車は10年前のマーク2(AT、3000CC)です。
走行中(ギアはD)、アクセルを離すと(あたりまえですが)エンジンの回転が下がり、かなり強めのエンジンブレーキがかかります。ブレーキを強めにチョンと踏んだようなエンブレです。結構気になります。
また、停車しようとして速度を落としたときにエンストしてしまうときがたまにあります。やはりエンジンの回転数と関係があるのでしょうか?なにがいけないのでしょう?よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

症状から推察するとアイドル制御系統のようです。

考えられる不具合としては、ISCバルブ(ステッピングモーターにより駆動されるバルブで、アイドリング時にエンジンに供給するエアの量をコントロールします)の不良か、スロットルポジションセンサーのアイドル接点の不良であると思われます。ISCバルブについてはある程度以上の走行距離の車ではバルブ内部にスラッジやカーボンが堆積し制御特性が、正常の状態から大きくずれてしまい制御が適正にできなくなる場合が比較的多く見受けられます。このような状況であれば、キャブクリーナーなどのケミカル製品で清掃することによって回復します。スロットルポジションセンサーの不良の場合は、ダイアグノーシスチェック(電子制御ユニットが持っている自己診断機能)を行うことで、過去の以上を含めて点検することができます。この機能を利用するには、車種を特定する必要がありますので、以下の情報を教えてください。

年式・形式・原動機形式・形式指定・類別です。

多分MX81で7M-GEだと思いますが、同一形式でもコードが異なる場合がありますので、確実な情報がほしいのです。これらの情報を再投稿していただければ、ダイアグノーシスコードの点検方法およびコードの内容について解答いたします。また、ダイアグノーシスチェックは、エンジン制御・トランスミッション制御など電子制御部分についての過去および現在の異常を記録(一部はIGオフで消去される)しているので、このようなトラブルの原因究明には非常に有効な武器になります。
    • good
    • 1

以前私が乗っていた車にも同じようにエンストしやすい車がありました。



私は単純にアイドリングを少し上げました。
それでほぼ(完全とは言いませんが)解消されましたよ。

エンストする直前って何となく「止まりそうだな」って感じると思うのですが、
100回転くらいずつアイドリングをあげて試してみてはどうでしょう?
私の場合は結局200回転近く(本人は150回転のつもり)あげました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

4人の回答者の皆さん、ありがとうございます。
車の機会に関してはまったくの素人なので、もう一度整備に出そうと思います。

お礼日時:2001/03/29 22:11

ウチの日産・プレーリー(2400cc、6年物、約80000km)も


オートマのクセにやたらとエンストします。特に、夏場
にエアコンを入れている時などはバリバリに止まります。
また、低速でハンドルを目一杯切ると、恐らく、パワステの
油圧ポンプ(?)に電力を食われてエンストします。
右折やUターンしようとした瞬間、交差点の真ん中で
エンストして立ち往生しかけた事もありました。まぁ、
その時は惰性で走っている間にギヤをNに入れて、すかさず
キーをひねってエンジンを再始動しました(しょっちゅう
なので、対処も手慣れたもので)ので、それ程大事には
ならずに済みましたが、あれでもし、再始動できなかった
としたら・・・って感じですね(事実、一度は公園の
駐車場出口でエンスト&バッテリー上がりを起こし、
後続車の妨げになってしまったので、車通りの激しい道を、
200m程押した事がありました)。
原因として考えたのは、アイドリング回転数が低いか、
バッテリーの出力低下、オルタネーターやダイナモなど、
電気系のトラブル・・・などです。ただ、ダイナモや
オルタネーターだと、調整は素人には無理ですし、交換
するとお金がかかりそうです。バッテリーは換えてから、
そんなに時間も経っていない頃からエンストしてました。
仕方無いんで、間に合わせの対策として、アイドリングを
通常よりも300~500回転くらい上乗せしています。ただ、
その作業をしたのが昨年の秋か冬だったので、まだ、
夏場にエアコンを入れた状態でのテストができていないのが
非常に気掛かりです。なにせ、車が流れている時以外は
エアコン切りっぱなしで走ってるんですから。
    • good
    • 0

