鬼のいぬ間にせんたくの「せんたく」とは「洗濯」と書くのでしょうか?意味はだいだい分かるのですが、語源や詳しい意味がわかる方いらっしゃったら、教えてください。
子供に聞かれてうまく答えられず困ってます。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

昔は洗濯をする時は、川や井戸の水などを使っておこなってましたよね。

女たちが集まってぺちゃくちゃとおしゃべりをしながら、にぎやかに楽しく洗濯していたと思います。そんな時に鬼がやってくると、「きゃ~、あ~れ~」ってことで、逃げまわって洗濯している場合ではない。のんびり楽しく洗濯ができない。
そんなことを繰り返しているうちに、鬼がくるまでに洗濯しちゃおうとか、鬼の居ぬ間に洗濯・・・なんて言葉が登場したんでしょうか・・・(-_-;)
こんな感じで始まったことわざだと聞いたことがあります。・・・うろ覚えですが・・・<(_ _*)>
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。そういえば、私も小学校ぐらいに同じような話を聞いたような気がします。

お礼日時:2003/06/11 02:43

詳しい意味は前の方々が書いておられるようなこと。



もともとは「鬼の居ぬ間に命の洗濯」って言っていたものが縮まった結果、今のような表現になったのだと聞いてますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有難う御座います。そうなんですね。縮まったんですね。

お礼日時:2003/06/11 02:44

手持ちのことわざ辞典で調べたところ、『鬼の居ぬ間の洗濯』の『洗濯』は


『命の洗濯』のことを言い、監督する立場の人などが留守の間に
気晴らしをして、日ごろの苦労を忘れることだそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。命の洗濯。これがまた言い回しが直感てきではないような。あまり使わないからでしょうか?

お礼日時:2003/06/11 02:41

怖い人やうるさい人がいないあいだに、息抜きやしたいことをする、という意味があります。

語源は調べてもわかりませんでした…。洗濯って息抜きになるんでしょうかねぇ。

http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%B5%B4 …

参考URL:http://jiten.www.infoseek.co.jp/Kokugo?qt=%B5%B4 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。そうですね。そこが疑問で語源とかを知りたいと思いました。

お礼日時:2003/06/11 02:37

こんばんは。



ことわざサイトに情報がありましたので参考にされてください。

参考URL:http://www.kotowaza-world.com/h_koto/hyper_koto. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。すばやい回答感謝します。

お礼日時:2003/06/11 02:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qことわざ「鬼に金棒」について「鬼に金棒」というのは元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味

ことわざ「鬼に金棒」について「鬼に金棒」というのは元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味ですよね。
ただ強い、敵がいないってキャラクターに対して「鬼に金棒」は使いませんよね?

Aベストアンサー

>元々強い鬼に金棒を持たせたら更に強くなるという意味ですよね。

はい。

>敵がいないってキャラクター

これは、「天下無敵」とか「天下無双」とか、そのものズバリで「○○一」(天下一、世界一、日の本一、など)と言います。

Q「かませいぬ」の正しい意味・語源を教えて

最近テレビのバラエティーを見ていて「かませいぬ」という言葉が気になりました。
「俺はかませいぬか!」のような使い方をしており、何となく雰囲気で、「形だけの対抗馬」のような意味で理解していますが、モヤモヤしています。
パソコンの国語辞典にも載っていないし、漢字では「噛ませ犬」なのでしょうか?また、語源は闘犬などからきているのでしょうか?誰か知っていたら教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

■かませ犬
語源は闘犬用語。
闘犬の試合前にわざとかませて自信をつけさせるための犬。
それから転じて「引き立て役」という意味で使われているようです。

僕も気になって調べてみました^^。
失礼します。

Q「ストレス」の語源・本当の意味あるいは逸話教えて下さい?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

よく頭痛などで「ストレスが原因」という表現がなされま

す。

この「ストレス」の語源・本当の意味あるいは

関連する言語学的・あるいはそれ以外でも

何でも結構です。訓えていただけませんでしょうか。

たとえばパニックが「パン的」という意味で

パンとはギリシャ神話の牧神で伝令神ヘルメスの息子で

パンの神がパンフルートを華麗にふきならし人心の喜怒驚

愕をつかさどったかあらパニックともあるいは

「怪物テユフォーン」に追いかけられて慌てて皮に飛び込

み頭が人間体がヤギの元来の姿から

頭は人間だが体は魚になってしまった慌てぶりを

パンニックというのだいうような例で。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

参考に 語源辞典です。
調べても ちょっと よくわかりませんが・・・。

参考URL:http://home.alc.co.jp/db/owa/etm_sch

Q吸血鬼が吸血鬼の血を輸血したら

現代に生きる吸血鬼がいたとして。吸血鬼が、体の損傷で血が足りなくなるなどして仲間の吸血鬼の血を輸血したら、どうなるんでしょうか?
血が足りなくなったら、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ないのか…そもそも血が足りなくなるほど重傷になること自体無いのだろうか…と私自身いろいろ考えてしまっているのですが、皆さんの自由な推測ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切れなさそうです。
人間も、輸血が必要になるほど血液を失ったとき、栄養ドリンクを飲んだところで効果があるとは考えにくいです。
やはり、吸血鬼もそれほど血を失ったら、人間の血を吸っているヒマもないのではないかと思います。
仲間の血を輸血するのがてっとり早い治療になるのではないでしょうか。

……とここまで書いている途中で思い出したのですが、『ジョジョの奇妙な冒険 第3部』では、重傷を負った吸血鬼のディオは、ジョセフ・ジョースターの血を吸って一瞬で回復していましたね。ま、そこはマンガだからと言ったら、身も蓋もなくなってしまいますが。

吸血鬼どうしの輸血なら、別にどうにもならないと思います。人間と同様の効果がありそうです。

人間の血液は彼らにとって食料にあたるはずです。人間にとっての栄養ドリンクみたいなものでしょうね。
吸血鬼の体の構造がどうなっているかわかりませんが、人間と同様に口から摂取した栄養を分解・吸収して体内で血を作るようになっているなら、口から摂取した人間の血液は、胃や腸で分解・吸収されて、彼らの血や肉を作るもとになるはずです。

そう考えると、人間の血を吸えばいいから輸血は必要ない、とは言い切...続きを読む

Qアイデンティティの意味と語源って・・・?

お世話になります。
アイデンティティの意味を調べてみると「自己同一性」「僕は僕といった状態?」などが出てくるのですがいまいちよく解りません。色々なところで聞く言葉なのですがアイデンティティ企画やアイデンティティデザイナーなど色々な状態で使われていて本当に良く解りません。
それと、起源を調べたらお茶がルーツらしいんですがこれも良く解りません。なんだかアルデンテ(スパゲティー)の名前のルーツにもなっているとかいないとか・・・
ご存知の方是非教えて下さい。
もうチンプンカンプンです。

Aベストアンサー

ミスのおわびに、急いで調べました。

『アイデンティティ』という言葉は、ラテン語の"idem"(同じ)から派生した後期ラテン語"identitas"(同一性)です。
もともとは、西洋の一神教の概念と関連して使用されていた言葉のようです。
この言葉が一般に使われるようになったのは、1950年代、ユダヤ系ドイツ人の精神分析医、E.H.エリクソンが『自我心理学』の基本概念として"Identity"という言葉に「自分らしさ」「自己同一性」という意味を与え、用いた事からです。
また、企業の存在としての"Identity"を、社会・環境と結びつけて考えたものが"Corporate Identity"(CI)で、これは企業戦略論の一環として現在に至っています。

ちなみに『アルデンテ』ですが、イタリア語で"al dente"で「歯ごたえのある」という意味です。
英語で、歯医者のことを"dentist"ということでもわかるように、denteは「歯」を意味します。
フランス語で"dent"。ラテン語で"dents"。英語では、歯は"tooth"ですが、『歯の』を意味する"dental"は"dent"+形容詞語尾の"al"で、関連が残っています。

<参考URL>
http://www.tomoyose.com/takaya/terrorizm3.html
10:アイデンティティ-小考「2001年11月7日(水)」

http://nork.co.jp/bunmeibunka/no5htm
このページの中段のあたり。
●キリスト教とアイデンティティ、イスラムの世界
●アイデンティティと会社組織

ミスのおわびに、急いで調べました。

『アイデンティティ』という言葉は、ラテン語の"idem"(同じ)から派生した後期ラテン語"identitas"(同一性)です。
もともとは、西洋の一神教の概念と関連して使用されていた言葉のようです。
この言葉が一般に使われるようになったのは、1950年代、ユダヤ系ドイツ人の精神分析医、E.H.エリクソンが『自我心理学』の基本概念として"Identity"という言葉に「自分らしさ」「自己同一性」という意味を与え、用いた事からです。
また、企業の存在としての"Identity"を、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報