年金と失業保険について質問があります。65才の父が今月で退職します。失業保険を貰ったとしたら、その間は年金はストップするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

回答内容が錯綜している気がするので、勝手にマトメを書きます。


「お前は誰だ」と問われれば、通りすがりの(勤務)社会保険労務士。
ご質問文の内容から、『在職の場合の年金額の減額』は考えません。

1 雇用保険からは何が支給されるのか?
 ・65歳に達する前に資格喪失
  『基本手当』
 ・65歳に達する前日に雇用保険の資格者であったものが、65歳以降に資格喪失
  『高年齢求職者給付金』(一時金)[雇用保険法第37条の4]
 ・65歳に達した日以降に雇用されたもの
  雇用保険法第6条第1項第1号により、雇用保険の適用除外となる為に、日雇いとか短期に該当しない限り、給付は無い。

2 厚生年金からは何が支給されるのか?
 ・65歳未満
  『特別支給の老齢厚生年金』
  「部分年金」とか、「60歳台前半の年金」とも称する
 ・65歳以降
  『老齢厚生年金』
  「60歳台後半の年金」とか、「65歳以降の年金」とも称する

すると、考えられる組み合わせは
a 『特別支給の老齢厚生年金」+『基本手当』
  65歳到達前に資格喪失している場合が該当
b 『老齢厚生年金』+『基本手当』
  組み合わせaの者が65歳になった場合が該当
c 『老齢厚生年金』+『高年齢求職給付金』
  65歳到達前から被保険者であったものが、65歳到達後に
  資格喪失した場合が該当
では、どの組み合わせの時に年金額は調整されるのか?
唯一、aの時は年金給付が一時ストップします。[厚生年金保険法 附則第7条の4、同附則第8条、同附則第11条の5]
http://www.sia.go.jp/sodan/nenkin/todokede_ans02 …
http://senior.sumitomotrust.co.jp/kikou/secondli …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。とても詳しくて、私には理解するのが時間かかりそうですがよくよく読んで理解します

お礼日時:2010/03/12 19:57

年金は職業生活から引退して人に対する生活保証です。


一方、雇用保険の失業給付は働く意欲と能力がありながら失業状態にある人に対する所得保証ですので両方の給付が同時に発生することはあり得ないのです。

65才以上の方は原則雇用保険被保険者ではなくなるので基本手当は受領できません。  基本手当は65才の誕生日までに退職した人が受領できるものです。  ただし、継続して65才前から勤めている人は65才になると「高齢者継続被保険者」という扱いになり退職したら「高齢者求職給付金」として基本手当の最高50日分をまとめて受取れます。

誕生日1日前に離職すれば150日分の基本手当を受けられますが1日違いで1/3になります。
    • good
    • 0

No.1とNo.3の回答者の方が誤った認識をされておられるので、混乱されるかもしれませんが、65歳以降の年金に雇用保険との調整は一切ありません。


調整が行われるのは、60歳台前半の老齢厚生年金のみです。
根拠条文は、厚生年金保険法・附則11条の5です。(←この条文だけをみても、なかなかわかりにくいですが。。。)
    • good
    • 0

そうですね。

失業保険か年金かどちらかを選べるようになっています。

金額的にはどちらが多かったか忘れましたが(多分同じくらいだったと思います)、私は失業保険の方が税金がかからないので、選びました。

いったん、年金支給開始の通知が来ますが、すぐに停止の通知が来ます。

失業保険の受給が終わったら、また支給開始の通知が来ます。
    • good
    • 0

65歳以降の老齢基礎年金や老齢厚生年金は、雇用保険との調整はありません。


雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)をもらったときに、ストップするのは65歳までの特別支給の厚生年金だけです。

お父さんが65歳を超えているのであれば、関係ないですよ。
    • good
    • 0

そうです。


排他受領ですが年金の手続きだけはやっておいた方が、失業保険が止まると自動的に年金の支給が開始されます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q失業保険をいくらもらえるかの質問です。勤続4年8か月の36歳正社員です

失業保険をいくらもらえるかの質問です。勤続4年8か月の36歳正社員です。月の給料は総額26万円くらいでした。いま辞めると失業保険はいくら貰えるのでしょうか?教えてください。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

・26万×6ヶ月で156万、156万÷180日で8666円(賃金日額)
 賃金日額×掛け率(50%~):60%位として・・5200円位・・実際は日額5000円前後?
・所定給付日数は、自己都合でも会社都合でも、90日です
・上記の金額はあくまで参考値です、掛け率がはっきりしない為・・詳しくはハローワークに

Q62才の父はもう年金貰ったほうが良い?

