グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

緊張が原因で怖いくらい心拍数が上がる?

2月中旬から胃腸炎を患い、会社を休みがちになっています。
3月1日にちょっと頑張って出社したところ、
電車内でやや心拍数が上がり、ちょっと気持ち悪く、
会社のフロアに到達しましたが、
異常に心拍数が上がり、座っているのも辛くなった上
しまいには手足に力が入らなくなり、
(自分の意志で、ですが)倒れこんでしまいました。
以降朝の通勤電車と会社のフロアに
「また倒れたらどうしよう」という恐怖心が芽生えてしまったのか、
今日も出社しましたが心拍数が上がり、
胸元が苦しい感じがします(今日も帰りました)。
まだお腹もゆるめではあり、完治とは言い難い状況ですが、
この状況が長く続くと、精神科(心療内科)になってしまうのでしょうか。
現在心電図等検査をしてもらっていますが、
別途行く必要があるのでしょうか?

また、このような経験をされた方いらっしゃいませんか?
通院された方、あるいは自然治癒した方、お話を聞かせて頂けると嬉しいです。
ちなみに甲状腺はクリアでした。

このような経験をしたことが無かったため、とても不安です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは



ホルター心電図の検査されました?
病的頻脈
http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/text/pamph/pamph_0 …
ホルター心電図
http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/030302-sindenzu …

>この状況が長く続くと、精神科(心療内科)になってしまうのでしょうか。
>現在心電図等検査をしてもらっていますが、
>別途行く必要があるのでしょうか?
器質的な病的頻脈を循環器科等で除外されて
気のせいとか心因性と診断されれば有るかと思います。
心因性の頻脈には
心臓神経症、社会不安障害(SAD)、パニック障害(PD)等が上げられます。
心臓神経症
http://health.goo.ne.jp/medical/search/10632100. …
社会不安障害(SAD)
http://www.sad-net.jp/whats/index.html
パニック障害
http://www.utu-net.com/panicr/index.html

>「また倒れたらどうしよう」という恐怖心が芽生えてしまったのか、
今日も出社しましたが心拍数が上がり、胸元が苦しい感じがします(今日も帰りました)。
これを繰り返す事によって、意識しなくても
出社する、外出する→頻脈がでる条件付けを自ら作り出し
悪化すると精神的障害になる事が多くあります。

これを断ち切るには、この状態に意識を集中せず
症状が出たら対処すれば良い、いつも出る訳ではない位の
気持ちでいる事が宜しいかと
絶対大丈夫とか、また出てしまうのではないか等
注意を向けない事が肝要です。

あまりにも症状が酷く、出社できない、苦痛に感じる等
社会生活に支障が出る場合は、メンタル系の医療機関に受診するのも1つの方法です。
開業医でメンタルクリニックや心療内科の看板を
出している所は受診する事に抵抗感を感じないでしょう。

また、質問者さんの会社で産業医が選任されているならば
そこに相談に行くのも選択肢の一つです。
産業医制度は法令、法律で要件が定められています。
http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-1/h …(13条参照)
http://www.houko.com/00/02/S47/318.HTM#005(5条参照)

私も電話に出ると声がかすれる、出にくくなる
心因性の失声症に囚われもしくは拘って苦しみました。
その状態が長く続くと、治療も長い期間要します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ホルターしました!
他心電図、心エコー、レントゲンも行いましたが、
今日結果で問題なしと判断されました。

また、詳しいリンク説明も感謝です。
「心臓神経症」、まさにこの症状…です…!
まさにさっきテレビを見ていたときに出てしまい、
「たいていは一人で静かにしている時に現れ」とかに
ちょっと笑ってしまいました。

今日医者にかかる際は電車・バスでの移動が出来たので、
若干自信がつきました。
月曜、また頑張ってみようと思います。

>心因性の失声症
長い期間だったのですね…! もう完治したのでしょうか?
お大事になさってくださいませ。

お礼日時:2010/03/06 19:30

私の症状とよく似てますね、自分は運転中で気を失いかけ、怖い思いをしました。



私も複数の病院で精密検査(MRI/心電図/CT/血液検査等)を行いましたが、異常は見当たらず(甲状腺も問題なし)、精神神経科を勧められました。が、精神科という響きに抵抗があり、行ってません。

自然治癒に願かけて、気力で頑張っている最中ですね。以前のような症状は少しずつですが、改善されているように思えます。

やっていることは、まず、適度な運動。栄養価の高い食事。水分を良く取る、です。

必ずしも良い方法とは限りませんが、参考になれば幸いかと思われます。

また、体の中の細胞は最長、2年で入れ替わるといわれているそうです(肺は半年だったかな)。お互いがんばりましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

