新規会員登録における電話番号登録必須化のお知らせ

現在京都の美大に通う大学4回生です。女です。


未だに就職先が見つかりません。
映画、テレビの美術、建築系を中心に就活をしてきました。
今思えば、搾り過ぎていた気もします。
就活先が見つからないのは自分の責任だと思っています。



ただ大学卒業まであと1ヶ月。
どうして良いかわかりません。



今のアパートを出て地元の田舎(大分)にひっこむか
京都に残ってアルバイトをしながら職探しをするか…


私の夢は(もう夢とかいう気力もあんまりないのですが…)
●4年間勉強してきたデザイン(空間系)の仕事に就きたい
●いつかは海外との仕事がしたい
●最終的に日本の文化(伝統)に関わる仕事がしたい
と思っています。


就活をしてきて上の3つがはっきりしました。
はっきり見えるのは英語の勉強をしなくては…とおもっています。
大学在籍中に留学しておけばよかったと思っても
時は遅し…つめの甘い自分に嫌気がさします。


自分が不器用で情けないことは重々承知しております。
なにか些細なことでも良いので
アドバイスをいただきたいです。


よろしくおねがいします。

教えて!goo グレード

A 回答 (5件)

僕も美術の人間ですが、就職にしてもなんにしても、やっぱ下積みが大事だと思います。



大学でたった4年間(専門の勉強は3年間?)の勉強なんて全く大したもんではないはずです。この大学全入の時代では誰でも学べる事です。そんな状況で就職にあぶれるのは必然です。
規制の概念を全て捨て去り、希望の会社、良い会社に就職というよりも、あなたにとってさらに学べる場を探す、作るという発想で進路を決めた方がいいと思います。

就職だけが進路ではないはずですし、そのためにそこらへんでアルバイトして過ごすなんてありえないです。人を頼るなり自分で動くなりしてより学べる場を探してください。
海外で活躍したいってのも憧れるのはわかりますし、京都にお住まいで日本の文化に関心があるのはすごくいいことだと思います。
でも、今の人をみてて気になるのは世間に溢れる有名デザイナーやアーティスト像をただ追っているだけでは?とよく思います。
それらは(人様の)結果の話であって、それを目指すというのはちょっとおかしいと僕は思いますし。それに今時、世界に出るのは当然で、日本の文化が重要なのも世界を相手に仕事する上では普通の話しだと思うのです。
そういった結果は後からついてくるもので目指すものじゃないはずです。あえて目指すならさらにその先を目指しませんか。

過去を悔やむのは誰にでも出来るのでいちいち悔やむ必要はありません。
英語の勉強よりも大事なことはたくさんあります。

現状を打ち破り、新たに創造していくことがデザイナーでありアーティストだと思いませんか。
共に頑張りましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問からお礼がおそくなってしまいました。

あれから何ヶ月もたって、就職することができました。
プロダクトデザイン系の事務所です。

まだ先は長いし、日々色々なことをみては吸収し、
何を感じて、どう表現したいのか。

たくさんの方に回答をいただき、とても感謝しております。

いちばん自分がはっとした回答をくださったかたをベストアンサーに選ばせていただきました。


本当に感謝しております。
がんばります。

お礼日時:2010/09/11 12:04

こんなサイト見つけました。

こういったワークショプに参加して見ると色々な人と出会えるきっかけになるかもしれませんよ。http://www.apdj.or.jp/st-jyuku/index.php
本当にやりたい仕事に就きたいなら場所を選ばずに受けてみたらどうでしょうhttp://froma.yahoo.co.jp/s/p/baito/F13010Bs.jsp? …
とても苦しいのは痛いほどわかりますが、夢がおわりでしたら、あきらめしまったら本当にもったいないですよ。
    • good
    • 0

>●4年間勉強してきたデザイン(空間系)の仕事に就きたい


リアルな空間デザインの世界ではないお仕事はどうでしょうか。
もしくはデザインする人ではないデザインの営業系はどうでしょうか。

>京都に残ってアルバイトをしながら職探しをするか…
来年の新卒にごっそりやられるのがオチですよ。
まだ不況から脱出していません。
    • good
    • 0

「映画、テレビの美術、建築系を中心に」


他にもありますよ。
マスコミではなく全国各地の現場を飾る発砲スチロールの造形とか
お化け屋敷のお化け作るような仕事とか
食品サンプルのロウ細工とか
あるいは常滑の量産陶器の工房に就職して余裕ができたら
オリジナルの置物・犬とか猫とか恐竜とか作る、とか
美術の技能を生かせる仕事に就いて、
自分のクリエイティブティを融合させればよいのです。
情報化社会でありコンクールも常設的にあるのだから
優れた物をつくれば海外ともつながります。

英語などカタコトでよろしい。
自分の創作を磨くのがなにより大事であり、
それは20年ぐらいの大きな計画です。
数か月の就活がうまくいかないからあきらめるというような
目先の、小さなスケールの問題ではないですよ。
田舎にひっこむにしても、それは実力を上げる修行に
専念するためでなければおかしい。
さもなければあなたの芸術家としての情熱は希薄なものであり
たとえうまいぐあいに就職できても実力を得られないのだから
挫折するに決まっています。

芸能界とはちがって美術の世界は、
現場に入らなければ実力を上げられないというものではありません。
    • good
    • 0

何をしていいか分からない、と言う人が多い中で、こんなにもはっきり目標が定まってるなんてすばらしいと思いました。


英語の勉強は仕事しながらでも何とかなりますので、ひとまず小さいところでもデザイン関係の会社に潜り込むのが先決ではないでしょうか。
バイトから正社員、とか、経験を積んでもう少し大きい会社に転職、でもいいと思います。
もしくは東京に攻めに出てはいかがでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング