人気雑誌が読み放題♪

こんばんは。
パリーグが開幕、今週の金曜日にはセリーグが開幕して野球が面白い時期になってきました。ところで、少し前から気になってたんですが、よく実況で”左バッター特有の切れていく打球”というのを耳にします。
どうして、左バッター特有なんでしょうか?
別に右バッターだって逆方向に打ったら切れていくものなのではないのでしょうか?
左バッターは”走り打ち”みたいになるからかな?とも思うのですが、詳しい方いらっしゃいましたらかいつまんで教えて下さいませ。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

スイッチヒッターなmagicalleoです。



左打者は、”走り打ち”になるから左に切れる打球になると思いますよ。
なんで右打者がならないかというと、一塁が右方向にあるから体の開き具合が
異なる(狭い)からだと思います。
右打者が切れる打球を打つには、三塁方向に走りながら体を開いて流し打ちをすれば、右に切れる打球は打てると思いますが、
それじゃあ、野球のルールにはあわないですよね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱりそうですか。
でも、三塁方向に走りながら流し打ちするのも見てみたい気がします(笑)。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/03/29 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスライスの逆は?

バッターが流し打ちをしたとき、右打者なら右、左打者なら左に曲がる球の事を
「スライス」と言いますよね

ではその逆、引っ張り打球で切れる方向に曲がる、
つまり、右バッターなら左、左バッターなら右に向かっていく球はなんと言うのでしょうか?

どこぞで「ドライブ」と聞いたことはあるのですが、
改めて調べてみると違うような気がしました
回答、よろしくお願いします

Aベストアンサー

多分質問者様が聞いたのは「ラインドライブ」の一部だと思います。

野球での誤った印象として、ラインドライブ=上回転のライナー性の低い打球、という認識をされることもありますが、実際はバットの軌道から見て、真上から真下にドライブ回転がかかる打球なんて”打てるわけない”のです。

バットは遠心力を伴う回転運動、一方ボールは前に進む力はありますが基本的には落下運動です。それが衝突して地面と垂直な回転がかかる打球なんて、確率的には天文学的数値になりかねない低確率です。他の回答者様が書いていた”引っ掛ける”というのは、打者がレベル(水平)スイング、あるいはダウンスイングでボールを打ち返した際に、ボール的にはやや内側から外側へ傾いた上回転がかかった打球のことです。
※プロの打者のコメントとして、引っ掛けた打球は感覚的にはバットに当たってから若干あたった面から内側へボールが滑る・移動する、そんな感覚があるとのこと。ゴルフで言う「ダフリ」もフェース面を芝や砂を挟んでボールが転がる感覚があるといいますから。

一方、最初に書いたラインドライブの球。これは「ジャストミートした打球」と言えばいいでしょうか。投手が投げる下回転のボールに対し、中心点よりやや下の地点にバットの真芯を当て、投球の軌道とほぼ同じ軌道でバットをぶつける(若干アッパースイング)と、ボールは衝突の瞬間にした回転がピタッと止まり、そこから反動で急激な上回転をもって弾かれます。この時もバットは遠心力を伴ってぶつかってくるので、今度は若干上の外目から下の内目に傾いた回転がかかった打球が飛びます。この時の打球の軌道はまさしく質問者様の言う「打者方向に綺麗に弧を描いて曲がって飛んで行く」ものになります。当然上方向への回転がかかるので揚力は抑えられて打球の飛距離は伸びません。

ただこれが本当に役に立つのはあくまでも「流し打ち」の時で、流し打ちの時にジャストミートでラインドライブを掛け、左打者なら3塁線、右打者なら1塁線の内側に曲がるように落としてヒットにする、こんな打球を打った打者は、自分が知っている(後者2名は中継などで目にした)中では現役時代の張本勲と落合博満、そしてMLB移籍後のイチロー選手だけです。オリックス時代にはさすがにそこまでのコントロールはなかったのでしょう。張本の安打製造機・広角打ちの異名の元になったのは、とにかくライン際の打球がやたら切れずにヒットにしていた事(これで本数を稼げた)。

逆に質問者様の言う引っ張りの打球でこの球筋(ラインドライブ)は全く役に立ちません。引っ張る打球で線の内側に落とすために「おっつける(打球に打者から見てシュート気味の下回転をかける)」打撃が必要になります。カットといえばいいでしょうか。

「流し打ち方向に引っ張る」これが理解出来ないと、打者にとってラインドライブの打球の意味はないのかもしれません。

多分質問者様が聞いたのは「ラインドライブ」の一部だと思います。

野球での誤った印象として、ラインドライブ=上回転のライナー性の低い打球、という認識をされることもありますが、実際はバットの軌道から見て、真上から真下にドライブ回転がかかる打球なんて”打てるわけない”のです。

バットは遠心力を伴う回転運動、一方ボールは前に進む力はありますが基本的には落下運動です。それが衝突して地面と垂直な回転がかかる打球なんて、確率的には天文学的数値になりかねない低確率です。他の回答者様が書いて...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング