0.0.0/0 gw 192.168.1.128

です。
ネットワークアドレスはどの様な形体ですか?
も一つ環境が見えませんがネットワークアドレスが25以上だと無理ですよ。

/25の場合
192.168.1.0 ネットワークアドレス
192.168.1.127 ブロードキャストアドレス

です。
    • good
    • 1

一時的な変更は2,3で合ってます。



1ですが、設定ファイルの場所やどれが有効になるかは、同じLinux系でもOSによって異なります。
RedHat系OSでコマンドラインベースでの作業なら、system-config-network とか system-config-network-tui で、メニュー形式で変更が行えるはずです。

この回答への補足

さっそくのご回答ありがとうございます。

/etc/sysconfig/network で変更できることは確認しています。

今回の質問でお伺いしたかったポイントは

/etc/init.d/network restart

コマンドを発行しないで
デフォルトゲートウェイの設定変更を有効化する方法になります。

※質問の説明が下手ですみません。

>メニュー形式で変更
メニュー形式で変更できた場合、eth0などインターフェースの再起動が
かかると問題ある環境にございます。。

補足日時:2010/02/14 16:24
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q再起動のたびにデフォルトGWの設定が消える

Linux(CentOS)でrouteコマンドでデフォルトGWを設定した後、再起動するとその設定が消えています。
これを永続で残す方法を知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

/etc/sysconfig/network ファイルに以下のようにGWを追記したらOKだと思います。
</etc/sysconfig/networkサンプル>
NETWORKING=yes
HOSTNAME=xxxx <-ホスト名
GATEWAY=xx.xx.xx.xx <-GWのIPアドレス

Q仮想サーバのデフォルトゲートウェイ設定ができません

仮想サーバのLinuxでデフォルトゲートウェイの設定が無かったので、ルータのIPアドレスで設定しようとしたのですが、「ネットワークが届きません」というエラーが表示されました。
・実行コマンド
 「route add default gw 192.168.28.1」

なぜその様なエラーが出るのか原因が分かりません。
もし原因と対策をご存じの方は是非教えて下さい。
どうか宜しくお願いします。

【環境】
仮想サーバ:CentOS5.6(ホストOS:Windows7)
仮想ネットワーク:NAT
仮想サーバIPアドレス:固定

【設定】
「/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0」ファイル内容
-------------------------------------------------
DEVICE=eth0
BOOTPROTO=static
HWADDR=00:0C:29:2A:F1:54
TYPE=Ethernet
IPADDR=192.168.211.***
NETMASK=255.255.255.0
IPV6INIT=yes
IPV6_AUTOCONF=yes
ONBOOT=yes
#DHCP_HOSTNAME=localhost.localdomain
USERCTL=no
PEERDNS=no
GATEWAY=192.168.28.1
-------------------------------------------------

仮想サーバのLinuxでデフォルトゲートウェイの設定が無かったので、ルータのIPアドレスで設定しようとしたのですが、「ネットワークが届きません」というエラーが表示されました。
・実行コマンド
 「route add default gw 192.168.28.1」

なぜその様なエラーが出るのか原因が分かりません。
もし原因と対策をご存じの方は是非教えて下さい。
どうか宜しくお願いします。

【環境】
仮想サーバ:CentOS5.6(ホストOS:Windows7)
仮想ネットワーク:NAT
仮想サーバIPアドレス:固定

【設定】
「/etc/sysconfig/net...続きを読む

Aベストアンサー

>IPADDR=192.168.211.***
>NETMASK=255.255.255.0

であれば、ゲートウェイのアドレスも192.168.211.xxxではないですか?

デフォルトゲートウェイの設定ということですから、
192.168.211.0/24以外の宛先の場合に中継を依頼するIPアドレスを指定する必要があります。
# 勿論、それは192.168.211.0/24に無いとダメです。

中継を依頼するIPアドレスが192.168.211.0/24以外である「192.168.28.1」の場合、誰に中継を依頼したらいいんでしょ????

