中古住宅購入の際の住宅ローンの審査で、以前銀行の事前審査は通過して、保障会社の本審査で落ちてしまいました。不動産屋の勧めでCICの情報を開示したところ、支払い遅延のAの表示があり、これが原因でした。そのあとに不動産屋がフラット35なら通る可能性があるということで全宅住宅ローンのフラット35の申し込み手続きを勧めてきました。ですが、調べてみると全宅住宅ローンですとCICの情報を開示する様です。それならば住宅金融支援機構のフラット35ならJICC(消費者金融系の審査)とKSC(銀行系の審査)の審査のみという記事を見てこちらの方が審査に通るのではないかと思い質問しました。知識のある方宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「フラット35」というのは、住宅金融支援機構が「フラット35」に関する定義を設定し、それに合致した住宅ローン商品について、債権を買い取ったり、保証したりするものをいいます。



ですから、窓口金融機関が異なるだけで、全宅住宅ローンの「フラット35」も住宅金融支援機構の「フラット35」なんですよ。

確かに、住宅金融支援機構が加盟している『個人信用情報機関』は、「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」と「日本信用情報機構(JICC)」ですが、「フラット35」を、住宅金融支援機構に申し込む…ということはできません。

金融機関が窓口となりますが、その金融機関がどのように「フラット35」の審査をするか分かりません。
金融機関によって異なります。
窓口となる金融機関の審査の方法によっては、CICに照会されることもあると思いますよ。

> 不動産屋の勧めでCICの情報を開示したところ
とのことですが、JICCには本人情報の開示をされていないのですか?
CICならば、その情報を登録した企業がJICCにも加盟している可能性があるんですけれど…。(KSCへの加盟については、可能性は低いです。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な説明ありがとうございました。CICにA表記(遅延)があったセディナカードはJICCにも加盟しておりました。住宅ローン審査って厳しいですね(>_<)

お礼日時:2010/03/09 12:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフラット35と変動金利を別の金融機関で組みたいのですが

このような場合について詳しい方や実際に経験された方がいたら是非教えていただきたいです。

ローンをフラット35と変動金利(または固定特約)に分けて組みたいと思っています。
フラット35も変動もできるだけ金利の低いところにしたいと思っています。

ちなみにSBIモゲージのスーパーフラット35ではローンの全額をスーパーフラット35で組まないといけないといわれました。

優良住宅ローンでは抵当権は100%フラット35で設定できるなら別のローンと組み合わせてもよいそうです。

抵当権が2番でも大丈夫な銀行でかつ金利が安かったところなどご存知でしたら教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

今年の春に信託と都市銀行でOKだった例が挙がってますが、
モーゲージバンクはサービサーとしての労力を出したくないので、後順位で別の金融機関の融資を嫌がる傾向が出るでしょうね。
公庫融資でもそういったことが結構ありました。
>抵当権は100%フラット35で設定できるなら
この言葉の意味が分かりません。「抵当権は住宅金融公庫のみ、民間の後順位は不可」という意味にも思えます。

さて、金利で見れば大手でするのが無難でしょうね。
住宅ローンの金利優遇もあるし、フラットも使わせてくれます。
地方銀行などは金利優遇が欲しければ1番抵当しかダメという条件のところも多いですよ。

Q住宅ローン事前審査に落ちました。( -_-)

住宅ローン事前審査に落ちました。( -_-)
この度、地銀に事前審査をお願いして落ちてしまい、気持ちも落ちています。うっすら自信があっただけにショックです。まだ一行しかチャレンジしていないのですが、その前に我が家の経済状況を第三者の目から冷静に判断してもらい、「それはムリかも。」とか「改善の余地あり。」などの御言葉欲しいです。・自営業5年(年収平均550~600)・負債(無し)ローン(無し)・現在払っている家賃\61000・主人年齢46才・申請物件価額1660万(築22年、本体価格1580万)補足:主人は最近まで自営業者でしたが現在は正社員になりました。(つい最近のことです。年収は若干下がるか、変わらないくらいだと思います。)・返済額は家賃と同じにしました。

