先日追突事故をおこしました
私の車が直進
相手はバックしている状態でした
場所は私のマンションの駐車場です
私がガレージから車を出し
徐行しながら直進しました
そしたら来客用の駐車場から白いクルマが後退してきた
衝突しました
私の運転席側前のドアがへこみ、傷がつきました
相手は後ろのバンパーがつぶれました
お互い怪我はありませんでした
先方の話ではバックするとき両サイド確認し、進んだそうです
そのとき左を見ながらバックしたため右からきたクルマに
全く気が付かなかったそうです
私はバックしてきた車がみえたのでクラクションを長めにならし
ブレーキをかけましたが衝突してしまいました
左によけようとすれば縁石があるためそれは無理な状況でした
直進した駐車場内通路は車が二台通れるくらいのところです
私は真ん中を走行していました

相手方は保険で私の車もすべて直させてください、と言ってきました
しかし警察は私も直進していたので過失はいくらかあるかもしれない、といっておりました

私はブレーキをかけましたしクラクションもならしたので
過失はないと思うのですが
このような場合過失割合はどうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>徐行しながら直進しました


>ブレーキをかけましたが衝突してしまいました
徐行していてブレーキを掛けたのに停止できなかったのですか?
停止できなかったとすると徐行していたとは思えないです。
直進とバックですから、貴方からすると気づいたと思います。だからこそクラクションも鳴らしたのでしょう。で、徐行していてブレークを掛けたのに止まりきれなかったというのが違和感があります。
保険会社がこの当たりをついてくると10:0にはならないか知れません。
クラクションは鳴らした、貴方のほうはすでに停止しているとなると10:0になるでしょう。

この回答への補足

ブレーキをかけ停止しました
停止しましたが相手がハンドルを左にきりながらバックしてきて
衝突しました
衝突したときには停止していました

補足日時:2010/02/21 08:36
    • good
    • 0

はじめに、警察が過失割合に口出しすることは公務上許されておりません。

(民事介入はできないため)
過失割合は保険会社が決めますが、すべての事故は過去の判例により大体が決まっています。

説明では詳細にわかりかねますが、マンションの駐車場とのこと。
であれば道路ではなく私有地・民有地になるのでお互いに注意不足だったとみなされやすい事例かもしれません。

相手が保険を使って直すと言ってるのであれば任せてはどうでしょうか?もし、相手の保険会社が過失割合について納得のいかないことを言ってくるようであれば、とことん自分の主張をするべきですし、自分の保険会社へ相談することもできます。

自分が悪いはずがないと思っているなら大きく構えていて大丈夫です。
ガツンと相手の保険会社に言ってやるくらいの心構えでいいのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

初めての事故で弱気になっておりました
事実をきちんと伝え納得のいく結果になることを願います
ありがとうございました

お礼日時:2010/02/21 08:46

車が止まっている状態でなければ、過失が0にはなりません



実際の割合は、保険会社が決めてくれます

事故の届出を警察にしているのであれば、あとは保険会社に頼めば全てやってくれます

この回答への補足

衝突したときには私は完全に停止しておりました
保険会社にその旨さいど言いたいとおもいます

補足日時:2010/02/21 08:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過失割合は? 車優先道路直進 原付一旦停止直進

当方が車です。

前の赤信号で止まるため、減速しながら停止線まで車を進めていました。
手前の脇道から66歳男性の原付が横断してきました。

先に私が気付いたのでブレーキをかけましたが、相手が気が付かず、止まった(止まりかけ?証明難しい)わたしの車の運転席のドアに衝突。
他方の原付に傷等付かず倒れもしませんでした。
わたしの方は同乗していた娘とともに無傷。
車は運転席側のドアに傷と凹みです。
なので物損のみで処理しました。


私が走っていた優先道路は交通量(対向車)も多くて背の高めの街路樹があったため見通しが悪かったです。

相手は任意保険に入っていません。(ご高齢ということもあり、修理等請求が困難そう…)

この場合過失割合はどうなりますか?

