特許については詳しくないので用語が曖昧かもしれませんが、宜しくお願いいたします。

■海外で特許が成立している物で、国内では特許の消滅が確認出来ている物を輸入し国内で販売したいと思っています。
物を製造しているメーカーが海外(特許が有効な国)にあり、かつライセンス契約等を交わしていない(特許を侵害している?)可能性がある場合、その物を輸入/販売する事は特許侵害にあたるのでしょうか。

 また、逆に、メーカーのある国では特許が成立していないけれども国内で特許が成立している物を輸入/販売する場合は特許侵害になるのでしょうか。

ご教授、お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご存知の通り、特許は各国ごとに成立し効力を有するものですから、


海外でのみ特許が成立している発明を、日本国内で実施しても、特許により制限を受けることはありません。
しかし日本国特許法において、輸出は特許の一つの実施の態様です。
同様に、もしその外国において輸出が特許の実施ならば、
輸出する際に、その外国特許法の制限を受けるでしょうからご注意ください。

後者のご質問については、あきらかに特許侵害になります。
特許法2条3項で発明の実施は下記のように定義されています。
これは物をどこで生産したかは問いません。

3  この法律で発明について「実施」とは、次に掲げる行為をいう。
一  物(プログラム等を含む。以下同じ。)の発明にあつては、その物の生産、使用、譲渡等(譲渡及び貸渡しをいい、その物がプログラム等である場合には、電気通信回線を通じた提供を含む。以下同じ。)、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出(譲渡等のための展示を含む。以下同じ。)をする行為
三  物を生産する方法の発明にあつては、前号に掲げるもののほか、その方法により生産した物の使用、譲渡等、輸出若しくは輸入又は譲渡等の申出をする行為

この回答への補足

早速のご回答ありがとうございます。

外国において輸出が特許の実施ならば・・・とありますが、
輸出時に外国特許法の制限を受けるというのは、輸出側(メーカー側)と輸入側(私)のどちらにも責任が発生するという事なのでしょうか。

補足日時:2010/03/04 14:39
    • good
    • 0

海外で適法に購入したものは、輸入しても特許権の侵害にはなりません(いわゆる並行輸入)。


日本に特許権が存在しようがしまいが同じです。
これは購入した時点で、特許権が消尽してしまうからです。

ただし、日本に特許権がある場合で、海外での購入品に「日本での販売を除く」と特許製品に明記されていれば、日本での販売は(日本の)特許権の侵害に該当します。

この回答への補足

ありがとうございます。

適法だと大丈夫そうなのは分かるのですが、海外の特許があるかどうか(生きているかどうか?)が曖昧で適法かどうかが分からない場合は、避けた方が無難なのでしょうか。

日本の特許の場合は、特許電子図書館で経過を調べる事が出来、特許が既に消滅している事がある程度明確になっていると思います。

しかしながら、EUやUSの特許は出願等は分かっても、その特許が生きているかが分かりません。出願日からの推測は出来るかも知れませんが、延長されているかどうかなど非常に曖昧で…

メーカー側に聞いても特許に関しては調べていないのか、ハッキリとしない場合が多く、そのような物を輸入した側にも特許侵害の責任が出てくるのではと心配です。

補足日時:2010/03/05 08:25
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q契約書有効期限

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和50年に日本の特許庁に登録されております。

ここで質問したいのは、この契約書は今でも有効なのでしょうか。特許の有効期限は20年ですが、有効期限のない契約書しかも債権の話でもない契約書がいつまで有効なのか知りたいです。
いわゆる、「解除申し込み」による解除をしなければならないのでしょうか。そうなると、「寝た子を起こす」ことになり、到底、受け入れてはくれないと予想されます。

契約書を締結したA,Bの社長は現在では在籍しておらず、またこれらの問題にかかわった関係者も会社を去っています。

昨今、海外からの対象製品に関する引合いも多く、いつまでも「契約書があるから。。」で断っているほど、弊社も余裕はない状況です。できれば正々堂々、商売をしたいと思い、質問させていただきました。

回答をお願いいたします。

会社の契約書について質問です。
弊社をA、関係する相手企業をBとします。
A,Bは今から40年ほど前に同じような製品を開発し、そのことでもめておりました。結局Bが特許を先に取得していたということから、問題可決のために以下の契約書を作成し、署名をいたしました。
(内容)
(1)AはB類似特許取得製品に関して海外での販売を行わない。国内はこれにあらず。
(2)BはAから要求があれば、特別価格にてB特許製品をAへ融通する。