現在ちちは62才。現役で仕事もしています。この度、勤めている会社の方から「給料は今まで通りだす。但し、あなたの事を考えれば年金の法律が変わるから今すぐにでも年金を受給してしまったほうが良い」と勧められたそうです。知識のない私には何か裏があるのでは?とかんぐってしまいますが本当の所どうなんでしょう?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

厚生年金適用事業所に雇用されている者は正社員相当の勤務実態により厚生年金被保険者である必要があります。要は御父様は保険料を払う側です。
年金受給権を得た方が働きながら年金を貰うことを在職老齢年金といいます。

報酬の過多で年金額が減額される仕組みです。

現在の法律では老齢厚生年金の繰り下げ請求は出来ません(年金をまだ貰わないと宣言して、数年後増額された年金を貰うシステム)。

このあたりの制度をうまく利用して在職老齢年金を沢山受給するためには・・・
1.正社員相当の勤務をしない
 正社員相当とは3/4日、3/4時間以上就労する者の事を言います。会社と交渉して勤務実態を減らせば年金を満額受給できます。

2.減額されないぎりぎりに調整する
 年金の減額は報酬の過多で決まります。会社と相談して年金+給与が一番大きくなる給与を決めていただくのが理想です。


会社が言う法律が変わるから・・・というのがH19.4の70歳以上の高在老導入や老厚繰り下げ導入であるなら
1.70歳高在老
70歳になっても在職停止は続きます。
2.老厚繰り下げ
出来ません。h19.4以前に受給権を得てしまえば年金を貰って無くてもだめです。

厚生年金適用事業所に雇用されている者は正社員相当の勤務実態により厚生年金被保険者である必要があります。要は御父様は保険料を払う側です。
年金受給権を得た方が働きながら年金を貰うことを在職老齢年金といいます。

報酬の過多で年金額が減額される仕組みです。

現在の法律では老齢厚生年金の繰り下げ請求は出来ません(年金をまだ貰わないと宣言して、数年後増額された年金を貰うシステム)。

このあたりの制度をうまく利用して在職老齢年金を沢山受給するためには・・・
1.正社員相当の勤務...続きを読む

Q失業保険受給時の過去6ヶ月給料計算方法について

失業保険受給時の過去6ヶ月給料計算時、一週間の所定労働時数が20時間以上30時間未満の短時間雇用被保険者は1ヶ月勤務日数が11日以上で1ヶ月とみなされるのでしょうか?8月に退職する場合は、退職最終月8月分が有給を使用しても11日未満勤務であれば、計算時には最終月8月の給料は省かれ2月~7月までの過去6ヶ月分給料で失業保険受給額は計算されるのでしょうか?

Aベストアンサー

>1ヶ月勤務日数が11日以上で1ヶ月とみなされるのでしょうか?
手当の金額の計算上はそうなります。
ただ、受給資格の要件としては1/2ヶ月としてみます。(よって短時間被保険者が受給資格を得るには12ヶ月間必要)

>8月に退職する場合は、退職最終月8月分が有給を使用しても11日未満勤務であれば、
手当の計算の1ヶ月というのは退職した日から起算して1ヶ月なので、
例えば8月8日に退職したならその日から遡って1ヶ月という計算になります。
また、ご質問内容から有給により手当の金額が下がってしまうのではないかと不安なのかと思いますが、
給与の全額を補償するのが有給なので手当の計算上は何の影響も御座いません。(有給は手当の計算の算定日数として含みます)

