はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

少年院に入ると家庭裁判所で審判があり、そこでの結果により少年院送致になるか保護観察になるか決まると聞きました

以前読んだ小説で

少年Aが少年Bを殺した。少年Bの親は裁判官(検事だったかな?)であり少年Aを激しく憎んだ。AはBから襲われ正当防衛であったと証拠も出たのに隠滅し、Aを少年院送りへ。
「Aの扱いを酷くしてくれ」と少年院で働く人に頼み、院ではAに味方はいなかった

みたいな描写があったんですが(現実にはこんなこと起きないでしょうが)フィクションならあり得ますか?矛盾があるならどこがおかしいか教えて下さい

それと弁護士が少年と面会しているシーンもあったのですが、その弁護士は何ですか?私撰で雇ったものでしょうか?(殺人の場合は強制的に弁護士が用意されるのか?)少年が釈放されるまで味方になってくれるんですか?具体的にどんな権利と力があって何をして くれるんですか?

あと国選弁護士が用意されても、気に入らないからこっちで私撰するというのは可能なんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

弁護士ではありませんが、法廷通訳をしております。



>フィクションならあり得ますか?
>矛盾があるならどこがおかしいか教えて下さい

実際には息子を殺された親が裁判官としてその事件の裁判に臨むことはないです。まあしかしフィクションならなんだってありでしょう。

>それと弁護士が少年と面会しているシーンもあったのですが、その弁護士は何ですか?私撰で雇ったものでしょうか?

国選が多いです。

>殺人の場合は強制的に弁護士が用意されるのか?

どんな刑事事件でも弁護士はつきます。少年の場合は付添い人と呼びます。

>少年が釈放されるまで味方になってくれるんですか?具体的にどんな権利と力があって何をしてくれるんですか?

どこに収容されていても会えるし、看守の立会いがない。私選弁護士はなんでもしてくれるけど国選弁護士の場合は義務的なことだけになります。もちろん国選でも熱血青年弁護士が意気に感じて手弁当でやってくれることも稀にありますが・・・

>あと国選弁護士が用意されても、気に入らないからこっちで私撰するというのは可能なんですか?

もちろんあります。

この回答への補足

回答ありがとうございます!
ただ、もう少し踏み込んで聞かせていただきます

「私撰弁護士は何でもしてくれる」というのは具体的に例えば何をしてくれるのですか?
国選弁護士が義務的にしてくれることとは具体的に何なんですか?
その弁護士は、少年が釈放されるまで味方でいてくれるのでしょうか?

補足日時:2010/02/19 11:23
    • good
    • 0

私は弁護士でなく法廷通訳として裁判と弁護士接見の通訳をするだけですから、わたしの関わった範囲での知識です。



>「私撰弁護士は何でもしてくれる」というのは具体的に例えば何をしてくれるのですか?

あくまで法の許す範囲しかしません。弁護士は、被告を守るという立場ですから、たとえば「俺、実はもう一人殺してるんです」と被告が言えば、弁護士はそれを警察に言ったりはしないけど「自供したほうが良い」とアドバイスするでしょう。何でもしてくれるというのは、たとえばもう当分家に帰れないし家賃も払えないので荷物を処分してくださいとかそういうことまで頼まれてしてあげたりします。

>国選弁護士が義務的にしてくれることとは具体的に何なんですか?

接見に、そうですね、二回程度行きます。熱心な弁護士なら何度も行きますが稀です。大きな事件で裁判が何度も開かれる事件であればその都度いきますから不熱心でも何度か接見に行きます。ちょろい事件であれば一回だけ、それもお義理で話を聞くだけなんて弁護士も中にはいます。
国選弁護士は被告に対して裁判はどういう風に行なわれるか、被告は裁判でどういうことを聞かれるか、それにどのように答えるべきか、被害者に対して弁償を薦めたり、被害者に被告の謝罪の気持ちを伝えたり、法廷で証言してくれる身内や友人を選んで裁判が有利になるように打ち合わせをしたりします。そして裁判が終わって実刑(刑務所送り)になれば控訴するかどうかを尋ねます。その際に勝てる可能性なども伝えます。

>その弁護士は、少年が釈放されるまで味方でいてくれるのでしょうか?