上記契約書は昭和55年に交わされ、有効期限は入っておりません。
問題の特許は、昭和5...続きを読む

Aベストアンサー

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、おそらく大丈夫だろうと突っ走ってしまうと、
あとで、B社から訴訟などを起こされてしまった場合、
(誰かに変な知恵をつけられて裁判を起こす可能性もあります)
仮にあなたの会社が勝ったとしても、
そのためにかかる労力や手間、
さらには企業の信用力への影響は
計り知れないものがあります。
(銀行からの融資で難色を示されたり、
 取引相手から訴訟が落ち着くまで
 しばらく取引を見送りたいと言われることもあります)

会社間の契約というのは
一部の社員の独断で反故にしたり、
勝手に無効という判断をするにはリスキーすぎます。

もし、会社に顧問弁護士という立場の人がいるのであれば、
責任ある上司の方を通じて、
穏便な解決方法について
相談するのがベストだと思います。
そのために顧問料を払っているわけですしね。

No2です。
改めて記入しますが、
結局その契約が、特許期限が切れたことによって、
無効となるようなものなのか、どうか、ということについては、
契約書そのものを見ないとわからないというのが
正直なところです。
さらに契約書を見せていただいても、
先ほど記したように、
どちらともとれる可能性があります。

おそらくB社のほうでも契約の存在自体、
もはや忘れているんじゃないかとも思えますし、
仮に契約書の存在を知っていても
B社のほうで、すでに効力がないと思っているかもしれません。

ただ、お...続きを読む

Q契約について、成立要件と有効要件は別であり、契約は成立したけれども無効

契約について、成立要件と有効要件は別であり、契約は成立したけれども無効という
ことも考えられると思います。
日常的な感覚では、契約が成立したいうのは有効を前提にしていますので意外でした。
このように、成立と有効を分ける実益はどういうところにあるのでしょうか?

Aベストアンサー

>正規の民法教育を受けた方には当然のことかもしれませんね。
所謂専門家や専門の教育を受けた人間が、当然に理解したつもり、又は意味があると思っているつもりのものであっても、実は理解していなかったり、大して意味が無かったりするのは世の常。a1bさんのプリミティブな質問にハッとし、勉強になることも多い。ただし失礼だが、単に知識が不十分であるが故の質問もまた多いと感じている。

本質問について、自分なりにa1bさんの立場になって考えるに、知識が不十分であるが故の質問の感が否めない。ただし、これは民法の総則編、債権編の多くに関するものであり、何をどう書けばいいのか非常に悩んだ。質問の意図とずれていたら申し訳ない。

常に契約が成立し有効に効力が発するのならば、考える必要は無いのかもしれないが、何か問題があり、成立しなかったり、有効に効力が発しなかった場合に、当事者、第三者、転得者等多くの利害関係人の利益の調整を如何に図るのがどれほど難しいのかは容易に想像できる。

そのため、予めどこにどのような問題があれば、どのように利益を調整すればよいのかを、決めておくことは極めて重要であろう。

そのため、一般的には契約が成立し効力が発生するまでの過程を以下のように分類し、分析し効果を考えている。
1.契約の成立要件
 内心、外形の一致
2.契約の有効要件
 2-1当事者にかかわる有効要件
  権利能力・意思能力/行為能力/意思表示上の瑕疵・不存在
 2-2契約内容の有効要件
  確定性、実現可能性、適法性、社会的妥当性
3.効果帰属要件
  代理人・法人の代表権
4.効力発生要件
  条件や期限

1.契約の成立要件
申し込みと受諾の意思表示の合致によって成立するが、当事者間で内心が一致していれば、契約は成立。このとき外形が異なっていた場合どう処理するか?例えば買主がAを買うつもりで、Bについての注文書を送り、売主がAを売るつもりでBの請求書を送った場合等である。これは、内心が一致しているAについて契約は成立として処理する。

内心も外形も一致していなければ、当然不成立。

内心は一致していないが、外形が一致している場合はどうなるか?
買主がAを買おうと思い、間違えてBについての注文書を送り、売主がBを売ろうと思って、Bについての請求書を送った場合などであるが、契約はBについて成立する。

ただし、内心と外形の不一致があった当事者を保護するために、その当事者のみに錯誤無効を主張することが認められている。(勿論、必ずしも錯誤無効を主張する必要は無く、Bについての契約を成立させても良い)