運転中は怖いですね…!
大事に至らず、何よりでした。
また、類似症状でかつ自然治癒中とのこと、ちょっと安心しました。
精神科…確かにやや抵抗はありますね…。早く治したいのもありますが。心療内科も近くを調べてみましたが、予約制、さらには二週間以上先でないと掛かることさえ出来ないようです…。
困ったなあ、と思いつつ、ちょっと勇気が湧きました。ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/05 23:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心拍数を下げる方法(緊張時)

航空自衛隊を志望している者ですが、身体基準の1つに安静時脈拍が100以下という基準があります。普段、家で測る時は70前後なのですが、先日病院で心電図を測ったところ108に上がってしまいました。何回か深呼吸したのですがあまり下がりませんでした。
この状態だと本番ではもっと緊張してあがってしまうと思うのですが、心拍数を下げる方法などありますでしょうか?
長期的なものでもかまいませんのでお教えください。

Aベストアンサー

聴診の時に先生から教えてもらった方法は、
軽く目を押さえる方法です。

Q緊張時や興奮状態の心拍数

私は安静時に比べて学校にいる時は心拍数が色々なストレスにより心拍数が二倍になっております。

安静時に比べて通常の状態では心拍数はいくらまでなら健常といえるのでしょうか

Aベストアンサー

二倍は危険。

運動による心拍数変動を考える場合でも、二倍は危険ラインとされている

Q安静にしていても脈拍数が100~110

安静にしていても、常に脈拍数が100~110近くあります。
緊張するとさらに脈拍数が上がり、自分の心臓がすばやくドクドク言っているのがわかります。
これは何かの病気なのでしょうか?

男30歳、血圧は120/80です。

Aベストアンサー

体が安静でも、心が安静でなければ100程度の脈拍となりえます。
朝、目覚めて、まだ床の中でぼんやりと横になっている時に数えてみてください。
なお、お茶類、ドリンク剤などのカフェインはドキドキ感を感じやすくしますので脈が気になる間は摂取しないようにしましょう。
生活、睡眠を規則正しくし、散歩などで体をほぐすのもお勧めします。
改善しない時はかかりつけ医院で相談なさってください。

Q緊張すると心臓がバクバク、動悸が。。。

どうもこんにちは。30代会社員です。
通常仕事時には起こらないのですが、教えてください。

朝礼で数十名の前で企業理念を1ページ交替で朗読するのですが
緊張し心臓がバクバクし、声が震え、正常に読めなくなります。
(支店長や上司がおり、聞いていると思うと心臓がバクバクします)

1回目は「緊張していたからかもしれない」と思っていましたが
先日、2回目も同じような症状になりました。

それを嫁に伝えると、心療内科へ行ってみるといいよ。とのこと。
週末のため、病院へ行けず、ちょっと待ちの状態になります。

そこでお聞きしたいのですが、この症状はやはり病気ですか?

昔から上司、先輩から怒られると萎縮している状況が多く
続きました。これらも影響しているかもしれません。

改善する方法はありますでしょうか。
ちょっと今後もそうなると困るので治したいと思っています。

Aベストアンサー

神経症の一種という事かと思います、そこで神経症になると言う事と、なったと言う事と、治ったと言う事を書いてみますので参考にして下さい。

神経症を説明する時に、どの方面から説明するかで、話の内容が違ってきます。ですが根本のところは、症状が違っていても同じ事ですので、その根本をまず書いてみます。

神経症を起こしている根本は、不安です、不安を感じるために、その事を予想して何も起こらない内から不安を感じてしまいます。その不安を不安という風に意識上に載せて問題としてしまいます。

神経症の原因は「不安を意識する事」という事になります。

終りに治し方というものを説明しますので、神経症というものをもっと突き詰めて説明してみます。

神経症を起こしているものは、自分の心です、自分の心は二つのものから成り立っています。意識している自分が一つあります。もう一つは「自分が意識していない時にうまく働く自分の心」というものです。

真剣勝負で剣豪が立ち会いをしています。その時に「意識」をした方が負けます。言い方を替えたなら、自我意識に戻らない、或いは、自我意識が引っ込んだままの方が勝ちます。

ゴルフの優勝が掛った一打を打つ時に、意識をした方が、体が言う事を利きません。言い方を替えたなら、如何に自我意識を引っ込ませていれるのかが勝敗を分ける事になります。「意識」の仕方、「不安」の処理の仕方がカギとなります。

