泣かないと決めた日(ドラマ3月2日放送・第6話)にて・・・

立花和也(立花万里香の父) 「驚いたよ。まさか、大学を卒業した翌年に結婚とは…」

立花万里香 「お父さん…」

立花和也 「順番は違うが万里香の事、宜しく頼む。」

立花万里香 「話を急がないで。私、結婚するなんて一言も言ってない。」

立花和也 「どういう事だ?!」

立花万里香 「子供の父親が中原さんだから会ってもらったけど、私一人で育てようと思ってる。」

仲原翔太 「あっいや、これからこの先の話を…」
との、言いかけで、立花和也の感情が急変し、
何で仲原さんは万里香の父親(立花和也)に殴られたの??

更に、
立花和也 「人の娘(むすめ)をこんな目にあわせて、男として恥ずかしくないのか?!」
って、立花万里香と結婚する意思がある仲原翔太に対して、
カッとなり、いきなり仲原翔太へ暴力を振るった立花和也の方が、
よっぽど男として恥ずかしい行為と思ってしまいましたが。
(子供の幸せ願望を、親ならば一番に考えるでしょうが、
いくらフィクションでも、これは異例だと感じましたT_T)

もしも、これがノンフィクションだとすれば、
何故、仲原翔太は立花和也に殴られたと思います?

※この質問は、角田美樹へのイジメ関係とは無関係でお願いします。

A 回答 (1件)

>立花万里香と結婚する意思がある仲原翔太



 殴られた時点で、仲原は結婚の意志を口にしていません。ですので
万里香の言葉だけでしか父親は判断できません。となれば、仲原には
結婚の意志が無い。と父親がとるのもしょうがないでしょう。
 故に、仲原は殴られた。という事です。

 そこまで計算してる。という事も強調出来るシーンに仕上がっている
と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

いきなり殴られた仲原は、
面食らった状況で言葉が出なかったと思っていました。

確かに、仲原は結婚の意志を万里香の父親に明確に伝えてはいなかったですね。

父親って、娘さんが付合っている異性との関係は、
非常に敏感になられるのも、何となくですが判るような気がしました。
(自分はまだ未婚ですし子供もいませんが…そうなれば父親の気持ちや感情がもっと良くわかると思いました)

有難う御座いました!

お礼日時:2010/03/03 11:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報