スイカにはビタミンAとしてのレチノールが豊富に含まれています。このレチノールを摂取することによる身体への効用にはどのようなものがあるでしょうか?

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (4件)

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?



ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=49317, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=45772
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2001/04/01 11:09

身体効果については他の方ので十分にわかったんじゃないかと思います。


粘膜にも関係しているので、風邪予防にもなるみたいですね。
過剰症もあることにはありますが、よっぽどの量を取りつづけない限り、まず陥ることはないかと思いますので、それほど心配はいらないと思います。
ビタミンAの話になりますが、俗に言う緑黄色野菜に豊富に含まれています。にんじんなんかは20gもとったら1日の所要量に達してしまうくらい豊富です。
ただ効率よくビタミンを摂取する食べ方というのがそれぞれありまして、ビタミンAのような脂溶性(油と相性がよい)ビタミンは油炒めなどにしていただくと、生で食べるよりは抜群に効果を発揮するそうです。少ない量でも賢く食べる方法は覚えていたほうがきっとためになると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2001/04/01 11:07

レチノールとは、正確にはビタミン A の1種のことですが、狭い意味で、ビタミン A そのものと同じ意味で使われる場合もあります。

もともとは、夜盲症を改善する因子として発見された脂溶性(油に溶けやすい)ビタミンで、動物の成長、正常な視力に必須のビタミンです。

ビタミン A は皮膚の角化作用を正常にし、粘膜を保護する役割をもっています。ですから、不足すると角質が厚くなり、ザラザラしてくる、いわゆる角化症の原因となります。ビタミン A に限らず、ビタミン不足は肌の美容と非常に密接な関係にあるので、食べ物から補う必要があります。以下に、ビタミン A を豊富に含む食品を紹介しておきますので、食生活の中に上手に取り入れることをお勧めします。

ビタミン A を多く含む野菜、例えば人参などのはなしをする時によく出てくる、β-カロテン(カロチン)という言葉がありますが、これは、生体内でビタミン A に変換されるビタミン A 前駆物質(プロビタミン A )の1種です。つまり、β-カロテンを豊富に含む食べ物を摂取しても、ビタミン A を補給したことと同じになる訳です。実は、上に示した食べ物の中で、人参やほうれん草などの高等植物においては、ビタミン A はむしろβ-カロテンなどのプロビタミン A のかたちで存在しており、私達はそれを体内でビタミン A に変換して利用しているのです。

ただ、ビタミンAの過剰摂取は危険です。
・現在、皮膚疾患で薬物療法を行っている方は、ビタミンA過剰症が起こる可能性があります。
・妊娠中、特に3ヶ月までのビタミンA過剰摂取は胎児奇形性の可能性あり注意が必要です。
・ビタミンAが欠乏するとビタミンCの損失を招きます。
・ビタミンA摂取後4時間以内に激しいスポーツを行うとその吸収が妨げられます。
・広範囲抗生物質と一緒の多量のビタミンAを摂らないようにしてください。

参考URL:http://hb2.seikyou.ne.jp/home/Tokushima-Shokudou …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2001/04/01 11:06

ビタミンAの摂取によって視覚の機能維持、成長や胎児の発生制御、皮膚などの上皮細胞や血液・免疫細胞の分化などが起こる。

これが欠乏すると夜盲症や皮膚の乾燥症や面英気力の低下のなどが生じる。逆に、過剰に取りすぎることにより頭痛、悪心、などの症状の他、動物では胎児の催奇形性が見られる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。

お礼日時:2001/04/01 11:10

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