裁判が終わるまで味方でいてくれます。裁判の結果、保護観察処分で仮釈放になったり、または有罪で少年院送りになればもう仕事は終わりです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逮捕から警察署での留置、鑑別所行きの場合の全拘留期間について

逮捕から警察署での留置、鑑別所行きの場合の全拘留期間について

朝早く警察が来て、息子(17歳)が連行されて行きました。
バイクでの夜間暴走行為の疑いですが、容疑に間違いはありません。
警察の方にこれからどうなるのでしょうかと聞いたところ、まず10日間は警察署で留置となり、その後3週間鑑別所に入ることになるでしょう、と言われました。
朝電話で予約すれば面会は可能ですよ、とも教えてくれました。
ご質問したいのは以下の通りです。

(1)10日間+3週間、つまり31日後には戻ってこれるのか。
(2)警察署から鑑別所に移る際には連絡をもらえるのか。
(3)鑑別所から戻れる日は事前に(せめて前日には)連絡をもらえるのか。
(4)罰金など、もろもろお金が必要なのか。

私自身の気が動転しており、ご質問内容が変でしたら申し訳ございません。
ぜひお教え頂ければと思っております。

Aベストアンサー

(1)10日間+3週間、つまり31日後には戻ってこれるのか。
多分無理でしょう、最低と言う条件の話だと思えますし、
悪質性が認められるのであれば、鑑別所に入る期間は3週間以上にもなりますが、
10日の拘留後に、審査がありその時に鑑別留置の期間が決定します。


(2)警察署から鑑別所に移る際には連絡をもらえるのか。
一応、連絡は入ります、未成年である以上は、親御さんに連絡をする事は、
業務では当たり前です。


(3)鑑別所から戻れる日は事前に(せめて前日には)連絡をもらえるのか。
もちろんありますよ、出迎える意志を告げていれば、施設などからの連絡は入ります。


(4)罰金など、もろもろお金が必要なのか。
多分、道路交通法等の違反があるので、罰金もあると思えますし、
違法行為の挙句何かを破損・破壊をしていればそれらを弁償しなければならなくなります、
例えば看板やガードレールを破損又は、破壊をしていれば弁償は当たり前になります。

因みに、
罰金等に書きましたが、看板などの場合には営業保証などの慰謝料が発生する場合があり、
それらの金額は高額になる事もあります。それらをコトも警察などからの連絡などで知る事に
なると思えます。

(1)10日間+3週間、つまり31日後には戻ってこれるのか。
多分無理でしょう、最低と言う条件の話だと思えますし、
悪質性が認められるのであれば、鑑別所に入る期間は3週間以上にもなりますが、
10日の拘留後に、審査がありその時に鑑別留置の期間が決定します。


(2)警察署から鑑別所に移る際には連絡をもらえるのか。
一応、連絡は入ります、未成年である以上は、親御さんに連絡をする事は、
業務では当たり前です。


(3)鑑別所から戻れる日は事前に(せめて前日には)連絡をもらえるのか。
もちろんありま...続きを読む

Q少年院に行く確率

こんばんは。
この場合少年院に行く確率はどのくらいでしょうか?

・軽い暴行×無免許運転。
中学の時にチャリパクや万引き等1回ずつくらい。

・子持ちで家庭を持っていてしっかり毎日働いて家庭を養っている。

・出てからの職場もある。
・十分反省して鑑別所生活を送っている。

・弁護士有

この場合どうなるでしょうか…とても心配です。

また入った場合どのくらいで出れますかね?

Aベストアンサー

今の状態では、可能性があるという回答しかできません。

最終的には、担当する審判官の判断になります。

Q未成年者の保護観察中の再犯

こんばんわ。いつもお世話になっております
突然ですが私の甥(中三)が捕まりました。
バイク窃盗の容疑です。
実は10月(くらい)にも窃盗で捕まって鑑別所まで行き、保護観察処分を受けているところです。
その中での再犯なので、少年院行きが危惧されます。
皆さんにお聞きしたいことはこの状況で甥は少年院に送致されてしまうのか?と言うことです。
保護司の方はそれまでまじめに通っているとのことで大丈夫と仰っているようですが、どうなのでしょうか??
わかりにくくなってしまったのでまとめると

「保護観察中の再犯は確実に少年院送致されてしまうのか」
ということです。
そうでないこともあるのですか??
また、送致されないこともあるとしたらその根拠となる条文を教えていただけませんか??(これは当方が法学部の生徒であるからと言う私的な質問なのですが・・・)
まとまりのない文章になってしまって申し訳ございませんがよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