ATってめったにエンストしないはずですから、不思議ですねぇ。


速度を落とした時(つまりエンジン回転数を落とした時)にエンストするとすれば
普通に考えると、やはりアイドリング時の回転数の調整が低すぎる可能性があります。
マニュアル(この場合は取扱説明書の意味(笑))と、設定値はあっていますか?
あと、エンジンオイルや自動変速機構自体のオイルは定期的に交換されていますか?
自信はありませんが、それらのオイルが汚れているとそうなるかもしれませんね。
お役にたてずにすみません。
    • good
    • 0

アイドリングが特別低いとか・・・(自信なし)


バッテリーが古く・弱くなるとエンストする事あります。(経験済み)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qrx8 エンスト

今日初めてrx8に乗りました
初っ端からエンストしました
発進時何度かエンストしました
他のMT車ではエンストしません
僕の技術のせいでエンストしているのでしょうか?

Aベストアンサー

ロータリーエンジンは構造上
2サイクルに近く
3000回転以下の低速トルクが少ないです

もう少し
エンジン回転を上げて
クラッチをつなげてみてはどうでしょうか

Qアクセルとブレーキを同時に踏むヤツ

頭文字Dとかでたまにアクセルとブレーキを同時に踏むシーンがあるんですが、それってどういうときに使うんですか?
またドリフトって実際にやるとしたらどういう手順でやるんでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

まずヒール&トゥ・これはコーナーに入る直前ブレーキを踏みながら回転数限界いっぱいでシフトダウ運する際にダブルクラッチを踏もながら右足のかかとでアクセルを吹かして下のギヤに入りやすくするために行います、これをしないとこういったタイミングではシフトダウンできません。つぎに速い速度でコーナーに入るときでスピードを落としたくないときに、アクセルを踏んだまま一瞬左足でブレーキを踏んで前輪荷重を増やしステアリングの応答性を良くして進行方向を変えやすくするために使います。ドリフトにはいろんなやり方があって、速度やシーンに合わせて使い分けます。パワードリフト・これは主に後輪駆動車で、限界コーナーリング時にアクセルを多めに開き後輪を少しすべりやすくして行います、これはコーナーリングの姿勢制御と、コーナーリング抵抗による速度低下を補うためにします。ブレーキドリフト・これは主に下り坂でコーナーに入るとき適度なコーナーリング速度に落とすためと前輪荷重を増やしてステアリングの応答性を良くしてハンドルの操作量を減らして姿勢制御をしやすくするために用います。少しオーバースピードでコーナーに入り強めにブレーキを踏んで後輪を少しロックさせて行います。シフトダウンドリフト・・これはコーナーに入るときわざと、シフトダウンする際の回転数を合わさないでクラッチを荒っぽくつなぎ後輪を一瞬ロック気味にして行います。姿勢制御と急激な進行方向の変化が得られます。慣性ドリフト・・これは高速コーナーで用います。意識的にするというよは速度が速いため自然とアウト側に流れていく感じです、4輪ドリフト気味になります。いずれにしてもある限界点よりも速度が速いと常に多少ドリフト気味の走りとなります。ドリフト走行をするときは必ずカウンターステアリングを(当て梶、逆ハンとも言う)とセットで行います、これをしないとスピンしてしまいます。これらのテクニックはどれも高度な技術と訓練熟練が必要です。

まずヒール&トゥ・これはコーナーに入る直前ブレーキを踏みながら回転数限界いっぱいでシフトダウ運する際にダブルクラッチを踏もながら右足のかかとでアクセルを吹かして下のギヤに入りやすくするために行います、これをしないとこういったタイミングではシフトダウンできません。つぎに速い速度でコーナーに入るときでスピードを落としたくないときに、アクセルを踏んだまま一瞬左足でブレーキを踏んで前輪荷重を増やしステアリングの応答性を良くして進行方向を変えやすくするために使います。ドリフトにはい...続きを読む

Qハイパフォーマンスカーはエンストしない?

