先日ヘルパー2級の資格を取得し、将来1級まで取得したいと考えています。しかし、現在日中は東京の新宿区で会社勤めをしている為、介護の仕事は夜間帯しかできません。
 どうしても、がんばって経験をつみたいと思っているのですが、夜間介護の仕事は実際発生しているのでしょうか?
 また、非常勤としての勤務先をどうやったら見つけることができるでしょうか?
 どなたか、良きアドバイス、情報提供をよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

夜勤のみで雇ってくれる所はあります。


でもこの仕事は経験がなによりです。経験を積むには昼間でないと厳しいと思いますよ。

まず施設に直接電話して聞いてみては?
どこも人手不足だと思うので、ちゃんと対応してくれると思いますよ。

条件の合うところが見つかればいいですね。
    • good
    • 0

巡回型介護は夜勤だけでの時間帯でも募集はあるところはありますが、人の命に関わる仕事だから、昼も夜も仕事ではかなり大変ではないですか

    • good
    • 0

こんにちは。

夜勤をしたいとの事ですが、昼間の仕事もしつつ介護の仕事も・・・と言うのは『かなり!』きついと思いますよ。それはさて置いて・・働く地域にもよりますが、夜間の介護で私のオススメは24時間の巡回型介護です。会社にもよりますが、勤務はだいたい2交替、あるいは3交替とあります。もちろん夜勤だけの勤務も可能なところはあると思います。私の勤めていた会社がそうでした。働ける時間帯や週に何日出勤できるかなど、問題もあるとは思いますが出来ないことはありません。昼間に仕事をもっていて夜勤で働いている人はたくさん居ますよ。
仕事先ですが、住んでいる地域を拠点に探されてはどうでしょうか?
それは、巡回になると車の運転が欠かせません。
知らない地域で働くより、なれた場所で働く方が道も分かるし道路事情もわかって良いと思います。
会社名を書くわけにはいかないと思うので、是非がんばって探してください。
24時間巡回介護をやっている会社が必ずあるはずです。
たとえば新聞の求人広告や、市役所や区役所で尋ねてみるとか、今ならインターネットで検索なんかもいけると思います。
良いアドバイスではないかもしれませんが・・・・。
がんばって下さい!!
    • good
    • 0

ホームヘルプの夜間・早朝サービスは実際行われています。


巡回型と滞在型がありまして・・・・

新宿区のホームページから「介護保険情報」(多少名称は異なるかも)、
中の「事業者一覧」を探し、その中の「訪問介護」(これは全国共通の名称
なので確実です)の事業者を見てみてください。
そこに夜間業務も行っているかどうか情報が掲載されていると思います。

しかし、介護の仕事を夜間続けるのは半端な体力では難しいですよ。
体に気をつけて頑張ってください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヘルパー2級から介護福祉士の資格取得には

ヘルパー2級をもっています。
一応、在宅のヘルパーとして登録して仕事をしていますが、事業所が小さいためか、ほんとうに仕事をもらえません。子どもが学校に行ってる時間だけと私からお願いしてるものの、週に多くて4件、それもほとんど生活で身体は経験がありません。こんな状態が1年半続いています。

事業所を変わるか、パートで雇ってもらえる施設を探そうかと思っていますが、将来的に、介護福祉士の試験を受ける時には、ヘルパーの実務経験が3年必要と聞きますが、今の事業所を辞める時にこの1年半の経験証明をもらうべきでしょうか? もらっておけば、次に働いたところで1年半働けば、合計3年ということで受験資格が取れるのでしょうか?
もっとも、ここまでの1年半は内容的にとてもうすく、「私は1年半分の経験がある!」なんてとても言えたもんじゃないのですが。

Aベストアンサー

証明はもらっておいて下さい。でないと受けれませんから。
ちなみに「筆記試験の前日までに従業期間が1095日以上・
従事日数540日以上」です。
ですので次のところで1年半働いても従事日数が540日に満たないとだめです。
1095日間雇われていて、そのうちの540日間は実働していないと駄目ということです。(1時間労働でも1日従事と計算)

Qホームヘルパー1級がなくなるそうですが、現在2級を二ヶ月前に取得し1級

ホームヘルパー1級がなくなるそうですが、現在2級を二ヶ月前に取得し1級にもチャレンジしようと思っておりますが、廃止となると、取る価値が無くなるのでしょうか?今後介護施設で働きたいです。現在無職です。どなたかアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

おはようございます。
現在ホームヘルパー2級は取得ということですね。
1級取得への意欲を感じておりますが、
今の資格で十分「介護施設」での就業できると思いますよ。

それより、お仕事を続けて、、受験資格になる3年後には
「介護福祉士」の国家資格にトライなさるといかがでしょう?・・
色々学ぶこと多く、スキルupのためにも価値ある資格です。
また資格手当も付くでしょう。
正直、ホームヘルパー1級にこだわる必要はまったくありません。

まず現場で経験をされながら、有効な情報を入手していきましょう。

夢に向かって頑張ってください。

Q介護職員基礎研修とヘルパー1級・2級との違い

最近、介護職員基礎研修というのを受講してみようかと思っているんですが
一般にいうヘルパー1級と2級との違いはなんでしょうか
また、就職には有利な資格になるのでしょうか?
具体的にどういうところに就職できるのでしょうか?
わかる方いましたら教えて下さい。

あと、障害者施設にはこの資格では就職は無理ですかね
たぶん無理だと思うのですが、仮に障害者施設に就職を希望する場合は
どのような過程がいいのでしょうか わかりましたらお願いします

ちなみに普通自動車免許以外は資格は保有していませんし介護関係の仕事は未経験です

Aベストアンサー

厚生労働省のパンフレットです。
参考にされてはいかがでしょうか。

当方は障害福祉を行なっていますが、介護職員基礎研修を終了された方、ありがたく採用させていただきますよ。(参考までに)

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/2010/03/dl/tp0308-1a.pdf

Q介護度5の母親を介護しています、ヘルパーさんは毎日3度身体介護のオムツ

介護度5の母親を介護しています、ヘルパーさんは毎日3度身体介護のオムツ交換で着てくれるのですが毎週木曜日だけは9時~9時30分は身体介護で9時30分~10時30分までは生活援助です今日のヘルパーさんは10時10分ぐらいに早く終わりましたので帰りますと言って帰っていきました日報には9時~10時30分と記入されています、他のヘルパーさんも時々5分、10分程度早く帰っているようです、私が仕事で不在の時は痴呆の母だけですので様子がよく解りません、ヘルパーさんは早く済めば早く帰っても良いのでしょうか、今日は20分も早く帰ったので納得がいきませんでした。

Aベストアンサー

再度の書き込みで失礼します。

ヘルパーさんも人間なので様々な方がいます
事業所のサービス提供責任者とよく話し合って下さい。

私の事業所でも過去にサービス提供先で居眠りするヘルパーがいました
サービス提供責任者が巡回訪問した際に利用者の方よりお話しをお聞きして対処した事があります。

ヘルパーの資格と言っても2級レベルは講座を受講すれば修了証が頂ける仕組みです
最終的には各自の資質になります
技術的な教育も利用者処遇、対応も指導していますが、登録ヘルパーさん全員に行きとどいているか…
いつも悩みながら研修を実施しています。

どうぞ、遠慮しないでお話しされることだと思います。

Q夜間の介護ヘルパーについて

75歳の父は就寝後1時間に1回排尿のため起きていますが、足腰が弱りトイレに行けないため尿瓶を使っています。しかし手(指)が不自由でそれもままならず度々粗相してしまいます。横に寝ている母(68歳)も毎晩何度も起こされ体力的精神的に参っています。このような場合介護認定を受け夜間だけヘルパーさんを頼む事はできますか?その場合費用はどのくらいでしょうか?父は昼間は自分でトイレに行けるし、痴呆の症状は今のところないのですがそれでも認定は受けられるのでしょうか?認定されない時は自費で依頼するとどの位の費用がかかりますか?おわかりになる方ご回答お願い致します。

Aベストアンサー

 ご質問の文章だけでの判断は、専門家であっても難しいと思いますが、夜間だけのお世話をする必要があるのでしたら、介護保険の認定は難しいと思われます。また、文面からの推測ですが、お父さんに必要なのは介護ではなくてお世話をする人だと思われます。

 ヘルパーさんは、市町村の社会福祉協議会で、訪問ヘルプ事業名窓の名称で事業を実施しています。料金も、所得によって異なりますが、1回の訪問で千円以内の利用金だと思われます。ただし、御希望のような夜間の訪問を実施しているかは、お住まいの市町村によって対応が異なりますので、役所に電話をして社会福祉協議会の方に、直接確認をされてください。他にも、民間の事業者があれば、夜間でも対応をしてくれるでしょうが、料金は社会福祉協議会に比べると高くなります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報