>【環境】
>仮想サーバ:CentOS5.6(ホストOS:Windows7)
>仮想ネットワーク:NAT
>仮想サーバIPアドレス:固定
なのですから、デフォルトゲートウェイはNATが動作している仮想ネットワーク。ということになります。
仮想OSからNAT動作している仮想NICに依頼、仮想NICはドライバを介してホストOSの実NICへ依頼、ホストOSの実NICは設定に従って次のルータに依頼…という形で流れていくことになります。

>IPADDR=192.168.211.***
>NETMASK=255.255.255.0

であれば、ゲートウェイのアドレスも192.168.211.xxxではないですか?

デフォルトゲートウェイの設定ということですから、
192.168.211.0/24以外の宛先の場合に中継を依頼するIPアドレスを指定する必要があります。
# 勿論、それは192.168.211.0/24に無いとダメです。

中継を依頼するIPアドレスが192.168.211.0/24以外である「192.168.28.1」の場合、誰に中継を依頼したらいいんでしょ????

>【環境】
>仮想サーバ:CentOS5.6(ホストOS:Windows7)
>仮想ネ...続きを読む

Q起動しているサービスを確認するコマンド

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示いただけますと幸いです。

起動しているサービスを確認するために以下の2つのコマンドを打ってみるのですが、結果(出て来るサービス名)が違います。
このコマンドの違いについてご教示いただけますでしょうか。

(1)service --status-all
(2)chkconfig --list

Aベストアンサー

(1)service --status-all

サービスの現在のステータスを調べるコマンド

(2)chkconfig --list

OSのブート時に自動起動するサービスを調べるコマンド

違いが出るのは、
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから起動したサービス
・ブート後に手動あるいは他のコマンドから、あるいはエラーで停止したサービス
・ブート後に実行はされるがすぐに停止して常駐しないサービス (ntpdate とか)

あるいは、(1)ではサービス名が表示されない物もあるので、どのサービスがどんなステータス出力をするのか知っておく必要もありますね。(service network statusとか)

Qレッドハットのバージョン確認方法

自分のサーバで使用しているREDHATのバージョン確認はどうすればいいのでしょうか?

more /etc/issue
とやっても英文しか出てきませんでした。

uname -all
でもカーネルのバージョンは出るのですが、REDHATのバージョンは出ませんでした。

Aベストアンサー

> more /etc/issue
> とやっても英文しか出てきませんでした。

その英文にはRedHatのバージョンは書いてなかったのですか?
書いていなかったとしたら、管理者により編集されている可能性
がありますね。

cat /etc/redhat-release

ではいかがでしょう?
やっぱり英文ですけど。

rpm -q redhat-release

でもいいかも

Qpingでポートの指定

pingでIPアドレスを指定して、通信できるかどうかというのは
よく使いますが、pingでポートを指定して応答するかどうかは調べられるのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含むICMP)ではできません。

FTPの疎通確認であれば、クライアントからサーバに対するTCP/21通信(FTP-CMD)が可能であること(サーバからクライアントへのTCP/21からの応答を含む)+サーバからクライアントに対するTCP/20通信(FTP-DATA)が可能であること(クライアントからサーバへのTCP/21からの応答を含む)が必要でしょう。

監視ソフトによるものであれば、
・クライアントからサーバへのログイン(TCP/21)
・クライアントからサーバへのlsの結果(TCP/20)
で確認すればよいでしょう。

pingを含むICMPというプロトコルは、OSIの7レイヤで言うところのL2(同一セグメント内通信)とL3(IPルーティングされた通信)の両方にまたがる、ちょっと珍しいプロトコルです。

IPアドレスは指定できますが、別サブネットに属するIPアドレスに到達できればL3通信、できなければゲートウェイと呼ばれる同一サブネットに属する中継装置からの回答を得るという点でL2(MAC通信ではなく、同一セグメント内通信という意味)通信です。

ポート番号はL4で使用されるアドレスですから、L4機能の疎通確認はping(を含む...続きを読む

QNTPで同期が始まらない

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntpq -pの結果は下記となります。

remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==============================================================================
133.100.9.2 .INIT. 16 u - 64 0 0.000 0.000 4000.00
130.69.251.23 .GPS. 1 u 27 64 377 8.015 -99970. 17262.6

同期ができれば「remote」列に「*」が表示されると思っています。
何か設定が足りないでしょうか?。
尚、「/vat/log/message」をtailしてますが特にエラーは無さそうです。

よろしくお願いします。

こんにちは。
度々すみません、NTPの設定をしましたがどうも同期が始まりません。

「ntpdate 130.69.251.23」と手動同期は成功します。
しかしntpデーモンを起動し1時間以上放置しても同期されません。
※外部タイムサーバー参照としてます

ntp.confは下記のとおりです。
---------------------------------------------------
server 133.100.9.2 # clock.nc.fukuoka-u.ac.jp
server 130.69.251.23
driftfile /var/lib/ntp/drift
---------------------------------------------------

でntp...続きを読む

Aベストアンサー

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハードウエアclockを合わせます。
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/hwclock.8.html

○ntpdの動作
ntpによる時刻調整は、調整幅が通常128mSと小さいので、1時間は様子をましょう。
2時間程度経過しても、時刻修正の兆候が見られない場合ハードウェアの不良も考えられます。

時刻調整の兆候としては、
・logファイルに 一時間毎に調整したメッセージが書かれる。
Jan 7 21:57:40 ntpd[91145]: offset 0.000994 sec freq -190.802 ppm error 0.000076 poll 8
・ntpq -p の出力の最初の桁に"*,+"が付く。また、reach が377になる。
% ntpq -np
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
+192.168.0.102 GPS_NMEA(0) 2 u 3 32 377 0.926 -0.330 0.023
*192.168.0.192 GPS_NMEA(1) 2 u 10 32 377 0.747 -0.336 0.023
192.168.0.9 PPS(1) 2 u 3 32 377 0.757 6.559 0.161


○その他
・PC起動時には、システムクロックを計測してその後の動作の基準にしていますが、
CMOSバッテリ不足やハードウェアに何らかの異常があるととんでもない時刻を示すことがあります。(要修理です)
・BIOSの時計も起動時の初期時刻として使われてしまうので、ある程度合わせておいた方がいいです。

#4のqaaqです。

○ntp.conf 関連
server 行に "iburst" を付けておきましょう。
server ntp.nict.jp iburst <--こんな感じになります。

ntp サーバ起動時の時刻調整の収束時間が早くなります。
http://www.jp.freebsd.org/cgi/mroff.cgi?subdir=man&lc=1&cmd=&man=ntp.conf&dir=jpman-5.4.0%2Fman&sect=0

○ntpdate での時刻調整
ntpdate -b -u [サーバ名] を複数回実行して、"offset の値が0.1以下"になるまで、強制的に時刻調整して下さい。

○ハードウエアclockの修正
hwclock -w コマンドでハ...続きを読む

Qポートの80と443

こちらのサービス(https://secure.logmein.com/)を利用すると、インターネットを見られるサーバーのポートの80と443が空いていればルータやファイアウォールに特段の設定なく外部からサーバーを操作できるそうですが、逆にサーバーのポートの80や443を空けることには何か危険性があるのでしょうか。

Aベストアンサー

ポート80は一般的なHTTP、ポート443はHTTPSです。
この2つのポートがあいていなければインターネット接続(WEBブラウジング)は出来ません。
ですから、ほとんどのファイアウォールでこのポートは開いています。(インターネット接続を制限している社内LANでは当然閉じていますが)

ちなみに、よく使うポートとしてはFTPで20、21、SMTP(送信メール)で25、受信メールPOP3で110あたりです。セキュリティポリシー上、この辺は制限される事も多いですが、HTTP 80、HTTPS(暗号化用)443は通常閉じません。


危険性?
WEBプロトコルを使ってFTP的なファイル転送(WebDAV)やVPN等も出来るようになっています。当然そこにはある種の危険はつきものですが、WEBブラウジングに伴う危険と大きく変わりません。ウィルス等に感染していればこの2つのポートだけでも相当危険でしょうね。

参考まで。

Qvmware上のゲストOSにpingが通らない

vmware上のゲストOSにpingが通らない

環境
?vmwareのゲストCentOS    ip 192.168.147.128 ゲートウェイ 192.168.147.1

?vmwareのホストwindowsxp ip 192.168.0.5 ゲートウェイ192.168.0.1

?ホストと同じセグメント上にあるMacosX ip 192.168.0.6 ゲートウェイ192.168.0.1

ゲストとホスト間ではpingが通るのですが、Macのパソコンからだとpingが通りません。
macでtracerouteコマンドを使うとLANのルータ(192.168.0.1)を通り、そのあとグローバルIP?(133.*.*.*)が2つくらい表示され結局ゲストまでたどり着きませんでした。
同じネットワークでないために、デフォルトゲートウェイに送り、そのまま外に出て行ってしまったのでしょうか?
こうなってしまう場合どうすれば、pingをゲストOSに通すことができるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.2の訂正です。
私の検証ではホストOSが192.168.0.0/24側(仮に1次側)に対してルーターの役割をしていないようです。
ゲストOSがNATの場合はホストOSが1次側からのアクセスをゲストOS側(仮に2次側)へ通過させませんのでルーティング情報を記述しても通信できません。(2次側から1次側への通信は可能)
従って、ゲストOSのネットワークアダプタはブリッジモードに設定しないと相互通信が出来ません。

Qpingが飛ばない原因が知りたい

いつもお世話になっております。

IPアドレスについての不具合です。

A端末にIPアドレスが設定されているのですが、
B端末、C端末からPINGをとばしたところ、LOSTしてしまいます。


A端末からはB,C端末へのPINGは返ってきています。
IP アドレスは 128.1.1.*(この部分が三台異なる)
サブネットマスク 三台同じ
デフォルトゲートウェイ 三台同じ

なにか考えられる原因はありますでしょうか。

Aベストアンサー

#3の方が言うように、128.1.1.*がグローバルアドレスなのが気になります。
自分では、グローバルアドレス=管理されているアドレス=自由に使ってはいけないという認識です。
昔、ケーブルテレビのインターネットで接続が2日程ダウンした事があり、復旧後に原因を聞いた所、「契約者の一人が使っていけないIPアドレスを設定した為」との事。
こちらとすれば2日接続が出来なかったので、「損害賠償モノだなぁ」と思ったり。

間違ってグローバルアドレスを使っているのであれば、プライベートアドレスの192.168.0.0~192.168.255.255(Cクラス)を使ってみてはどうでしょう?

QNTP の TCPポートは?

NTPは123/UDPでようは足りると思うのですが、
WELL KNOWN PORTとかいろいろな資料に「123/TCP」ポートが割当たってます。
ntpd,ntpdate等でNTPを使う場合、実際には123/TCPは使われているのでしょうか?

Aベストアンサー

RFC1305では「ntpには123/udpを割り当てる」となっていますが、RFC1700では「123 ntp」となっており、「123/udp」と明示されているわけではありません。
よって、「123/tcp ntp」が間違っている(または使えない)という明確な根拠にはなりません。

「現状では『123/tcp ntp』を実装するための定義が存在しない」程度に考えた方が良いと思います。

ただ、将来的にRFC2030のSNTPが(IPv6対応などの点で)主流になる可能性があるので、「123/tcp ntp」は定義されない可能性もあります。


人気Q&Aランキング