父が約1年半前に住んでる団地の階段から滑り落ち、中心性脊椎損傷で入院。右側麻痺になり、リハビリなどをしながらデイサービスなどに通っていましたが昨年の9月に亡くなりました。
負傷したときは69歳。年齢も年齢で廃用症候群にもなり筋力もかなり低下し、呼吸器なども弱く、死亡時は
肺炎でした。負傷した際、自治会で加入している損害保険で対応していただきましたが、その会社の対応が悪く、父が亡くなって2ヶ月過ぎる頃に後遺障害と死亡保険金の手続きをしてくださいと言って来ました。
本人が亡くなっているのに後遺障害って?主治医の先生にも、亡くなってから手続きするの?と言われました。それってありでしょうか?生前の負傷時から亡くなるまでの状態で認定を出すのでしょうか?
主治医の先生には書類を書いてもらいましたが、何級になるのでしょう?
また、死亡保険金のために父の原戸籍を集められるだけ集めたのですが、(父の出生まで)
全部で4箇所の役所から4作。これらには父、母、私、父の両親、父の兄弟姉妹も記載されています。
保険会社から連絡があり、法定相続人について話を聞きたいと言われました。
父が亡くなって相続の1位は母になりますが、母もすでに亡くなっており、子供は私のみ。
取り寄せた戸籍にもほかに子供がいる記載もなく、父の兄弟姉妹だけ。
父の兄弟姉妹も法定相続人となるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

たまたま貴方が後遺障害の補償に関する手続をしていなかった


内に、お父さんが死亡されたので、まとめて認定すると云う事で
しょうね。

1.事故から死亡までの期間を上限に後遺障害の認定とそれに
伴う後遺障害保険金の計算をする。
2.死亡による保険金計算をする。
3.上記1&2をまとめて遺族に支払う。

受取人は配偶者と子供ですが、配偶者(お母さん)もその後
死亡されているので、結果的に貴方のみが受取人となるはず
です。

なお、保険会社は相続人が貴方一人であることを確認するために
話を聞きたいと云っていると思いますが、これは保険会社と
して当然なことです。

他に相続人がいるのに、貴方一人に支払えば後で大問題になる
からです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

父が亡くなってからのことだったので、わからなかったことでしたが、
なるほど。ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/19 17:32

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q離婚した父が死亡した場合、父名義の自動車保険の扱いについて

離婚・別居した父が亡くなりました。
離婚時に自動車保険の名義を切り替えるのを忘れていたため、
現在使用している保険は、名義が父で使用者が私の名前となっています。
保険屋さんに相談したところ、割引率の継続は困難との事でした。
もうすぐ更新の時期なのですが、他の保険会社に移行するケースも含めて
割引率を維持する手段はないものでしょうか?
どなたかアドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

>保険契約者が父の名前
被保険者・車両所有者が私の名前という意味です。

これが事実なら、どこの保険会社でも全く問題はありません。
先に述べたとおり、等級の継承は「記名被保険者」によって
決まります。
証券の「記名被保険者」(会社によって賠償被保険者となって
いますが、どちらでも同じです)を再度確認し、
あなたの名前になっていればOKです。

同じ会社でも、他社へ変更してもどちらも可能です。

なお、契約者は次回更新時にお父さんから貴方に変更しましょう。
(記名被保険者はあなたのまま)

保険担当者とは代理店のことですよね?

代理店には勉強不足の人が多く、誤回答も多いですが、
こんな初歩的、基本的な質問にも正しく答えられないような
代理店なら、まず代理店の変更をお勧めします。

自動車保険は会社より代理店を選ぶことの方がはるかに
大切ですよ。
信頼できるプロ代理店で加入しましょう。

Q亡くなった父の車を相続人の友人が乗れる手続きの仕方を教えてください。

亡くなった父の車を相続人の友人が乗れる手続きの仕方を教えてください。

父が死去。
相続人は相談人を含む別居の子供が3人。
父が乗っていた軽自動車。(車検が一年以上あり、任意保険も9カ月も残っている)を
現在、車を持たない相談人の友人が乗れるように、手続きの仕方を教えてください。

車の名義、保険の名義とも父です。
亡くなったばかりで、正式な相続手続きはしていませんが、
もともと相談人の車を父に譲った背景もあり、相談人が相続予定の車です。

盆で集まったときに、他の相続も含めて手続き等を行う予定ですが、
車はすぐにでも使ってもらったほうがいいということになり、
友人に渡すことになりました。(他の相続人も全員合意です)
任意保険が家族限定でないことと、保険は車自体にかかっているので、このまま使用してもいいでしょう。と保険の方からいわれたため、すぐに車を渡そうとしたのですが、
「もし、事故を起こした時に相談人の迷惑になるから、、、」と、遠慮しています。

友人は、軽自動車に乗っていましたが、車検切れになってしまい、ここ数カ月、原動付自転車で通勤しています。乗っていた車は友人の母親名義で任意保険は友人が被保険者で加入しています。
保険の件だけクリアできれば、すぐにでも乗りたいということで、
手立てを探しています。

車の名義は父のままで、任意保険を友人のものにすることはできるでしょうか?

優先順位は、できるだけ早く処理できる方法で、友人の経済的負担が少ない方法です。

よろしくお願いいたします。

亡くなった父の車を相続人の友人が乗れる手続きの仕方を教えてください。

父が死去。
相続人は相談人を含む別居の子供が3人。
父が乗っていた軽自動車。(車検が一年以上あり、任意保険も9カ月も残っている)を
現在、車を持たない相談人の友人が乗れるように、手続きの仕方を教えてください。

車の名義、保険の名義とも父です。
亡くなったばかりで、正式な相続手続きはしていませんが、
もともと相談人の車を父に譲った背景もあり、相談人が相続予定の車です。

盆で集まったときに、他の相続も含めて手続き等...続きを読む

Aベストアンサー

亡くなられたお父様が所有していた車が、軽自動車なのか、普通自動車なのかによって手続きの仕方が違ってきますので予め了承していて下さい。

普通自動車の場合は、亡くなられた方の戸籍謄本・相続対象者の全員の印鑑証明・遺産分割協議書が必要となります。

軽自動車の場合は、印鑑証明や実印等が必要で無い為、新所有者の住民票と認印、旧所有者の認印だけで名義変更が可能ですので・・・お盆を待たずに直ぐ出来ると思います。

今回の場合は、相続対象の自動車を友人(第3者)に譲るとの事ですので、有償・無償に関わらず売買契約書を作成しておく必要があります。(個人譲渡ですのでメモ程度でもOK)


任意保険については、まずお父様の加入していた保険は同居の親族、もしくは別居の未婚の子に対して権利譲渡は出来ると思います。 
または、解約することをお勧めします。(月割りで保険会社から返金がありますから)

友人の方が加入している任意保険は車両入れ替えの手続きをしてもらって下さい。
直ぐに友人の方が車を使用する場合・・・売買契約書のコピーと車検書のコピーを友人の方が加入している保険会社に提出すれば可能なはずです。 (注:車検書のコピーの欄外に名義変更が遅れる理由を書いて署名捺印を忘れないように。)

念の為友人が加入している保険会社に確認してください。

亡くなられたお父様が所有していた車が、軽自動車なのか、普通自動車なのかによって手続きの仕方が違ってきますので予め了承していて下さい。

普通自動車の場合は、亡くなられた方の戸籍謄本・相続対象者の全員の印鑑証明・遺産分割協議書が必要となります。

軽自動車の場合は、印鑑証明や実印等が必要で無い為、新所有者の住民票と認印、旧所有者の認印だけで名義変更が可能ですので・・・お盆を待たずに直ぐ出来ると思います。

今回の場合は、相続対象の自動車を友人(第3者)に譲るとの事ですので、有償・無...続きを読む

Q父死亡による父名義の自動車保険継承について

父が他界し、父名義の車と自動車保険がありこの自動車保険の扱いで困っており質問いたしました。
父の車は私が譲り受ける(相続)予定なのですが、
父の保険は35歳未満不担保なうえ家族限定となっています。
大して私はまだ30歳、また父とも同居していないためそのまま保険の継承ができないようです。
父名義の保険を一度解約してほぼ同条件でもう一度自分でかけようとインターネットで新規に見積もると、20万円となりました。
対して父のは17等級なので12万円位。
この等級をどうにかして引き継げないものかと考えておりますが、なにかよい方法はありませんでしょうか?
とりあえず父と同居していた母に保険だけ継承させて、年齢条件等を変えてもらえば、問題ないのかなと考えているのですが、いかがでしょうか?

