「dポイント」が最大20倍になるお得な情報

ネットで、脂肪酸の理想的な摂取比率は、S(飽和脂肪酸):M(単価不飽和脂肪酸):P(多価不飽和脂肪酸)=3:4:3とか、多価不飽和脂肪酸についてはn-6:n-3=4:1とか書かれています。この比は、薬学的根拠があるのでしょうか。Sは、エネルギー源、細胞質の構成、MPは、アラキドン酸カスケードでPG.TX.LTなど重要な生理活性物質になることは、わかりましたが、このような生体内での役割を調べるだけでは、前述の理想値がどうやって導かれたのか、不明で困っています。個々の、体内動態、吸収率のデータなど、納得のいく根拠があれば、是非教えてください。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

個人によって体内で必要とされる脂肪の種類は異なります。


不飽和脂肪酸はプロスタグランジンに体内で変化し、多くの代謝機能を制御します。
ですから万人に適切な一様な比率があるはずはないのです。

この回答への補足

質問の仕方が悪かったようなので、補足します。SMPのADMEは、個人差があるにもかかわらず、ネットや、健康関連のパンフレットでは、S:M:P=3:4:3が理想的摂取率だと謳われていることに疑問を感じたのです。食物大半に含まれている、n-3系脂肪酸ばかり食べているとn-3由来のエイコサノイドが蓄積し、n-3に対して拮抗的なn-6系脂肪酸由来のエイコサノイドの作用が減弱し、アレルギー性疾患になるといった、記述がみられました。アレルギー体質をお持ちの方にとっては、深刻なことです。食生活においては、偏ることなく、満遍なく摂取することが大切だと解していますが、体外的に上記のように、理想的摂取比率が導かれたのには、何か生理化学的な根拠があって、言われているものなのでしょうか。私は、1:1:1(満遍なく摂取するという意味で)としたほうが、納得できるのですが。3:4:3という比率とPについてのn-6:n-3=4:1が、不思議でたまりません。編み出された経緯があるのか、ガセネタであるのか・・・お願いします。

補足日時:2010/02/22 16:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q栄養比率について

栄養素摂取量から求め、給食などを作るときに役立つ。自分が本などで調べた結果はこんなものでした・・・。もう少し、詳しい意味が知りたいです。
栄養比率の定義?を教えてください。

Aベストアンサー

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないとダメなのですが、注意しなければならないのは総エネルギー量です。この総エネルギー量が適正であることが基本条件です。
たとえば、脂質エネルギー比は1~17歳は25~30%、18歳以上は20~25%であることと日本人の栄養所要量食事摂取基準ではいわれていますが、こんな場合はどうでしょう。
総エネルギーが必要量の半分しかとれていないのに、脂質エネルギー比が40%だったら。たぶん、脂質量は適正です。その他のたんぱく質や炭水化物量がきっと不足しています。それらを適正量にすれば、脂質エネルギー比は範囲内に入るはずです。つまり、総エネルギー量とそのバランスをトータルに考えなければならないのです。

2.穀物エネルギー比率
以前は、日本人は「米ばっかり食」のことが多かったので、穀物だけでなく、もっといろいろなものを食べなければ栄養バランスがとれないということを考える目安とされてきました。
摂取した穀物のエネルギー量を合計し、総エネルギー量で割って100をかけます。50%程度が望ましいといわれています。でも、若い女性はもっと低いです。これは低すぎてもダメです。やはり、脂質エネルギー比の過剰につながるからです。

3.動物性たんぱく質比率
通称、動たん比とよんでいます。総たんぱく質量に占める動物性たんぱく質の割合です。
動物性たんぱく質量(g)/総たんぱく質量(g)×100で求めます。
アミノ酸組成のよい動物性たんぱく質はとても大切。特に、成長期には50%は摂りたいものです。

4.ほかにもいろいろ。。。
動物性脂質比率とか、
飽和脂肪酸(S):一価不飽和脂肪酸(M):多価不飽和脂肪酸(P)=3:4:3とか、
n-6系多価不飽和脂肪酸:n-3系多価不飽和脂肪酸=4:1とか、
まだ他にもあるかも。

いずれも、献立を作成したり、栄養診断する際に活用されます。

栄養比率はいろいろとあります。

1.PFC比率
ashibe1122のお答えにある通りです。
ただ、算出方法ですが、それぞれ
たんぱく質エネルギー比率=たんぱく質量(g)×4(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
脂質エネルギー比率=脂質量(g)×9(kcal/g)÷総エネルギー量(kcal)×100
炭水化物エネルギー比率=100-(たんぱく質エネルギー比率+脂質エネルギー比率)
で求めます。
比率ですから当然%です。一般には小数点以下1桁まで算出することが求められます。
この3つのエネルギー比率がバランスよくないと...続きを読む

Qサバの水煮の缶詰を毎日一缶(190g)食べていると健康上問題ありますか?