Aベストアンサー

勤続年数が短いことはもちろんですが

1000万借りて15年返済計画なら
通りやすいのではありませんか。
残りの600万と諸費用を現金で用意してください。
46歳なら1000万~1500万の預金はあってもいいですよね。
もしも預金無しだとしたら
性格的に返済計画も難しいかもしれませんよ。

Qフラット35Sからの借り換え

フラット35S(優良住宅ローン)で住宅ローンを返済して3年目になります。

金利が下がったタイミングでフラット35Sからフラット35Sへの借り換えを検討しています。

今は、株式会社優良住宅ローンです。

借り換えの場合、他社でのフラット35Sの借り換えを選択しなければならないのでしょうか?

同じ、株式会社優良住宅ローンでの借り換えはできないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フラット35Sから、フラット35Sには借換できません。
借換後は、全て、フラット35になります(Sは選択できません)。

フラットの場合、同じ金融機関で借換が出来ます。

Q住宅ローンの事前審査と本審査の違い

タイトルの通りです。
そこで事前審査と本審査って審査する基準など何か違いがあるのでしょうか。
住宅ローンを申し込みしている最中です。
事前審査には通り、これから本審査に移る予定です。
事前審査に通っても本審査で落ちる場合もあるのですよね?
それはどのような場合になるのでしょうか?
考えられることを教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的には一緒だと思います。
ですから事前審査と本審査で異なる内容が無ければ無事本審査承認と言う形になると思います。

事前審査で通過し本審査で落とされたり減額されると言うのは事前審査後に新たにローンを申し込んだりすると事前審査の時に信用情報機関で新たなローンの記録が載ることとなり事前審査と本審査で異なる内容となりはじかれるのです。

ですから事前審査と本審査全く同じなら問題は無いと思います。

ただ本審査承認後から融資実行までの期間が長い場合などは銀行によっては融資実行前にもう一度信用情報を見るところもあるようなので融資が実行されるまはカードの使用等は控えた方が言いと聞きました。

Q住宅ローンの繰上返済方法

借入:3050万
期間:30年
金利:全期間固定 2.4%
開始:2010年9月
方法:元利均等

上記条件で借り入れをしていますが、2011年1月に500万円を繰上返済しようと思っています。

期間短縮or月々の返済額減額についてはいろいろWebにもあり「期間短縮」にするつもりです。

悩んでいるのは、500万円を「総額」(元金+利子)にした方が良いか、元金のみで指定するかということです。

また、このタイミングでの500万の金額が良いのかという点についてもアドバイスをお願いします。

今後は年間最低でも200万は繰上返済が可能な状態です。
(今さらながら、MIX or 変動にしておけば良かったと後悔もしております。固定の選択は正しかったでしょうか?)

お詳しい方からのアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

収入・支出状況、家族構成がわからないのでざっくりとしたお話になります。

>悩んでいるのは、500万円を「総額」(元金+利子)にした方が良いか、元金のみで指定するかということです。
 これは担当者からどちらか選択できますと言われているのでしょうか。私が記憶している限り、期間短縮型繰上返済は元本に充当し、その期間の利息が削減できる仕組みです(私の知識が古いかもしれません)。
 それとも経過利息のことでしょうか。だとすれば特に不利になるわけではないので払うべきかと。ただ金融機関により返済条件があると思いますので、上記の返済方法選択と同様に金融機関に確認したほうが良いと思います。

>また、このタイミングでの500万の金額が良いのかという点についてもアドバイスをお願いします。
 その前にご承知かもしれませんが念のため。繰上返済で返済期間を短縮した場合、あとで返済期間を延長(月々の返済額が高いので期間延長して額を低く抑える)ということは出来ませんので注意してください。
 あと住宅ローン減税は考慮しなくてもよいでしょうか。減税措置を受けているのであれば、減税額(一般の場合、借入金年末残高×控除率1%)を計算して、繰上返済とどちらが得か判断されたほうが良いと思います。

 繰上返済のタイミングですが、貯蓄が年収の1年前後残る(自分が無収入になってもある程度生活できると安心出来る額)のであれば問題ないかなと。ただ購入住宅が一戸建ての場合、5~10年おきにメンテナンスされたほうが良いのでその費用を別途用意したほうが良いです。