成立要件として分類し分析することで、以上のような画一的な処理を決めておくことができる。

2.契約の有効要件
 2-1当事者にかかわる有効要件
  権利能力・意思能力/行為能力/意思表示上の瑕疵・不存在
 2-2契約内容の有効要件
  確定性、実現可能性、適法性、社会的妥当性

これについては、書き出すときりが無いが、基本書を紐解けば数百ページにわたって、詳細に分類・分析されているし、すでに多くをa1bさんもご存知であろう。有効か無効か、取消しうるものか、誰がそれを主張できるか?その場合の、利害関係人の利益調整はどうすべきか?などなど。


3.効果帰属要件
補足を拝見するに、無権代理人を有効要件とお考えのようだが、一般的には効果帰属要件に分類される。単純に書けば、成立し有効であった契約が誰に帰属するのか?と考えるもの。

けん名が無ければ代理行為ではなく、その他表見代理の成立、無権代理人の責任、相手方の取消権、相手方の催告権、有権代理などに分類され、効果は論じられる。

4.効力発生要件
  条件や期限
これは書かないでも容易に想像できるだろう。

一応これ位の知識があれば、4つに分ける実益について、なんとなくの理解はできると自分は思うのだが、以上を踏まえた上でまだ疑問であれば、できるだけ具体的に疑問を書いていただければお答えできるかもしれない。

>正規の民法教育を受けた方には当然のことかもしれませんね。
所謂専門家や専門の教育を受けた人間が、当然に理解したつもり、又は意味があると思っているつもりのものであっても、実は理解していなかったり、大して意味が無かったりするのは世の常。a1bさんのプリミティブな質問にハッとし、勉強になることも多い。ただし失礼だが、単に知識が不十分であるが故の質問もまた多いと感じている。

本質問について、自分なりにa1bさんの立場になって考えるに、知識が不十分であるが故の質問の感が否めない。ただし、...続きを読む

QESTA 有効期限内の有効期限延長についてお聞きしたいのですが

ESTA 有効期限内の有効期限延長についてお聞きしたいのですが
アメリカ経由でブラジルに行く事になりまして行きは有効期限内なのですが
帰りに経由する際は有効期限が切れてしまいます。
有効期限を延長する方法は何か有りますでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

有効期限の延長は出来ません、再度申請するしかないですね。

ESTAは、この9月8日より有料になりましたので、次回は14ドル払って再度申請してください。

またESTAの有効期限は2年間ですが、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって無効になりますので注意してください。

Q輸入商品の国内販売の規制 独占禁止法

私は外国から商品を輸入をして日本で販売をしております。(商品の具体的なことは伏せさせてください)

私はその商品をインターネットで販売していたところ
先日ある会社から連絡が来ました『あなたが扱っている商品は日本国内では販売できない事になっていますので販売をしないでください』という内容でした。

その会社は輸入元の会社と独占契約しているようで
日本には商品を売らないでくれというないようでした。(現時点電話で話しただけなのではまだその会社がかわした契約書などはみておりません)
この契約事実だとして私がこの商品を日本で販売する事はできないのでしょうか?
また販売させないという事は独占禁止法に抵触する
のではないでしょうか?
(補足 まだ契約書を見ていないので私が購入している会社との契約かどうかもわかりません)

またこの件に該当する法律などはどのような法律になりますか? 
困っていますご回答よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

並行輸入の不当阻害行為の可能性があります。

公正取引委員会の下記指針をご参照ください。
流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針
第3部総代理店に関する独占禁止法上の指針
http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/dtgl/3-3.htm

上記指針より並行輸入の不当阻害の項より一部抜粋しました
○総代理店契約が輸入品について行われる場合において,第三者が契約当事者間のルートとは別のルートで契約対象商品を輸入することがある(以下これを「並行輸入」といい,商標権を侵害しないいわゆる真正商品の輸入を前提としている。)。
並行輸入は一般に価格競争を促進する効果を有するものであり,したがって,価格を維持するためにこれを阻害する場合には独占禁止法上問題となる。

○並行輸入品を取り扱うか否かは販売業者が自由に決定すべきものである。総代理店が並行輸入品を取り扱わないことを条件として販売業者と取引するなど,販売業者に対し並行輸入品を取り扱わないようにさせることは,それが契約対象商品の価格を維持するために行われる場合には,不公正な取引方法に該当し,違法となる(一般指定13項又は15項)。

参考URL:http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/dtgl/3-3.htm

並行輸入の不当阻害行為の可能性があります。

公正取引委員会の下記指針をご参照ください。
流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針
第3部総代理店に関する独占禁止法上の指針
http://www.jftc.go.jp/dokusen/3/dtgl/3-3.htm

上記指針より並行輸入の不当阻害の項より一部抜粋しました
○総代理店契約が輸入品について行われる場合において,第三者が契約当事者間のルートとは別のルートで契約対象商品を輸入することがある(以下これを「並行輸入」といい,商標権を侵害しないいわゆる真正商品の輸入...続きを読む

Qクッキーの有効期限取得(C#)

VC#(ASP.NET)で、クッキーを作成しているのですが、
クッキーの有効期限の取得方法をご存知の方、お教えください。

Request.Cookies["クッキー名"].Expiresで有効期限を取得しようとしたのですが、有効期限を取得することができませんでした。

最低でも、有効期限あり、有効期限なしの情報だけでも取得したいのですが。

そもそも有効期限は取得することができないのでしょうか?

Aベストアンサー

そういうものです。そもそもブラウザから送信されません。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/aa289495(v=vs.71).aspx
「有効期限とは?」の章参照

Q中国からの輸入品(漢方薬)を国内販売する方法

タイトルの手続きについて個人で調べたところ、医薬部外品でもある程度、三年間の臨床手続きや他長期間の厚生省の手続きが必要でそのような投資を個人ではできません。より小額で取り扱える手続きや方法は無いものでしょうか

その漢方薬とは、中国ではすでに販売されており、特許も取得されているもので皮膚感染に即効性のあるもので、口内に投入するものです。

Aベストアンサー

日本国内で一般向けに販売される医薬品は,あくまでも,日本の薬事法によって承認・許可をされていなければなりません。
それが,海外でどれほど効果があろうと,日本で輸入販売承認と輸入販売許可を得たものであり,かつ,医薬品輸入販売業許可を持つ者が輸入する必要があります。
業態許可取得のためには,試験設備・保管設備といったハード面と人的要件として管理薬剤師,ソフト面としてGMPIを満たすということが求められます。
ですから,個人の方が行なおうとすると非常にハードルが高いと思われます。
詳細については書くことができませんが,来年,国会に上程され,2~3年後に施行される予定の新しい薬事法では新規参入が非常に容易くなるようになりそうです。
それまで待たれるのがよいかもしれません。

なお,国内販売についてもいろいろと規制があります。一般向けの薬を販売できるのは薬局と薬店(薬房)で,前者は管理薬剤師,後者は薬種商免許が必要です(前者は医師等の処方箋に基づいて調剤ができますが,後者は開封して薬を扱うことができません)。
また,販売できる薬は一般向けの場合,医師の処方が不要な一般薬として承認・許可を受けたものに限られます。無承認・無許可の医薬品を販売すると薬事法違反ですので止めて下さいネ。

或いは,輸入代行業については,薬事法の盲点をついており,在庫を持たずに,本当にその都度輸入するということであれば,何等,業態許可も人的要件もソフト面も規制がありません。
ただし,毒劇物・覚醒剤・麻薬・抗精神薬などを含む場合は問題となりますので,ご注意くださいネ。
法規の専門家として
以上kawakawaでした

日本国内で一般向けに販売される医薬品は,あくまでも,日本の薬事法によって承認・許可をされていなければなりません。
それが,海外でどれほど効果があろうと,日本で輸入販売承認と輸入販売許可を得たものであり,かつ,医薬品輸入販売業許可を持つ者が輸入する必要があります。
業態許可取得のためには,試験設備・保管設備といったハード面と人的要件として管理薬剤師,ソフト面としてGMPIを満たすということが求められます。
ですから,個人の方が行なおうとすると非常にハードルが高いと思われます...続きを読む

Q運転免許の有効期限

先日、運転免許の更新手続きをしたところ、
誕生日の一ヵ月後まで有効だった免許証の裏に、
有効期限の書かれた更新中のスタンプが押されたのですが、
押されたスタンプの有効期限は本来の免許証の有効期限よりかなり早い日付になっています。
この場合、どちらの有効期限が本当なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

情報が少ないので、ある程度、予想して回答すると

>更新中のスタンプが押されたのですが、

これは、新規の免許証ではなく今まで所持していた更新前の免許証ですね。

>押されたスタンプの有効期限は本来の免許証の有効期限よりかなり早い日付になっています。

これは、即日交付ではなく、講習または警察署の関係で後日交付か郵送ということだと思います。

>どちらの有効期限が本当なのでしょうか?