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

気持ちとしては
車側は0だろう
とは、私も思います。
<同じ様な経験は在りますゆえ

しかし、よく解らん
おまわりさんの理屈では
「交通弱者優先」
なのだそうです。

まして、相手はお年寄り
となれば、風評を考慮すると

相手、もしくは、保険の担当者の提示する割合で
納得しておくのが一番被害は少ないと思われます。
(下手をすると、「年寄りから金を巻き上げた」等と近所から
影口を叩かれたりします)

蛇足
私的には
「交通弱者だからって 何しても許されるのか!」
と叫んで 0:10で全て相手持ちにしたいですけどね

Q駐車場からバックしてきた車との事故の場合の過失割合

・状況はこちらが直進で左側によって止まった車の横を注意しながら確認、減速していたところ止まった車の向こう側の駐車場から少し左に切ってバックで出てきた車に当られました。
・被害箇所はこちら側:左側の4ドアの後ろ扉真中辺りから後ろのバンパーまでと相手側:右側の後ろの角です。
・こちらの言い分としては気づいたのは助手席の者が左を見て「さがってきている」と言う声に反応して右にハンドルをきりよけようとしました(対向車があったのでそれほど避けられませんでしたが)。視野の範囲外(真横)からなので前方不注意でもないし過失はないと思うのですが。
・また、相手方の言い分は「後方確認した」と言っているのですがこちらの車の接近に気づいていませんし接触する瞬間も気づいていなくまともに当っています。
・こちらは100:0を主張しているのですが相手の保険の方がそれは無理だと言うんです。こちらの過失を聞いても「何らかの注意義務がある」「判例でそうなっている」とだけで少しも話しが進みません。
・このような場合100:0になるのか、また100:0になった判例を見たり取り寄せたり出来るところがあれば教えてください。
長くなりましたがどうぞ宜しくお願いします。

・状況はこちらが直進で左側によって止まった車の横を注意しながら確認、減速していたところ止まった車の向こう側の駐車場から少し左に切ってバックで出てきた車に当られました。
・被害箇所はこちら側:左側の4ドアの後ろ扉真中辺りから後ろのバンパーまでと相手側:右側の後ろの角です。
・こちらの言い分としては気づいたのは助手席の者が左を見て「さがってきている」と言う声に反応して右にハンドルをきりよけようとしました(対向車があったのでそれほど避けられませんでしたが)。視野の範囲外(真横)...続きを読む

Aベストアンサー

判例(裁判)ではないが 10 対 0 の損保会社の実例ということで。。。

駐車場から車Aが出ると同時に、駐車場向かいに駐車していた車Bが発進し、接触したことがあります。
このとき あいおい損保では A 対 B が10割 対 0割になりました。
道路外から道路に侵入する方に非があるということで、
10対0でも5対5でも保険で払うのだし等級も同じということでした。

損保会社同士の駆け引きがあるらしく B は一ヶ月前にも事故を起こしていようで
今回は B に過失はないこととして処理したようです。

[この例が全てにあてはまるかどうかはわかりません。]

判例(裁判)ではないが 10 対 0 の損保会社の実例ということで。。。

駐車場から車Aが出ると同時に、駐車場向かいに駐車していた車Bが発進し、接触したことがあります。
このとき あいおい損保では A 対 B が10割 対 0割になりました。
道路外から道路に侵入する方に非があるということで、
10対0でも5対5でも保険で払うのだし等級も同じということでした。
...続きを読む

Q駐車場での事故の過失割合について

よろしくお願いします。
スーパーの駐車場で1つしか開いていなかった駐車スペースに
バックで入れようとスペースを通り過ぎいったん停車し、ギヤをバックにいれました。
このとき右側に車はいませんでした。
後方を肉眼で見ながら、ブレーキを踏んでいた足を離したとたん
ガガッと音がし、びっくりして前を見ると車があたっていました。
自分としては急に車が現れたイメージです。
駐車場の通路は、対面通行ができはするけれども幅は狭く
当時の状況からすれば、当方の車がバックして駐車しようとしているのは
後方から来た車にすれば絶対にわかる状況です。
当方の車はブレーキを踏んでいないもののスピードは
ブレーキを足からはずしたばかりのスピードでしたが
相手の車はその横をすりぬけようとされて、当方の車がバックしたので
こすってしまったという事故です。
当方の車は右バンパーがはずれています。
相手の車は左後方がこすれ傷といった状況です。
当方の車は左ハンドルです。

自分としては駐車動作に入っていると一目でわかるのだから
後方の車は待つのが普通ではという思いがあり
ですが停止していたわけではないので
当方の過失1 相手の過失9 で1対9と思っています。
ですが相手は過失0で当方が10といっているとの話でびっくりしています。

相手は、あたった直後は警察を呼ぶことをしぶったり
(事故証明がいるときように当方が電話しましたが)
このくらいたいしたこと無いだろう などといって
保険会社に連絡しなくても意味が無いから のように言ったりしていたので
自分が不利と思っておられたようにも思います。
ですが保険会社の担当には自分は全く過失は無い
とおっしゃっているとのことです。

この場合普通はどのような過失割合になるのでしょうか?
判例を調べてみましたが良くわかりません。
どなたかよろしくお願いいたします。

よろしくお願いします。
スーパーの駐車場で1つしか開いていなかった駐車スペースに
バックで入れようとスペースを通り過ぎいったん停車し、ギヤをバックにいれました。
このとき右側に車はいませんでした。
後方を肉眼で見ながら、ブレーキを踏んでいた足を離したとたん
ガガッと音がし、びっくりして前を見ると車があたっていました。
自分としては急に車が現れたイメージです。
駐車場の通路は、対面通行ができはするけれども幅は狭く
当時の状況からすれば、当方の車がバックして駐車しようとしているのは
後...続きを読む

Aベストアンサー

直前停止では過失ゼロが認められることはありません。
質問者様が後退を始める前から同じ場所に継続して停車していた車に衝突したのなら、質問者様の全過失であり、相手車の過失はゼロです。
しかし、後退を始める前には接触した地点にいなかった車が、接触した瞬間に停車していていたとしても相手車の過失はゼロとはなりません。
停まっていたら過失ゼロ、動いているからいくらかは過失ありという単純なものではありません。
停車車両の過失が問われる事例はいくつもありますし、動いていても過失ゼロという事例だってたくさんあります。

また、保険会社は被保険者の意向を無視して示談交渉はできません。まして、過失ゼロを主張する被保険者の場合は、保険の使用有無、すなわち保険料の増額に関わる話ですから、保険使用を前提として過失割合を譲歩する場合とは次元が違います。
被保険者がゼロ主張であれば、保険会社はノータッチ。被保険者へアドバイスするのが関の山です。

>普通はどのような過失割合になるのでしょうか?

そもそも過失割合は、どのようにして事故が発生したか詳細に説明・再現ができ、かつ当事者双方でその状況等に関して意見の食い違いがなければ、判断は容易です。
しかし、ご質問のように当事者の見解がほぼ正反対のようなケースは、事故状況を再現しようとすると、質問者様の話と相手の話ではまったく違う状況になってしまうはずです。
防犯ビデオ等の映像記録でもない限り、厳密な過失割合の判定は困難でしょう。

このような場合は5:5か、持ち分かれ(自損自弁)にするのが普通です。

直前停止では過失ゼロが認められることはありません。
質問者様が後退を始める前から同じ場所に継続して停車していた車に衝突したのなら、質問者様の全過失であり、相手車の過失はゼロです。
しかし、後退を始める前には接触した地点にいなかった車が、接触した瞬間に停車していていたとしても相手車の過失はゼロとはなりません。
停まっていたら過失ゼロ、動いているからいくらかは過失ありという単純なものではありません。
停車車両の過失が問われる事例はいくつもありますし、動いていても過失ゼロという事例...続きを読む

Q駐車場内の接触事故の過失割合について

すべて駐車場内で起きた接触事故です。長々と旨く説明できていませんが、どなたかご教授願います。

駐車場からでようと車両の向きを変えるため、ある程度広い場所で方向転換しようとしていました。
バックで1回目の切り替しをしましたが足りずに、2回目のバックでの切り返し時に接触事故をおこしてしまいました。2回目のバックでは左右後方に車両が進入していないことを確認し、ゆっくりとバックしながら後方と右側後方を中心に見ていましたが、後方左側に直前停止していた車両に接触してしまいました。
相手側の車両は接触までの間、クラクションを鳴らし、停車していたとこことで損害はすべて当方の責任で対応してもらいたいとのことでした。
駐車場内は2車線の通路があり、相手方の車両の方は、クラクションを鳴らせば止まるだろうと思い、進行車線をそのまま進行し、当方のバックに危険を感じ直前停車&クラクションを鳴らし続けていたとの事でした。
当方の左後方の確認ミスと窓を開けて安全確認していなかったことは事実でおおかた当方側の過失であるはずです。

当方の車両は、販売店から一時借用した車両のため、保険は適用されずに当事者同士で話しあってくださいとの事と、なおかつ、相手方でも保険会社を使わないとの事で、妥当な過失割合がどのくらいなのかわからず困っております。よろしくお願いします。

すべて駐車場内で起きた接触事故です。長々と旨く説明できていませんが、どなたかご教授願います。

駐車場からでようと車両の向きを変えるため、ある程度広い場所で方向転換しようとしていました。
バックで1回目の切り替しをしましたが足りずに、2回目のバックでの切り返し時に接触事故をおこしてしまいました。2回目のバックでは左右後方に車両が進入していないことを確認し、ゆっくりとバックしながら後方と右側後方を中心に見ていましたが、後方左側に直前停止していた車両に接触してしまいました。
相手側の...続きを読む

Aベストアンサー

相手方の車両が完全に停止していたのなら、基本的にはすべて
あなたの過失となると思います。いわゆる10対0です。
相手側は危険を察知して停止し、クラクションを鳴らし事故回避し
ようとしています。過失を問うのは難しいでしょう。

ただいくつか気になるのですが・・・
<販売店から一時借用した車両・・・・・とありますが、どういった
ものなのでしょ? なぜ保険を使わせてもらえないのか分かりま
せん。 どんな事情かわかりませんが、もしあなたが自分の車両
で自分名義の自動車保険に入っているのなら、その保険が使え
る可能性は高いです。 利用できるとしても事故証明は必要にな
りますので、警察への通報は必須となりますけどね。

もし、保険が使えないとしても、自分で自動車保険に入っている
場合は無料で相談は受けてもらえると思うので、相談だけでもした
方が良いとは思います。

Q駐車場内での接触事故の過失割合について

駐車場内での接触事故の過失割合について教えて下さい。事故の概要です。道路からコンビニ店舗までは4mほどの歩道と奥行き20mほどの広いスペースがあり、店舗前に5台並列するように駐車スペースがありました。左から3番目までは既に他車が駐車していて、5番目にはA車が頭から駐車していました。B車は道路左手のコンビニに入店しようと左折開始、90度左折した真正面に空きスペースがあり(左から4番目のスペース)、そちらを真っすぐ目指そうとしましたが、既にA車のバックランプとストップランプが点灯していたので、2秒ほど歩道部分で停止して様子を見ていたところ、一向に発進しないようなのでA車が発進しないかどうか目視で確認しながら4番目のスペースに頭から入庫しようと徐行にて前進しました。駐車スペースに入りきるころ突然A車が左後方にハンドル据え切りぎみにバック発進してきたのでその場に停車したのですが、回避する場所も無く、またA車が発進してから1~2秒で衝突されたのでクラクションを鳴らす暇も無く、なすすべもなくA車の左後角(軽ワゴン)とB車の右後部ドア(乗用ワゴン)が衝突しました。A車はT損保、B車はS損保に加入、両社とも車両保険にも加入していました。損害額概算はA車3万円、B車15万円です。損保会社同士では、A:B 80:20の過失割合で示談を進めたいようですが、当方はB車で、A車が発進してこないかを目視で常に確認しながら前進していましたし、またA車運転手はバックランプを点灯したまま最低でも5、6秒以上そこに留まった後、後方と左方を全く確認しないまま発進したことになり、これはバックギアに入れたまま他の動作(携帯電話の操作や購入した物を袋から取り出すなど)に気を取られていた可能性すら示唆されます。過失割合80:20スタートで、A車の著しい後方不確認での発進による加点で90:10か95:5を主張していますが、なかなか動きません。そのうち当方側のあまり覇気のないS損保担当者が、相手が自損自弁と言ってくるかもしれないから80:20で折れといた方が良いですよと言ってきました。当方としては保険を使うなら過失割合なんてどうでもいいのですが、等級も下がるし保険を使わずに終わらせたい気持ちがあり、今回のようなあまり過失のないと思われる事故で20%の過失を取られるのはなんとなく腑に落ちません。今回保険屋同士の提示した過失割合は妥当なのでしょうか?
今回の場合、朝のコンビニなので車の出入りが激しく、空いているスペースにどんどん入れていく必要もあり、相手車のバックランプとストップランプの点灯を確認していましたが、2秒以上は待てませんでした。それにしても乗用車のバック発進ってバックギアに入れたら進行方向の確認しませんか?また発進しつつ進行方向を目視やミラーで確認しつづけませんか?相手が人だったらとんでもないことになりませんか?このような運転手が最近増えているような気がします。

駐車場内での接触事故の過失割合について教えて下さい。事故の概要です。道路からコンビニ店舗までは4mほどの歩道と奥行き20mほどの広いスペースがあり、店舗前に5台並列するように駐車スペースがありました。左から3番目までは既に他車が駐車していて、5番目にはA車が頭から駐車していました。B車は道路左手のコンビニに入店しようと左折開始、90度左折した真正面に空きスペースがあり(左から4番目のスペース)、そちらを真っすぐ目指そうとしましたが、既にA車のバックランプとストップランプが点灯していた...続きを読む

Aベストアンサー

双方が動いていれば、9:1になることはまずありませんよ。
駐車場のような私有地内の事故で双方動いていた場合5:5が基本で、過失の程度で調整されます。
なぜ5:5が基本かと言うと、公道ではないので法的にどちらも優先では無いからです。
8:2を提示されたのなら、保険会社の基準で相手方に多大な過失があったと判断した結果でしょう。
これ以上は裁判で勝たないと変わらないと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報