貴方の場合に話を戻します。貴方の場合は、このままではうまくゆきません。神経症というものは今言った事が原因で発症しています。神経症は自分の心に無知な処から発症しています。

その事を解消するのには、方法が有ります。症状、或いは不安というものを解消しようとしない事です。神経症は症状を「治したい」という心の働きが「症状を作っています」或いは発症させています。

神経症には様々な症状が有ります、ですがその原因は症状が出た事によって社会生活が円滑に行かなくなってしまい、その症状を無くしたい、或いは症状を「毛嫌い」してしまいます。この心の働きが『症状を固定』させています。

従って神経症の完治を望むのならば、症状は「『不問』という事になります。症状に係わっていたならば一生かかっても治らないと言う事になります。神経症の完治を望むならばやり方が有ります。

症状を相手にして、良くなった、悪くなったと言う心の働きそのものが神経症というものを発生させる原動力になっていると言う事を忘れないで下さい。

治し方と、治ったと言う事を説明してみます。

神経症は、自我意識と、それともう一つ自分を働かせているものが在ると言う事を踏まえた上で説明しないと話が進みません。人間の心は自我意識と、もう一つ自分を働かせている処の意識というものが有ります。是は「仏性」というものです。

今の貴方は今の訴えというものを通して「仏性」と対立と矛盾を起こしていると言う事です。

本当の治りというものは、症状の改善を求めなくなった時に訪れます。症状の改善を求めている事が「症状の発症と固定の元をなしています」従って症状が有ったままで、そのままで、今の生活を続けてゆくしか在りません、辛いかも知れませんが、その方が近道となります。

そうして学ぶ事が有ります、貴方と同じ症状も、違う症状もありますが「神経症」そのものを学ぶ事です。人間はどうして悩み苦しむのかという事です。その答えが判った時に貴方の不安が解消します。

自分の心が自分の心を不安にしていた事が判るからです。貴方が今の症状を解消した状態を書いてみます。貴方には今の症状がそのまま残っています、ですが不安が無くなっています。そのために症状の事は忘れています。症状は意識には上ってきません、心を良く観察しないと症状は判りません。そのために貴方は自然と「無意識になって」話が出来るようになっています。今の貴方は意識のし過ぎで無意識に成り難くなっています。

無意識を司っている主人公が仏性です。貴方が症状を完治した時には悟りを開いているかも知れません。貴方は仏性と仲たがいをしている状態だからです。神経症とは自我意識と仏性がうまく連絡が付かなくなった状態という事が判るからです。

神経症の一種という事かと思います、そこで神経症になると言う事と、なったと言う事と、治ったと言う事を書いてみますので参考にして下さい。

神経症を説明する時に、どの方面から説明するかで、話の内容が違ってきます。ですが根本のところは、症状が違っていても同じ事ですので、その根本をまず書いてみます。

神経症を起こしている根本は、不安です、不安を感じるために、その事を予想して何も起こらない内から不安を感じてしまいます。その不安を不安という風に意識上に載せて問題としてしまいます。

...続きを読む

Q心拍数を落とすもっとも効果的な方法を教えてください。

心拍数を落とすもっとも効果的な方法を教えてください。

Aベストアンサー

・持久系のスポーツ(マラソンや自転車など)をして、スポーツ心臓になると心拍数が減ります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%84%E5%BF%83%E8%87%93

・座禅などで心を落ち着け、ゆっくりと呼吸をすると、心拍数も少し減ります。

Q立つと脈拍が40上がります

床に座っている状態から立ち上がるだけで
脈が30~40増加します。
朝が一番多く、日常が始まって動きなれると
楽になります。
疲れている時は起立時にめまいがします。
めまいがする時は記憶が一瞬飛ぶような感じで
音も聞こえなくなり
前後にぐらぐらします。
めまいがしない時も心拍が急激に上がります。
立って5秒ほど違和感があり
その後トトトトと始まります。
拍動が強くて苦しいということはありません。
この間に血圧を測るとエラーしてしまいます。

以前病院で起立検査を受けたのですが
少し血圧が落ちる程度なので
起立性調節障害ではない、と言われました。
他に何も検査にひかかっていません。

病院での検査は診察台の上で
そろそろと起き上がったり立ったりするもので
床から立ち上がったり
朝起きた直後だったりしませんよね。
病院で測る時は緊張も手伝って
全般に血圧が高く出ます。

