人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

マーケティングと経営戦略の違いがいまいちわからないので教えてください。また、私は、売れる商品を見つけたり、どこに商品を配置するかやデパートにどんなお店をいれるのかなどいろいろ興味あるのですが…これはマーケティングに含まれるのでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

難しい問題ですね。



マーケティングは経営戦略を実現する手段の一つと考えていいのではないでしょうか。
たとえば、ざっくりですが
「5年間で売上1.5倍にするぞ!」
というのが経営戦略で、
「売上目標を達成するには、新たな客層の開拓が必要だ。未開拓の中高年の女性向けの新商品を
開発して売上目標達成するぞ!」
などというのがマーケティング。
もちろん、”売上2倍にする”と戦略を言うにはマーケットの成長率とかある程度根拠があるはずなので、
経営戦略とマーケティングは密接なのでしょうが。

あと、経営戦略はもう少し広い意味があると思います。
「人件費1割削減して利益率向上を目指す。」
なんていうのも経営戦略に入りますが、この場合はマーケティングとはあまり関係ないですよね。
    • good
    • 1

昔のマーケティングは、「売る為の方法」でした。


その後、時代と共に色々と考え方が変わってきました。
最近では、「顧客視点に立って買ってもらうための経営活動」と考えられています。
そのような意味から、「経営戦略」の上位に位置づけられるようになっています。

別な観点から言うと、「セールスを不要にする活動」とドラッカーが言っています。
すなわち、「顧客視点に立った売る為の『仕組み』づくり」とも言えます。

その中の細かい活動は、「販売促進施策」であったり、「営業活動」となり、マーケティングとは別ものと考えた方がいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うーん難しいですね。いろいろ私の知らない分類があって何をしたいのか悩ます。ありがとうございました。

お礼日時:2010/03/11 21:20

>売れる商品を見つけたり、どこに商品を配置するかや


>デパートにどんなお店をいれるのかなど
デパートから見るとしたら、これは「マーケティング」の一環です。

小売店から見るとしたら、どのデパートに店舗を構えるかというのは「経営戦略」です。

要するに、自社の立ち位置をどうするかが「経営戦略」で、その位置でどんな商売/事業を展開するかは「マーケティング」です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

見方の違いでそんなふになるとは驚きました。
ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/11 21:17

厳密に言うと質問にあることはマーケティングではありません。



マーケティングでは、お店に入れる商品はどのようなものが良いかを決めるため、市場を調査することです。質問にあることは商品政策と呼ばれる分野だとおもいます。アカデミックな用語ではないですが。

対して、経営戦略は「会社がどのような道を目指すか」ということです。会社のビジョンともいえることで、経営の根幹になるものです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経営学のなかにもいろんな分野があるのですね。難しいです。
解答ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/11 21:16

マーケティング=市場分析です。


アンケートを取ったりとか、統計を元に何が売れているか
どの年代に変われているか、
その要因はなにか、を探っていきます。



経営戦略=社内の財務分析、経営状態の分析から企業全体が取るべき戦略を策定します。


>私は、売れる商品を見つけたり、どこに商品を配置するかや
>デパートにどんなお店をいれるのかなどいろいろ興味あるのですが

「売れる商品を見つける」これはマーケティングの領域です。
「どこに商品を配置するか」これは小売・物流(コンビニ、スーパー、一般のお店)の
店員さん、店長さん(社員)の仕事ですね。

デパートにどんなお店を入れるか、
これは百貨店の店長が本社の指令に基づいて行います。
不動産の法人営業も百貨店に出展したい企業の情報を持ってくるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど……
わかりやすくありがとうございます。

お礼日時:2010/03/11 21:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q事業戦略と経営戦略の違い??

高校生のものです。
最近、同じ企業でも、事業戦略部と、経営戦略部があることを知りました。
これは、どういう違いがあるのでしょうか?
たとえばお菓子の企業なら、お菓子の企画をするのが事業戦略、新企画にいくら資金を投資するかが経営戦略かと捉えているのですが…
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経営戦略
 会社自体の経営に関する戦略。企業が成長・存続するためには、何が最適かを考えるのが経営戦略です。
 例えば、和菓子事業主体の企業があり、和菓子市場全体の伸びは見込めないため、洋菓子事業をはじめるというような判断をするのが経営戦略です。
 一方、事業戦略は、経営戦略の下位にある概念で、和菓子事業をどのように成長発展させるかを何が必要かを考える戦略です。事業戦略には、マーケティング戦略、価格戦略、商品戦略、地域展開戦略、従業員教育といった戦略が含まれます。

Qマーケティング学と経営学の違い

今までのマーケティングについての過去の質問をたくさん読んだのですが、マーケティング学と経営学の違いがいまいちよく分かりません。
違いが分かる方、どちらか片方でも分かる方、いたらぜひ教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

学問的に定義があるのかどうかは存じません。私個人の考え方ですが、もし共感いただければと思い、回答させていただきます。
マーケティングとは、市場調査から始まり、製品やサービスの企画・設計→テストマーケティング→価格戦略→製品やサービスの提供→アフターサービスといった、一連の企業の基幹業務を回すにあたっての考え方だと思います。たとえば、市場調査や競争戦略の考え方としてSWOT分析などがあり、提供のありかたのバランスを考えるためにABC分析を使ったり、アフターや次の企画・設計あるいは顧客維持のために顧客満足度調査におけるSET/METなど有名な手法があります。
一方、経営学とは上記のような基幹業務の設計にとどまらず、経営者のビジョン実現に向けてのリーダーシップのありかた、社会市民としての企業倫理の確保、基幹業務を遂行しビジョンを実現するために求められる組織・個人の能力要件の明確化、財務・人事・給与・総務といった支援業務のありかた、こうした一連の活動を支える情報システムのあり方など総合的なバランスを考え、それぞれの部分最適化に陥ることなく全体最適を追求する考え方だと思っております。こうしたバランスが出来上がって初めて社員が幸せになり、お客様からの支持を勝ち取り、その結果として良い財務の結果が得られるものと思っております。
ただ、最初にも申し上げましたが、こうした考え方にはひとそれぞれの考え方、主義主張がありますので、考え方の一つとして一瞥していただければと思います。

学問的に定義があるのかどうかは存じません。私個人の考え方ですが、もし共感いただければと思い、回答させていただきます。
マーケティングとは、市場調査から始まり、製品やサービスの企画・設計→テストマーケティング→価格戦略→製品やサービスの提供→アフターサービスといった、一連の企業の基幹業務を回すにあたっての考え方だと思います。たとえば、市場調査や競争戦略の考え方としてSWOT分析などがあり、提供のありかたのバランスを考えるためにABC分析を使ったり、アフターや次の企画・設計あるい...続きを読む

Qマーケティングの仕事とは具体的に何か教えてください。

マーケティングの仕事とは具体的にどのようなものでしょうか?

新製品や新サービスを行う際の調査、ぐらいの認識で、
市場調査やヒヤリング調査などを行うということはわかります。
しかしヒヤリングした結果を回帰分析や重回帰分析などもするのもマーケティングの方の仕事でしょうか?
であれば、マーケティングを行うには統計学をばっちり勉強しておかなければならないのでしょうか?

それとも回帰分析、重回帰分析で決定係数の見方ぐらいわかっておけばよいのでしょうか?
マーケティングの仕事の具体的な日常業務、
またマーケティングの業務を行うのに必要な知識を詳しく
教えていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メーカーでマーケに関わっています。

マーケティングとは、簡単に言うと
「製品やサービスを売るための戦略立案、およびそれに基づいたアクティビティの展開・実施」
ということになるのですが、ご質問者様の仰る
>新製品や新サービスを行う際の調査
というのは、あらゆるマーケティング作業の一部でしかありません。
実際には、リサーチで得られた結果を分析し、ターゲットとすべきユーザの傾向と絞り込み、アタックの方法を検討し、
それらを基に販売戦略を検討、広告はどうするか、店頭はどうするか、他媒体の活用方法、等を考えた上で実行に移します。

>マーケティングを行うには統計学をばっちり勉強しておかなければならないのでしょうか?

調査結果の分析までは、外部の専門会社に委託しています。
その結果を見てそこから先にどう進めるのかを考えるのが、私の仕事です。

>マーケティングの仕事の具体的な日常業務、
またマーケティングの業務を行うのに必要な知識を詳しく
教えていただけると助かります。

日常業務…と言っても、抱えている仕事によってだいぶ違いはあります。
「マーケティング」と言うと、PCの前でひたすら数字を追うというイメージなのでしょうか。実際は違いますが。
もちろん、製品の売り上げをまとめることも仕事のうちですが、全国の販売店を回ったり、新聞や雑誌広告の撮影現場に立ち会いしたり、
カタログの文字校正をしたり、工場に行ったり…など、おそらくご想像よりももっと幅の広い仕事です。
合理的な考え方や柔軟なものの見方ができる上で、自分の頭で考え、自分の主張を持ち、
問題解決に向けて動けるといった実行力のある方なら、どなたでもできると思います。