ご意見、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

#2です。こちらでは原則論しか書くことができません。そのあたりを理解したうえで…

厳密にいえば、車両所有者を質問者さんにする時点で、この契約は成り立たなくなります。少なくても継続手続きをとることはできません。保険のことだけを考えるのであれば、所有者はお母様にするべきです。

また住所変更についても書かれてありますが、それが実態のない変更であれば、問題ありです。悪質とみなされれば保険が使えないどころか「契約の取り消し」「保険会社のブラックリストいり」です。

ちなみに自動車保険の契約者は、運転免許の有無には縛られません。

Q交通事故/後遺障害と認められない後遺症について

バイクで走行中 巻き込まれ事故にあいました。
その際、肘を強く打ち(事故後手が動かなくなる位
にダメージを受けました)
見た目の悪い瘢痕は残りましたが傷の治療は終わりました。

しかし、幸い通常などでは痛みませんが
肘をつくと痛む症状が残ってしまったので
肘をつく行為を避けて生活しています。

主治医(整形外科)は瘢痕が形成される時に神経が
挟まった?と言ったこともありますが、断定には至らず
原因は特定できないようでした。

この症状が後遺障害に認定されないのは承知なのですが
事実痛みが残っているのに泣き寝入りのように
示談に応じるのも釈然としない思いです。

後遺障害に認定されない中途半端な痛みなのだから仕方ないとあきらめ
無かった事のように示談に応じるのが一般的なのでしょうか?

または、保険会社は、 この種の痛みは慰謝料に含まれている
という見解でしょうか。

皆様のご意見をお聞きできたらと思い質問いたしました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

治療する医院を間違ってまっせ!
>主治医(整形外科)は
整形外科はでんな「傷を治す・骨折を治す」の概念しかおまへんねん。
痛い!痛い!と訴えてもな「傷が無いから湿布貼っときなはれ!」になりま。
傷が無くて痛い場合は「東洋医学」に頼らんといけまへん。
早めに「整骨院」に行きなはれ!
治療時間は掛かりまっけど、痛みは取れまっせ!
>この種の痛みは慰謝料に含まれている
>という見解でしょうか。
あほなこと言うたらあきまへん!
痛いのを4,200円×通院日数で許すんでっか?
残りの人生、ず~~っと痛いままでっせ!
痛みが取れるまで保険屋に面倒見て貰わんとあきまへんがな。
納得するまで「東洋医学」で治療しなはれ!

Q後遺症遺失利益は後遺障害認定を受けなければもらえないのでしょうか?

お世話になります。
昨年、バイクで走行中、車にはねられました。10:0で加害者の落ち度となっています。
そこで質問ですが、女性の醜状痕は手のひら大ではないと後遺障害には認定できないと保険会社から言われました。私の場合、足の甲で点状痕一つの点が直径5mmで横に8cmの長さでついています。(もし太っていて足の甲にお肉がついていたら線状痕8cmになっていたと思います。)
しかし、本などを見たら3cm以上の線状痕などと書いてあります。
この場合、12級には認定されないのでしょうか? また治療は中止になりましたが、膝に痛みがあり、診断書にも書いてもらいました。この場合はどうなりますか?
また、後遺症遺失利益は後遺障害認定を受けなければもらえないのでしょうか?
長々と申し訳ありません。
どなたかご存知でしたらぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

醜状障害は、その醜状のある部分で区分けがされます。
さらに女性、男性でも別けられます。

3cm以上の線状痕は、女性の顔面部であり、前から見えにくいあごは該当しません。
今回の部位は足ですので、面積で手のひら大の大きさが無ければ後遺障害の等級は認定されません。
あなたのほうで本をよく読まれておらず、都合の良い所だけを拾って読まれて居る様ですが、そういう内容で通る物ではありません。
どういう場合に通らないのかと言う読み方をしないと、自分に都合の良い読み方になることが多いです。

足に関しては、手のひら大の面積ですから、10cmあろうが20cmあろうが、手のひら大を超えない限り、認定される事はありません。


ひざの痛みに関しては、痛いというだけは誰でも言える話です。
痛みがあるということは、その痛みの原因を特定しなければなりません。
その特定がされなければ、後遺症が意図しての認定を行われることはありません。
そんなに甘い物ではありません。


また、逸失利益は、後遺障害が認定されなければ支払われることはありません。後遺障害慰謝料に関しても同じです。

質問内容と違うアドバイスですが、
縫合痕や線状痕などの色は、早いうちからもむ事で、色が消えやすくなります。
ほっておけば色が消えるのにも時間が掛かります。

醜状障害は、その醜状のある部分で区分けがされます。
さらに女性、男性でも別けられます。

3cm以上の線状痕は、女性の顔面部であり、前から見えにくいあごは該当しません。
今回の部位は足ですので、面積で手のひら大の大きさが無ければ後遺障害の等級は認定されません。
あなたのほうで本をよく読まれておらず、都合の良い所だけを拾って読まれて居る様ですが、そういう内容で通る物ではありません。
どういう場合に通らないのかと言う読み方をしないと、自分に都合の良い読み方になることが多いです。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報