家には手首式の血圧計がありますが
確かに血圧はほとんど変わりません。
脈だけが80→120ぐらいに増えます。
もちろんすぐに落ちてくるのですが
次に動くとまた跳ね上がるので
朝の身支度だけで苦しく感じる日があります。

血圧が落ちなければ起立性調節障害とは言わないのでしょうか。
血圧は100ぐらいです。
心臓が悪いわけではないですし
精神的なものだとも思いませんが
病気として治療するのは無理なものでしょうか。

床に座っている状態から立ち上がるだけで
脈が30~40増加します。
朝が一番多く、日常が始まって動きなれると
楽になります。
疲れている時は起立時にめまいがします。
めまいがする時は記憶が一瞬飛ぶような感じで
音も聞こえなくなり
前後にぐらぐらします。
めまいがしない時も心拍が急激に上がります。
立って5秒ほど違和感があり
その後トトトトと始まります。
拍動が強くて苦しいということはありません。
この間に血圧を測るとエラーしてしまいます。

以前病院で起立検査を受けたので...続きを読む

Aベストアンサー

あなたの主観的な症状からは起立性調節障害と言ってもいいように思いますが、これの一番多いタイプの起立直後性低血圧には血圧の客観的所見が弱のでいわば体位性頻脈症候群とされるものになろうかと思います

参考URL:http://www.inphs.gr.jp/05child/02child.shtml

Q脈拍数130~140が何もしていなくてもあります。

脈拍数130~140が何もしていなくてもあります。
最近、ドキドキします。体、特に両腕に力が入らないです。毎年夏バテにかかり、一週間で7キロくらい痩せてしまうのですが、今の脱体力状態も夏バテだと思うのですが、去年や一昨年もこんなに心拍数があったかどうか覚えていません。特に心配事や楽しみなど、気持が浮き沈みすることからくる脈拍数でなく、運動も脈拍数を計る12時間前からしていません。家にいて、とくになにもせずにいるのに1分間130~140ほどあります。どうしてなのでしょうか。少し怖いです。

Aベストアンサー

年齢が記載してありませんが、高校生のホルター心電図をとった時に心拍数が160まであがった人がいました。聞くと嫌いな数学の先生が教室に入ってきた時でした。
若ければ、気分によってそこまで心拍数は増加します。
高齢者でも、家では60~80でも診察室では100を超える人は稀ではありません。心因性でもその程度まではあがります。
ただ、心房細動、貧血、慢性呼吸不全、慢性うっ血性心不全などの疾患を否定する必要がありますし、痩せるのではあれば、脱水、甲状腺機能亢進症も考える必要があります。受診が必要です。

Q有酸素運動なのにすぐ心拍数が上がってしまう

20代後半、女子です。

健康診断で少し体重を減らした方が良いと言われ、減量を始めました。

過去に食事制限のみのダイエットでリバウンドした経験があるので、今回は食事制限も多少行いますがメインは運動で考えています。

有酸素運動で脂肪燃焼を目的にジョギングを行っているのですが、日頃の運動不足&肥満が祟ってすぐ心拍数が上がり、息切れしてしまいます。

ジムのトレッドミルで時速7kmで走っているのですが、心拍数が160くらいになります。

130~140を維持するのが良いと聞いたので、もう少し負荷を下げてウォーキングくらいにした方が良いのでしょうか?
でもウォーキングだとあまり汗もかかないし、本当に脂肪燃焼しているのか不安になります。


どういう運動をすべきなのでしょうか。
ご意見アドバイス、お願いいたします。

Aベストアンサー

 体を動かす(運動する)のに消費されるエネルギーには糖質と脂質があり、強く激しい運動をするほど糖質の消費が増えます。
 糖質に比べて脂質の消費割合(脂質消費率)がもっとも高くなるのは、運動強度が60%くらいのときで、ジョギングだと(一緒に走っている人がいると仮定して)伴走者と何とか会話ができる程度です。このあたりまでの領域はファットバーンゾーンと呼ばれていて、脂肪燃焼に効果的な有酸素運動になります。
 運動強度を75%とか80%くらいにすると心臓がバクバクし、呼吸が激しくなり、息が絶え絶えになってきます。この領域はカーディオゾーンと呼ばれ、心肺機能を強化するのに向いている運動です。

 運動強度がどのくらいになっているかは心拍数でもある程度分かるのですが、これは年齢によって大きく違ってきます。若い人ならファットバーンゾーンは心拍数がせいぜい130~140で、160とか170になるとカーディオゾーンになります。

