「・・・の夢」という名前の宝石について教えてください。
(・・・は人名、誰かは不明です)
・・・という人が夢見た、この世に存在しない宝石らしいのですが。
出典その他どんな細かいことでもよいので知っている方、
よろしくお願いします。
友人に尋ねられて、調べておくと言ったのですが
よくわからなくて困っています。

A 回答 (2件)

自信はぜんぜんありませんが・・・。



「サンチャゴの夢」ではありませんか?
ブラジルの作家、パウロ・コエーリョの「アルケミスト」という話に出てくる宝物です。
少年サンチャゴは、夢に出てきた宝物を求めて、旅に出るのですが、いつしかそれは自己探求の旅に変わっていく、という寓話です。
角川文庫から出てますので、一度手にとって見てください。

ご質問の答えとは違うかもしれませんが、いい本です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
さっそく「アルケミスト」を入手して読んでみたのですが、
どうやら違うようです。

でも本当に良い本ですね。
何ていうか、心に響く言葉が星のようにちりばめられている
と言う感じです。(ちょっとくさいかな(^^)

お礼日時:2001/03/31 23:37

ごめんなさい!


まったく自信はないのですが・・・
「~~の夢」と「宝石」という言葉を合わせて考えてみると
~~には「クレオパトラ」とか「楊貴妃」が入ってもいいのではないかと?
「クレオパトラ」ですとgooで12件出ますが、目ぼしいものはありませんでした。

~~にはゴージャスなものの好きな女の人の名前が入るんじゃないのかな~?
(イメルダとかマドンナを入れてみましたが、ヒットしません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!
とりあえず楊貴妃で検索してみたのですが、
残念なことにヒットしません。
他にゴージャスなもの好きというと、うーん
まさかデヴィ夫人じゃないだろうし・・・
と今頭を絞っているところです。

gomuahiruさんわざわざ検索してくださったようで、
本当に有り難うございます。

お礼日時:2001/04/02 22:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『カラマーゾフの兄弟』で引用されている「ジュピタアよ~」の出典

岩波文庫版『カラマーゾフの兄弟』第四巻、弁護士フェチュコーヴィッチが、イッポリート検事を揶揄して『ジュピタアよ、なんじは怒れり、ゆえになんじは過てり』という言葉を引用するシーンがありますが、この言葉の出典は何でしょうか?

Aベストアンサー

 新潮文庫(原卓也訳)だと訳注として「ギリシャの風刺作家ルキアヌスの台詞のパロディ」となっています。

 ちなみに同箇所の訳は「ジュピターよ、君は怒った、してみると正しくないのだ」となっています。

 ご参考までに。

Q描写が細かい作家

これでもかと言うくらいとにかく細かく描写されている、必要以上というくらいでもいいです。作家、本を教えてください。

Aベストアンサー

バルザックやゾラの作品を見てください。

モーパッサンの描写もいいですね。

翻訳でもいいのですが、できれば原文を。

Qルイ14世

こんばんは。
今日読み終えた本にルイ14世が登場し、彼に興味を持ちました。
彼が主人公になっていてお勧めの本(できればその時代の歴史がよく分かる物)はありませんでしょうか?
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。

歴史解説としての本?それともエンターテイメント的なものでしょうか?

娯楽性の強いものなら、久生十蘭の「真説・鉄仮面」がオススメです。
やはりルイ14世と言ったら鉄仮面!ちょっと最後は「あれ?!」と思うところも無いでは無いですが、冒険活劇として素直に面白いですし、当時の時代背景もきちんと描かれていてなかなか良いですよ。
今は品切れのようですが、時々楽天フリマなどでも見かけます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062620790/qid%3D1092925079/249-5435647-5016329

確実に資料として知りたいなら、ピーター・バークの「ルイ14世-作られる太陽王」が良いですが、いささかお高いのが難点。でも、大きな図書館などに行ったら結構置いていると思いますよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815804907/qid=1092925665/sr=1-2/ref=sr_1_10_2/249-5435647-5016329

そこまで詳しくなくても良い・・・と仰るのなら、P・Aホームズの「ルイ14世」と言うのもあります。アマゾンでは扱っていませんでしたが、ヤフーの方では見つかりました。そこまで詳細ではありませんが、図版が多いのでビジュアル的に満足は得られると思います。
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=06215358

私からのオススメはこんなところでしょうか。
面白い本が見つかると良いですね。

こんばんは。

歴史解説としての本?それともエンターテイメント的なものでしょうか?

娯楽性の強いものなら、久生十蘭の「真説・鉄仮面」がオススメです。
やはりルイ14世と言ったら鉄仮面!ちょっと最後は「あれ?!」と思うところも無いでは無いですが、冒険活劇として素直に面白いですし、当時の時代背景もきちんと描かれていてなかなか良いですよ。
今は品切れのようですが、時々楽天フリマなどでも見かけます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062620790/qid%3D1092925079/249-5435647-...続きを読む

Q司馬遼太郎「世に棲む日日」

司馬遼太郎「世に棲む日日」

どうして、この作品は「世に棲む日日」というタイトルなのでしょう?
作中に出てくる言葉か何かなのでしょうか?
それとも登場人物の生き方か何かなのでしょうか?

図書館で目撃して以来、タイトルが印象的で気になっています。
自分で読むのが良いのはわかってるのですが、一、二巻を借りた人間が貸出延滞して、なかなか図書館に返ってこないので、質問しました。

もしよろしければ、読むに値する作品かも教えていただけると・・・幸いです。

Aベストアンサー

後半の主人公である高杉晋作の辞世の句である「おもしろきこともなき世をおもしろく、すみなすものは心なりけり」から取られています。
この句は前段が高杉晋作の作、後段が看病していた望東尼の作とも伝えられています。

作品自体は司馬遼太郎作品としてはそれほど出来のいい方ではありませんが、読んで損をするというほどでもないと思います。

Q神経質・細かい性格を改善する為に参考になる本を探しています。

カテゴリー違いならご指摘をお願いします。
表題にもありますが、
神経質・細かい性格を改善する為に自己啓発本を探しています。
この本がお勧めとか、そういう事を探すならここで探すといいよ。的なアドバイスを頂ければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アサーションもいいですよ。
http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E5%B9%B3%E6%9C%A8-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/476082586X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1219120821&sr=1-2
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%E3%81%95%E3%82%8F%E3%82%84%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%80%8C%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%A1%A8%E7%8F%BE%E3%80%8D%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AB-%E5%B9%B3%E6%9C%A8-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/4931317014/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1219120821&sr=1-1

河合隼雄さんなども。
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%93%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AE%E5%87%A6%E6%96%B9%E7%AE%8B-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E6%B2%B3%E5%90%88-%E9%9A%BC%E9%9B%84/dp/4101252246

森田療法の考え方も良いですね。
森田神経質(というタイプ)の人ならずとも、参考に出来る点があると思います。
健康な人にも。
目的本位です。

『くよくよするな』シリーズもいいですよ。
著者自身が元々デリケートな人で、学生時代に人前で話す羽目になり失神したとか。
そんなアメリカ人もいるんですね~。

本ではありませんがこのエッセイ集が好きです。
あ、森田神経質の説明になってます。
http://www.f5.dion.ne.jp/~with/hanbarger.htm

脳は安定が好きで、変えようとすると変わるのを拒否するので、全然違う方向を目指すのでなく、現状を受け入れつつ少しずつ変えていくのがいい、という話を先日読み、ナルホドねと思ったりもしました。
自分に「こうする・こうなる」と宣言するのでなく、「そうしてもいい」と許可するんだそうです。
無理なポジティブ思考でなくて、やりやすいと思います。
ポジティブ思考って使い方を誤ると余計に辛くなるので。
http://www.amazon.co.jp/%E7%99%92%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E5%A4%A2%E3%81%8C%E5%8F%B6%E3%81%86-%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A7%A3%E6%B1%BA%E3%82%BB%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%BC-%E7%9F%A2%E9%87%8E-%E6%83%A3%E4%B8%80/dp/4862800793

アサーションもいいですよ。
http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%A8%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81-%E5%B9%B3%E6%9C%A8-%E5%85%B8%E5%AD%90/dp/476082586X/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1219120821&sr=1-2
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E2%80%95%...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報