ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ペンタックスKAマウントのアナログ一眼カメラ「スーパーA」で使用していたレンズ(Kマウントのレンズも持っている)をニコンのFマウントのデジタル一眼カメラで使用したいと思って、いろいろとマウントアダプターを調べてみたのですが、ないようです。
(EOS用はあるみたいですが・・・)
なにか良い商品や方法がありませんでしょうか?
詳しい方や試してみたかななど教えて頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ニコンFマウントのフランジバックの方が多分ペンタックスのKマウントより長いのではないでしょうか。


従ってニコンFマウントのカメラにペンタクッスのKマウントを装着するアダプターは市販されていないと思います。逆にCanonのEFマウントはフランジバックが短いため、だいたいの35mm一眼レフ用のレンズを装着するマウントアダプターは市販されているようです。
どおしてもとおっしゃるなら、近接距離限定ですが、レンズを逆向きにつけるアダプター(レンズのフィルター用のねじを使用して装着する機構になっていると思います)をご利用されることです。ニコンの製品とペンタックスレンズのフィルター径が同じであれば、問題有りませんし、もし際があるならフィルター径のコンバータを求められれば良いかと。ただし、接写専用となるはずです。
マイクロフォーサイズが、各社のレンズを自由に装着できるのは、フランジバックが短いからですね。
ニコンのフランジバックは長いほうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、とてもよくわかりました。ありがとうございます。
フランジバックを調べてみたらKマウントが45.5、Fマウントが46.5ですね。
物理的に間に何かを入れてレンズのフランジバック近づける事は出来ても遠ざける事は物理的に無理という事ですね。(正直、フランジバックもいま調べて知りました)

僕はあまり詳しくないので申し訳ないですが、シグマやトキナなどのメーカーでKマウント用で購入した純正でない物はもしかしたらペンタックス用のアダプタ的な部分を外す事が出来るのですか?それとも、一体でメーカーごとに制作しているのですか?もしご存知でしたら向学のため教えて下さいませ。

お礼日時:2010/02/25 16:23

異なるマウントのレンズとボディをつなぐには、レンズの方がフランジバック(レンズ取り付け面から撮像面までの長さ)が長い必要があります。


(もひとつ、開口部の大きさも関連しているでしょう。)
Kマウントと、FマウントではKマウントの方がフランジバックが短いので、アダプタはないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく解説ありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:2010/02/25 17:40

シグマ・タムロン・トキナーと言ったレンズメーカーの製品は、レンズエレメントや鏡胴部分は共通でも、マウントや絞り制御方式・AF制御方式などは、各社の規格に合わせてあります。


ですから、仮に改造は可能だとしても、コスト的には新品より高い料金をユーザー負担して貰わないと引き合いません。
ですから、そのようなサービスは実施していません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切に回答いただきありがとうございます。
よくわかりました!!

お礼日時:2010/02/25 17:42

シグマなどのメーカーはフランジ側の長さを微妙に調整して、各メーカーのボディで使えるようにしているんです。


タムロンのマニュアルレンズはアダプトールというシステムで、各メーカーのボディでレンズが使えるようにしていました。
ニコンは中判用のレンズは使えますから、ペンタックス645や67のレンズならばアダプター利用で問題なく使えます。
各社のフランジバックのサイズを表にしたものはこちらです。
http://www.infonia.ne.jp/~kori/adaptor/flange.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしく解説ありがとうございました。勉強になります。
シグマなどが本体とアダプターとうまくわけて別々に販売してくれると、ボディーを乗り換えたときに便利だなぁーと思いました。しかし、新しい商品を買って欲しいメーカー側にとっては嬉しくないのかもしれませんが。そういった点でタムロンはすごい画期的な気がします!AFになるとなくなるのは技術的に無理なのか、販売促進の為なのかなんとなく興味があります。
ありがとうございました!!

お礼日時:2010/02/25 17:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKマウントのカメラにNikonマウントのレンズを付けたい

Kマウントのカメラ、Pentax K100Dに、今までNikonのデジカメで使っていたNikonマウントの魚眼レンズをマウントさせたいのですが、まず、サイズが合わないので付きませんでした。
もちろん電気的な接点が合わないので、マニュアルフォーカスになるというのは承知です。
検索してみるとアダプター?やマウント変換を使うと出来るそうなのですが、種類や、値段、いくつかある商品の中での違い、買ってはいけないメーカー、安くて品質上も問題ないお買い得製品、中古として出回っているのか、等の情報が分かりません。
2000円以内でしたら新宿付近で購入予定なのですが、何か良いものはございませんでしょうか?
詳しい方、教えていただけませんでしょうか、お願いします。

Aベストアンサー

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方法と思います。
目下、ニコンのクズレンズでの試行を検討中。
次のサイトがとても参考になります。
http://www-esl2.isc.chubu.ac.jp/mun/camera/omoshiro/omoshiro20.html

ペンタックスとニコンは、フォーカスリングの回転方向が同じだったり、フランジバック長が似ていたりするので、両者を愛用する当方としても、よいアダプタがあってレンズを共用できると良いなあと思います。

実際に両者を合わせてみると、ニコンレンズのでっぱりが大きいため、ペンタボディに当たってしまいます(ニコン35mmF2の場合)。

以上、ご参考までに。

当方が探した結果です。

(1)補正レンズ付き:エレフォトで売っています。
http://elefoto.hp.infoseek.co.jp/
レンズが入っているので高いです。

(2)補正レンズなし:
厚みがあるアダプタで、接写用リングのようなものと思われます。
フォトショップサイトウで扱っていましたが、品切れ。
http://www3.yomogi.or.jp/gadsaito/log2cam.html
時々ヤフオクに出ています。

(3)マウンタの付替え:
レンズ共用をあきらめるなら、また、レンズ・ボディの干渉をチェックしてから行うなら、良い方...続きを読む

Qミラーレスと一眼レフ、レンズは共用できますか?

いつかはデジタル一眼レフが欲しいと思い、ペンタックスのK-30の購入を決めました。
が、今すぐの購入は少々厳しいので、今はもう少し安価なミラーレスを買おうと思っています。
そこで質問なのですが、同じメーカーの一眼レフとミラーレスなら、レンズは同じものが使えるのでしょうか?
お詳しい方、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮めることができないのでボディが一眼レフとそう変わらない大きさ。
ミラーが無いと、その部分のどっか(?)で被写体までの距離を測る位相差AFが使えないので、
オートフォーカスはコントラストAFというコンパクトデジカメと同じ方式。
これがまた遅い。レンズを大きく動かして、一番はっきり見えるところに戻すというやり方だから。
オリンパスはコントラストAFだけど技術開発によってかなりの高速AFになっているけど、
K-01のコントラストAFはドジでのろまなカメです。
のろまなだけではなく、なぜドジかというと、ピントが合わないことが多々あります。
そういうときにはマニュアルで合わしてます。
画質はミラーレス最強らしいのですが、ユーザーが欠点を理解して、受け入れてあげないと使えないカメラだと思います。

でもさ、なんでも平均点以上を取る優等生より、国語も算数もダメだけど、図工だけは学校一番の子のほうが、なんか良くないですかね。
写真を撮る道具というよりは、写真を楽しむカメラ、と思ってます。

ミラーレス一眼は、ミラーが無い分、レンズとイメージセンサーの距離を近くできる=ボディをコンパクトにできるというのがメリットです。
レンズとセンサーまでの距離が変われば、そのままでは同じレンズは使えません。
なので、ミラーレス一眼は間にアダプターを入れれば一眼レフ用レンズも使えますよ、というのが一般的。

ただし、ペンタックスのK-01だけは、アダプターを使わずそのまま一眼レフ用レンズが使えます。
その代わり、同じレンズをそのまま使うということは、ミラーが無くなってもその部分を縮める...続きを読む

QペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。

ペンタックスのMF一眼レフでおすすめ機種を教えてください。


題名通り、ペンタのMF一眼レフを教えてください。
現在、キャノンのデジタル一眼レフ、ペンタのAF一眼レフを所有しています。
友人がニコンFM2を購入したのをきっかけに、MF一眼レフが欲しくなりました。

評判が高いフジヤカメラさんで探したところ、KXが気に入ったのですが
KXの在庫があまりなく、またKマウントのレンズも高額だったため再検討中です。

レンズの在庫が多いMシリーズなんていいんですが。

ところで「ペンタックスSMCM24-35/3.5-4.5」このレンズを例にとって
SMC[M]・・・のMってMマウントっていうことですよね?
つまりこのレンズは、KXなどのKマウントカメラにつけることはできないんですか?

Aベストアンサー

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シャッター採用。追針式露出計。K2は絞り優先AE
 時代遅れといわれ2年ほどで次のM系にバトンタッチ。
 それなりに安いが、プリズム腐食によるファインダーの影がでて
 いるものが非常に多く、実用出来るものは少なく高め。
 K2は稀少。海外モデルでK1000もある
 純正組合せは「K」。SMC PENTAX 55mm1.8など
 
M系(ME、MEスーパー等)1970年代後半
 小型のボディに電子式縦走りメタルシャッター、LED表示式
 露出計と絞り優先AEを搭載、ベストセラーとなった。
 バリエーションも多い。
 ME・・・軍艦部金属の絞り優先AE専用機。AOCOマークあり。
 MV1・・・MEの廉価版。
 MEsuper・・・1/2000secのシャッタ、明るいクリアブライトマット
 スクリーン、マニュアルモード搭載。M系中興の祖となった
 ME-F・・・ME-Sベースのフォーカスエイド機。
 専用レンズでAFが使えた。
 MG・・・ME-Sベースの普及機。絞り優先AE専用機。シャッター速度は
 1/1000secにダウン
 どれもシャッターのダンパー劣化によるミラーアップ固着が持病
 中古市場は二束三文状態。タマ数は非常に多く入手性は良好
 純正組合わせは「M」レンズ。smc PENTAX-M 50mmF1.7等

MX 1976年
 ペンタ最後の機械式シャッター普及マニュアル機。Mの名があるが
 構造はM系と互換性は無い。横走り布幕シャッター、LED段階表示
 露出計採用。中古市場は結構高め。機械式ゆえに誤差のある個体や
 露出計が死んでいるものも多く見られる。

LX(LX2000)1980~2001年
 ペンタ最初のプロ用機械式シャッター機。機械式ながら1/2000secの
 シャッタースピード、豊富なオプションがありさすがのプロ機。
 価格もさすがのプロ機(笑)中古市場もまだまだ高いです。
 一度は使ってみたいがちょっと手が出ませんね

Super系(Super-A、Program-A)
 ME-Superをベースに電子式レリーズ、液晶によるファインダー内表示
 AレンズによるプログラムAEや両優先AEなど6つのプログラムモードが
 搭載された。これに伴いマウントに電気接点が追加され、「KA」
 マウントとなった。機械的形状はKマウント互換。
 内部機構は複雑になり、シャッター音も独特のものになった。
 
 ボディにはオデコ絆創膏やグリップが付きホールド性はとても良い。
 Program-AはSuper-Aのシャッター優先AE等を省いた廉価版。最高速も
 1/1000secとスペックダウン。
 M系の持病はそのまま引き継がれています(ダンパワッシャの材質が違い
 ますので、後期モデルは対策されていたようです。)
 純正組合わせは「A」レンズ。 smc PENTAX-A 50mmF1.4等

私が実際に使った事があるのはM系とMX、Super系ですが、実用として
使うなら、ME-Super以降がいいと思います。理由としては
・1/2000secシャッター
 高感度フィルム入れてる時、屋外でずいぶん助かります(笑)
・クリアブライトマットスクリーン
 ME、MX系と比べ段違いに明るく見やすいです。
更にSuper-Aだと、レリーズが電子式となりストロークが浅く
扱いやすいです。
機械式マニュアルにこだわるのであればMXかな?KXもいいですが
入手性とプリズム腐食が心配ですね。