みなさんこんにちは。

色々MTの車を運転したところ、エンジンが非力な車ほどエンストしやすいような気がします。特に軽自動車とかはそう思うんです。それに比べて排気量の大きい車はちょっと無理なクラッチ操作をしてもエンストしにくく、運転しやすい気がするんです。
MTのエンストというのはどういう仕組みで起こるんでしょうか?またエンジンパワーの大きな車はエンストしにくいのは本当ですか?だとしたらフェラーリなどのV12スーパーカーはいきなりクラッチを放してもエンストせずに走り出すんでしょうか?気になったので質問してみました。

Aベストアンサー

初心者という前提でお話します。

「非力な車はエンストしやすい」「排気量の大きな車はエンストしにくい」
ものすごく簡単(大雑把)に言うとそのとおりでしょう。

エンストとは発進時にエンジンが止まってしまう。すなわち
エンジンの力が負けているのです。
ですから「非力だからしやすい」「力強ければしにくい」ですね。
そして、一般的にエンジンの出力は排気量とともに大きくなりますから
「排気量の大きい」(力強い)は「エンストしにくい」につながるでしょう。

これは非常に大雑把な一般論ですので
個々には例外もたくさんあります。

「スーパーカー」なども例外に入るかもしれませんね。
これらはある意味最高スピードなどを追求したりしていますので
エンジンの力の出方(でかた)を最高速が出るように味付けしていたりします。
こうなると低速/街中での扱いやすさは犠牲になっていたりしますので
発進時などはもっとも苦手とするものかもしれません。(エンストしやすい)

> エンストとはどういう仕組みで

通常MTは、エンジン-クラッチ-ミッション-タイヤ とつながっています。
つながっているということは、エンジンが回っている以上絶対にタイヤも回っていなければなりませんね。
でも車は停止します。そのままではエンジンも止まってしまいます。
それでは困るので「クラッチ」で伝達を切るのです。
逆に発進するとき、止まっているタイヤ-ミッションと 回っているエンジンを
「クラッチ」を使って徐々につなげていきます。
そのときにエンジンががんばって回っていて少しづつタイヤを回していければ
発進できますが、エンジンがこらえきれずに止まってしまうとエンストです。(笑)

ですので、最初の文に戻りますが
エンジンががんばってこらえきれればOK
こらえられなければエンスト。
力があればたくさんこらえるでしょうし、非力ならすぐにこらえられずにエンスト。

こんな感じでしょうか。

初心者という前提でお話します。

「非力な車はエンストしやすい」「排気量の大きな車はエンストしにくい」
ものすごく簡単(大雑把)に言うとそのとおりでしょう。

エンストとは発進時にエンジンが止まってしまう。すなわち
エンジンの力が負けているのです。
ですから「非力だからしやすい」「力強ければしにくい」ですね。
そして、一般的にエンジンの出力は排気量とともに大きくなりますから
「排気量の大きい」(力強い)は「エンストしにくい」につながるでしょう。

これは非常に大雑把な一般...続きを読む

Qエンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音が…

エンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音がします。
車の整備屋さんで見てもらったところ、ファンベルトの摩滅のせいだということで、ファンベルトを交換しました。
交換してしばらくは平気だったんですが、1~2ヶ月ほどしてからまた同じ音がしたので、
前回とは別のところで見てもらって、やはりファンベルトを交換しました。
が、半年ほどたった今、またキュルキュル音がしはじめたんです。

ファンベルト以外に原因があるんでしょうか?
それとも運転が下手or乱暴でファンベルトを傷めてるんでしょうか?
普通、頻繁に悪くなる物じゃないですよね?
また点検してもらおうと思っているのですが、5000円ほど出して交換してもまたダメになったら…と思うと気が重いです。

車は、ダイハツのストーリアで、4年くらい乗っています。
去年の春~秋の半年間、都合で車を全く使っておらず、バッテリーが上がってしまいました。
それを整備してもらってまた乗り始めたのですが、異音のトラブルはその後から始まりました。

何か考えられる原因、対策などありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

エンジン始動時とアクセルを踏んだときにキュルキュルという音がします。
車の整備屋さんで見てもらったところ、ファンベルトの摩滅のせいだということで、ファンベルトを交換しました。
交換してしばらくは平気だったんですが、1~2ヶ月ほどしてからまた同じ音がしたので、
前回とは別のところで見てもらって、やはりファンベルトを交換しました。
が、半年ほどたった今、またキュルキュル音がしはじめたんです。

ファンベルト以外に原因があるんでしょうか?
それとも運転が下手or乱暴でファンベルト...続きを読む

Aベストアンサー

音の原因については他の方がおっしゃるようにベルトで間違いがないでしょう。ただし、そのように短期間でベルトが磨耗してしまう事は通常では考えられません。このように短期間でベルトが磨耗してしまうにはほかに原因があるはずですが、この原因として考えられる原因にプーリーの不良があります。プーリーとはベルトが掛けられている回転部分のことですが、この部分の表面が荒れていたり(ベルトの張りが不足した状態や、摩滅したベルトを使用して、滑りが生じて摩擦熱によりプーリー表面が非常に高温になり、表面の錆止めメッキが駄目になって錆が生じてしまったり、高温のためベルトが溶けてプーリーに溶着してしまうことによって、表面がざらざらになってしまうことがあります)すると、短期間でベルトが磨り減ってしまう事があります。長期間車を使用していなかったとの事で、プーリー表面が錆で紙やすりのようになっている可能性が高いかと思われます。

できれば問題のあるプーリーを新品に交換するべきところなのですが、状況によっては研磨することで再使用可能かも知れません。ディーラーや整備工場などでプーリーの点検をしてもらうことをお勧めします。

音の原因については他の方がおっしゃるようにベルトで間違いがないでしょう。ただし、そのように短期間でベルトが磨耗してしまう事は通常では考えられません。このように短期間でベルトが磨耗してしまうにはほかに原因があるはずですが、この原因として考えられる原因にプーリーの不良があります。プーリーとはベルトが掛けられている回転部分のことですが、この部分の表面が荒れていたり(ベルトの張りが不足した状態や、摩滅したベルトを使用して、滑りが生じて摩擦熱によりプーリー表面が非常に高温になり、表...続きを読む

Q信号待ちでエンストします。 三十年前ほどのキャブ車(サニトラです)を譲り受けました。 夏季は好調だっ

信号待ちでエンストします。
三十年前ほどのキャブ車(サニトラです)を譲り受けました。
夏季は好調だったのですが寒くなってからしばしばエンストします。
五分ほど暖機するようにしていますが暖機中にエンストすることも多いです。
信号待ちどはエンストしないようにクラッチブレーキを踏みながらアクセルをほんの少しだけふかさないといけません。
この行為はエンジンやミッションに負担がかかったりしているでしょうか??
全所有者によると旧車はそういうものだそうですが、心配になりまして。

Aベストアンサー

こんにちは。現役引退の元整備士です。
アイドリングの自動調整が無いキャブ車でしたら、そのようなこともあると思います。
夏場と冬場でアイドリングの回転数が変わってしまったり・自動チョークの効き具合やファストアイドルの回転数が変わってしまったりしたものです。
その昔のキャブ車は、夏用のキャブセッティングと冬用のキャブセッティングが必要な車が大半でしたね。
アイドリング回転数だけでしたら、アイドル回転数調整スクリューをちょっと締め込む程度でエンストは防げると思いますが、暖機中のエンスト防止セッティングについてはチョークバルブの効き具合とファストアイドル回転数の調整が必要でしょう。

