最近日本海側で、ダイオウイカやリュウグウノツカイなどめったに見られない深海生物が浜に漂着するケースが相次いでいて、これらの深海魚は海底変化の影響を受けやすいため、いま海底で何かが起きていて、漂着は地震の前兆ではないかというニュースを見ました。

☆地震の前兆ではないとすると、ほかにはなにが考えられますか

☆地震の前兆だと仮定した場合、地震がおきるのはそれらの漂着がみつかった浜の近辺ということなのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

さすがに詳しい学術研究はないので発生源等に関しては何ともですが・・・


一般に地震の基となる岩盤破壊、あるいは地下のマグマなどの動きで
地磁気が乱れるのか、電磁波が発生するのかのメカニズムがあるとみられています。

この乱れを動植物は嫌う傾向にあり、色々な変態行動をおこします。
海洋では深い場所の異変なら深海魚、浅い場所なら底物の魚がよくかかるときが
要注意といわれています。

この過程通りならば逃げてきた先で地震が発生する可能性はあります。
ただ、温暖化で北極や南極の氷が溶けて、深海の海流に異変があるのも事実です。
結局のところ生態系も何も謎に包まれているので何ともいえないのですが、
獲れた近くの人は用心をした方がいいという当然の帰結に落ち着くでしょう。

話は変わりますが、オーストラリアの地質学者が今後50年以内に東アジアで
プレートの異変があると警告しています。
主にヒマラヤの造山運動に関することらしいですが、その過程で中国内陸部に
多くの巨大地震がおこると警告しています。

まあ、世界的に活動期に入ったようで、それを象徴するように巨大地震が
立て続けにおきているのは不気味ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地震の前兆と呼ばれるのは、地磁気の乱れが関与しているかもしれないんですね。
温暖化も、たんに海水温度が変わったり水面が上がるだけではないんですね。
いろいろ勉強になりました。

質問を書いてからもチリで地震が起こり(太平洋側でしたが)「活動期」ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/28 21:28

地震の前兆=プレートテクトニクスの影響をより強く受ける


のは、日本海溝のある太平洋側ですので、日本海側だけに
異変が起きているとしたら、よほど屈折したプロセスを
考えないといけません(ただ最近、これまで地震の少なかった
韓国で小規模な地震が多発しているというニュースもあります)。

他には、温暖化による直接の水温の変化だけでなく、気候変動
(雨量や海氷の融解)による深層海流の変化が考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
地質学的なことはまったく知らなかったので、とても参考になりました。
太平洋側で何か異変が起こっているかどうかはわかりません。
そもそもあのリュウグウノツカイたちはどこからきたのか?
謎だらけです。

そして温暖化以外の気候変動でも深海に影響があるんですね。
大変勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/28 21:24

リュウグウノツカイは筋肉があまり発達していなく、海が荒れると簡単に流されてしまうそうです。



つまり、リュウグウノツカイに関しては海洋の気象条件が影響しているので、地震は関係ないようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>筋肉があまり発達していなく、海が荒れると簡単に流されてしまうそうです
そうなんですか!知りませんでした。
謎の解明につながりそうです。
問題は、
今までは日本海沿岸に流されなかったリュウグウノツカイが流されてくる特別な海洋状態・・・
とはなにかということですね。
よい情報をありがとうございました!

お礼日時:2010/02/28 21:18

温暖化の影響で深海が温かくなっているので、勘違いをして浅瀬に上がってきているからかも知れません。


素人の回答です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
温暖化ですか。
たしかにほかに獲れる魚も変わっていると聞いたような気がするので
ありうるかも。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/02/28 21:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフリカから南米に漂着した無脊椎動物

大昔アフリカから南米にゴミ筏で漂着して放散したといわれる無脊椎動物はいますか?
無脊椎動物ではありませんが新世界ザルのそういう説を読んで、じゃあもっと下等な生物ではどうだろうと興味をもちました。

Aベストアンサー

元々、南米もアフリカも、ゴンドワナ大陸起源で、
南極から切り離される1億年弱前まで一体だった
ので、無脊椎動物のように古い生物の遺伝的分岐
については、よほど精密に類縁種を特定して遺伝子
解析しないと漂流による放散の発見は難しいでしょう。
特に昆虫は飛ぶものが多く、強風にのった移動と
海流による移動とを区別する事は困難です。

Q海岸に漂着したクルミの種子の発芽の可能性は?

高校生を相手に植物の話をする機会のある者です。

今は「植物の種子散布の方法」について話をしており、
風散布種子や重力散布種子、リスやネズミなどの小動物に
散布される種子、などについて講義をしています。

そのなかで、オニグルミやサワグルミは、分布が河川沿い
であることもあって、水の流れに種子がはこばれ、
漂着した河岸で発芽するケースがあることを話を
したところ
「砂浜に漂着したクルミを見かけるが、
長期間海水につかっていたようなクルミでも発芽すること
はあるのか?」
という質問がでました。

海浜地帯のマングローブ林などに生育する植物では、
海水に運ばれ、漂着した海岸で発芽する。 という
ケースは聞いたことがありますが、クルミについては
全く情報がありません。
そこで、砂浜で採集したクルミをプランターに播種し、
発芽するかどうかの実験を行いたいのですが、結果がある
程度わかっていないので、実験計画がたてられなく困っています。