私もM系はずいぶん修理して使いましたが、最終的に手元に残したのは
Super-A(実用に)とME(観賞用にw)です。


マウントの互換性に関しては、基本的にKマウントであれば機械的には
今のデジタル機も含めすべて互換性があります(一部デジタルに付かない
ものがありますが)ただMF機で使う場合はレンズ側に絞りリングがある
ものに限ります。

ペンタのMFレンズはデジタルでも使える事で人気が高く、結構高価で
取引されていますね。

ミノルタだとボディもレンズも恐ろしく相場が安いので、下手すると
Kマウントレンズ一本分でボディと50/1.4レンズが揃ってしまいます。
XG-S以降だとアキュートマットスクリーン(ハッセルブラッドにも供給
されてます)搭載だったり、露出補正も0.5段だったりとなかなか
使い勝手も良いですよ。
蛇足になりますが、、、(笑)

それと、どれも2,30年程度前のものになりますので、精度が出ていない
ものがほとんどです。もしきちんとした精度を求めるなら、どんな入手
経路であれ、専門の修理業者でのOHが必要と思います。
その分の費用も見ておいた方がいいですね^^
まぁ、使うのがカラーネガなら何とでもなりますけど(笑)

こんにちわ。
PENTAX機のラインアップ、変遷については「PENTAX-FAN」という
サイトが非常に詳しいですね。
私なりにまとめると

S系(SV、SP等)・・・1960~70年代前半
 ペンタックス最初の一眼レフ系列。Sマウント(M42のスクリュー
 マウント)採用、横走り布幕シャッター採用。Spotmaticは
 追針式露出計搭載。
 純正組合せは「Takumar」。Supe-Takumar 55mmF1.8など

K系(KX、KM、K2等)1974~1975年
 S系ボディをバヨネットの「Kマウント」に変更したもの
 横走り布幕シ...続きを読む

Qフィルム1眼レフのミラーの汚れを取るには

 現在はもっぱらデジカメを使っていますが、かなり昔に買ってあまり使わないままお蔵入りしていたミノルタα303siを使ってみる気になりました。なんとか使えそうなのですが、よく見るとミラーの周辺に汚れが見えます。これを拭き取る方法を知りたいのですが、素人でもできますか?お教えください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

拭き取ったらお終いです。絶対触らない方が無難です。
写りに影響がないですからそのままそのままです。
>素人でもできますか?お教えください。よろしくお願いします。
一番デリケートな部分です。素人にも玄人にも手が出ません。
そんなに気になるんでしたらメンテナンスにどうぞ。

Qニコン、キャノンが売れている理由を教えてください。

先日、電気屋で店員からデジタル一眼レフの説明を受けましたが、
売れ筋はニコン、キャノンだと言われました。

確かに売り場も他メーカーより充実していたように感じました。
ただ、売れている理由がイマイチ分かりませんでした。

定番だから、みんなが使っているから、という理由で
メーカーを決める人もいると思いますが、

自分はそういうタイプではありませんので
結果的にそこを選ぶにしても自分で納得してから選びたいです。

ここの皆さんは知識が豊富そうなので、
友人に聞かれたつもりで答えてもらえると助かります。

あと、タイトルではニコンとキャノンを書きましたが、
ソニーやペンタックスなど他のメーカーの特徴も教えていただけると非常に助かります。

マメ知識や雑学など範囲を問いません。
専門的なディープな内容でも全然構いませんので
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もアマノジャク (非凡) なものの見方をする方なのですが・・・

一言で言えば、様々な意味に於いても「資本力の差」ではないかと・・・

私は PENTAX K100D を購入する際に情報収集費用も予算に入れ、2カ月かけて 14 冊ものカメラ関連雑誌を購入して NIKON、CANON EOS、OLYMPUS など、他の予算範囲に収まるカメラと共に徹底的に情報を収集しました。

しかし「徹底比較特集」などと名打って多数のカメラを同一条件でテストした特集を行っている雑誌でも NIKON や CANON EOSには 10 ページ以上もの記事を割いているのに対して K100D はたったの 2 ページ・・・半ページなんて雑誌もありました。

当時の PENTAX は韓国の SAMSON に買収されるというニュースが流れるなど (その後も HOYA に買収されましたが)、とにかく資金がない時期で、せっかく K100D を新発売したというのに 1 ページの広告すら掲載していない雑誌もありましたから「新機種徹底比較」なんて特集でも最後の最後に「こんな機種もありますよ」みたいな扱いで紹介されていたものです。

その結果、つくづく感じられたのは「宣伝広告をたくさん載せるメーカーはメディアにちやほやされて良いことずくめの記事をたくさん紹介してもらえるので、メディアに踊らされる大衆の支持を得易い一方で、宣伝広告をたくさん出せないメーカーはメディアに村八分ではないかとさえ思えるほど哀れな扱いを受けて極一部の熱狂的 (或いは良心的) マニアにしか支持されないものになってしまいかねない」というものでした。

アマノジャクな私は「雑誌の仕事から干されないよう、大広告主の製品は長所を徹底的に誉め上げ、短所は当たり障りのない評価で口を濁す」評論家の言動は無視し、私の目と読解力のみを信じて高感度撮影時のノイズやイメージ・センサの熱ノイズ写真、更には手ぶれ防止機構の構造などを冷静に比較検討した結果 (勿論、レンズ・マウント規格も単なる数値だけではなく、フランジ・バックの短いものはレンズ・アダプタを介して他社製レンズの利用幅が大きいといった利用価値まで調べました)、PENTAX K100D を購入したのですが、その後 K100D は「歴史に残るカメラ」としてどこぞの工業製品品評組織みたいなところに殿堂入りされたというような記事を見て「ブランド人気とは異なる見方をすれば、やはり高い評価を下されるカメラだったのだな」と思ったものです。(殿堂入りの理由は恐らくボディ内蔵式手ぶれ防止機構の構造だろうと思うのですが・・・)

まあ、私の場合、それまで使っていたコンパクト・デジカメでは不可能なミラー・レンズで写真を撮ってみたいという望みで最初に KENKO f500mm/F6.3 Reflex レンズの購入を決意し、普段用のレンズとしてレンズ年鑑を調べて SIGMA 17-70mm F2.8-4.0 DC MACRO を選んでから残った予算で買えるデジタル一眼カメラ・ボディの調査を始めた経緯があり、初めにボディーを購入してからレンズや他のアクセサリーに目を向けるという他の人達とは考える方向が逆向きなのですが・・・

NIKON と CANON はボディに手ぶれ防止機構がないので手ぶれ防止機構を内蔵しないレンズを使う際には大きく重く高価な三脚を要したりするのですが、交換レンズはおろか三脚を購入する資金すらも乏しいアマチュアにとっては雑誌の「よいしょ」評価に惑わされることなく、手ぶれ防止機構をボディに内蔵した PENTAX や OLYMPUS、SONYといった NIKON/CANON 以外のカメラを第一に選択するというのも後悔しない買い方ではないかと思います。

私もアマノジャク (非凡) なものの見方をする方なのですが・・・

一言で言えば、様々な意味に於いても「資本力の差」ではないかと・・・

私は PENTAX K100D を購入する際に情報収集費用も予算に入れ、2カ月かけて 14 冊ものカメラ関連雑誌を購入して NIKON、CANON EOS、OLYMPUS など、他の予算範囲に収まるカメラと共に徹底的に情報を収集しました。

しかし「徹底比較特集」などと名打って多数のカメラを同一条件でテストした特集を行っている雑誌でも NIKON や CANON EOSには 10 ページ以上もの記事を割いてい...続きを読む


人気Q&Aランキング