メーカーでマーケに関わっています。

マーケティングとは、簡単に言うと
「製品やサービスを売るための戦略立案、およびそれに基づいたアクティビティの展開・実施」
ということになるのですが、ご質問者様の仰る
>新製品や新サービスを行う際の調査
というのは、あらゆるマーケティング作業の一部でしかありません。
実際には、リサーチで得られた結果を分析し、ターゲットとすべきユーザの傾向と絞り込み、アタックの方法を検討し、
それらを基に販売戦略を検討、広告はどうするか、店頭はどうするか、...続きを読む

Q加重平均と平均の違い

加重平均と平均の違いってなんですか?
値が同じになることが多いような気がするんですけど・・・
わかりやす~い例で教えてください。

Aベストアンサー

例えば,テストをやって,A組の平均点80点,B組70点,C組60点だったとします.
全体の平均は70点!・・・これが単純な平均ですね.
クラスごとの人数が全く同じなら問題ないし,
わずかに違う程度なら誤差も少ないです.

ところが,A組100人,B組50人,C組10人だったら?
これで「平均70点」と言われたら,A組の生徒は文句を言いますよね.
そこで,クラスごとに重みをつけ,
(80×100+70×50+60×10)÷(100+50+10)=75.6
とやって求めるのが「加重平均」です.

Q経済学部と経営学部の違いは何でしょうか?

経済学部と経営学部は何がどう違うのでしょうか?
たいした中身の差はないのでしょあか?

経済学部経営学科もてあるみたいですね。
これでますます分からなくなりました。

将来。起業するのなら経営学部の方が良いのでしょうか?
経営、経済にとらわれなくても良いのでしょうか?

どうぞ教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題に対して常に関わっていくのが経済学であり、家計や企業や政府といった単位で経済の仕組みを考えるのが経済学で、それに対して経営学は、経営者として企業をどう動かしていくのか考えるのが経営学です。経営・会計・流通・情報などに興味があるのだったら経営学部です。

 特に、ブランドや洋服に興味があるんだったら「流通論」や「マーケティング」が絡んでくるから経営学部でしょう。「マーケティング」では、企業の戦略や小売業・卸売業・メーカーが一体となって商品の在庫管理などをとりあげたりして、企業側の戦略や業務分析など現場と密接な関係を持った感じの講義がたくさんあります。将来、企業家を目指すのであれば、経済学より、実践的な経営学をお勧めします。特に、中小企業論や社会起業家論などのゼミを選択されると良いと思います。また、大学によっては起業家をよんできてセミナーをひらいたり、ベンチャービジネスをゼミ単位でやっている大学などもあるようです。

 経済学部は、公務員試験に向けた講義が充実しているから、金融や公務員などを目指す人にお勧めでしょう。経営学部は、流通やサービス・金融などを目指す人に向いていると思います。経済学部に比べて、経営学部は、「実務や現場重視」といった感じがあります。商学部は、経営学部に似ていますが、「会計」「流通」「マーケティング」の比重が高くなります。商学部と経営学部は、商学部・経営学部は、ほぼ同じようなカリキュラムで、似たような講義をしているところもかなりあります。

 リクルートの進学系サイトのURLを載せておきます。大学の教授や学生などの情報ものっているので、参考にされてはいかがでしょうか?

参考になれば幸いです♪

 

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

私自身、経営学部を卒業しましたが経済学部か経営学部で、学習する内容も違ってきます。特に、経済学部経営学科だと、理論や政策などの講義が多くなります。また、経営学部経営学科だと、より「実践的な内容を学習」するといった感じです。

 経営学と経済学は似たようなものですが、経済学は、「理論・政策・歴史」を中心に勉強します。「ミクロ経済学」「マクロ経済学」「経済原論」「財政学」など高校数学の知識が必要になります。経済学は、経営学と比べて数学関係の講義も多くなります。グローバルな問題...続きを読む

Q普通自動車の運転免許の正式名称

を教えてください。
履歴書になんてかけばいいかわかりません。

普通自動車第一種免許や第一種普通運転免許とかいわれていますが。

警察などの公式な場所に問い合わせてみた人がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運転免許(以下「第一種免許」という。)、第二種運転免許(以下「第二種免許」という。)及び仮運転免許(以下「仮免許」という。)に区分する。
3  第一種免許を分けて、大型自動車免許(以下「大型免許」という。)、普通自動車免許(以下「普通免許」という。)、大型特殊自動車免許(以下「大型特殊免許」という。)、大型自動二輪車免許(以下「大型二輪免許」という。)、普通自動二輪車免許(以下「普通二輪免許」という。)、小型特殊自動車免許(以下「小型特殊免許」という。)、原動機付自転車免許(以下「原付免許」という。)及び牽引免許の八種類とする。
4  第二種免許を分けて、大型自動車第二種免許(以下「大型第二種免許」という。)、普通自動車第二種免許(以下「普通第二種免許」という。)、大型特殊自動車第二種免許(以下「大型特殊第二種免許」という。)及び牽引第二種免許の四種類とする

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=2&H_NAME=&H_NAME_YOMI=%82%c6&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_

抜粋です.「普通自動車免許」ですね.
「第一種運転免許」はありますが,「普通自動車第一種免許」や「第一種普通運転免許」とは言わないようです.第二種の場合は名称に入り,「普通自動車第二種免許」のように言うようです.

--------------------
道路交通法
第六章 自動車及び原動機付自転車の運転免許
第八十四条  自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)を運転しようとする者は、公安委員会の運転免許(以下「免許」という。)を受けなければならない。
2  免許は、第一種運...続きを読む

Qマーケティングと経営学について

 この質問をするに当たって、とりあえず、gooのマーケティング関連の過去ログ約600件を見ました(見落としもあるかもしれませんが・・・)。「経済学と経営学」の関連等についての質問は数件ありましたが、明確に表題について論じたものはありませんでした。考えますに、マーケティングとは、企業活動をマーケット(市場・顧客)視点で見直す考え方のことであり、結局は、企業活動全般におよびます。市場や顧客という視座から経営をとらえて行くこと=すなわち、プロダクト・インの発想=工業化社会からの脱却と、ニューエコノミーにおけるビジネス発想の転換ということでしょうか。 コトラーの新しい教科書「新マーケティング原論」では、ホリスティック・マーケティングという言葉が使われています。そこには、当然、企業組織論や労務管理論も含まれるはずです。ドラッガ-やポーターの理論も引用されています。学問のカテゴリーを広義で表すか、狭義で理解するかは難しいことだと思いながら、21世紀のマーケティング論については、経営学の一部分とか下位概念とは考られない時代だと思います。そこで、マーケティング論は既存の経営学とどこで線を引くべきでしょう。それともすでに融合(もしくは視座としてはマーケティングが凌駕しており)、将来はマーケティング論(学)的発想こそが経営学の主流になるのでしょうか。少し、ご意見をお聞かせください。

 この質問をするに当たって、とりあえず、gooのマーケティング関連の過去ログ約600件を見ました(見落としもあるかもしれませんが・・・)。「経済学と経営学」の関連等についての質問は数件ありましたが、明確に表題について論じたものはありませんでした。考えますに、マーケティングとは、企業活動をマーケット(市場・顧客)視点で見直す考え方のことであり、結局は、企業活動全般におよびます。市場や顧客という視座から経営をとらえて行くこと=すなわち、プロダクト・インの発想=工業化社会からの脱...続きを読む

Aベストアンサー

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪
いい気になって再登場しました。このような議論の機会は最近あまりないので、まずはkaz-mさんに感謝。では、焼酎などを引っ掛けながら、まったりと書きます。

私はsasurai2さんの意見に賛成で~す。翻ればkaz-mさんの意見でよく分からないところがあります。
>ひと言でいってしまえば(中略)マーケティングの出発点であったということでしょう。
異議あり。私の立場は
>「マーケティングはとても日常的な 、誰もがやっているような行為です」といった視点で答えています。
です。つまり、マーケティングが近代工業化社会の云々以降に成立した、といったショートタームでは捉えて欲しくない。だから
>顧客主義という考え方は、日本ではマーケティングが輸入される以前から 、当り前のようにあった考え方の筈です。
を主張するので
>マーケティングがプロダクツの過剰供給時代から発生したのではなく、人間の文化的営みと同時にそこにあったもの
に賛成。

>日本の暖簾=企業ブランド
反対。暖簾は「ココロ」。
>企業ブランドは、最近の傾向であるプロダクト・ブランド的発想にはそぐわないと~
それは「カタチ」。カタチは常に変わる(だから日々アップデートが必要だし、一度教わったカタチから抜け出れない新人は大変困る)。カタチは時代とともに変われど、変わらないココロがある(ココロを理解していない新人はもっと困る)。

