ツアーステージVIQアイアン初期型(2004年)を使っています。
下手なうえに加齢も伴い、最近顕著に飛距離が落ちてきました。
ワケあってツアーステージしか使えないのですが、最近ツアーステージVIQアイアンにマレージングを使ったものが出たと聞き、買い替えを考えはじめました。
ところがネットで調べて見ると、同じくVIQの2006年モデルにチタンフェースのものもあるようです。
そんなに余裕も無いので、飛距離に違いが無いのであれば2006年ものの中古を探そうか、あるいは飛距離や性能にかなり違いがあるのであれば背伸びして新品のマレージングも検討すべきか、いやチタンやマレージングといっても実は今のクラブと飛距離は変わらないというのであれば、慣れた今のクラブをそのまま使おうかとも考えています
誰か良きアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

チタンと軟鉄の比較のとき


5I基準の飛距離の差は
5ヤードある無しでした

チタンとマレージングの材質の
硬度の差から来る効果も宣伝文句ほどではなく
10年以上前からマレージング鋼を使用して
アイアンを製造してきたマルマンの評判も
軟鉄と比較して5ヤードの差があるかないか
と聞きます

材質が硬い=反発力が高い=フェースを薄く出来る
=クラブが軽くなる=振りやすい=飛距離が増す
という式なのですが
宣伝文句は使用される方の身体条件は無限として
文章が出来ています
御自身の身体条件が果たしてどの様なものなのか
あくまで試打を重ねられた上でご判断なさること
ですね

アドバイスまで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
とりあえず打ちもせずにネットで購入するのはやめようと思います。
今後はいろいろなクラブを試打しながらゆっくり検討しようかと考えています。
どうも有難うございました。

お礼日時:2010/03/09 23:15

私はマレージングフェースのインプレスを使っております。


ハッキリ言って他のクラブ(素材ですね)との「距離の差」は殆ど無い、と思います。
元々浮気症(笑い)なんで今までに相当数のクラブを使いましたが体感する程の「劇的な距離差」を感じたのはクラブは殆どありません。
強いて言えば大分前にマックテックが出た時試打したんですがその時は「お~!」って感じはしましたがね・・・・・

ツアステのVIQ自体いいクラブですよ、慣れ親しんだクラブで大きな問題が無いのなら今のままの方がいいと思います。

ただ「もし?」ですが他の素材を検討されているなら一度「軟鉄」を試されたらいかがでしょう?
飛距離は別として軟鉄独特の「打感」は体感(試打)に値するクラブだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。卑屈になるわけでもないんですが、クラブを変えたからといって劇的に飛距離が伸びるわけ無いですよね。
とりあえず購入検討を中断しようと思います。今後はいろいろなクラブを試打したりしてゆっくり考えようと思いますが、まずは練習します。今更上手にはならないかもしれませんが、クラブに対する考え方も違ってくるかもしれませんし。どうも有難うございました。

お礼日時:2010/03/09 23:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報