人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

板状の試験片(アルミニウム合金)の表・裏にひずみゲージを付け、弾性限度内で引張試験をしました。
σ(応力)-ε(ひずみ)線図は、σ=Eε (E:縦弾性係数)のため、傾きEの直線になるはずですが、
実験結果からσ(応力)-ε(ひずみ)線図を作成すると、応力が大きくなるにつれて表・裏の実験結果とも直線から外れていきます。

なぜこのような結果になるのでしょうか?お分かりになる方教えてください。よろしくお願いします。

試験機: 横型引張試験機
荷重測定装置: ロードセル
ひずみ測定装置: ひずみゲージ
固定法: 試験片をピンで留め、ユニバーサルジョイントを入れる

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

No1です。


フックの法則(σ=Eε)に従っている場合、金属結合した原子間の距離が引き伸ばされているだけですので、転位は起こっていないと考えてよいと思います。転位が起こると、塑性変形しますので、フックの法則に従わなくなります。

弾性変形と塑性変形では、変形のメカニズムが違うんです。

それから、「引張試験なのに曲げひずみが生じる」というのは、どういうことでしょうか?正しい試験が行われていれば、曲げひずみはかかりません。特に、「ピン負荷&ユニバーサルジョイント」の組み合わせは、曲げひずみのかかりにくい試験方法です。

強いていうなら、塑性変形時に横方向の引張りが生じるため、くびれた領域では軸方向と周方向の引張りがかかり、多軸応力の条件になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

何度も回答いただきありがとうございました。
おかげさまで自分なりの考察ができました。

お礼日時:2003/06/19 22:50

σ=Eεが成り立つのは弾性変形をする最初の範囲だけです。

弾性変形は格子がそのまま伸びることによって起こるのですが、直線関係から外れるのは塑性変形という、転位が導入されることによる変形にメカニズムが変わるからです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
質問させていただいた引張試験のデータを色々検討した所、同一応力での表・裏のひずみの値を足して2で割るとほぼσ=E・εの直線上の値と一致することが分かりました。これは転位によるものなのでしょうか。
曲げひずみが生じている可能性があると聞いたのですが、もしそうであれば、なぜ曲げひずみが生じるのでしょうか?
申し訳ありませんが、ご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします

補足日時:2003/06/14 09:37
    • good
    • 0

弾性域でも少しずつ転位は起きますよ。


「応力ひずみ線図」というと、参考URLのように弾性域と塑性域が明確なものをイメージすると思いますが、これは鉄鋼材料の応力ひずみ線図ですよね。
鉄鋼以外の多くの材料は、明確な降伏点なしにじわじわと塑性変形します。

アルミでも同様で、文献値の降伏点以下でも塑性変形は起き、上に凸の緩やかな曲線になります。このため、弾性率を求めるときは、接線弾性率や割線弾性率を使ったりすることもあると思います。

また、降伏強さについても、降伏点が明確ではないので、0.2%とか2%とかのオフセット耐力の値を使うことが多いと思います。

一般的に、変形速度が遅いほど、温度が高いほど、引張初期から塑性変形する傾向にあります。
http://pel.dse.ibaraki.ac.jp/SSGMD.htm

アルミでも、2024のような材料では、比較的弾性域がはっきりしていますね。(下記)
http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~msakai/St_Exp/2 …

参考URL:http://fm.mech.kit.ac.jp/rinkou/page3.htm

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。ご紹介いただいたURLを拝見させていただき、とても参考になりました。
質問させていただいた引張試験のデータを色々検討した所、同一応力での表・裏のひずみの値を足して2で割るとほぼσ=E・εの直線上の値と一致することが分かりました。これは転位によるものなのでしょうか。
曲げひずみが生じている可能性があると聞いたのですが、もしそうであれば、なぜ曲げひずみが生じるのでしょうか?
申し訳ありませんが、ご存知でしたら教えてください。よろしくお願いします。

補足日時:2003/06/14 09:23
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q材料力学 引張試験カップアンドコーン現象

今、カップアンドコーンについて調べているのですがわかりません。
軟鋼とアルミで引張試験をして、破断した時にカップアンドコーンという現象の破断面になりました。カップアンドコーンとは、なぜ起きるのですか?あと、カップアンドコーンについて知っている事教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

う~ん 詳しく説明するとかなり専門的になりますね
専門的な話は僕もよくわかりません(笑)
ですので簡単な話をおば

カップアンドコーンの破断面をよく思い出してみましょう
平な部分と斜めの部分がありますよね
平らな部分というのは垂直応力によって破断しています
これは感覚的にわかるでしょう 

これに対して斜めの部分はせん断応力によって破断しています
最大せん断応力は主軸(試験片を引っ張っている方向)から45°をなす面で
働くって聞いたことありませんか?

カップアンドコーンとは
試験片内部では垂直応力が主に働いていて,
試験片表面部分ではせん断応力が主に働いているということを表していると
言えるでしょう.

材料力学の本などをみて確認してみてくださいな

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Q引張試験について

先日、学校で軟鋼の引張試験の授業があったのですが
破断位置が中心からかなりずれてしまいました。
破断位置のずれてしまった原因についてご存知の方、教えて頂けないでしょうか。
初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 中心とは試験片平行部の中心部と思いますが。引張試験の破壊は「延性破壊」と言われる破壊形式です。延性破壊のメカニズムを調べてみれば分かりますが、不純物や非金属介在物等の周りに母材との変形の相違から空隙ができこれらがつながってき裂化します。
 電子顕微鏡で観察した破面の中心領域は空孔が連結したディンプル(えくぼ模様)と言われる破面になります。従って、このような現象は試験片平行部のどこでも起こる可能性があり、一番強度的に弱い(介在物など多い)部分からくびれが生じ破壊します。試験片平行部の中心から破断が生ずる根拠はありません。ただし、通常の引張試験のように試験片平行部が同寸法(同じ直径)で同じ荷重条件であることが前提ですが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A