上記のことが間違っていなければ、スタンプの有効期限までには、新しい免許証が発行されているはずです。

そのため、スタンプの方が有効期限になります。

有効期限までに取りに行ってくださいね。

Q撮影したい写真のイメージにたまたま近い写真が販売物に。そのまま予定通り自分で撮影した写真をサイトで使用したら著作権侵害?

商用のWebサイトを製作していますが、とある案件でトップページに使いたい写真を考えていて、自身のイメージというものがありました。
が、撮影には手間隙かかるし植物の栽培の必要もありましたので、写真を販売しているサイトで良いのがないか探していましたところ、この自分のイメージのズバリというほどの写真がダウンロード販売されていたのをたまたま見つけました。
以下です。

http://www.jp-selectshop.com/pre/bokudaizu/bean_and_hand.jpg


イメージズバリといっていいほどの写真だったので、撮影せずにこの写真を購入してもいいと思ったのですが、価格が高過ぎるので無理でした。
なのでやはり自分で撮影しようと思っていたところでひとつ疑問が出ました。

自分のイメージで撮影したとして、このたまたまイメージドンズバの写真が存在するので、この写真販売業者から著作権侵害とか言われないだろうか?
と思ったのです。

もともとの自分のイメージというのは、

・場所は暗いシチュエーションで、被写体だけをぼんやりと明るく写す
・母親が大豆の新芽を手で土ごとすくって自分の子供の手のひらに与えようとしている感じ
・背景は大豆畑か、それとも黒かグレーのバック紙

という感じに思っていました。
なので販売写真とかなり似ているのは似ています。

おそらくは著作権問題にはならないように思うのですが、顧客のWebサイトのことなので確かめたく思っています。

宜しくお願い致します。

商用のWebサイトを製作していますが、とある案件でトップページに使いたい写真を考えていて、自身のイメージというものがありました。
が、撮影には手間隙かかるし植物の栽培の必要もありましたので、写真を販売しているサイトで良いのがないか探していましたところ、この自分のイメージのズバリというほどの写真がダウンロード販売されていたのをたまたま見つけました。
以下です。

http://www.jp-selectshop.com/pre/bokudaizu/bean_and_hand.jpg


イメージズバリといっていいほどの写真だったので、撮...続きを読む

Aベストアンサー

写真の著作権侵害は非常に難しい問題です。

写真の著作権侵害を判断するに当たっては、被写体の選択・構図・光線の具合・色合いなどの独創性がどれだけ似ているかということを総合的に判断しますが、写真は、同じものを撮影すれば、誰でも同じような写真になりがちなので、一般的にはデッドコピーに近いものでなければ著作権侵害にはなりません。

今回の場合、被写体が決まってしまうと構図についてはあまり選択肢があるとは思えないので独創性は少ないですが、光の当て方・背景などはそれなりに選択の余地があります。また、大人の手と子供の手と新芽という被写体の選択は、表現としては独創性がそこそこあるでしょうね。したがって、被写体の選択と光線の具合などをトータルで見たときに、表現として共通性が認められる、すなわち著作権侵害になる可能性もあります。

バックを大豆畑にして全体を明るくしてしまえば、かなり受ける印象が代わるので著作権侵害になる可能性は相当小さくなるとは思います。

Q見積書の有効期限についてですが、有効期限を6ケ月を越えることは法律的に

見積書の有効期限についてですが、有効期限を6ケ月を越えることは法律的に問題ないのでしょうか。
有効期限は、どんな期間でもよいのでしょうか。見積書の有効期限に関する法令はあるのでしょうか。
中小企業と大企業とでは、差異はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

有効期限を6ケ月を越えることは法律的に問題ないのです。
有効期限は、どんな期間でもよいのです。
見積書の有効期限に関する法令はありません。
中小企業と大企業とでは、差異はありません。

Qアメリカで一般販売のソフトウェアを輸入販売すると?

英語版のソフトウェア(正規品の新品)をアメリカや香港などから輸入して日本で販売することに関して何かしら規制や問題はございますでしょうか?
また関税とかはかかったりしますか?

金額的には数千円~十万円ぐらいのソフトを考えています。
ソフトウェアのライセンスとして海外で使うことに関して制限がない前提でお願いします。

輸入する理由としては 日本未発売のソフトだったり 日米の価格差が大きく
実際に自分がAmazon USAなどから購入代理店経由して何度か購入しているのですが
同じような理由でほしがってる人は他にもいると思うので ならいっそ自分が在庫もって販売してしまえば、、、と思った物で・・・

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

著作権がクリアーなら、問題ないのでは。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報