>今さらながら、MIX or 変動にしておけば良かったと後悔もしております。固定の選択は正しかったでしょうか?
 全期間固定金利の場合は返済総額が決まっており、月々の返済額も変動しません。不安定要素が少なく返済計画が立てやすいのは大きなメリットです。これが変動金利やミックスプランの場合ですと、国債金利を常に把握し、状況に応じ機動的にローン計画を修正(繰上返済や借換)していく必要があります。返済額が変動するので返済計画も立てづらいですし、返済総額も後にならないとわかりません。この精神的な差はお金では代えがたいものがあるのではと。
 金利も高くないですし、返済期間を長く設定しており余裕があるようですので現在のローンは無理がないベターな選択だと思います。

収入・支出状況、家族構成がわからないのでざっくりとしたお話になります。

>悩んでいるのは、500万円を「総額」(元金+利子)にした方が良いか、元金のみで指定するかということです。
 これは担当者からどちらか選択できますと言われているのでしょうか。私が記憶している限り、期間短縮型繰上返済は元本に充当し、その期間の利息が削減できる仕組みです(私の知識が古いかもしれません)。
 それとも経過利息のことでしょうか。だとすれば特に不利になるわけではないので払うべきかと。ただ金融機関により...続きを読む

Q住宅ローンの事前審査と本審査について

はじめまして。心配事があり皆様からの回答をお願いします。

恥ずかしながら、弁護士による債務整理の経験があります。
2000年の1月には整理実行後の支払い(弁護士費用含)はすべて終わっています。それ以後、借り入れはしていません(できなかったと思いますが)
2007年2月頭に、訳あってインターネットから銀行系2社(三井、モビット)と消費者金融1社に申し込みをしたところ融資不可との返答でした。
その1ヵ月後、マンション購入の話が持ち上がりまして、事前審査で三井と東京三菱と地銀からOKが出ました。
結局、違う物件にした為、東京三菱と地銀に事前を出してOKをもらいましたので、最終的に本申し込みを地銀にしました。

以上の経緯で疑問なのは、カードローンが駄目で、なぜ住宅ローンの事前審査が通ったのか?ということです。
審査の際に個人情報の照会をするということはネット等で知っていますし、妻も私の過去の金融事故を知っていますので、情報開示をしてみようという事も考えたのですが、結局せずに本申し込みをしました。
売買契約等々、ここまでかなりの労力を使ってきたのに、本審査に落ちるとヘコんでしまいます。
銀行担当者は「事務的な作業ですから」と軽く言ってましたが大丈夫なんでしょうか?
事前審査で与信調査をしないでOKな金融機関なんてあるのでしょうか?
ちなみに現在の借り入れ欄は、0円。金融事故の件も伝えてません。

年齢37歳。勤続16年。年収500万円。事前、本審査とも、2100万円の借り入れを希望しました。
長文、失礼しました。宜しくお願い致します。

はじめまして。心配事があり皆様からの回答をお願いします。

恥ずかしながら、弁護士による債務整理の経験があります。
2000年の1月には整理実行後の支払い(弁護士費用含)はすべて終わっています。それ以後、借り入れはしていません(できなかったと思いますが)
2007年2月頭に、訳あってインターネットから銀行系2社(三井、モビット)と消費者金融1社に申し込みをしたところ融資不可との返答でした。
その1ヵ月後、マンション購入の話が持ち上がりまして、事前審査で三井と東京三菱と地銀からOKが出ました。
...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です。

個人融資の審査の際に照会をするのは「個人情報」ではなく「個人信用情報」といいます。
簡単に言ってしまえば、「個人情報の一部に個人信用情報がある」ということになり、「信用」2文字の違いですが、指すものが違ってきます。
これを混同されている方は多く、一般の方には些細なことかもしれませんが、この2つを区別しないと、「個人情報」を扱う事業者を相手にするときに、相手に混乱を与え、結果的にお客さまにとって「そういうつもりではなかった」ということにもなりかねませんので、老婆心ながらご注意を喚起させていただきます。

仮申し込み・仮審査の段階で個人信用情報を照会するかどうかは、金融機関によって違います。
収入、勤続年数等の本人属性(これは「個人情報」)のみで審査をして「仮審査OK」とする金融機関も少なくないと思います。
そして、本申し込み・本審査で個人信用情報を照会し、それによって「仮審査はOKだけれど、本審査ではNGになった。」ということもよく耳にします。決して少なくないですよ。
それどころか、本審査もOKだったけれど、「何らかの理由により」、金銭消費貸借契約までに「やはり融資ができなくなりました。」ということすらあります。

#1さんが少し触れてくださっていますが、現在、日本の「個人信用情報機関」は大きく5つの組織があります。
そして、住宅ローンの場合、保証機関保証を利用される方が多いです。
仮審査は金融機関が行なうという場合、その金融機関は自身が加盟する個人信用情報機関にのみ個人信用情報の照会をします。
もしかしたら、複数の個人信用情報機関に加盟しているけれど「全国銀行個人信用情報センター(KSC)」のみしか照会しないかもしれません。
そして、本審査では自身が加盟する全ての個人信用情報機関に照会をし、さらに、保証機関は保証機関で、保証機関自身が加盟する個人信用情報機関に照会をする…としているかもしれません。
そうなりますと、照会する個人信用情報機関の数が増えるので、その分「ひっかかる」可能性も増えます。
結果、仮審査OKだったけれど、本審査でNGになる…という可能性も高くなるわけです。

消費者金融ということは、少なくとも「全情連」には加盟しているでしょう。他の個人信用情報機関については、消費者金融会社によってどの個人信用情報機関に加盟しているか違います。
銀行系カードローンというのは、「三井住友銀行のカードローン」でしょうか?それとも、SMBCのグループ会社のローン機能付きのクレジットカードとか、SMBCのグループ会社のカードローン(プロミスやアットローン)ですか?
三井住友銀行のカードローンでしたら、三井住友銀行はKSCに加盟していますので、カードローンはNGで住宅ローンはOKだったというのは、ちょっと理由が分かりません。
SMBCのグループ会社のクレジットカードやカードローンでしたら、KSCに加盟していないようなので、三井住友銀行は、KSCのみで個人信用情報を照会して審査をしたか、個人の属性のみで審査をしたのかもしれませんね。

あと、「債務整理」をされたとのことですが、その時の借入先の業態、債務整理に至る経緯はいかがですか?
といいますのは、債務整理の場合、結構「消費者金融からの借入のみで、いきなり債務整理」という方も多いので。
要するにKSCに加盟するような業態からの借り入れは一切なし、苦しいながらも延滞せずに返済を続けて、「もうだめ!」と債務整理をされる方が多いんです。
そのような場合ですと、銀行に住宅ローンの仮審査を申し込んでみると、KSCには「ひっかかる情報」が登録されていないので、仮審査には通ってしまう…ということがあるんです。
そして、本審査になったとき、保証機関の方で加盟している個人信用情報機関に照会をしてみたらぞろぞろと履歴が出てきて、保証NGになり、保証機関保証が受けられないのならば、規定により住宅ローンもNGになる…ということが結構あるんです。

凹まれるかもしれませんが、少なくとも、金銭消費貸借契約までは「油断できない」と思っていていただいた方がよろしいかと思います。

それ以外の可能性となると、以前債務整理をした先のなかに、2007年2月に申し込まれた先が入っているか…ですね。
三菱東京UFJ銀行は、本審査NGになるかもしれませんが、地銀は利用する保証機関次第ではもしかしたら何とかなるのでは…とも思います。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当したこともあり、保証機関に出向して保証審査を担当したこともある者です。

個人融資の審査の際に照会をするのは「個人情報」ではなく「個人信用情報」といいます。
簡単に言ってしまえば、「個人情報の一部に個人信用情報がある」ということになり、「信用」2文字の違いですが、指すものが違ってきます。
これを混同されている方は多く、一般の方には些細なことかもしれませんが、この2つを区別しないと、「個人情報」を扱う事業者を相手にするときに、相...続きを読む

Qフラット35と団信審査結果について

現在、住宅ローンを検討中でフラット35を第一候補としています。

フラット35の場合、団信加入が任意となっていますが加入希望です。

そこで質問なのですが、

万が一フラット35のローン審査はOKで、団信の審査がNGの場合は
購入を見送りたいのですが、それは可能なのでしょうか?