Q65才で退職した場合その後の年金について

事務をしているものですが、従業員から、年金について問い合わせがあり、
調べているのですが、年金のことは難しくて、どなたかアドバイスお願いします。
現在在職中で年金は支給停止になってます、10月に65才になりますが、
翌年の3月末ぐらいで退職をした場合、
老齢年金は何月分から満額もらえるのでしょうか?
できるなら、間があかないように収入があるようにしたいのですが、
(退職のタイミングはいつ付がよいのか?)
ちなみに給与が月末締めの翌月25日払いですので、この場合だと4/25が最後の支給日になります。
それと、今年の4月入社なので、1年間厚生年金は加入していたことになりまりますが、
この1年間分と減額された分の年金は加算されて受給できるのでしょうか?
どこかのサイトでは「減額調整された年金は戻るわけではありません。」と
あったのですが・・・加算はされないのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>翌年の3月末ぐらいで退職をした場合、
老齢年金は何月分から満額もらえるのでしょうか?
1カ月経過後5月に年金額が改定され満額貰えます。
>できるなら、間があかないように収入があるようにしたいのですが、
(退職のタイミングはいつ付がよいのか?)
60代後半の在職老齢年金の全額支給停止はよほどの高給取りでないと該当しないのでは。
>この1年間分と減額された分の年金は加算されて受給できるのでしょうか?
65歳時裁定が行われ年金額が増えます。それ以後は退職後年金額改定があり反映されます。減額された分の年金は加算されることはありません。

Q失業保険、いくらぐらいもらえますか

今年3月末に派遣で1年間働いてましたが契約期間満了の為に退社しました。
現在は、月に6万から7万ぐらいの収入になるアルバイトをしてますが、失業保険
をもらった方が得なのかもしれない事に築き、質問しました。

1カ月の収入は、10万から11万程度の収入で、勤続年数は1年です。
退社理由は、契約期限満了の為です。

また今、現在のアルバイトの会社は雇用保険がありません。

いくらぐらい失業保険もらえますか?

Aベストアンサー

貴方の年齢が分からなかったので、30歳位だとした場合、月額14万位で3カ月給付されると思います。
但し、このご時世ですから簡単には給付されません。
ハローワークから指定された会社に、面接に行かなければいけないとか、色々と・・・。

『失業保険 計算』で、検索すると色々出てきますよ。

Q退職後、失業保険と公的年金はどちらか選んでかたほうだけと聞きましたが、個人年金は関係ありますか?

退職後、失業保険と公的年金はどちらか選んでかたほうだけと聞きましたが、個人年金は関係ありますか?

Aベストアンサー

個人年金は無関係です。

Q失業保険の6割の計算方法は

私の父のことですが

今までのお給料が月24万ほどです。
今年の8,9,10,11月が10万ほどです。

8,9,10,11月は、資格の手当てで+10万で合計20万の話だったのですが
会社からは、10万しか支払われていません。

父は、仕事をやめたいと言っているのですが
今やめたら、失業保険は、10万の6割りで6万しか支給されないのでは?
と思っています。

失業保険の算出方法は、前月のお給料を元に計算されるのでしょうか。
それとも、1年間の年収から計算されるのでしょうか。
年収だといいのですが。

Aベストアンサー

ANo.2です。
その後、どうだったのかな?
多分、失業保険は規定額(計算式の通り)しか出ないと思います。
が、現在の給与不払いを不服申立てをするべきでしょう。
雇用契約書があるならおそらく一方的に勝てますので。
なくても今までの(減額?される前)の給与支払い実績から不当な給与の減額と認められる可能性が高いのでハローワークに相談後、弁護士(法テラス)に相談してみてはいかがでしょうか。

Q年金は65才から?公務員だけ60才からって・・

年金のことなどずっと先のことと、恥ずかしながら、あまり考えたことがなかったのですが、最近友人と話していましたら、タイトルの件について怒っていました。どうして公務員だけが、60才からなんでしょう・・・ひどいですよね。もし、60才で退職したとして、年金がもらえる65才までの生活も大変になりそうな気がします。

Aベストアンサー

まずいくつかの制度の改正があり、現在では基本的に、

1.老齢基礎年金(国民年金部分)
2.老齢厚生年金、退職共済年金

の両方を65歳から受け取るようになっています。
厚生年金は会社員が加入しているもので、共済年金は公務員が加入しているものです。

ただし、昭和16年4月1日以前(厚生年金は男性の場合)の生まれの人は、60歳から1+2に相当する年金を厚生年金又は共済年金からもらうことができます。
これを特別支給の老齢厚生年金/退職共済年金といいます。
自営業などで1にしか加入していない人は今でも65歳からしかもらうことは出来ません。

しかし、昭和16年4月2日生まれ以降は段階的にこれが引き上げられ、昭和41年4月2日生まれ以降はすべての人が65歳からしか年金を受給できなくなります。

厚生年金の場合は男性が36年4月2日以降で65歳からのみ、女性は昭和41年4月日生まれ以降

共済年金の場合は、男女共通で厚生年金と同じです。

つまりです。特に公務員の共済年金だけでなく厚生年金も同じです。
言葉ではわかりにくいので、
http://www.mitsubishi-trust.co.jp/kojin/service/slife/slife_14.html
を見てください。

それに更に言えば女性に関しては公務員の共済年金よりも会社員の入る厚生年金の方が条件がよいです。厚生年金の女性の場合のみ、減額や年齢の引き上げが始まるのが共済年金より遅いですから。

まずいくつかの制度の改正があり、現在では基本的に、

1.老齢基礎年金(国民年金部分)
2.老齢厚生年金、退職共済年金

の両方を65歳から受け取るようになっています。
厚生年金は会社員が加入しているもので、共済年金は公務員が加入しているものです。

ただし、昭和16年4月1日以前(厚生年金は男性の場合)の生まれの人は、60歳から1+2に相当する年金を厚生年金又は共済年金からもらうことができます。
これを特別支給の老齢厚生年金/退職共済年金といいます。
自営業などで1にし...続きを読む

Q失業保険の日額の計算方法を教えてください

昨年4月よりうつ病により休職し、健康保険の傷病手当を支給されています。
休職期間が長くなるにつれ会社に居ずらくなり、そもそもの休職(発病)理由が会社での人間関係ですので退職も考えております。
もしも退職した場合、健康保険の傷病手当の受給及び失業保険の受給の延長手続きが必要になると思いますが、失業保険が受給できるようになった時、日額はどのように計算されるのでしょうか?
傷病手当の受給中、会社よりの賃金は賞与を除き受け取っておりません。
自分なりに色々なサイトを見てまいりましたがどうも要領を得ません。
お分かりの方、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>失業保険が受給できるようになった時、日額はどのように計算されるのでしょうか?

金額について言うと、基本手当日額(1日あたりの金額)の正確な計算式は下記の通り。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken/pdf/kihonteate.pdf

良くわからなくて頭が痛くなるようでしたら、下記が簡易の早見表です。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/koyou/kihon_teate_hayamihyou/kihonteate_hayamihyou_h22.html

対象になるのは基本給や残業代も含めた定期的な賃金の全額です。
また早見表にあるように「賃金日額=離職前6か月の賃金合計÷180」 です。

>傷病手当の受給中、会社よりの賃金は賞与を除き受け取っておりません。

ということなら質問者の方の場合は実際に給与を受け取っていた時期まで遡ってそれ以前の6ヶ月の賃金合計になります。

Q報酬比例部分の年金を貰いながら厚生年金を払っている父

報酬比例部分の年金を貰いながら厚生年金を払っている父

今年62歳になる父がいます。
64歳から定額部分が加算された厚生年金がもらえるので、
それまで報酬比例部分の厚生年金をもらいながら働くつもりのようです。

報酬比例部分をもらいながらも、厚生年金の保険料を支払っているようです。
父の年金特別便をみると、既に500カ月近く保険料を納めていることになるのですが、
64歳まで勤めるとなるとさらに24カ月足して、520カ月強になるかと思います。
64歳まで払う年金保険料はきちんと将来の額に反映されるのでしょうか??
お教えください。

Aベストアンサー

>64歳まで払う年金保険料はきちんと将来の額に反映されるのでしょうか??

反映されます。
65才から貰える額から反映されます(年金額改訂)。

累計収入の約0.6%が年金額に加算(年額)されます。

たとえば、24ヶ月で700万円の累計収入。
700×0.6%で42000円(年額)。
月額で3500円加算されます。


但し、定額部分(国民年金相当)は480ヶ月で満額。
それ以上は増えません。
しかも、480ヶ月過ぎても。給料から天引きの保険料は変りません。

一見おかしいです?

それが、いやで厚生年金のない、働き方に変更する人もいます。
請負契約、自営業など。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報