カタチは刻々と変わるので、求められるスキルも刻々と変わる。現実を見れば、我々の業務もどんどん細分化している。それに伴って、マーケティング・サイエンスはどんどん細分化を求められるように思う。それが別に専門学校のジャンルになることだとは思わないし、専門学校のジャンルになることが問題だとも思いません(専門学校の専売特許になったのだとしたら、専門学校の方がマーケットニーズをちゃんと理解していたということか?)。ただ、細分化していくというのはゼネラリストとスペシャリストに別れていくということでしょうからね。

>結局、マーケティングをどのような位置付けでとらえるかがポイントなのでしょう。
そ~かな~? それって
>21世紀のマーケティング論については、経営学の一部分とか下位概念とは考られない時代だと思います。
と、矛盾してないですか?
>コトラーをどう超えるか⇒ポストモダンのマーケティングとは・・・
なんて言うのなら、「マーケティング」という言葉を外してしまった方が、それこそマーケタビリティが高まるのでは?などと無責任に思ってしまいました。

もひとつ、私が言いたかったのは
>マーケティング(中略)戦いの一面があります。
コレ! コレです。
私の仕事の中心なんて、ブランディングとキャンペーン・プランの立案ですから、日々試されるのは「暖簾」の美学と「兵法」なんですよ。あと、勿論「消費者」「生活者」としての「現実認識」も大事なんですけど。

何か、私の話はちゃんと噛み合ってます? 大丈夫かしら。ちょっと元に戻します。
>マーケティングは経営の主流になるか?
そこまで言うのであれば、マーケティングを特殊なモノにするべきではない。でも「マーケティング」なんて言うと
>まるでブラックボックスか
もしくは、万能のソリューションかプログラムみたいに見られているみたい。
に日々感じるから
>マーケティング論は既存の経営学とどこで線を引くべきでしょう。
なんて言ってないで、「顧客視点の最新経営学」でイイんじゃないの? 少なくとも「生活者」としての自分は、コッチの方が分かる。ただ、その中で、マーケティング・スキルにまで踏み込むような場合は、その前に「一般教養」として「商い」と「兵法」を学んでおいてね、という感じです。

明日、冷静に読み返すと「なに暴言吐いてんだ」と滝汗になるような気がしますが、ええい!送信しちゃえっ!

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ~ン♪
いい気になって再登場しました。このような議論の機会は最近あまりないので、まずはkaz-mさんに感謝。では、焼酎などを引っ掛けながら、まったりと書きます。

私はsasurai2さんの意見に賛成で~す。翻ればkaz-mさんの意見でよく分からないところがあります。
>ひと言でいってしまえば(中略)マーケティングの出発点であったということでしょう。
異議あり。私の立場は
>「マーケティングはとても日常的な 、誰もがやっているような行為です」といった視点で答え...続きを読む

Q経験を活かす?それとも生かす

質問の通りなのですが、どちらが正当なのでしょうか?
辞書も見ましたが、「活かす」が正しい様な・・・
どちらでもいいような・・・?
私自身はずっと「生かす」と覚えていたのですが、
活用するという意味だから、
「経験を活かす」がより正しいのでしょうか?

詳しい方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

新字源ではどちらにも「いかす」の意味があります。ただし常用の訓読みがあるのは「生」の方だけです。

さてその「いかす」ですが、

「生」…「死なさない」の意味
「活」…「役立てる」の意味。活用

「経験を生かす」とは「経験を役立てる」ことなので、漢字としては「活」がふさわしいと言えます。

しかし、常用訓では「活かす」は現状認められていないため使用する状況を考えた方がいいでしょう。

「たずねる」の意味の「きく」を「訊く」「尋く」と書くようなことと同じで、近年特に目立つようですが(実際仮名漢字変換ではすぐ出ます)、状況を考えずにあまり使いすぎるのは考え物です。

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Qアルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そし

アルコール消毒とエタノール消毒の違いって何ですか?また,どう違い,そして,どのような用途で使い分けるのですか?よろしくお願いします.

Aベストアンサー

同じです。
「エタノール」は正確に言えば「エチルアルコール」です。一般的に「アルコール」と呼ばれるのも「エチルアルコール(エタノール)」ですから。ちなみにお酒に入っているのも「エチルアルコール」です。
「アルコール」には他に「メチルアルコール」「ブチルアルコール」など、アルコール族とでもいう仲間がありますが、一般に手にはいるのはせいぜいアルコールランプに使用する「メチルアルコール」くらいです。ふつう「メチル」は消毒には使用しません。


人気Q&Aランキング