 脂質消費率がもっとも高いのは運動強度が60%くらいですが、運動強度を高くするほど脂質の消費量は増えます。図も参照ください。

 ジムのトレッドミルでの運動は、時速5kmくらいで速足で1時間歩くことから始め、体が慣れてくるにしたがって時速を上げるか、傾斜が調節できるようであれば上り坂の角度を上げていきます。おそらく時速6.5kmで傾斜10%くらいまで出来るようになれば、時速7kmのジョギングに切り替えても何とか1時間続けられるようになるはずです。
 これができるようになると、疲れ知らずの体になります。

 体を動かす(運動する)のに消費されるエネルギーには糖質と脂質があり、強く激しい運動をするほど糖質の消費が増えます。
 糖質に比べて脂質の消費割合(脂質消費率)がもっとも高くなるのは、運動強度が60%くらいのときで、ジョギングだと(一緒に走っている人がいると仮定して)伴走者と何とか会話ができる程度です。このあたりまでの領域はファットバーンゾーンと呼ばれていて、脂肪燃焼に効果的な有酸素運動になります。
 運動強度を75%とか80%くらいにすると心臓がバクバクし、呼吸が激しくな...続きを読む

Qパニック発作の脈拍数

パニック障害と診断され体調が悪い時には脈拍数が1分間に150~160回くらいになります。
心臓には問題ないと検査を受けて言われました。
異常な脈拍数に周りも驚きます。パニック発作時だったら、この位の脈拍数はあり得ますか?安心材料としても知りたいです。
同じような経験をされた方、知識のある方に脈拍数の事を伺いです。

Aベストアンサー

こんばんは

僕もパニック障害になったことがあります。

>脈拍数が1分間に150~160回くらい
心拍数は、運動をしたときや、人前でスピーチをしなければならなくて
緊張しているときはそのくらいは簡単に上がりますし、心臓はそれくらいの
負荷でも大丈夫なように出来ているので心配しないでください。

症状が「来たな」と思ったら、意識してゆっくり呼吸をしてみてください。
具体的には、5秒すって10秒間はくを繰り返します。

これだけでも、症状はずっと軽くなります。

Q洞性頻脈です。

私はとても怖がりで過緊張な者です。

で、いろんな場面ですぐ動揺してしまい、心臓バクバクっていうのがよくあります。

病院で簡単な心電図をとってところ、脈も速く洞性頻脈といわれました。所見では、困った症状や原因疾患がない場合は経過観察といわれています。

こんなにたびたび、心臓ばくばくさせていたら、心臓に負担がかかってるんじゃないでしょうか?
それが、心配です。心臓についてはまったくの素人なのでおしえていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>病院で簡単な心電図をとってところ、脈も速く洞性頻脈といわれました。所見では、困った症状や原因疾患がない場合は経過観察といわれています。
洞性頻脈は心拍数が一分間に100回以上と定義されています。
特に胸痛や原因疾患、不整脈などがなければ問題ありません。

原因疾患は甲状腺機能亢進症、緊張状態などの情動反射や運動時などです。

不整脈をご自分で感じることがありますか?
心電図をとったとのことですが心電図検査時間自体は2~3分ほどで終わりましたよね?
実際に記録紙に記録される脈拍は数拍から十数拍ほどしか記録されません。
不整脈の頻度が十数拍以上に一回起きるくらいの確立なら心電図の記録紙上には記録されないことが多いです。

24時間心拍を記録するホルター心電図というものがあります。
これは夜間や早朝など心臓に異常が起こりやすい時間帯の心電図も記録することができ、不整脈などの異常波形の有無とその回数なども記録されるためもし心配でしたらそのような検査もありますのでしてみてはどうでしょうか?

いずれにしても洞性頻脈という症状の方はまれにしかいないわけではありませんが、心配でしたら上記のような検査もありますので一度病院にかかってみるのもいいかもしれませんね。

>病院で簡単な心電図をとってところ、脈も速く洞性頻脈といわれました。所見では、困った症状や原因疾患がない場合は経過観察といわれています。
洞性頻脈は心拍数が一分間に100回以上と定義されています。
特に胸痛や原因疾患、不整脈などがなければ問題ありません。

原因疾患は甲状腺機能亢進症、緊張状態などの情動反射や運動時などです。

不整脈をご自分で感じることがありますか?
心電図をとったとのことですが心電図検査時間自体は2~3分ほどで終わりましたよね?
実際に記録紙に記録される脈拍...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング