日本硬貨の歴史(昭和~現在)が一目でわかるようなサイトを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

何をお知りになりたいかによりますが、



戦前や戦中の種類なら
http://www.buntetsu.net/mbc/coin.html

製造枚数や記念硬貨なら
http://www.mint.go.jp/data/index.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

参考になりました。

お礼日時:2010/03/08 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昭和64年の500円硬貨

実物を見ないと鑑定は出来ないでしょうが、相場はどの程度の価値(プレミア度?)なんでしょうか?

一枚だけ家にあるのですが、使わずにずっと保存しています。

Aベストアンサー

「日本貨幣カタログ2000年版」を見ると、

完全未使用・・・1800円
未使用・・・・・1200円
美品・・・・・・800円
並品・・・・・・600円

とありますね。流通している物を取っておいたのなら、
たぶん「美品~並品」にあたります。しかもこれは
小売価格だと思いますので、業者の買取はもっと低い
ですね。

コインブームが起こるまで、待ってみてはいかがでしょう。

一番高いのは昭和62年で、美品は2500円となって
います。

Q昭和64年発行の硬貨

昭和64年と刻印された現行硬貨はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1円、5円、10円 は普通に、よく見られます、
500円も、珍しいですが、出てます。

50円、100円は発行されてません。
(この年は、造幣局おみやげのミント未使用貨幣セットも発行されなかった)

500円以外の硬貨は、サイズが、ほほ同じなので、
額面が低い方から製造行っているためらしい\(^^;)...

Q旧50円硬貨と旧100円硬貨を…

旧50円硬貨(昭37円2枚、昭39年4枚、昭40年10枚、昭41年8枚)と、100円硬貨(昭32年1枚(鳳凰?・桜?)、昭33年1枚(鳳凰?・桜?)、昭34年2枚(稲穂)、昭36年2枚(稲穂)、昭38年2枚(稲穂)、昭39年1枚(オリンピック)、昭41年2枚(稲穂)を、オークションに出したいのですが、あいにく価値がわかりません。
いったい、1枚いくらからオークションをスタートさせれば良いのでしょうか?
目安にしたいので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

残念ながら、現在では額面と大差無いようです。

この手の物って、バブル期には高騰し、景気が低迷している時には安くなり
オリンピック記念硬貨とかバブル期には額面の10倍なんてこともあったようですが、今はこんなもののようです。
http://gin1.net/kinkaginka.html
記念硬貨でないものについては、鋳造枚数が少なかったりエラー硬貨のようなレアもの以外はほとんど額面と同じ
http://www.geocities.jp/efi_room/coin.html
保存状態が良く綺麗な物でリンク先の価格程度で、状態が悪いと価格はさらに下がるようです。

オークションで送料・手数料落札者負担の前提で額面スタートするというような選択もあると思いますが、
私だったら、大した落札価格は付きそうにない割に、「写真で見ただけの印象で入札したが、実物を見ると状態が悪い」というようなトラブルは発生しやすそうな"物"ですし、
今は売るには悪い時期のようですから、錆落し後、防錆処理して当分寝かせておく
方がマシの様な気がします。

Q昭和1次切手と昭和2次切手の乃木大将の見分け方

色合いとかが違うのかもしれませんが、全く同じ意匠で見分け方が判りません。
カタログを見ると、1次は鮮明に印刷されているように見え、2次は少しかすれたように見えます。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらくそのカタログは「日本切手カタログ」(日本郵便切手商協同組合)だと思います。
厳密には刷色が異なるもの、という定義です。

日本切手専門カタログ(日本郵趣協会)によりますと、そのカタログで定義されている
一次昭和乃木の刷色は「紅赤(red)」、
(1944年10月発行の)二次昭和乃木の刷色は「薄い紅赤(rose-red)」あるいは「朱赤(orange-vermilion)から朱色(dull vermilion)」です。
これらは少しピンクがかっているか、黄色がかっているようにみえます。

この場合、印刷状況は考慮されないため、
あまり印刷状況のよくないもの(例:昭和18年消し)でも一次昭和とみなされます。

しかし切手商等販売側の考えでは「日本切手カタログ」の二次昭和に関しては
印刷状況の悪いものも含むと推測されます。
(一次昭和乃木のわかりやすい一例としては切手帳、コイルなどが挙げられます)