エンストしないようにアクセルを少しふかす行為のみでしたらエンジンやミッションへの負担はありませんが、ご自身が辛い(面倒な?)思いをするでしょう。一度、懇意の整備工場などでキャブの調子を見てもらってはいかがでしょうか。
ただし、暖機中のセッティングについては、チョークが作動するまで一旦エンジンを冷やして冷態時からの点検・調整が必要となりますから、完璧を期すには場合によっては整備工場で一泊させる必要があると思います。

こんにちは。現役引退の元整備士です。
アイドリングの自動調整が無いキャブ車でしたら、そのようなこともあると思います。
夏場と冬場でアイドリングの回転数が変わってしまったり・自動チョークの効き具合やファストアイドルの回転数が変わってしまったりしたものです。
その昔のキャブ車は、夏用のキャブセッティングと冬用のキャブセッティングが必要な車が大半でしたね。
アイドリング回転数だけでしたら、アイドル回転数調整スクリューをちょっと締め込む程度でエンストは防げると思いますが、暖機中のエン...続きを読む

Q停車中のエンジン回転数について

信号待ち等で停車中の方法として、
(1)ギアが入ったまま、ブレーキまたはサイドブレーキをする。
(2)ニュートラルにする。
がありますが、私の車ではその時のエンジン回転数は
(1)[600回転]<(2)[800回転]
となります。予想とは反対でしたので驚きでした。
ガソリンの節約を考えれば、(1)の方が節約になると思うのですが、どうなのですか?
また、なぜ(1)のほうが回転数が少ないのでしょうか?

Aベストアンサー

>吸入空気量は大きく差が出ません
なるほど・・・
でも、そうすると、時間当たりの回転数が違うので、600回転のほうが消費量が少ない気がしますが・・・

一定時間のエンジンが吸入する空気量のことです。
ピストンが吸入する1工程時の空気量は600回転時のほうが多くなります。
1回転時の吸入空気量が多くなるので回転数は低下しても一定時間での空気量は大きく差が出ないということです。

自然吸気エンジンではピストンが吸気で下死点まで来た時、シリンダー内の圧力が大気圧と同じになった時が100%吸入したとした場合、全開時でも100%は吸入出来ません。
例えば、吸入空気量は(1)の時はシリンダー容積の30%の空気が吸えて、(2)の時は22.5%とした場合、一定時間の吸入空気量は同じです。

アクセルペダルを閉じたアイドリング状態ではずっと低くなり、その空気量に応じたガソリンが供給されますので、エンジンが回転数の補正をしないタイプで吸入する為の空気の通路の大きさが一定の場合の負荷の変化による回転数変化時の一定時間での空気量は大きく差が出ないという事でガソリン消費量も大きく差が出ないということです。

ただ、アイドリング時の負荷が変化しても回転数を補正して一定に制御されているエンジンは負荷が増えて回転数が低下したときの余裕を持たせる必要が無いので無負荷時も高めにする必要がありません、負荷が増えて回転数が下がりそうになると吸入空気量を増加させて回転数を維持しています。この場合は回転数が一定でも負荷が増えたギアを入れた状態の方がガソリン消費量が多くなります。
NO9の回答はこのような状況だと思います。

>吸入空気量は大きく差が出ません
なるほど・・・
でも、そうすると、時間当たりの回転数が違うので、600回転のほうが消費量が少ない気がしますが・・・

一定時間のエンジンが吸入する空気量のことです。
ピストンが吸入する1工程時の空気量は600回転時のほうが多くなります。
1回転時の吸入空気量が多くなるので回転数は低下しても一定時間での空気量は大きく差が出ないということです。

