『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

同じ曲でもアルバムとシングルでは音質が違うこともあるのですか?

あるアルバムの中の曲がかなり音質が悪く、シングルを買ってみようと思うのですが、音質って変わらないのかな~と思い質問しました。

シングルではベストな音だけどアルバムで音質を劣化させたものを世に出すってことはよくあることでしょうか?

またそういうことがあるとすれば、悪い録音か良い録音かを見分けることはできますか?(CDジャケット部などを見て)

よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>シングルではベストな音だけどアルバムで音質を劣化させたものを世に出すってことはよくあることでしょうか?



それはありえないと思います。
マスタリングで改善することはあっても、わざわざ誰が聴いても悪くなるほど改悪することはありません。それだけでもコストがかかるわけですから。
ましてシングル⇒アルバムではまったくマスタリングしないか、若干マスタリングでアレンジを変更するか、曲自体アレンを変更して録り直す、といったパターンが多いです。

シングルでも古いものをベスト盤などで新たに起こす際に、マスタリングしてかなり音質が改善されている場合がありますが、アルバムが出る直近で発表されたシングルでは、そこまで大幅には変わりません。

ポップス系だと様々な再生環境で聴けるよう、コンプレッサでギュウギュウに音を圧縮しているものも多く、よい音響装置で聴くとたちまちその欠点が露呈してしまう、と言うことはよくあることですし。

この回答への補足

>ポップス系だと様々な再生環境で聴けるよう、コンプレッサでギュウギュウに音を圧縮しているものも多く、よい音響装置で聴くとたちまちその欠点が露呈してしまう、と言うことはよくあることですし。

やはりそうなんですか!ポップスなんですがなにかしら露骨に圧縮されてるような音質の悪さなんです!
シングルならそれはないですかね~?

補足日時:2010/03/04 11:17
    • good
    • 0

最近のポップス系のシングルは、コンプで過剰に処理した、音の大きいものが大半です。


これは他の曲よりよく目立つようにこのような処理がなされます。
アルバムでは他の曲とのバランスを保つために、やや控えめのマスタリングがなされている可能性はあります。
だからといって、音質の変化がわかる可能性は低いです。
基本的に音質が向上するのは、リマスター盤だけと考えていいと思います。
    • good
    • 0

はじめまして♪



昔のアナログレコード時代ですと、シングル版はAMラジオで聴きやすくなるように、アルバム(LP)版はFM放送や高級オーディオセットで聴く時に正しく聞こえるように、、なんて演出が有ったみたいです。


現在のCDではどうなんでしょ?

今回の状況ではあまり期待出来ないかもしれませんね。
    • good
    • 0

>シングルならそれはないですかね~?



えっと、私の回答読みましたよね?
シングルだから音質がいいってことはまずありえません。
    • good
    • 0

 よくあることではないですが、それほど売れていなかった昔に発売していたものを、最近人気が出て再収録でアルバムに入れたいなどというとき、マスターが行方不明になっているということもあります。



 それでもどうしても入れたい場合、残っている市販盤から再度マスターにということをしたりしますが、よくて市販盤と同等までしかできません。これがレコードだったりテープだったりすると既にそれが劣化している可能性もあるでしょう。
    • good
    • 0

基本的に音質以前にアレンジが違う場合があります。


シングルは始めて聞いたときに印象深い様なバランスの取り方が必要ですが、
アルバムに入れたときは他の曲とのバランス等を重視する場合もあります。

同じアレンジで音質だけ違うというのはあまり考えられません。
業界では何かあるのかもしれませんが、普通そこをいじっても効果は無い気がします。

少なくともデータ量としてはCDフォーマットで変わりはありません。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDケースの寸法

CDケースの高さ・幅はそれぞれ何mmですか?

※ケースの厚さ5mm

Aベストアンサー

実測値です。
厚さ 5mm
縦 125mm
横 142mm


人気Q&Aランキング