なお、日本切手専門カタログにおいては上記切手はすべて一次昭和切手の範疇です。
(日本切手専門カタログにおいて二次昭和切手と分類されるのは目打ちありのり無しのみ。)

おそらくそのカタログは「日本切手カタログ」(日本郵便切手商協同組合)だと思います。
厳密には刷色が異なるもの、という定義です。

日本切手専門カタログ(日本郵趣協会)によりますと、そのカタログで定義されている
一次昭和乃木の刷色は「紅赤(red)」、
(1944年10月発行の)二次昭和乃木の刷色は「薄い紅赤(rose-red)」あるいは「朱赤(orange-vermilion)から朱色(dull vermilion)」です。
これらは少しピンクがかっているか、黄色がかっているようにみえます。

この場合、印刷状況は考慮されないため、
あまり...続きを読む

Qどんな記念硬貨なのかわかりません。教えてください。

皇太子殿下御成婚記念と書いてある硬貨を持っているのですが、ネットで自分で調べてみても同じものが見つからず、記念硬貨なのかそれとも記念メダルなのかもわかりませんでした。この硬貨がどういう物なのか、またどれくらいの価値があるのかどなたか硬貨に詳しい方、教えてください。
(特徴)
・表面には、着物を着て能らしきものを踊っている人とその後ろには太鼓みたいなものがあり、下のほうには皇太子殿下御成婚記念書いてあります。裏面には、菊の紋章がありその真ん中には、皇太子殿下徳仁親王御成婚 平成五年と書かれてあります。重さは約20g、直径約27ミリ、厚み約3ミリで額面などは書いてありません。
・色は金色ですが、材質が金か銀か銅か解りません。
(補足)
皇太子殿下徳仁親王御成婚記念 平成五年と書かれていたので、平成五年に発行された記念硬貨を調べてみたのですが、皇太子殿下御成婚記念の記念硬貨は載っているものの、鶴の絵が描いてあり額面も書いており私の持っているものと違っていました。

Aベストアンサー

まず硬貨ではありません。
硬貨なら間違いなく、額面が書いてあります。
そうでないと、その硬貨を知らない人は硬貨か、何かのメダルか判断できない。
http://coins.createjapan.co.jp/kinen/kinen.htm

↓製作者の略歴から関係しているかも?
http://www.matsumoto-kisho.co.jp/html/0209kaigunsky/0209kaigunsky.htm
それであれば、松本徽章工業株式会社に聞くのが良いと思います。
http://www.matsumoto-kisho.co.jp/

金属の比重一覧表
http://tmte.media-pro.co.jp/mame/kinko.html
貴方が書かれた寸法から計算すると、
半径13.5mm×半径13.5mm×円周率3.14=面積572.265mm2
面積572.265mm2×厚み3mm=体積約1,717mm3となります。
重量約20g÷体積約1.717cm3=比重約11.6となります。

量られた重量や、寸法が正確とはいえないので、誤差があると思いますが、
純金や、金に近い合金とは言い難い。

>・色は金色ですが、材質が金か銀か銅か解りません。
表面が金色なら、表面は金か、金に近い合金かと思います。
中は不明ですが、仮に銀とすれば現在の相場は1gが350円程度のようです。
ただこの相場は、純度の高い塊状なのでしょうから、加工された物は逆に
元に戻すのが面倒なので、相当安くなると思います。
メダルはキャラクター物などが価格が上がる可能性がありますが、一般に素材の相場位が基準になると思います。

まず硬貨ではありません。
硬貨なら間違いなく、額面が書いてあります。
そうでないと、その硬貨を知らない人は硬貨か、何かのメダルか判断できない。
http://coins.createjapan.co.jp/kinen/kinen.htm

↓製作者の略歴から関係しているかも?
http://www.matsumoto-kisho.co.jp/html/0209kaigunsky/0209kaigunsky.htm
それであれば、松本徽章工業株式会社に聞くのが良いと思います。
http://www.matsumoto-kisho.co.jp/

金属の比重一覧表
http://tmte.media-pro.co.jp/mame/kinko.html
貴方が書かれ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報