平成16年版犯罪白書(法務省)によると、平成15年における少年保護事件(業過、危険運転致死傷、道交違反及び虞犯を除く)の家庭裁判所終局処理人員は、約14万3800人で、処理区分別では,審判不開始(73.4%)が最も多く、以下、保護観察(12.4%)、不処分(9.7%)、少年院送致(3.5%)の順となっており、刑事処分相当として検察官に送致(逆送)された者は434人(0.3%)であった-という統計があります。

成人の場合、執行猶予期間中の再犯の場合、保護観察処分が付いていれば、2度目に執行猶予判決が出る可能性はほとんどありませんが(刑法第26条の2)、少年の場合、少年法では家庭裁判所が保護処分全てを決めるようです(少年法第24条)。保護司の方がいわれたように、必ずしも保護観察中の再犯は少年院送致というわけでもないようです。
なお、著しく不当な保護処分決定が出されたと感じた場合には、2週間以内に高等裁判所に抗告をすることができます(少年法第32条)。ただし、この場合でも、家庭裁判所の審判の効力は停止されませんから(少年法第34条)、家庭裁判所(原審の裁判所)か高等裁判所に対して執行停止の申立をすることになります。執行停止が認められない場合には、保護処分は執行されます(例えば、少年院送致決定がなされた場合には少年院に収容されます)。
さて、犯罪白書にあるように家庭裁判所の審判を受けた少年のうち、少年院送致となるのは100人中3~4人です。質問者さんのおい君の状況が、この中に入るべきか、私にはなんともわかりません。
質問者さんは、少年院へ行くのは当然というように書いてありましたが、果たしてそう決めつけてよいのでしょうか。一般論として、最近の少年犯罪の傾向は、「凶悪化」ではなく、むしろ「幼稚化」だといわれています。体力だけは大人並でありながら、知力は極論すれば幼児並みだそうです。だから、悪いことをしたという意識が希薄だということです。罪を犯せばどうなるかという意識を、身をもって教えるという意味では、少年院送致が妥当なのかもしれませんが、少年院は、罪を犯した少年達の上位数%が行くところ、いわば選抜組が集まる環境です。感化されないという保証はありません。少年院で過ごす半年なり1年間が中学3年生にとって、その後の人生に与える影響がプラスかマイナスかわからないということです。換言すれば社会にとっても、質問者さんのおい君を今、少年院へ行かせることが、プラスなのかマイナスなのかわからないということです。このへんは、私のような素人ではなく、家庭裁判所が決定することでしょうけど…。
最後に、私の勉強不足ゆえ、少年犯罪と家庭環境との因果関係を、統計的に証明した資料の存在を知りません。少年犯罪は、衝動的なものが多く、家庭環境と結びつけるのはあまりにも漠然としています。感想ではなく、統計的なデータを知りたいものです。

平成16年版犯罪白書(法務省)によると、平成15年における少年保護事件(業過、危険運転致死傷、道交違反及び虞犯を除く)の家庭裁判所終局処理人員は、約14万3800人で、処理区分別では,審判不開始(73.4%)が最も多く、以下、保護観察(12.4%)、不処分(9.7%)、少年院送致(3.5%)の順となっており、刑事処分相当として検察官に送致(逆送)された者は434人(0.3%)であった-という統計があります。

成人の場合、執行猶予期間中の再犯の場合、保護観察処分が付いていれば、2度目に執行猶予判...続きを読む

Q鑑別所送りはまぬがれませんか?

14歳中3の少年です。
一月に友達5人とバッテイングセンターのお金投入機をドライバーでこじ開けて、中のお金800円を使い再度バッテングに使用。

4月に別件で鑑別所に居た子供の証言により、器物損壊、窃盗容疑で逮捕、留置、20延長拘置中です。ほぼ鑑別所送りになると思います。
もともと軽い気持ちでいたずら半分でやったくらいなので、精神的にも限界に近そうです。

逃亡の恐れや証拠品の隠滅の恐れのために留置されているらしいですが、5人とも留置中で、証拠隠滅は出来ないし、(証拠のドライバーがどこに捨ててあるかは、1人しか知らない)逃亡もできなさそうなんですが、自宅に帰っては来れないのでしょうか?
家に帰るためにできることってないでしょうか?