団信加入が必須の住宅ローンであれば団信審査NG=ローン審査NGとなると思うのですが
任意加入の場合は、どうなるのでしょうか?

住宅ローン特約は、ローンの審査が下りなかった場合は契約は白紙に戻るとのことなので
白紙にもどらず購入せざるを得ない状況になったりしないか不安で質問しました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

フラット35だけですと金消締結前なら、やはりやめておきますという事は可能です。

ただ仰る通り任意加入なので、団信却下としてローン審査は進み、条件さえ揃っていればそのまま審査が通ることになります。

なので住宅ローン特約をつけていらっしゃるのなら白紙にはならないです。

前銀行員、住宅ローン(都市銀行母体と公庫共)専門でした。

Q住宅ローンの事前審査と本審査の違い?

住宅ローンの事前審査と本審査するの内容はどこが違いますか?

事前審査を取れでも本審査で落ちる可能性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

>住宅ローンの事前審査と本審査するの内容はどこが違いますか?

内容は同じです。審査する時期が違うだけです。

>事前審査を取れでも本審査で落ちる可能性があるのでしょうか?

あります。

Qゼロ金利政策で住宅ローン金利(出来ればフラット35の場合)はどれほど下

ゼロ金利政策で住宅ローン金利(出来ればフラット35の場合)はどれほど下がるのでしょうか?
実行は来月からになるのですか?

Aベストアンサー

"どれほど"という明確な事は言えません。
世界の経済状況からも影響を受けますので、金融緩和政策の効果がどれほどか、予測がつきません。

ただ、フラット35は10年物の長期国債利回りに連動していますので、
こちらの金利を追ってみてはいかがでしょうか。
大体、毎月20日前後の長期国債利回りプラス1.0~1.2くらいが、翌月のフラット35の金利ですかね。
経済は複雑ですので、あくまでも指標としてお考え下さい。

実際の所、ゼロ金利政策の復活が発表されて、長期利回りもグッと下がりました。
このまま行けば、相当低かった9月のフラット35の金利を、さらに下回ります。
ただ「一時的に下がっている」という見方もできますので、何とも言えないところです。
事実、年末までに利回りが上がっていくと予測している専門家もいます。
個人的には、情勢を見れば大きく上下することはなく、低水準を維持するのでは?と思っていますが。
※これはあくまでも素人判断です。

少なくとも、来月11月の金利は下がるのではないでしょうかね。
リンクを貼りますので、毎日チャートを追ってみてください。
実行日を選択できるのであれば(月末で、引渡し日を調整可能とか…)、"今月・来月のどちらで実行した方が得なのか"が大体分かると思います。
もっと中期的・長期的なご質問で「2~3ヶ月後あるいは半年後どうなるか」というようなことになると、専門家でも「予測」の域を脱しないと思います。

ローンのご実行日がいつになるか存じ上げませんが、
その頃の金利が低い事を祈っております!!

長期国債利回りのチャート↓
http://www.miller.co.jp/chart.cgi?0503I

参考URL:http://www.miller.co.jp/chart.cgi?0503I

"どれほど"という明確な事は言えません。
世界の経済状況からも影響を受けますので、金融緩和政策の効果がどれほどか、予測がつきません。

ただ、フラット35は10年物の長期国債利回りに連動していますので、
こちらの金利を追ってみてはいかがでしょうか。
大体、毎月20日前後の長期国債利回りプラス1.0~1.2くらいが、翌月のフラット35の金利ですかね。
経済は複雑ですので、あくまでも指標としてお考え下さい。

実際の所、ゼロ金利政策の復活が発表されて、長期利回りもグッと下がりました。
このまま行けば、...続きを読む

Qリフォームローンの仮審査を通過したのですが、ひとつ腑に落ちない点があり

リフォームローンの仮審査を通過したのですが、ひとつ腑に落ちない点があります。

今回初めてのローンで何の知識もなく、まず350万を5年返済でA銀行(地元の地銀)に
私の名前(女・正社員年収280万)で申込みました。
銀行所定用紙に氏名・住所・生年月日・勤務先・年収・口座等の情報を記入、郵送しました。
その後、何度かA銀行から電話でのやり取りをした後に断りの通知が郵送されました。

何が悪かったのかまた今後どうしたら良いのか相談するためにA銀行のローン相談窓口へ
出向いたところ、個人信用情報が良くなかったのではということを匂わされました。
主人がその際のA銀行の対応に腹を立てたため、他を探していたところJAのリフォームローンが
金利も安く、収入合算が可能であることを知りました。
私が一度A銀行で受からなかったことで二の足を踏み、とりあえず主人単独で申込みました。
その際に個人信用情報についての同意書の記入があり、A銀行で私がそれを記入することが
なかったことに気付きましたが、あまり深く考えていませんでした。
主人には車のローンが残っていたため、無理だということで結局合算での申込みとなりました。
二人の年収はほぼ同じで、400万円を10年返済と車のローンの乗り換えとしました。
A銀行で審査に落ちてしまったことが、ネックになるに違いないと生きた心地がしなかったのですが
事前審査通過の知らせが今日入りました。

余裕ができて冷静に考えてみたのですが、A銀行は私の個人信用情報を取得したのでしょうか。
ネットで色々調べてしまって、一度審査に落ちると次も難しいなどという話を聞きかじって
行き詰まっていたのですが、私は単にA銀行で表面的な情報だけで門前払いを食らっただけで
CICなどからの情報開示はJAにしか行っていなかったのでしょうか?

リフォームローンの仮審査を通過したのですが、ひとつ腑に落ちない点があります。

今回初めてのローンで何の知識もなく、まず350万を5年返済でA銀行(地元の地銀)に
私の名前(女・正社員年収280万)で申込みました。
銀行所定用紙に氏名・住所・生年月日・勤務先・年収・口座等の情報を記入、郵送しました。
その後、何度かA銀行から電話でのやり取りをした後に断りの通知が郵送されました。

何が悪かったのかまた今後どうしたら良いのか相談するためにA銀行のローン相談窓口へ
出向いたところ、個人信用情報...続きを読む

Aベストアンサー

・A銀行で仮とはいえ申込すると、当然審査しますので仮申込の用紙には個人信用情報の利用の同意が書かれています。別紙になっているかいないかの違いです。
またネットで申込する場合はそこに同意のことがあったりします。
個信が悪かったかも・・というのは可能性のことを言っていますが、実際の審査は保証会社でしていて担当者は結果しか知らされていないのが普通です。
「審査の結果、総合的判断で希望に添えないということになりました。」と回答すべきことです。
なかには食い下がる人がいるので、個信の内容ではとにごしてやんわりと逃げたつもりなのでしょう。

・信用がないと言うふうに受け取れたので腹を立てる事になったのかと思われますが、ではご主人単独では通らないとなったときは腹は立たなかったのでしょうか。

・ご質問者の収入で試算しますと、350万円を金利3%の5年返済では年間75万円ぐらいの返済となります。これだけで返済比率27%ありますので、あとカードの利用がひとつでもあれば通らないと考えます。
要するに収入に対する支払額の限度があるわけなので、夫婦合算で10年払いになれば無理の無いプランになり、審査はパスできるということです。
余り知識なしであったために仕方無かったかもしれませんが、最初の申込の条件に無理があったということで理解されては如何でしょうか。

・A銀行で仮とはいえ申込すると、当然審査しますので仮申込の用紙には個人信用情報の利用の同意が書かれています。別紙になっているかいないかの違いです。
またネットで申込する場合はそこに同意のことがあったりします。
個信が悪かったかも・・というのは可能性のことを言っていますが、実際の審査は保証会社でしていて担当者は結果しか知らされていないのが普通です。
「審査の結果、総合的判断で希望に添えないということになりました。」と回答すべきことです。
なかには食い下がる人がいるので、個信の...続きを読む


人気Q&Aランキング