狂犬病は発病するとほぼ100%死亡するようですが、噛まれた後(暴露後)直ちにワクチン接種を行い、免疫獲得により発症しなくなる割合(生存率と言い換えられるでしょうか。)はどのくらいなのでしょうか?
googleで調べましたが、それに該当するような統計データが出てきませんでした。
教えていただければ幸いです。ソースがあればさらにうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

米国では、ちゃんと暴露後予防をしていた人に発症者はいないとしています。

よって、5回でなく4回接種が米国ACIPで推奨されるようになりました。
http://www.pediatricsupersite.com/view.aspx?rid= …
すなわち、5回では十分すぎると考えられています。
一方で、タイなどで暴露後接種をしたけど発症した例の報告があります。
http://www.journals.uchicago.edu/doi/pdf/10.1086 …
ただ、それはワクチンなどがちゃんと保存されていなかったとか、神経に直接ウイルスが入り込んだなどの可能性が指摘されています。すなわ暴露後発症予防したのに発症すると大問題になりこうやってレポートがだされます。
このように、完全に発症予防できるようにするというのが暴露後予防の基本概念です。
一方で狂犬病ウイルスがいると判明している犬に噛まれたが暴露後予防しなかった20人のうち9人が発症したという報告があります。
    • good
    • 0

厚労省のHPに詳細が載っています。


暴露後免疫による有効値のデータは見つかりませんでしたが、以下のサイトの周辺を見ていくと見つかりそうな気がします。

ちなみに、狂犬病ウィルスに暴露されてから1~3ヶ月が潜伏期間で、その後発症します。発症してからは100%致死に至りますから、現地で至急接種する必要があります。
一番いいのは、渡航前に予防ワクチンを接種し、その上で、万が一かまれた場合は傷口をよく流水で流し、医療機関を受診し、破傷風ワクチンなどと同時に暴露後免疫を付けたらいいと思います。
狂犬病ウィルスのある土地は、ほとんどの哺乳類が保有していると考え、寄ってきても絶対に触らないことが重要でしょう。

ちなみに、日本国内で予防ワクチンを受けられる医療機関は限られていますので、事前に厚労省で調べるとよいと思います。渡航先はなおさらそうです。用心には用心を重ね、万が一かまれた場合どこへ行ったら暴露後免疫をつけることができるのか、情報を獲得しておきましょう!

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/11/h1116-2.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 狂犬病が人に感染したとき〜潜伏期間・症状|海外へ行くまえの注意点

    狂犬病とはどんな病気か  狂犬病ウイルスの体内への侵入により、一定のけいれんなどの重い症状を起こす致死性の疾患です。治療法はなく、発症後3〜5日で死亡します。  日本では1957年以降、狂犬病の感染はないため、通常では狂犬病の予防処置は必要ありません。しかし、最近では2006年にフィリピンでイヌに咬まれて帰国後に発症し死亡したケースがあり、次のような場合には予防が必要となります。すなわち問題にな...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q狂犬病の感染力って...

こんにちは。いつもお世話になります。
最近気になっていることなんですが、狂犬病って直接噛みつかれる以外に、感染した唾液に触れた場合も危険性があるんでしょうか?
もしそのまま知らずに、手をなめてしまったり、傷のある手で触ってしまった、など間接的なケースではどうなんでしょう。
それが危険だとしたら、知らない犬が噛んで遊ぶおもちゃなどを触ったりしたら大変ですよね...
そもそも狂犬病のウィルスというものは、よだれ等でその動物の体外に出された場合、
いったいどのくらい生きていて感染力があるものなのでしょうか?
現在の日本では流行はないようですが、たまたまとても恐ろしい病気だということを知ったとたん、気になってしまいました。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

狂犬病ウイルスは比較的不安定なウイルスで、乾燥や熱で簡単に不活化します。
(乾燥していない唾液中では数時間安定)
ですから、唾液のついたおもちゃでも乾いていれば感染力はありません。
したがって、ほとんどの感染経路は「傷からの感染」という事になります。
またアルコールなどの通常の消毒によって失活(完全に活動力を失う)しますから、
舐められた場合は消毒、噛まれたら医師の検査の上ワクチン、という方法で予防できます。
そもそもよその犬を触ったら必ず手を洗えばいいだけのことです。

なお、世間には犬の登録・予防接種という法律で定められた義務を果たさない飼い主もいますが、
今のところは海外からの輸入動物、しかもそこから野生動物への感染拡大以外に犬へ移るルートがありません。
もし広がっていたら行動のおかしい動物や屍骸が相次ぐので、そのような事例があれば、法定伝染病に指定されていますから保健所は積極的に調査をします。
また、狂犬病が感染するのは哺乳類のみ。
渡り鳥によってもたらされる事はありませんし、コウモリでも長距離は移動できません。
人間で感染した海外帰国者があればそれも広報されますし、潜伏期間中に傷口から唾液や血液が入るような事をしない限り、人から犬(人)へ移る可能性は低いです。

参考URL:http://www.city.yokohama.jp/me/kenkou/eiken/infection_inf/rabies.html

狂犬病ウイルスは比較的不安定なウイルスで、乾燥や熱で簡単に不活化します。
(乾燥していない唾液中では数時間安定)
ですから、唾液のついたおもちゃでも乾いていれば感染力はありません。
したがって、ほとんどの感染経路は「傷からの感染」という事になります。
またアルコールなどの通常の消毒によって失活(完全に活動力を失う)しますから、
舐められた場合は消毒、噛まれたら医師の検査の上ワクチン、という方法で予防できます。
そもそもよその犬を触ったら必ず手を洗えばいいだけのことです。

な...続きを読む

Q日本では、犬に噛まれても狂犬病にならないの?

狂犬病について3つ教えてください。

(1)日本での狂犬病のワクチン接種率って、100%なのでしょうか?もしそうでないなら何パーセントなのでしょうか?(私がネットで調べたところ、38.5%でしたが。)

(2)もし、日本でのワクチン接種率が100%じゃないのなら、日本で狂犬病の発生があってもおかしくないですよね。なのに、なぜ、日本では何十年も狂犬病が起こっていないのでしょうか?大体、野良犬などは、接種していないでしょうから、発生する可能性は充分あると思うのですが。

(3)テレビで、「海外で犬などに噛まれたら、すぐに病院に行ってワクチン接種(噛まれた人は)してください」と言っていました。ということは、日本で犬に噛まれても病院に行く必要もワクチン接種する必要もないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)日本での狂犬病のワクチン接種率って、100%なのでしょうか?もしそうでないなら何パーセントなのでしょうか?(私がネットで調べたところ、38.5%でしたが。)

 だいたいそんなもんでしょうね

 犬は登録しないと行けませんが・・半分くらいは未登録

 登録されている犬のうち6割しか狂犬病予防注射を受けてませんので

 概算35%前後となりますね

(2)もし、日本でのワクチン接種率が100%じゃないのなら、日本で狂犬病の発生があってもおかしくないですよね。なのに、なぜ、日本では何十年も狂犬病が起こっていないのでしょうか?大体、野良犬などは、接種していないでしょうから、発生する可能性は充分あると思うのですが。

 日本には狂牛病の伝染の元になる細菌はほとんどいませんので、現在100%近くで犬は狂牛病の菌をもっていません
 しかし。犬の6割以上が予防接種をうけてませんので、海外から菌が入り込んで広まる危険は十分にあります

(3)テレビで、「海外で犬などに噛まれたら、すぐに病院に行ってワクチン接種(噛まれた人は)してください」と言っていました。ということは、日本で犬に噛まれても病院に行く必要もワクチン接種する必要もないのでしょうか?

  まあ、日本では3億円の宝くじに当たるより確立は低いのですが・・・・・念には念ををですかね
 でも破傷風とかになる恐れがあるのでいった方が良いですね

(1)日本での狂犬病のワクチン接種率って、100%なのでしょうか?もしそうでないなら何パーセントなのでしょうか?(私がネットで調べたところ、38.5%でしたが。)

 だいたいそんなもんでしょうね

 犬は登録しないと行けませんが・・半分くらいは未登録

 登録されている犬のうち6割しか狂犬病予防注射を受けてませんので

 概算35%前後となりますね

(2)もし、日本でのワクチン接種率が100%じゃないのなら、日本で狂犬病の発生があってもおかしくないですよね。なのに、なぜ、日本で...続きを読む

Q狂犬病予防摂取をしたら確実に狂犬病の発症を防ぐことができますか?

飼い犬に定期的に決められた回数の予防接種をしていた場合、もしも狂犬病の犬にかまれても確実に発症を防ぐことができますか?また、もしも発症を防げてもキャリアになることもないですか?

Aベストアンサー

こんにちは。

もし純粋に狂犬病ワクチンの効果を知りたいということであれば、ワクチン(ひいては動物の免疫機構)に関しての知識を求めることがもっとも手早い方法です。

ワクチンの効果は、そのワクチンの接種を受けた後に生体の中で抗体価が上がるかどうかで決まります。
狂犬病のワクチンの効果についても、ほかのワクチンと全く変わりなく、ワクチンを受けた個体が抗体価を上げることができるか否かにかかっています。
たいていのワクチンに関して、抗体価が上がるかどうかは個体差があることが知られています。また抗体価が上がっても、それを維持できる期間についての個体差も大きいことがよくあります。

狂犬病ワクチン接種で抗体価が上がるかどうかは、やはり個体差が認められることがわかっています。狂犬病ウイルスの暴露を受けた動物は、もしワクチンを接種していても、発症の危険性を100%否定はできません。過去にバンコクでは、狂犬病に罹って死亡した犬の8%程度がワクチン接種個体であったというデータが出されています。
ですから、予防接種を一年一回していたとしても、狂犬病の犬に噛まれたときに「確実に」感染しないかどうかといわれれば答えは「No」です。

現在、世界各地で、狂犬病の排除地域はごく限られた一部(島国など)であり、狂犬病によって死亡する人間や動物は後を絶ちません。すぐ隣のロシアでも、毎年狂犬病で死亡する人がでています。
ある地域で狂犬病の蔓延を防ぐために必要なワクチン接種率は「8割以上」と言われています。しかし、狂犬病の感染は犬だけに限って起こるものではなく、人・猫・その他ほとんどあらゆるほ乳類に感染発症を起こすことが分かっています。特に野生動物と猫については、予防手段がこうじられている地域のほうが少ないのが現状です。日本でも北海道ではロシア犬がほとんど規制を受けずに上陸している現状もあり、また野生動物が狂犬病のウイルスを持って入国してくる可能性についても多いにありうることと言わなくてはなりません。

日本で狂犬病が1957年以降出ていないのは、狂犬病ワクチンの普及があってこその成果です。日本で出ていないからと言ってワクチンをうたなくて良いとする説には疑問を提示せざるを得ません。

ご質問がどのような意図をもってなされたものなのか、この文章を拝見するだけでは図り知ることはできませんが、狂犬病のワクチンによる予防効果が100%でないとしても、接種を行うことが感染を防ぐ最良の方法であることは間違いありません。

こんにちは。

もし純粋に狂犬病ワクチンの効果を知りたいということであれば、ワクチン(ひいては動物の免疫機構)に関しての知識を求めることがもっとも手早い方法です。

ワクチンの効果は、そのワクチンの接種を受けた後に生体の中で抗体価が上がるかどうかで決まります。
狂犬病のワクチンの効果についても、ほかのワクチンと全く変わりなく、ワクチンを受けた個体が抗体価を上げることができるか否かにかかっています。
たいていのワクチンに関して、抗体価が上がるかどうかは個体差があることが知ら...続きを読む

Q犬にかまれました・・病気大丈夫でしょうか

おしえてください。
今日、散歩途中の犬にかまれてしまいました。
きちんとした飼い犬なので、ワクチンはうっているかと思うのですが、
病気とか大丈夫でしょうか・・

ご存知の方教えてください。

かまれて少し血がでましたが、腫れたり熱がでたりはしていません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

狂犬病は日本では何十年と発祥した事例は無いと思います。
島国のため、輸入された動物など厳しい検疫のおかげでしょう。
破傷風もめったになる事も無いみたいです。
その犬が相当汚いところで外飼いされて居なければ大丈夫かと思います。
病院で診てもらっても、一応破傷風の注射でもしとく? 程度みたいです。

ただ、噛まれたのであれば一応病院に行き、1週間は様子をみたほうが良いと思います。
噛まれた事故については保健所に連絡するとありますが、それは飼主の対応や、その犬が以前にも噛むような問題犬で届が必要なのかは質問者様が判断すれば良いと思います。

噛まれた当日・翌日は意外となんとも無かったようですが、その後に腫れてきます。
打撲に内出血のような感じでしょうか。
噛まれて穴が開いたのなら消毒してその場は良くても、後々鈍痛が続きます。
1週間経ってもそれほど痛みが無ければ、(犬にとっては)甘噛みの範囲でしょう。
本来は噛んで来る事自体が問題なのですが・・・・。

また飼主の住所や連絡先は聞きましたか??
噛まれた1,2日はなんとも無かったが、その後腫れて仕事が出来なくなったが、連絡先を聞いてなかったので病院代の請求ができないという事もありました。

狂犬病は日本では何十年と発祥した事例は無いと思います。
島国のため、輸入された動物など厳しい検疫のおかげでしょう。
破傷風もめったになる事も無いみたいです。
その犬が相当汚いところで外飼いされて居なければ大丈夫かと思います。
病院で診てもらっても、一応破傷風の注射でもしとく? 程度みたいです。

ただ、噛まれたのであれば一応病院に行き、1週間は様子をみたほうが良いと思います。
噛まれた事故については保健所に連絡するとありますが、それは飼主の対応や、その犬が以前にも噛むよう...続きを読む

Q狂犬病予防接種をやらない人は多いでしょうか?

狂犬病予防接種をやらない人は多いでしょうか?

「うちは狂犬病はやってない^^;」という犬を飼ってる人がいました。
お金がもったいない理由のようです。
唖然として、つっこみませんでしたが、狂犬病と混合ワクチン、フィラリアも
やっていないのでしょう。(もしくは”やらなくなった”のか。。)
役所への犬の登録もしてるんだか怪しいです。

犬の登録と狂犬病予防接種の2つをやってない(やらなくなった)人は、
犬を飼ってる人のうち、どのくらいいるでしょうか。
________________________

堂々、やってないと言われると、その後、犬の話題も躊躇します。
犬は飼ってたら、周囲から判るので、未登録・未接種犬を保健所は見つけるべきでは?
病院代を節約して多頭飼いしてる人いないでしょうか。
と色々思ってしまいます。

Aベストアンサー

WHOの流行を防ぐガイドラインの接種率70%以上を国の発表ではクリアしてる
そうですが、予防接種をしていない=自治体登録もしていない とも言えますから
実態はもっと低いといえるでしょう 団体によっては50%以下に低下していると
指摘するところもありますが、真偽は不明というか、きちんとした調査はないので
しょうね

病院代の節約というより「日本では発生していない」→今後も発生しないという
妄信が根底でしょう
今日、国内で狂犬病の発生が確認されたというニュースが流れれば、一気に接種率
は上がると思います(笑) 新型インフルのマスク品切れパニックなみとか?…
国内で発生が確認されたら役所も動くのでしょうけど
狂犬病は哺乳類全ての伝染病ですから、近くの流行国から、船に便乗して保菌
動物がすでに入ってきてても、身近な動物や、人への感染が確認されるまでは
分からないわけですけどね

伝染病とワクチンは、ワクチン接種率が上がって発生が収まれば、ワクチン不要や
副作用がことさら取り上げられ、接種率が低下する  一定以下の接種率になると
流行が始まるという歴史の繰返しといえるかもしれませんね
日本でも、明治、戦後の流行と沈静化はワクチン接種率に左右されたと聞きますし

WHOの流行を防ぐガイドラインの接種率70%以上を国の発表ではクリアしてる
そうですが、予防接種をしていない=自治体登録もしていない とも言えますから
実態はもっと低いといえるでしょう 団体によっては50%以下に低下していると
指摘するところもありますが、真偽は不明というか、きちんとした調査はないので
しょうね

病院代の節約というより「日本では発生していない」→今後も発生しないという
妄信が根底でしょう
今日、国内で狂犬病の発生が確認されたというニュースが流れれば、一気に接種率
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報