あと、8台ある機械を2台こじ開けたのですが、オーナーは3~4台壊れていたので、すべて取り換え358,000円かかったといいます。
示談には応じる気はないとの事です。

この場合は弁償については、
(1)2台分の支払い。
(2)全額支払い。
(3)示談もなく、留置、鑑別所送りになっていたら、払う必要なし。
(4)その他

どうでしょうか?

何もすることができないため、どうにかしたいのですが、かわいそうで、困っています。子ども自身はとっくに反省し、更生していたので、忘れていた出来事にびっくりし、過去の事なので、あきらめモードでしたが。あまりに長くかかっているため、辛そうです。
学校の勉強にもさしつかえるので、せめて呼び出し調査にできなかったものかと思いますが。

14歳中3の少年です。
一月に友達5人とバッテイングセンターのお金投入機をドライバーでこじ開けて、中のお金800円を使い再度バッテングに使用。

4月に別件で鑑別所に居た子供の証言により、器物損壊、窃盗容疑で逮捕、留置、20延長拘置中です。ほぼ鑑別所送りになると思います。
もともと軽い気持ちでいたずら半分でやったくらいなので、精神的にも限界に近そうです。

逃亡の恐れや証拠品の隠滅の恐れのために留置されているらしいですが、5人とも留置中で、証拠隠滅は出来ないし、(証拠のドライバーが...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

とりあえず、

>家に帰るためにできることってないでしょうか?

難しいでしょう。
できることといえば、とにかく「示談」。
弁償については「壊した機械」は当然弁償する責任があります。
鑑別所送りになろうがなるまいが関係ありません。
民事と刑事は別の話です。ただ、示談に応じてもらい、本人の反省の
度合いが深ければ酌量の材料にはなります。
ただ、「先方に示談に応じる気はない」のでは何とも・・・

>子ども自身はとっくに反省し、更生していたので

逮捕される前にきちんと先方に謝罪に行き、弁済はしたのですか?
していないのであれば反省でも更正でもないと判断されます。
何をもって「反省、更正」と判断されているのですか?
お子さんの「心情だけ」で判断されているのであれば無意味です。
社会生活を営んでいる中で、自分の行為が他者に影響を与えたことを
反省するのであれば、その他者に対してきちんと誠意を見せるのが
一般的な考えであり、それないでは更正などありえないと判断されます。

>バッテングセンターという子供が行きやすい場所で、無人の上、2台
>は最初から壊れている状況で、未成年の犯罪も起きて当たり前の様な管理

こういう考え方自体が「異常」であり「責任転嫁」です。
「悪いことができる状況」を作った人には「なんら」責任は無く、
「悪いことをした人」に全ての責任があるのは法治国家であれば当然です。
・盗める環境にあったから盗んだ、盗まれた方も悪い。
・騙されやすいタイプだから詐欺にあった、騙された方も悪い。
という考え方は、精神論や感情論でなら議論の予知はありますが、
法律論としての議論の余地はまったくありません(ここは法律カテです)。

>思春期の未成年の場合、留置場に1か月も勾留されながら刑罰を
>受けなくては反省出来ないとは、思えません。

これも質問者様の「個人の意見」であり、法治国家である日本に住んで
いるのであれば日本の法律に基づき、逮捕、拘留されている現状が全て
であり、「国民の意見、国としての意見」です。

こんにちは

とりあえず、

>家に帰るためにできることってないでしょうか?

難しいでしょう。
できることといえば、とにかく「示談」。
弁償については「壊した機械」は当然弁償する責任があります。
鑑別所送りになろうがなるまいが関係ありません。
民事と刑事は別の話です。ただ、示談に応じてもらい、本人の反省の
度合いが深ければ酌量の材料にはなります。
ただ、「先方に示談に応じる気はない」のでは何とも・・・

>子ども自身はとっくに反省し、更生していたので

逮捕される前にき...続きを読む

Q少年鑑別所・少年院・少年刑務所

少年鑑別所・少年院・少年刑務所は、どのように違うのでしょうか(収容者の要件、収容されるまでの手続き等)。ご教示いただけたら幸いです。

Aベストアンサー

一時、「法務教官」という少年犯罪の更正にあたる職業に就くことを目標としていたことがあり、いくぶん分かる部分があるので、お答えします。

「少年鑑別所」というのは、罪を犯した少年がどのような理由から犯罪行為に走ったのかを医学や心理学、教育学と言った視点から解明することが仕事です。結果は、家庭裁判所側に報告され、審判に影響します。すなわち、「初犯でなおかつ短期での更正が可能」などといった場合は、「保護観察」などの審判に、「再犯で更正が困難」などといった場合は「中等少年院送致」などの審判になるなど、鑑別所での鑑別結果は、家庭裁判所の裁判官が参考にします。