なぜ毎日食べるかというと:
1.栄養がいい・・・一缶にDHAが4,000mg、EPAが3,200mg入っている
2.大変うまい
3.ダイエットになる・・・私は就寝の前になるとかなり腹が減るんです。寝る前の空腹は我慢できないんです。そういう時、多くの人はインスタントラーメンを食べると思うんです。でも、ラーメンは毎日食べると体に悪いっていうのは常識だし、カロリーも高い。だから、代わりに私はサバの缶詰を毎晩食べるんです。そうすると、空腹がほぼ完全に満たされるんです。そして、約2時間後に眠りに付きます。

Aベストアンサー

不飽和脂肪酸がたくさんとれて体にいいと思います。
強いて悪い点をあげれば、塩分が2.3グラム入っている点くらいでしょうか?
1日の目標摂取量が10グラムを超えないように注意した方がいいと思います。
あとは、同じ加工食品を毎日食べることがなんとなく不安ということはあるかもしれません。
サバ缶ばっかりではなく、日によって豆腐やナッツ類や野菜類などに変えることができれば、より好ましいとは思います。
野菜は人参やキャベツなどならば生で食べられるので料理の手間はかからず、それなりにおなかに残ります。

Qプロテインの吸収速度が違うから何なのか教えて下さい

大豆とカゼインプロテインとホエイプロテインで吸収速度が違うのは分かるんですが、それが何なのかよくわかりません。

運動前にホエイを取り、強負荷のトレーニングをやった場合急激に筋力が回復するんですか?それとも、運動をしている最中からそのエネルギーを使えるのでパワーがでるんですか?

運動前に大豆やカゼインを取ると、吸収が遅いために強負荷に耐えられる程のパワーが出にくいんですか?トレーニングが終わってから回復しきるまでに、5,6時間かかるんですか?

吸収速度が違うと何がどう変わるんでしょうか?ゆっくりでも急激でも筋肉を完全に回復させきるというのが同じならば、早いか遅いの違いだけなんですかね?

私のイメージを書きます。
ホエイは2,3時間で急激にかいふくさせるため、負荷が弱かった場合、プロテインを使い切れず脂肪に変わってしまう。急激に吸収されるため内蔵にも負担が大きい、急激に吸収されるため筋肉以外に作用されるロスが発生する。

カゼインと大豆は、ゆっくり吸収されるからトレーニング時にパワーがだせない、回復が遅いから筋肉が吸収しきる前に筋肉以外に使われてしまう。

あくまでもイメージなのでしっかりとはわかりませんが、吸収速度の違いでなにがどう違うんでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いいたします。

大豆とカゼインプロテインとホエイプロテインで吸収速度が違うのは分かるんですが、それが何なのかよくわかりません。

運動前にホエイを取り、強負荷のトレーニングをやった場合急激に筋力が回復するんですか?それとも、運動をしている最中からそのエネルギーを使えるのでパワーがでるんですか?

運動前に大豆やカゼインを取ると、吸収が遅いために強負荷に耐えられる程のパワーが出にくいんですか?トレーニングが終わってから回復しきるまでに、5,6時間かかるんですか?

吸収速度が違うと何がどう変わる...続きを読む

Aベストアンサー

まあ、気持ちはわからんでもないですが、落ち着いて。あんま難しいこと考えすぎますと筋肉が異化しますよ。(もちろん冗談ですが)


で、きちんとした回答が得られないのが不満であれば、まず自分で文献等にあたってたんぱく質の代謝の仕組みをきちんと勉強される方がいいです。私も専門の研究者なわけではないので、あくまでモデルとしてしか理解をしていないので突っ込んだ部分については保証しかねますが、乗りかかった船みたいなもんなんで頑張って回答してみます。

まず、質問者様は、「筋肉が壊れる」とか「回復」だとかさかんに言ってますが、ちょっとこれ自体が私自身には違和感を感じます。筋肥大に必要なレベルのトレーニングを行うと、空腹であろうと満腹であろうと異化は発生し、トレーニング直後は筋繊維が「やせ細った状態」になります。やせ細った、といっても1000が999になる程度なんですけどね。それと同時に、筋繊維中のグリコーゲンも失われます。何故ならこれは筋トレの際のエネルギーとして使われたからです。ですから、筋肉が損傷を受けた、というのとはちょっと違うんですよね。あくまで筋繊維が異化して細くなった、というのと筋繊維中のグリコーゲンが失われた、というのがどちらかというと正しいイメージかと思います。
で、筋トレすると、詳しいメカニズムは今も分かっていないのですが、とにかく筋肉を増やそうと筋たんぱく同化が活発に起こるようになります。同化が活発に行われているなら、それに合わせてたんぱく質を普段よりも多く必要とする状態になります。また、筋グリコーゲンも枯渇しかけてる状態なので、これも炭水化物を摂取して回復してあげないといけません。筋グリコーゲン自体は大量に炭水化物を摂取してやれば1日ぐらいで回復しますが、この筋たんぱく質の同化が活発に行われる期間は、筋トレ直後だけではなく、その後何日も続くんですよ。そうやって一旦は異化して細くはなりますが、ゆっくりと成長していき、結果的にトレーニング前よりも太くなります。

で、この筋たんぱく質の同化が活発になっている時にたんぱく質をより多く、迅速に摂取してやれば、より効率的に筋肉を増やせるんじゃないかと、みんな考えたわけですよ。筋トレ直後の「ゴールデンタイム」とか聞いたことありますよね?これは特に筋トレ直後の30分間ぐらいに吸収の速いホエイを飲むと、より筋肥大に効果があると一部では信じられています。また、筋トレ直後は異化が亢進した状態なんですが、炭水化物が体内に入るとインスリンが分泌されますよね?このインスリンが異化ホルモンの分泌をストップしてくれるんですよ。なので、多くのウエイトトレーニーはトレーニング直後に吸収の速いホエイプロテインとブドウ糖を合わせて摂取したりするんです。

ですが、同化作用の限界速度以上のたんぱく質をぶちこんでも単位時間あたりの利用量は一定なんで余剰分が出ますよね?余剰分については当然無駄になります。無駄になったたんぱく質(体内ではアミノ酸として存在しますが)は結局アミノ酸の分子から窒素が外されてグリコーゲンに転換されます。窒素は汗や尿となって体外に排出されます。
つまり、吸収速度の速いホエイだと、血液中のアミノ酸濃度は急激に上昇しますけど、結局無駄になる分も多いんじゃないかということです。たんぱく合成の速度を上回るペースで外部からたんぱく質を供給されても利用できない、と考えられてるんです。

なもんで、「血中のアミノ酸濃度を急激に上げるよりも、ゆっくりと供給して一定レベルのアミノ酸濃度を維持した方が実は効率的なんじゃね?」と考えて、寝てる間は消化がゆっくりと行われるカゼインを飲んだ方がいい、と考えて、トレーニング直後には吸収の速いホエイ、寝る前は吸収がゆっくり行われるカゼイン、と分けて摂取するような人もいるんですよ。


ただ、、、ですね、実際にプロテインの種類による吸収の違いを利用して使い分けたり、吸収の速いホエイでも3時間おきに摂取すれば常にアミノ酸レベルを高く維持できるなんて工夫をしてもですね、ぶっちゃけ効果があるかどうか「分からない」し「体感できない」んですよ。
もっと言うと、筋トレ直後の「ゴールデンタイム」に吸収の速いホエイを摂取してもしなくても、おそらく筋肥大に大した差は出ないでしょう。
これは私自身だけでなく、顔見知りのボディビルダーさん複数名も同様なことを言ってました。確かに机上の理屈では吸収の速いホエイは無駄が出やすいはずなんです。でも、実際のところ、そのような工夫を色々やってみたところで違いが分からないんですからどうしようもありません。結局のところ1日のたんぱく質の摂取量以外は、極端な例(1日1回、200gのプロテインを摂取するみたいな)を除けば、どんなタイミングでどの種類のプロテインを飲もうが関係ない、というのが私自身のプロテイン摂取に対する結論です。なので、ホエイにデメリットがあるかどうかという点で言うと、一点だけ、「便やオナラがやたら臭くなる」、これ以外は私は感じられません。(経験上、カゼインの方が同量飲んだとしてもあまり臭くなりません)


だから、これはもう好み、もっと言うと信じるか信じないかの世界で、即効性のあるホエイが短時間型であってロスが大きいということを信じたければより長時間型の大豆やカゼインを飲めばいいだけです。何故世の中がホエイ主流なのか知りませんが、多分にマーケティング的な側面もあるのでしょう。

それに、筋たんぱくの同化・異化は非常に複雑で、「ここからここの時間帯が筋肉が異化してる」なんて単純なもんではありません。たんぱく質を摂取しなくても上に書いたように炭水化物を一口腹に入れるだけで異化はストップします。なので、異化を気にするのであれば、むしろ炭水化物の摂取のタイミングを工夫した方がよっぽど効果あるんじゃないかと私は思うのですけどね。もちろんたんぱく質の1日の摂取量はある程度の量を確保した前提ですけど。

まあ、気持ちはわからんでもないですが、落ち着いて。あんま難しいこと考えすぎますと筋肉が異化しますよ。(もちろん冗談ですが)


で、きちんとした回答が得られないのが不満であれば、まず自分で文献等にあたってたんぱく質の代謝の仕組みをきちんと勉強される方がいいです。私も専門の研究者なわけではないので、あくまでモデルとしてしか理解をしていないので突っ込んだ部分については保証しかねますが、乗りかかった船みたいなもんなんで頑張って回答してみます。

まず、質問者様は、「筋肉が壊れる」とか...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング