ファインデーションや日焼け止めクリームに表示されている、UV防止効果
SPF10/PA+の内容の表示が説明できる方、よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「紫外線情報」

ご参考まで。

参考URL:http://www.yakujien.com/Pages/uv1.html#Anchor-43 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

良くまとめられていてより詳しく知ることが出来ました。
是非参考にさせて頂きます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/29 11:50

SPF


Sun Protection Factorの略。UVBによる日焼けをどれだけ防げるかという目安の数値。サンバーン(赤くなる日焼け)を起こすまでの時間がどれだけ延びるかを示す。

PA
Protection glade of UVAの略。サンタン(黒くなる日焼け)を起こすまでの時間を延ばす力を示す。3段階に 区分され、効果の度合いを「+」の数で表示している。

下記のページの下のほうに詳細な説明があります。

参考URL:http://www01.u-page.so-net.ne.jp/fa2/saitowo/kik …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもよくまとめられていて、専門的な内容で助かりました。
これから化粧品を勧めるにあたって参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/03/28 18:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q■SPF25~40でPA+++の日焼け止め

タイトルの条件にあてはまる日焼け止めを探しています。
なにかおすすめがありましたら是非教えてください!

Aベストアンサー

こんにちは。

いろんなコスメを試していますが、
UVものは花王ソフィーナを信頼しています。
ギリギリSPF25には届きませんが・汗

ソフィーナ ボーテ、グレイスソフィーナ、HADA・KA、ベリーベリー、ライズ、バイタルリッチ
年代・肌質で選べて、どれもSPF24 PA+++ です。

他にパーフェクトUVだとSPF50+ PA+++
ですが、強すぎですよね。

ご参考まで。

参考URL:http://www.sofina.com/jp/products/skincareuvcut.html

QSPFがちがう日焼け止めを重ね塗りすると?

SPF50の日焼け止めを塗った上からSPF30の日焼け止め効果のあるファンデを塗ると効果はどうなりますか?
はじめに塗った50ですか?あとからつけた30ですか?また、効き目時間は伸びたりするのですか?

Aベストアンサー

50ですよ!

QSPF 50でしっかり身体を洗えば落ちる日焼け止め

SPF 50で、しっかり石けんで身体を洗えば落ちる日焼け止めってありますか?
日焼け止め買う予算が500円程度しかないのでそのくらいのでお願いします。

ちなみにスーパーに売っているメンソレータムサンプレイ、メンターム、コパトーンのいずれかを買おうと思っています。
しっかり洗えば上記の日焼け止めは落ちますか? 

Aベストアンサー

私はメンタームとメンソレータムサンプレイ、FT資生堂の物を使っています。どれもしっかり洗えば落ちていると思いますが、最近腕の曲がるところあたりが本当にしっかり落ちているか不安だったので(曲がるときにできるしわに入り込んでいそうな感じがしました・・・)コーセーコスメポートのソフティモ ホワイトのスーパーメイク落としシートを購入(ドラッグストアのセールで48枚入りが198円でした!)して、試しに手などをふき取ってみました。すると白いシートがほんのり色が付いた感じになるときもあって、こんなに汚れや角質があったんだ!と驚きました。それ以来ずっと使っていますが、日焼け止めはもちろん落ちるし、角質も取れる気がするし、夏場はひんやりと気持ちもいいので愛用しています。絶対おすすめです!(首にもとてもいいですよ。)

参考URL:http://www.kosecosmeport.co.jp/product/softymo/softymo_1.html

Q日焼け止めのSPFって足す事ができますか?

お世話になります。
ちょっとタイトルが分かりにくいのですが、たとえば日焼け止めが15、その上に重ねる化粧下地のSPFが17だったりする場合、結局SPFは何になるのでしょうか?32でしょうか?
それからUVカット効果のあるファンデと続きます。
あるBAさんには足す事は出来ないと言われ事はあるのですが....。みなさんはどうお考えですか?
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日焼け止めに配合されている原料には大きく2種類あります。一つは紫外線吸収剤 もう一つは紫外線反射剤です。SPFの数値の低い物には反射剤よりも吸収剤の方の比率が多い物が主流です。今はSPFの高い物でも白くなりにくい物が出ていますが、この白くなるのが反射剤(チタン等)です。SPFの高い物は吸収剤・反射剤の両方を多く含みますし、吸収剤のみの場合より反射剤の方が日焼けを防いでくれます。長くなりましたが、吸収剤を重ね塗りするよりも反射剤を含むSPFの高い物を一つ塗る方が日焼けを防ぐという点では有効と思われます。但し、反射剤には肌に負担をかける成分も多く見受けられますので肌のことを考えるとSPFのそれほど高くない物をこまめに塗ってあげるのも夏の日差しで疲れたお肌にはいいかもしれません。

QSPFとPA表示について

SPFとPAが紫外線A波とB波を防ぐ目安だということはわかります。50+と+++が表示限度だということも。
ところで、その表示は何に基づいて計っているのでしょうか?何か規格はあるのでしょうか。また、それを検査する機関はあるのでしょうか。
よく、SPF40PA++などと表示されている日焼け止めがありますよね。それはただ、化粧品会社が勝手に表示しているいのか、ちゃんとした機関が確認またはテストをして表示することを許可しているのかを知りたいです。

Aベストアンサー

「日本化粧品工業連合会では、1992年(平成4年)1月に「日本化粧品工業連合会SPF測定法基準」を定めました。この測定法は一部改定した「日本化粧品工業連合会SPF測定法基準(1999年改訂版)」となりました。2000年(平成12年)1月以降に新発売の日焼け止め化粧品等に表示されているSPF値は、この新基準で示される条件で試験した値です。
 なお、表示されている数値は被験者10名以上で測定された平均値です。」

上記は以下のホームページでの説明です。
更に詳しい記述は「測定の基準法」をご覧下さい。

参考URL:http://kcs.kanebo.co.jp/KC/KCBF/UV/spfpa02.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報