一方、「少年院」は、家庭裁判所での審判の結果、「少年院送致」が言い渡された少年が入院(違和感がありますがこういいます)する施設です。種類には、「初等」「中等」「特別」「医療」と4種類あって、入院する少年の非行度合いは初等<中等<特別となっています。「医療少年院」は例えば覚せい剤やシンナー等で体に疾患がある場合に入院する施設です。院内では、生活指導や職業指導、義務教育を終えていない少年に対しては「国語」や「数学」といった義務教育段階の教科教育も行われています。

最後に「少年刑務所」は、定義としては「20歳未満の少年を収監する」施設ですが、実際は昨今の刑務所における超満員を受けて、成人も多く収監されています。こちらは「少年院送致」ではなくて、「懲役何年」という審判を受けた少年が入る施設です。あいまいな記憶ですが、上記の2施設と違い、この施設だけは「法務教官」ではなく、一般の刑務所と同じ「刑務官」が更正にあたっていたように思います。

裏話をすると、法務教官は鑑別所>初等少年院>中等>特別・医療の順で赴任したがるそうです。やはり非行の傾向が進めば進むほど、更正も困難になるそうだからです。法務教官も人の子ということでしょうか。

一時、「法務教官」という少年犯罪の更正にあたる職業に就くことを目標としていたことがあり、いくぶん分かる部分があるので、お答えします。

「少年鑑別所」というのは、罪を犯した少年がどのような理由から犯罪行為に走ったのかを医学や心理学、教育学と言った視点から解明することが仕事です。結果は、家庭裁判所側に報告され、審判に影響します。すなわち、「初犯でなおかつ短期での更正が可能」などといった場合は、「保護観察」などの審判に、「再犯で更正が困難」などといった場合は「中等少年院送致」...続きを読む

Q息子が少年院に入れられてしまいました・・・

息子(16)が傷害事件で少年院送致(相当長期3年の勧告付き)されてしまったのですが、実際の更生期間はどの位になりますか?一般長期(2年以内)ですと1年前後になるとのことですが・・・。また、本人の努力等でも早く退院出来る方法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

なるほど。被害者は未だ意識不明の重体ですか。
おそらく裁判官は被害者の状態から、傷害致死に準じた扱いをすべきと判断したのだと思われます。
しかし関与の程度からすれば、かなり厳しい処遇ですので、親御さんとしては不満が残りますね。
少年院で努力すべきことは、職業訓練や体育授業や制作活動などに一生懸命に取り組み、日記や面会などでも反省と更生の意欲・被害者に対する謝罪・贖罪の意思を全面に出し、教官に良い印象を与え、模範生になることですね。

>健気にも3年間頑張る覚悟でおりますので、努力は惜しまないと思います。

息子さんがこの覚悟(決意)を忘れることなく持ち続ければ、比較的早く出れると思います。また、少年院では保護者面接や行事等、親が呼ばれる席もありますから、できるだけ出席してあげてください。早く出るには、両親のサポート姿勢も重要となりますので、これからも少年院にいる息子さんを暖かく見守ってやってください。

Q万引きした際の家庭裁判所の呼び出し

7月に友人の高校生の息子さんが万引きして警察に捕まりました。
3人いた内の1人がDVDを万引して、その息子さんのバッグに友達が入れようとした所を発見され警察に通報されたそうです。警察では直接盗んだ訳ではないが共犯ということで…と言われ、もう1人の友達はただいただけだから関係ないということになったそうです。
お店の方へ謝罪に行ったほうがいいのかと悩みつつも、もう1人の親御さんと一緒の方がいいかと思い、結局双方の都合がつかず行けなかったそうです。
お店でも怒られ、警察でも散々絞られ指紋採取されたので、家でも指導して落ち着いたところ、最近になって家庭裁判所から呼び出しの手紙がきたそうです。
初めてのことなのでショックを受けて私に相談してきたのですが、私の息子の時は呼び出しはこなかったのでどうしたらいいのかわかりません。ましてやバッグに入れさせてって頼まれただけだそうです。お店の方に保護者が謝罪に行かなかったのが原因なのでしょうか?
その万引きしようとした友達はお店に顔を覚えられてたみたいで、以前にも万引きしてたみたいです。
やはり今からでも謝罪に行った方がいいのでしょうか?

それと家庭裁判所には、弁償や示談を証明できるものを持参するように書かれているのですが、何もないそうです。直近の通知票も持参しなくてはならないのですが、息子さんは捨てちゃったみたいです。
息子さんは学校に連絡が行くのを恐れてか、夏休み明けからほとんど休んでいたそうです。まだ学校からは何も言ってこないのですが、学校へ連絡するべきかも悩んでいます。これからどうなるのだろうと落ち込んでいます。よきアドバイスをお願いします。

7月に友人の高校生の息子さんが万引きして警察に捕まりました。
3人いた内の1人がDVDを万引して、その息子さんのバッグに友達が入れようとした所を発見され警察に通報されたそうです。警察では直接盗んだ訳ではないが共犯ということで…と言われ、もう1人の友達はただいただけだから関係ないということになったそうです。
お店の方へ謝罪に行ったほうがいいのかと悩みつつも、もう1人の親御さんと一緒の方がいいかと思い、結局双方の都合がつかず行けなかったそうです。
お店でも怒られ、警察でも散々絞ら...続きを読む

Aベストアンサー

学卒後の2年間地裁事務官をしていた経験での古い知識で回答させていただきます。
通常万引きの初犯程度で送検~家裁送致まで行くケースは少ないのですが、おそらく被害店が厳罰に処して欲しい旨を警察に申し出ているのではと思います。
通常は被害店も弁償を受けることで、厳罰まで求めないでしょうから警察の説諭だけで許されるのが普通ですが、今回は複数犯で共謀性が疑われ悪質性が高いと判断されたため、書類送検され家裁送致になったのでしょう。
学校への連絡を心配されているそうですが、通常きちんとした保護者が身柄引き受けになっている場合、警察は学校へは連絡しません。但し被害店から連絡が行くことはありえます。
家裁に関しては、相当情状が悪い場合は保護観察処分となることがありますが、弁償が済んでおり、きちんと通学しており、まともな家庭環境できちんと指導できる保護者がいる場合は、この程度なら通常不処分(処分無し)となりますのであまり心配はいらないでしょう。
家裁の手続きは、まず調査官の面接を受けて、調査官はその内容を審判官(判事)に報告して、審判官が最終的に処分を決定します。よって今回のような軽微な事件の場合は、通常調査官の面接を1回受けるだけで事件は終了します。逆に言えば悪質度が高かったり、反省度が認められない、きちんと通学をしていない、家庭にも問題があるなどが認められる場合は、再度呼び出しの上審判が開かれて、審判官から保護観察や最悪少年院送致などの処分が言い渡されることがあります。
調査官は本人の反省度や家庭環境や就学状況、保護者の考え方などを重点的に確認しますので、できれば出頭前に保護者同伴で被害店に謝りに行って、示談書に印をもらってきた方が良いと思います。最近は通知票まで要求されることは知りませんでしたが、おそらくきちんと学校に通学しているかを調査するためでしょうから、再発行してもらってでも持参した方が良いかと思います。

学卒後の2年間地裁事務官をしていた経験での古い知識で回答させていただきます。
通常万引きの初犯程度で送検~家裁送致まで行くケースは少ないのですが、おそらく被害店が厳罰に処して欲しい旨を警察に申し出ているのではと思います。
通常は被害店も弁償を受けることで、厳罰まで求めないでしょうから警察の説諭だけで許されるのが普通ですが、今回は複数犯で共謀性が疑われ悪質性が高いと判断されたため、書類送検され家裁送致になったのでしょう。
学校への連絡を心配されているそうですが、通常きちんとし...続きを読む

Q何をしたら少年院に行くことになるんでしょうか??

何をしたら少年院に行くことになるんでしょうか??

Aベストアンサー

保護観察処遇は、大人で例えれば「執行猶予」と同じと考えて下さい。
1)刑法犯罪
2)個人遵守事項違反
3)一般遵守事項違反
4)保護司との面接義務違反
このどれかでもあれば、少年院への収容ができます。
脅迫罪でしたら、逮捕後は取り調べを経て、家庭裁判所に送られます。
少年鑑別所で、4週間の鑑別期間の後に中等少年院送致が審判で決定されます。

Q未成年時の犯罪が成人後に発覚した場合について質問です。

未成年時の犯罪が成人後に発覚した場合について質問です。

中学時代から知っている会社の後輩が、窃盗事件で警察に逮捕されました。
後輩のご両親に話を聞いたところ、窃盗の被害額は2万円で、道端で泥酔していた女性の財布から抜き取ったらしいです。
また、窃盗以外にも強制わいせつの疑いをかけられていると聞きました。

事件を起した当時、後輩は19歳の大学1年でした。
事件から4年経った今年、23歳で後輩は逮捕されました。
後輩は前科無し、前歴は数回あったと思います。
被害者の方との示談交渉は進めていますがまだ示談できていません。

この場合、後輩は成人として裁かれるでしょうか?
それとも、未成年として裁かれるのでしょうか?
ケースバイケースだとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前の質問でも判例を出しましたが、

未成年時の犯行なら必ず未成年として裁かれます。
ただし、「19歳は刑事裁判の対象」です。

#4の方もそうですが、未成年なら必ず家裁送致や少年院になるわけではなく、
「20歳に近い年齢」の場合は普通に刑事裁判になることもあり懲役刑も出ます。

ただし、未成年として扱われないわけではなく、
未成年時の犯行ならそれを理由に裁判では多少なりとも減刑が認められます。


未成年=少年院、前科にならない という考えが間違いなのです。


http://www.daily.co.jp/soccer/2010/02/19/0002723661.shtml
19歳の時に女性の下着などを盗んだとして、住居侵入と窃盗の罪に問われた元Jリーガー(28)の控訴審判決で、大阪高裁は18日、懲役1年、執行猶予3年とした一審神戸地裁判決を支持、弁護側の控訴を棄却した。
------------------------

Q窃盗罪の刑罰の程度について教えて下さい

先週、友人が通りがかりの人の財布(所持金約1万円)を盗み、窃盗罪で逮捕されました。実刑となった場合、窃盗は10年以下の懲役と聞いてますが、実際、このケースの場合、初犯だとして、どの程度の罪になるんでしょうか?また、仮に執行猶予などになった場合でも、確定され、釈放されるまでどの位の期間がかかるのでしょうか?ケースバイケースだとは思いますが、ご存知のかたがいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

まず、金額から逮捕に続いて勾留されるでしょう。10日内に彼の家族などが被害弁償して(1万を使ってしまったのかどうかが書いていないのでここは不明ですが)、併せて被害者に謝罪する。領収証でももらって担当検事か副検事に提出。これで、第一次勾留の満期にでられる可能性がある(初犯として)。この点は、担当検察官の個性・キャラクターに依存します。検察内部の起訴基準がありますが、窃盗罪には法定刑として罰金がないのです。それとのかねあいから、検察官の起訴裁量・不起訴処分の権限行使は、ある程度、窃盗に関しては広くないといけません(検察の内情をしらない素人のたわごとです、検察の人が読んでいたらごめんなさい)。

それで、もし、仮に起訴されたら、管轄裁判所は簡易裁判所でしょう。軽微な窃盗は普通ここです。そして、初犯なら、確実に執行猶予です。刑は懲役1年執行猶予2年ないし3年というところ。

勾留満期内に起訴されて、身柄は警察の留置場から拘置所ないし拘置支所に移されるのが、裁判の1週間から10日前くらいのときです。

起訴されると起訴前の勾留は当然起訴後の勾留に切り替わるので、第一回公判から判決言い渡しの日まで身柄はそのまま。これを避けるには、起訴後に保釈申請です。

保釈されないと逮捕から判決言い渡しで執行猶予がついて釈放されるまで、早くて一ヶ月半、普通二ヶ月ですかね。

この手の犯罪では、私選など不要、国選で十分です。

まず、金額から逮捕に続いて勾留されるでしょう。10日内に彼の家族などが被害弁償して(1万を使ってしまったのかどうかが書いていないのでここは不明ですが)、併せて被害者に謝罪する。領収証でももらって担当検事か副検事に提出。これで、第一次勾留の満期にでられる可能性がある(初犯として)。この点は、担当検察官の個性・キャラクターに依存します。検察内部の起訴基準がありますが、窃盗罪には法定刑として罰金がないのです。それとのかねあいから、検察官の起訴裁量・不起訴処分の権限行使は、ある程...続きを読む


人気Q&Aランキング