海岸に漂着したクルミに発芽の可能性があるのかどうか?
ご教授ください。

高校生を相手に植物の話をする機会のある者です。

今は「植物の種子散布の方法」について話をしており、
風散布種子や重力散布種子、リスやネズミなどの小動物に
散布される種子、などについて講義をしています。

そのなかで、オニグルミやサワグルミは、分布が河川沿い
であることもあって、水の流れに種子がはこばれ、
漂着した河岸で発芽するケースがあることを話を
したところ
「砂浜に漂着したクルミを見かけるが、
長期間海水につかっていたようなクルミでも発芽すること
はあるのか?」
と...続きを読む

Aベストアンサー

私は埼玉県人ですので、河口や汽水域の胡桃の木の分布については良く分かりません。が、次のように考えてみました。
 (1)(海辺に遊びに行った時)海岸線沿いにはあまり胡桃の木がみられない。
 (2)川沿いには多くの胡桃の木が生育している。
 (3)(2)、より真水に浸っても胡桃の種子は発芽する。
(1)~(3)より「海水に浸かった種子は発芽しない(若しくはしにくい)」という仮説も立てられますが、No.1の方がおしゃるように「環境を整えれば発芽する」という仮説も十分考えられます。(古代蓮などは環境を整えることで発芽させた良い例だと思います。)

発芽するにしても、しないにしてもそうなる理由を考え、実験後も仮説に照らした上での考察が出来たらすばらしい実験になるでしょう。もし実験環境が整うのであれば、
 (1)漂着した胡桃を土に埋めて真水で育てる 
 (2)漂着環境で育てる胡桃
 (3)淡水域で拾った(山で拾った)胡桃を(1)の環境で
と比べられたら面白いですね。

相手が高校生ということですので、必ずしも指導者側が最短距離での正解を知らなくてもいいのかな、と思ってしまいます。「自分も実験するのは初めてだ」と伝えて、一緒に考えてみたら面白くなりそうです。つい最短の正しい答えをほしくなってしましますが、学生時代にこそじっくり考えたり、観察したりといった”理科的思考”を教えてあげたいな~と思います。asinohutabaさんのように「じゃあやってみよう」と学生の視点で教えてくれる人が身近にいる学生たちが羨ましいです。


余談ですが、サワグルミは翼の付いた1~2cmの小さな種子で風散布です。
(散布というほどの飛距離はありませんが)
オニグルミとセットで書かれているところから、ヒメグルミのことでは?
ヒメグルミはオニグルミほどごつごつしておらず、一回り小さくやや扁平。
ハート型をしたかわいい胡桃です。

よい実験が出来るといいですね。

私は埼玉県人ですので、河口や汽水域の胡桃の木の分布については良く分かりません。が、次のように考えてみました。
 (1)(海辺に遊びに行った時)海岸線沿いにはあまり胡桃の木がみられない。
 (2)川沿いには多くの胡桃の木が生育している。
 (3)(2)、より真水に浸っても胡桃の種子は発芽する。
(1)~(3)より「海水に浸かった種子は発芽しない(若しくはしにくい)」という仮説も立てられますが、No.1の方がおしゃるように「環境を整えれば発芽する」という仮説も十分考えられます。(古代蓮などは環境を整える...続きを読む

Qアフリカから南米に漂着し放散した植物

大昔アフリカから南米に漂着して放散したといわれる植物はありますか?
新世界ザルがアフリカから南米までゴミ筏で漂着して放散したという説を読んで、じゃあ筏となった植物はどうだろうと興味をもちました。

Aベストアンサー

無脊椎動物についての質問と同様に、元々一体の
大陸(ゴンドワナ大陸)だった南米とアフリカの、植物
について、「分裂してから海流に乗って移動した」もの
であるかどうかを特定するのは難しい。
まして植物は、どんな火山性の離島にでもすぐ生える
ように、渡り鳥(種を運ぶ)という強力な移動手段を
持っており、海流による移動と結果において区別する
事は困難です。

Q海底で

趣味でダイビングをしていますが、
よく海底の藻に透明のゴムボールのようなものを見ます。
中は空洞になっているようで、
周りは1ミリくらいのゴムのような皮です。
緑色や褐色の藻の多いところによく見られます。
大きさも1センチくらいの物から5センチくらいの
大きなものまであるので、
何かの卵って事もないようなのですが・・・
あれは何なのでしょうか?

Aベストアンサー

軟体動物の卵嚢か、藻類ならネバリモかフクロノリでしょうか?

参考URL:http://www-es.s.chiba-u.ac.jp/kominato/teusi/zatudan/choshi_kaisou/kaisou/tyairo/nebarimo/nebarimo.htm

Q深海魚

子供の頃に買ってもらった「魚図鑑」に載っていた深海魚が、大好きでした。
たまにTVでその神秘的な姿を見てはウットリ(?)していましたが、どうしても
もっと、たっぷりみたくなりました。
せめて写真集でもと、本屋さんをのぞいてもあるのは「熱帯魚」だけでした。
どなたか深海魚について、ビデオでも本でもサイトでも構いません。
情報をお持ちの方、是非教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは
超おすすめのビデオがあります!

深海生物 パイオニアLDC です

潜水艦からの記録ビデオ形式で、色とりどりの深海魚や他の生物が出てきます。なかでも、私が感動したのは、同じ種類の生物なのに(クラゲだったと思います)、合体して、頭の役割をした個体、胴の役割をした個体、尻尾の役割をした個体と連結して生きている深海生物がいることです。あと、発光系の生物がいっぱい出てきます。

もうひとつ特色なのは、色々な場所の海底が出てくることです。生物好きには、たまりません。

深海生物2も出ています。大きなビデオ屋さんには、あります。なければ、注文しましょう(1も販売してます)。下に参考に2だけのせました。

参考URL:http://st9.yahoo.co.jp/digiconeiga/pibw-1069.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報