自然吸気エンジンではピストンが吸気で下死点まで来た時、シリンダー内の圧力が大気圧と同じになった時...続きを読む

Q原付のキャブですが、アイドリングスクリューの締めすぎでエンストすることはありますか?かなりエンストが

原付のキャブですが、アイドリングスクリューの締めすぎでエンストすることはありますか?かなりエンストがひどいのですが…ら

Aベストアンサー

アイドリングストップスクリューのことでしたら、
エンジンの回転が上がりすぎて困ったことにはなるでしょう。
やったことなど当然ありませんが、MTだと、キルスイッチとか
メインスイッチに手が行くでしょう。クラッチをつなげば、
ウイリーするかエンストでしょう。つまりどこからたどっても
エンストで終るか事故るかでしょう。
オートマだったら、ブレーキをかけるからエンストかな?

エアスクリューのことなら、1回転も余分にしまっていたら、
まさにアイドリングストップスクリューを閉め込んでないと
アイドルが続かないのでエンストでしょうね。
暴走するよりエンストのほうが平和と思います。

Qアクセルを緩めたり放したりするとショックが出たり、ギクシャクしたり、強いエンジンブレーキがかかる

現在、ホンダのアコード<オートマチック>(平成9年式)に乗っています。先月中古で購入したのですが、以前の車には無かった違和感があるので、原因が知りたく質問しました。1・低速(20~30キロぐらい)で走っている状態で、アクセルを放すと、明らかに違和感のある強いエンジンブレーキがかかり、ギクシャクします。毎回ではないのですが、渋滞中などに走っているとやはり運転しづらい感じがします。また、高速走行中などはまったく問題はありません。2・アクセルを踏んでも加速がワンテンポ遅れる場合があります。こちらも毎回ではないのですが、ちょっとした坂道で強めにアクセルを踏むと、踏んでからワンテンポして加速していくことが多いです。
どちらも今まで乗っていた車にはなかった感覚なので、なにか原因がわかる方がいましたら、アドバイスをいただきたく思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

実際に同型車に乗っているので解りませんが、AT車の特性の部分もあるように思えます。
以前の車との排気量やエンジン出力の差はどの程度ありますか?

>1・低速(20~30キロぐらい)で走っている状態で、アクセルを放すと、明らかに違和感のある強いエンジンブレーキがかかり、ギクシャクします。

シフトアップが遅いため(そのような設定かな?)ミッションが低速ギアに入っているためだと思います。
ある程度速度が出たら、アクセルを戻すとシフトアップするかもしれません。

>2・アクセルを踏んでも加速がワンテンポ遅れる場合があります。こちらも毎回ではないのですが、ちょっとした坂道で強めにアクセルを踏むと、踏んでからワンテンポして加速していくことが多いです。

エンジン性能からくる、AT車の宿命(^_^;かな。
坂道などで加速する場合、キックダウン(アクセルを強く踏み込む)を行うことで、シフトダウンし急加速することができます。

すでに御存じのことでしたら、悪しからず。<_o_>

Q台湾バイクのキャブ車は、エンストしやすいですか?

現行型のヤマハ・シグナス(台湾仕様・FI)に乗ってる者ですが、
あまりにエンストがひどくて乗り換えを考えています。

国内メーカーにピンと来るものがなく、今はPGO社のG-Max 200が本命です。
が、台湾仕様のキャブ車は「日本の気候に合わない」と聞いた事もあります。

シグナスを買った店に聞いても「FIでのエンスト癖を治すのは難しい」と言われたのですが、
キャブ車ならばエンストが頻発してもFIよりは対応しやすいのでしょうか?

台湾バイク経験者の方にお伺いしますが、台湾バイクのキャブ車はエンストしやすいですか?

Aベストアンサー

>台湾バイクのキャブ車は、エンストしやすいですか?
一概には言えませんが、やはり台湾の高温多湿な気候に合わせたセッティングですので、
日本の、特に寒冷地などでは、エンストなどトラブルは多いようです。

それと同じ名称のバイクでも、日本仕様はセッティングのみならず、品質検査も厳しいので、
現在乗っているシグナス(台湾仕様・FI)のエンストについては、台湾仕様だからという面も否めませんが、
台湾の甘い品質検査の結果、いわゆる「ハズレ」のマシンを引いてしまった可能性があります。
(私の周りでも台湾仕様の現行シグナスに乗っている人がいますが、全く問題は起きていません)

ちなみにPGO社のG-Max 200については、シグナス台湾仕様と違い、普通は完全に外車扱いとなるので、
値引きは無しで、日本車では考えられない高い諸費用を請求される可能性があります。

Q時速40kmで急ブレーキで約20mで停車した場合、ブレーキ音はするか?

冬の夜で外気温は5℃程度で、晴れた日で路面も乾いていて、
1t強のRV車で、時速40kmで急ブレーキで約20mで停車した場合、
急ブレーキを掛けた時のタイヤ音(キーという音)はするでしょうか?
それとも「ブレーキ音はする場合もあれば、しない場合もある」でしょうか?

時速40kmで約20mで停車したと言っていますが、
ブレーキ音はしなかったので、もう少し前から
ブレーキを掛けていたのではないかという疑いがあります。

また、時速40kmで約20mで停車した場合、
車内では「シートに置いた荷物が前に落ちる」などの
影響はあるでしょうか?

Aベストアンサー

本件のメインの質問は
「時速40kmで急ブレーキで約20mで停車した場合、ブレーキ音はするか?」
であり、サブの質問として
「車内では「シートに置いた荷物が前に落ちる」などの影響はあるでしょうか?」
で、その質問の意図は
「時速40kmで約20mで停車したと言っていますが、
ブレーキ音はしなかったので、もう少し前から
ブレーキを掛けていたのではないかという疑いがあります。」
と質問文に明記しており、これは質問文を読めばわかります。

しかし、「ABSの情報がない」という指摘があったので
「車種はわからない」
「車種がわからない理由は、加害者の本人尋問を求め
(そこで質問するつもりだったが)裁判官が却下した」
と「ABSの情報がわからない理由」を説明しただけで
「裁判について」や「その責任の割合などについて」の
質問はしていません。

加害者は明らかに下記の2点に違反しているのに、
加害者の違反の問題点について書かず、
被害者の責任についてあれこれと書くが多いのに驚きです。

(追越しを禁止する場所)第三十条の三
交差点(省略)、踏切、横断歩道又は自転車横断帯及びこれらの手前の
側端から前に三十メートル以内の部分

(進路の変更の禁止)第二十六条の二
2 車両は、進路を変更した場合にその変更した後の
進路と同一の進路を後方から進行してくる車両等の
速度又は方向を急に変更させることとなるおそれがあるときは
進路を変更してはならない。

本件の質問の主旨は最初に書いた通りで、
「車種がわからないのはおかしい」と、
あれこれと書く人がいたので、状況を説明しただけで、
「裁判」や「違反」について質問はしていません。

ただ、あまりの非常識な事を書く人がいたので
「違反した方が大きな顔をできるのなら
前記の(進路の変更の禁止)の法律や
追越禁止の法律は何の為にあるのでしょうね。」
という事は書いています。

本件のメインの質問は
「時速40kmで急ブレーキで約20mで停車した場合、ブレーキ音はするか?」
であり、サブの質問として
「車内では「シートに置いた荷物が前に落ちる」などの影響はあるでしょうか?」
で、その質問の意図は
「時速40kmで約20mで停車したと言っていますが、
ブレーキ音はしなかったので、もう少し前から
ブレーキを掛けていたのではないかという疑いがあります。」
と質問文に明記しており、これは質問文を読めばわかります。

しかし、「ABSの情報がない」という指摘があった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報